2018年02月03日

今年の予定

 今年の予定を少しずつ立てております。
と言っても、概ねは、お招きいただいて成立する「予定」ですので、まだスケジュールを空けてお待ちしている状況ですが、遠方に出掛ける時など、合わせて近隣の教会にお伺い出来ないかな、とか、今年は東北への旅をどのように組もうか、などなど、祈りつつ考えています。

 現在、遠方に出掛ける予定は、コンサート等の御奉仕の他の個人的な予定も合わせて
  ・3月の西那須野〜山武市
  ・6月上旬の関東甲信地区
  ・9月の東京
  ・11月25日の山形
で、このうち、6月、9月、11月の予定についてそれに合わせて近隣で御奉仕させていただける場はないかと祈り求めています。
 日程その他、詳細についてはお問い合わせください。
 可能性がありそうでしたら、お気軽にご相談ください!
 もちろん上記日程以外の御依頼も、全国どこでも、お待ちしています。

 今年も、神様の導いて下さる所へ、賛美とみことばを携えて出掛けたいと願っています。

IMG_5629.JPG

--------------------------
jacket_1P_.jpg
最新アルバム「Be With・・・」好評発売中。
ご購入はこちらから→「Be With・・・」



posted by ♪Sunny at 18:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

「あの日を忘れない」1.17

 昨日は、阪神淡路大震災から23年目でした。

 昨夜、私は、モリユリ・ミュージックミニストリー主催の「阪神淡路大震災 追悼のつどい」に出席させて頂きました。

 この集いは、阪神淡路大震災から20年を超え、追悼行事が減少した2016年から、森祐理さんが声をかけて行っておられる集会です。
 私は初めて出席させて頂きましたが、23年前のリアルな光景を語って下さった方、また、23年前の惨状を見事に芝桜でよみがえらせて下さった方、また過去のフィルム、様々な証言と、賛美、またメッセージによって尊い時間を共有させていただけたことを心から感謝しています。

18_01_17b.jpg

18_01_17c2.jpg

18_01_17e2.jpg

 「震災」というと私にとっては「阪神淡路大震災」ですが、この震災から10年たった時に書いた文章を、それ以来、この日には毎年読み返しています。

「あの日を忘れない」@ 1995年1月17日
http://soranotori.exblog.jp/2325825/

 言葉足らずなところも多々ありますが、思いは今も変わっていません。

 今回、一つ思い出したことがあるので、付記しておきたいと思います。
 あの震災の後、心配して祈って下さっていたお友達に書いた報告のお手紙の中に書いた聖句の事です。
その文章が、どこかに残っていれば、と思うのですが、いまのところ見つからないので、おぼろげな記憶ですが・・・。

 全てが一変した風景の中で、人間とはなんと小さく愚かなものか、と感じました。
 人が誇っていた多くのものが失われたその中で、私の心に迫ってきたのは次の聖書の言葉でした。

聞きなさい。「きょうか、あす、これこれの町に行き、そこに一年いて、商売をして、もうけよう」と言う人たち。
あなたがたには、あすのことはわからないのです。あなたがたのいのちは、いったいどのようなものですか。あなたがたは、しばらくの間現われて、それから消えてしまう霧にすぎません。
むしろ、あなたがたはこう言うべきです。「主のみこころなら、私たちは生きていて、このことを、または、あのことをしよう。」ヤコブの手紙4章13〜15節


 あれから23年の月日が流れた中で、私も更にいくらかの事を学びました。そして今、また改めて思います。
 人間の無力さ、愚かさの中で、そして何より自分の無力さの中で、ただ主の恵みによって、大いなる力に生かされている日々の中で、毎日毎日、自分の目の前に神様が置いて下さったことを、粛々と「はい」と言いながら歩んでいきたいと。
主とともに・・・。


--------------------------
jacket_1P_.jpg
最新アルバム「Be With・・・」好評発売中。
ご購入はこちらから→「Be With・・・」


posted by ♪Sunny at 18:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

明けてしまっておめでとうございました!

 もう、年が明けて2週間以上が過ぎてしまいました。
 昨年の12月のコンサートのご報告もしないままで・・・申し訳ありません。

 相変わらず、色々思うことはあるのに、やっぱり言葉にはならないのです。

 ・・・違う。
そうじゃありませんね。

 facebookとか、人のブログとかを読んでは色々思うのです。
 けれど、私は私だから、ただ神様を見上げて歩いていくしかないのですよね。

 昔、演劇人を目指していた時、いっぱいいっぱい思いがありました。理想とか、希望とか色んな思いです。
 でも、その世界に一歩足を踏み入れた時、それは私にとって神様の御心の世界じゃないと思ってやめました。演劇の世界は、私が思い描いていたようなものではなかったのです。
 実はそれだけではなく、それまでの私は夢を握りしめすぎていつしかその夢に縛られていたのが、信仰を持って、そこから解放されて自由になった、というのが本当のところだったように思っています。

 今、私は、自分の所属する集会(開拓中の集まりなので、まだ「教会」ではなく「集会」と呼んでいます)の働きのほかに、歌を持って色んなところに出掛けさせて頂いています。
 これらの働きに、使命感もあるし、やりがいもあるのですが、昔「演劇人」を目指していた時のような肩肘張った思いはなく、どうなりたいとかこうなりたいとかそんな思いも今はありません。

 ただ、今年も神様の導かれるままに、目の前におかれた一つ一つの競走をしっかりと走りぬきたいと思っています。あるがまま、神様に導かれる道を走って、時に歩いて、時には道を外れることもあるかもしれないけれど、どんな時もともにいて下さるイエスさまと一緒にゴールに向かっていきたいです。

 そして今年も、「そこに歌があるから」きっと歌い続けていくのでしょう。

 「ああなりたい」とか「こうなりたい」とか、そんな思いはないと言いつつ、今年も神様が地境を広げて下さって、色んなところに遣わして下さったら嬉しいな、と思っています。

2018年賀状.jpg

今年最初のコンサートはSoliDeoGloriaコンサートです。

SoliDeoGloriaコンサート 
2018年1月19日(金)
@15:00〜A19:00〜
場所日本基督教団・大阪東教会
【出演】 
吉村美穂(ソプラノ
菅原早樹(おしゃべり賛美家
西山亜有子(クラリネット
Hiromi(ピアノ

入場無料(フリーカンパ制)

2018_01_19.JPG

今年もどうぞよろしくお願いします。


posted by ♪Sunny at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

神戸ルミナリエ2017

ルミナリエ2017a.jpg

 昨日、ルミナリエに行ってきました。
 ルミナリエは、1995年の第1回から1999年の第5回まで、そして、2011年の17回目から今年の23回目まで、通算12回目となりました。
 2011年からは娘と一緒に出掛けていて、必ず、「希望の灯り」に立ち寄っています。
 一昨年、初めて、慰霊と復興のモニュメント内を見学しましたが、エルが今年もモニュメント内にも立ち寄ろうと言ってくれたので、モニュメント内に立ち寄り、震災について思いを巡らしてきました。

ルミナリエ2017b.jpg

 実は、私たちは、過去の経験から、平日の消灯前の時間に出掛けることにしています。
金曜から日曜にかけてより、その方がいくらかでも人出が少ないからです。
 しかしながら、今年はエルともども、少々ショックを受けました。
 エルと一緒に出掛けるようになってから木曜の夜とはいえ、これほど人が少なかったことは初めてでした。
毎年、翌年開催のために100円募金をしていますが、「今年は余分にした方がいいんじゃない?」と、エルが言う程、人が少なかったのです。
 もちろん、例年に比べてという意味で、全く人がいなかったという訳ではありません。
しかしながら、まずスタート地点にたどり着くまでがスイスイ。
そして、スタート地点から東遊園地にたどり着くまでもスイスイ。
そして今まで、光の聖堂「カッサ・アルモニカ」を、こんなに正面でゆとりを持って撮影できたことはなかった程でした。
 今回は、早く東遊園地の噴水広場までたどり着いたので、昨年は、着いたらちょうど終わってしまったJAZZ LIVEも、最後の1曲を聴くことができ、それに続く光のファウンテンも堪能することができました。

ルミナリエ2017c.jpg

 今まで、何度も雨など、お天気の悪い日にも出掛けていますが、それにもまして少ない人で・・・。
震災の記憶が人々の中で薄くなり、ただの観光地の一つとなっていることが原因の一つではないかと思います。

ルミナリエ2017d.jpg

 もちろん、いつまでも過去にとらわれていてはいけないと思いますが、私にとってはいつまでも忘れられないあの日、あの時。ルミナリエは、その復興の象徴でもあり、今なお、癒えぬ心の傷を持っている人への応援の灯りでもあります。
 ぜひ、来年も、その次も、ずっと、このルミナリエが開催されますように、たくさんの人が訪れてくれますように。

ルミナリエ2017e.jpg


2017年12月14日 神戸ルミナリエ 東遊園地、消灯時の様子です。

posted by ♪Sunny at 00:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福原タカヨシ クリスマスLIVE!!

17_12_12b.JPG

遅ればせながら・・・。
12月12日、VIP大阪のクリスマスコンサートに行ってきました。
福ちゃんこと福原タカヨシさんの事は、私の方は一方的に10年以上前から存じ上げていたのですが、福ちゃんの方では、ここ何年かで覚えて下さったのではないでしょうか・・・。
お互い音楽活動をしていく中で、いつもすれ違いで、特に2年前に怪我をされて以来、本当にお会いしたい、また福ちゃんの歌を聞きたい、と思っていたのに、見事にすれ違い、ニアミスばかりで、お互い笑うしかない、ってぐらいでした。
それが、今年、思いもよらない場所で、ばったり再会、そして、この日ようやく、福ちゃんの歌が聴けました。

17_12_12d.JPG

怪我のあと、初めてのコンサートですから、当然の事、怪我のあとに作られた「Be You」は初めて聞きましたが、辛いところを通ってきた福ちゃんだからこその歌詞に、胸を打たれました。

 冬があり夏があり
 昼と夜があり
 晴れた日と
 雨の日があって
 ひとつの花が
 咲くように
 悲しみも
 苦しみもあって
 私が私になってゆく

という星野富弘さんの詩を思い出しました。
本当に素敵な歌でした。

「Time To」は、先日、エル(娘)の誕生日に、この歌のもとになった「最後だとわかっていたなら」を贈り、自分でも読みかえした所なので、もう、タイトルを聞いただけで涙が・・・。

当たり前の日なんかなくて、今日を生かされていることに感謝しながら、明日も頑張っていこう、という力を貰いました。

ほんとに、福ちゃん、ありがとう!

VIP関西の皆様には、今年も大変お世話になりまして、歳の締めくくりに、いろいろな方とお会いできたのも嬉しかったです。

司会をしていた美しの姫、裕子ちゃんとも写真をパチリ。

皆様、また来年も、VIP大阪でお会いしましょう。
因みに来年3月の定例会では、姉がゲスト、また私も賛美させて頂きますよ!

17_12_12f.JPG  17_12_12e.JPG


posted by ♪Sunny at 00:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする