2004年06月30日

no title

 今日は6月の終わりの日…いよいよ夏も本番。毎日暑い。

 昨日、メールをチェックしたら、秋に父がご奉仕させていただく教会の牧師先生からメール。
 以前、当日、わたしも一緒にうかがいます、とお返事をしたら、午前の礼拝を伝道礼拝にしたいとのことで、わたしに、講師の打診があった。
本当にわたしでいいのかしら?という気持ちと、そんな大役が務まるのかという思いがあったけれど、どうやら、本決まり…。
基本的にできる奉仕は断らないことにしているわたし…。
神様にお委ねしてベストを尽くすしかない…。秋のことだけど、今から祈ろう…。

 家の片付け、少しずつ、少しずつ…。
生活のスペースがある程度落ち着いてくると、どうしてもしなくてはいけない、という感覚が薄れ、ペースが落ちてくる。
しかしこのままだと、書斎など、1年経っても片付かないのではないか?
ちょっと本腰を入れないと。

 最近、夫が運動不足解消のためにウォーキングを始めた。
 日のあるうちは暑いし、仕事もあるから、と夜遅くに歩いていたのだけど、昨日はついにおまわりさんに呼び止められたらしい。
確かに、シャツと短パンで夜中に歩き回っていたら「何してるの?」と思うよなぁ。
それで今日から夕方に歩くことにしたらしい。いつまで続くのか…。
でも今度は本気みたいなので、わたしも心から応援しよう。
posted by ♪Sunny at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月29日

no title

 今日は、夫婦で教会のK姉妹のお宅にうかがった。
教会のO姉妹も共に昼食をご馳走になった。
3時間ほどの時間があっという間に過ぎた。

 今週の木曜にはゴスペルのワークショップでソロを担当…。ここしばらく、そのことで頭が一杯。
 たかが練習、ステージで歌う訳じゃない。でもたかが練習、されど練習。
賛美をすることに変わりはないし、歌う限りはみなに迷惑をかけたくない…しかし今のままでは、周りの人たちに迷惑を書けることになりそうで…。
あと1日半で何とかなるのだろうか?

 「家なき子」のDVDを少しずつ見ている。
本当に贅沢な作品。
これは、日本テレビ開局25周年とかで制作されたもので、フジテレビで放映された「家なき子レミ」とは別の作品。
当時視聴率も非常に悪かったそうだけど、この作品が最後まで打ち切られることなく放映されたことが嬉しい。
 親子の情愛、というか、子供が出てくる作品、ってついつい感情移入してしまって、涙涙…。
暖かい家、温かい家族、幸せな家庭のあることを心から感謝しなければ…と思う。
posted by ♪Sunny at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月28日

no title

 先日、思い切って購入した「家なき子」のDVDが届いた。
 懐かしい懐かしい思い出の作品。杉野、出崎コンビの素晴らしい作品、宇野重吉氏の素晴らしい語り。イラストレーターの大橋学氏と出会ったのもこの作品だった…。
 最初のところを少し見たけれど、思い出と、親子の情愛と、色々な思いが重なって胸が一杯…。
 美しい背景、ゆったり流れる物語…昨今のアニメとは全然違う、本当に良質なアニメーションに感動!
 いつか詩音ちゃんにも見せたい作品のひとつなので、少々高かったけど(う〜へそくりがまた…(T_T))買ってよかったと思う。

 土曜日くらいからだろうか、左側の唾液腺が痛む。
昨夜くらいから少し腫れているようだ。
病院に行くべきか…。
少し様子を見よう。
今日は、一日、体を休めることにした。
久しぶりに何もしないでのんびりした。
こういう日も必要なのだ、と思うことにする。

 昨日、父が証しさせていただいた教会の方からメールを頂いた。
120名の予定、とお聞きしていたが、140名もの方が来て下さっていたそうだ。
 父の証しは単純なものだけれど、自分の命を救い、守ってくださっているその体験から来る真実な証しでもある。
聞いて下さった方が少しでも、イエス様を身近に感じてくださったら幸いだと思う。
イエス様ご自身が、導いてくださいますように。
posted by ♪Sunny at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月27日

no title

 朝、詩音ちゃんの熱は36度8分まで下がっていた。
坐薬など何も薬を使わずに下がったのだから、自力で下がったのだと思う。
ひえぴたは、1歳ぐらいまでは嫌ってすぐにはがしていたけど、今回は気に入ったのか、はがさないでと言うので、朝、新しいものと取り替えてやった。
 元気にして食欲もあったので、とりあえず一緒に高石教会へ…。
高石教会でも熱を計ってみたけど、36度9分。元気に動き回っていた割りにほとんどあがっていないようで安心した。

 父も、天候のせいか、少ししんどいようだったけど、守られて無事に奉仕を終えることができた。皆さん大変喜んでくださったようで、また新しい方も来てくださっていたよう。
 ぴかりんさんとご主人、子供さんたちにもお会いできたし、幸せ売りさんも着てくださった。
 詩音ちゃんも守られてとても素晴らしい1日だった。
posted by ♪Sunny at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月26日

no title

 今日は、詩音ちゃんは保育園に行かず、わたしも仕事はお休みにして午前中から出かけわたしの実家へ。
姉と2人の姪も実家へ来て、子どもたちはとても楽しく遊んでいた。

 詩音ちゃんは、行きの車の中で40分ほど寝ただけでお昼寝をしなかったのだけど、夕方になって急に眠くなったようで、ソファで寝てしまった。
30分だけ、と思ったけれど40分ほど寝かせておこしたのだけど、妙に体が熱い。最初は寝起きだからかと思ったのだけど、様子がおかしいので、熱を計ってみると38度8分もある。
 すぐに祈りの掲示板に書き込み祈りの要請…。皆さんの祈りが心強い。
 医者に連れて行くか…色々迷ったけど、とりあえずひえぴたを張って様子を見る。
明日は父の団体外の教会での初めての奉仕…。ぴかりんさんとはじめて会えるチャンス。
神様、守ってください。
posted by ♪Sunny at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月25日

no title

 詩音ちゃんは、朝からご機嫌が悪く、食欲もなかった。
やっぱり昨日の反動か?
でも、まあ、元気よく保育園に行ってくれた。
 さすがにわたしは、寝不足で、頭がボケボケ。
保育園にも自分の鞄と詩音ちゃんのおカバンを間違えて持っていってしまい、詩音ちゃんを預けたあと、もう一度保育園に届けに良くはめに。
 帰ってきて、慌てて家庭集会の準備。
今回はお菓子を作れなかった…。
 家庭集会は、いつものとおり和気藹々としたもので、ショートメッセージと、キリスト教のマメ知識。
夫の家庭集会はちょっと変わっていて、カルチャー教室みたい、とわたしは思うのだけど、キリスト教の歴史や、マメ知識など、一般の人が「へー、キリスト教ってこうなんだ」と理解しやすいような内容。霊的なお話も良いけれど、クリスチャンも知っていそうで知らないマメ知識など、なかなか面白いアプローチで毎回楽しい。
 また、お話の後のおしゃべりが楽しいのだ。お菓子も美味しいし…。

 さて、帰ってきたくらいから、とにかく睡魔に襲われ、ベッドに滑り込み…久しぶりに、少し体を休めることができた。
 夕方は、引越しされたNさんがうちで余った3段BOXやプラスティックケースを取りにこられるので、大慌てでそこらを片付けて、食事のしたく…結局こられるまでに食事が終わらず…。申し訳ないことをしてしまった。
 でも、余っていたものを捨てなくてすんだ上に、まとめて片付いたので、わたしは大助かり。Nさんも喜んでくださったのでよかった。
 お礼にと、またまたたくさんの手作り石鹸と、詩音ちゃんには可愛いお弁当箱を頂いた…。
以前日記に「詩音ちゃんに可愛いお弁当箱を買ってあげなくちゃいけないんだけど…」と書いていたのを覚えてくださっていたそう。
ありがたいことだ…。
詩音ちゃんは、大喜びで、「お弁当入れて、お弁当入れて」とうるさいくらい(^_^;)。
仕方がないので、デザートのわらびもちを入れてやった(^_^;)
今度からは、可愛いお弁当箱を持っていけるので、よかった…けど、明日はまたまた実家へ行くのでお弁当なしなんだけどね。
posted by ♪Sunny at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月24日

no title

 今日は神学校へ。午前中に出発しなければ、同窓会総会に間に合わないので、詩音ちゃんは、保育園をお休み。

 でもその前に、どうしても洗濯しなければならなかった(結局洗い忘れた物があったりして、計3回もした)。しかし、午後から雨かも知れない、というので10時めがけて平○堂へ行き、前から目をつけていた室内用の物干しを買ってきた。大急ぎで組み立てたがやっぱり、思っていたとおり、なかなかの優れ物。
たくさん干せて、簡単にコンパクトに折りたためて、更にキャスターがついていて移動がしやすい。これは買って正解だった。
 ついでに洗濯機のラックも買ってきた。それはまだ組み立ててないが。

 とにかく洗濯をすませて、一路神学校へ。
同窓会の総会とバンクエット。懐かしい友達やお世話になった先生方との再会。
特に夜の集会では、それまで34年間寮長を勤められた先生がご勇退されるというので、その感謝集会。今回は特にこのために参加した。
 この先生は、わたしたち夫婦が婚約した時、他のどの先生よりも喜んでくださった。
 わたしは、一般の女子より1年長く学生として在籍したので、学生としても長くお世話になった上に、その後数年間神学校や、神学校内に事務所のある宣教協会で働かせていただいたので、更に長い間、関わりを持たせていただいた。
 とても可愛がって頂いて、本当に色んな話をさせていただき、励ましを受けた先生だった。
 また夫も、それまで学生は、長期休暇(夏休み)などは、学校に滞在することが許されなかったのだが、帰る家のない夫は特別に許可されて、長期休暇中も新学校に滞在させていただいたりした関係で、その先生には大変にお世話になった。
 その先生と相性の悪い学生もいたように思うけれど、わたしも夫も、とても可愛がって頂いたとの思いが強い。
 集会が終わって、2人で用意したプレゼントを持ってご挨拶に伺ったら、涙が溢れて止まらなくなってしまった。そんなつもりはなかったのに、突然にいろんなことが思い出されて、胸が一杯になってしまった。
 神学校の第1期生であり、神学校を陰で支えてくださった方のお一人だと思う。神学校のご奉仕は終えられたけれど、婦人伝道師としてのお働きはなお続けていかれる。
いつまでもお元気で、励んでいただきたいと心から願う…。

 詩音ちゃんは、夜の集会では学生の方が子守してくださる託児室に預けた。
 もう慣れたもので、他のお母さん方は、しばらく見守っておられたけど、わたしは預けたあと「バイバイ〜、お母さん行って来るね〜」と手をふってトットと会場へ。
多分お迎えに行ったのも一番遅かっただろう…。
他のお母さんが「途中でちゃんとおしっこに行かれてましたよ」「すごく賢くしておられましたよ」と言ってくださった(そのお母さん方は、結局ナースリールームに残って見守ってくださっていたのかな?)。
保育園に行っても初めから、泣いたことのない子だったし、どこの教会のナースリールームでも、「いい子でしたよ」と言われる詩音ちゃん。親としては本当に助かる…。
知らない間にストレスになっていたりしなければいいのだけど…。
posted by ♪Sunny at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月23日

no title

 今日は朝から祈祷会出席のあと、昨晩に引き続き、衣類の整理…。
 昨晩は、早々と日記をつけてからそのあと夜中まで衣類の整理をしていた。
実は、25日に、ネットで親しくさせて頂いているNさんが、こちらで余ったBOXなどをとりにこられるので、それまでにやってしまおう、と焦ってやっていたのだ。
 で、今日は張り切ってその続きを、と思っていたのだけど、祈祷会のあと、昼食もとらずに、教会で話し込んでしまい、昼食をとり終わったらもう3時前だった…(@_@;)
 それでも、頑張って、箱をどんどん開け、とにかく整理を始めた。
4時の時点で、ベッドの上一杯に散らばった洋服の上に、更にもうひと箱発見し、5時の「お迎え」までに収拾がつくのかどうか、不安だったけど、とにかく頑張った。
結果、とりあえず何とかなったかな?

 引越しの準備を始めたときから、合計4袋以上、古着のゴミが出た。
リサイクルにもまわしようのないどうしようもないものばかり…。
本当はすごく気に入っていて、ちょっと未練のあるものもあったけど、もう10年以上も着て古くなって、サイズも合わないものを無理に着るのはやめようと諦めた。
 まだ、他にも「これ本当に着るかな?」というものもあったのだけど、もうワンサイクル、季節を廻(めぐ)って、それで着ないものは処分しよう、と思う。
 今後は、とにかく、何か捨てないと新しいものは買わない。今のスペースに入る量以上には増やさないことを、鉄則にするつもり。
それでもまだ多すぎるので。更にもう少し量を減らしたいのだけど…。
 …実はそれでも2着だけ、お気に入りのワンピースの処分ができなかった。
もう絶対に着られないと思うのだけど…。
1着は数回しか着ていないのだけど、極端ななで肩のわたしのためにアジャストしてもらったノースリーブのワンピなので、多分他の人は着られないだろうなぁ…。もう1着はアメリカで買ってきた思い出のシルクのワンピ。
この2着、もう一度着られるはずもないのに、それでも、心ひそかに頑張ってみようと思っているわたし…。無理だとわかっていても…。

 ダイエットと言えば、夫も昨日、銭湯で体重を量って愕然としたらしい。
昨日の夜から突然ウォーキングをすると言い出した。
食事の量も自制しているよう…。
続けばいいのだけどね(^_^;)
いや、続くように祈ろう。

 今日は、詩音ちゃんは特に変わったことはなし。
 ただ、朝からわがままモードで、寝坊したくせに「なんかみたい」(テレビやビデオを見たいという意味)と、駄々をこねていた。
 保育園のお迎えでは、しばらくブランコや滑り台で遊んでいたけど「『トイ・ストーリー』みよっか」の誘いかけであっさり帰ってくれた。
 もちろん、帰ったらすぐに「『トイ・ストーリ』みる。『トイ・ストーリー』みる」
見ている間にも「ぎゅうにゅうのむ」「なんかたべたい」と指図し、「何が食べたいの?」と聞くと、冷蔵庫の中を見せろとせがみ、開けっ放しで「えーと〜、えーと〜」と考えているので、「もったいないから早く閉めて!」と叱ると冷蔵庫の前にうずくまって「もういやだ〜」と泣きまね。
「まったくもう〜」とか「せっかくもう〜」とか、ブツブツ言いながら、結局はスライスチーズを食べながら「トイ・ストーリー」を見ていたけど(^_^;)。

 毎晩毎晩、飽きずに「おかあさんだいすき!」を連呼してくれる詩音ちゃん。
今日は「お父さんは?」の問いかけに、「おとうさんもだいすき〜、みんなだいすき〜!」と言い(いつもは「イヤ〜」とか「ダメ〜」とか、良い時で「ちょびっとだいすき」とか言う)、その後「『ヤッタ〜』は?」と、「喜べ」と暗に催促する。まったくどこで覚えたのやら…(^_^;)

 そうそう、この前から書こうと思っていたのだけど、詩音ちゃんはとても寝相が悪い。
普通親子3人並んで寝ていると「川の字になって」とか言う。しかしウチは「H」になったり「N」になったり、はたまた「M」や「PI」になったりする。
詩音ちゃんが寝てから、宵っ張りの夫が寝にきた時は、必ず詩音ちゃんの位置を確認しないと、どこに寝ているかわかったものではない。
 わたしも子供のとき寝相悪かったもんな〜。
変なところが似ちゃったな…(^_^;)

 最近、心の病を負った一人の青年から度々電話を受ける。
他にも、色々と人の悩みを聞く事がある。
 時々、自分自身も問題を抱えていたりすると、とても人の荷物まで背負いきれない、と思う事がある。正直なところ…。
 そんな時、主の十字架をふと思い出した。
主は、何のいわれもなく、ただ愛によって、自ら進んで、すべての人の悩み苦しみ、そしてその元凶である罪を背負ってくださった。
泣き言ひとつ言わず、背負いきってくださった。
 主の負ってくださった質・量に比べれば、…いや比べることもできないほど、ちっぽけな重荷…。
もし、わたしのような者のところに、共に荷って欲しいと願ってくださる方がおられるのなら、喜んで共に荷えるものとなりたいと願わせられた。
posted by ♪Sunny at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月22日

no title

 今日は、一部衣類の片づけをした後、ビデオが1台壊れたので、新しいのを買いに行った。
 少し前からヘッドがおかしくて、何度もクリーニングをするのだけど、どうも調子が悪かった。
最初は修理するつもりだったのだけど、今日になったらビデオの出し入れするところも壊れてしまった。
これだと、修理代が高くつくかなぁ…という気になってきて、家電って、一度壊れると修理しても結局またすぐに壊れる…なんて事になりやすいので、思い切って買い換えることに。
かと言って、まだDVDは規格が統一されていないとか聞いたし、見るだけのDVDなら間に合っているし(姉の家からお古だけど、引っ越し祝いにもらったので)、とりあえず、壊れたのと同じくらいのグレードのものを買った。
といっても結構良いもの。なぜかと言うと、後の端子が、壊れたものと同タイプでないと、接続が分からなくなるかもしれないので(ビデオ2台とCTVと繋いでいるので、なんだかよくわからない。夫は大丈夫だと言ったけど、わたしとしてはちょっと不安だったので…)、結果的に、一番安いもの、という訳にはいかなかったのだ。
 でも、新しいものを買うとなんだかちょっと嬉しい。
お財布は軽くなる一方だけどね…。

 今日は夫が、食事時に新聞屋さんにもらったスーパー銭湯の券をひっぱり出してきて、有効期限など確かめたものだから、詩音ちゃんはすっかり銭湯に行く気になってしまった。
食事のあと、わたしがお風呂を入れに風呂場の方に行ったら、「おおきいおふろいくの〜」
 そういえば、先日実家に行った時も、いくらシャワーに誘っても嫌がっていたのに、突然「おふろいく!」と言い出して、やっとその気になってくれたのかと思い、一緒にお風呂場に行ったら「ちがう〜、おっきいおふろいくの〜」と言っていた。
お風呂屋さんが好きなんだなぁ。
そのくせお風呂屋さんのお風呂は熱いのですぐに「あがる〜」と言うくせに(^_^;)
 結局、今日は夫が詩音ちゃんをお風呂につれて行ってくれた。
夫も、そういう時は詩音ちゃんがなついてくれるので嬉しいのだろう。
わたしは、その間ちょっと一息…。

 どうも、引越し以来疲れているのか、短気になっている。
夫のちょっとした言動に腹が立ってしまって、喧嘩ばかりふっかけている。
いかんいかん、夫は夫で頑張ってくれているし、疲れているんだから、優しくしてあげなくちゃ。
 とはいえ、今週も忙しい日が続く。
上からの助けがありますように…。
posted by ♪Sunny at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月21日

no title

 今日、詩音ちゃんの靴を買った。
 最近、詩音ちゃんのあしがむくむくと大きくなっているような気がする。
最近はずっと14cmの靴を履いていた。中でも1足は、少し前にブカブカだったので、しまっておいて、他のお下がりからはかせていた。
 実は詩音ちゃんは、三輪車に乗るのがすきなのだけど、まだこぐというよりも、足でけって進む。けったあと、足を引きずるので、靴のつま先の辺りにすぐに穴があいてしまう。
特に、保育園の園庭は砂地なのでまだ良いのだけれど、前のアパートの子達と遊ぶ時はアスファルトの上でやるものだから、靴の傷みが早い。
姉のところからたくさんお下がりをもらったのだけど、1足穴があき、また1足穴があき…。
 ついにほとんどの靴がだめになったので、前にしまっておいた新しい靴を出してきた。…ところが、既にこれももうきちきちになってしまっていた。ガーン(~o~)
一応無理やりはかせたけど、もう自分でははけず、大人が押し込んでやらなくてははけない。これでは、保育園にはいていくのに相応しいとはいえない。
 「思い切って新しい靴を買おう」と思っていたところ、100均で子供用の靴を発見!
「どうせすぐにボロボロになるんだから、これで良いや」と思い、先日、とりあえず15cmのを1足買ってみた。…が、うちの子は、どうも足の甲が高いようで、どうしても入らない。再びガーン(~o~)。
 今日、ついでもあったので、仕方なく、子供用品の店に行ってみた。
 高い。子供の靴ってすぐに小さくなるのに何でこんなに高いの〜??
色々迷いに迷って夫が1足選び、バーゲンのワゴンからわたしが1足選んだ。わたしなんか16cmの靴を選んだ。
これで、しばらくは大丈夫だろう。
前の家の近所の子と遊ぶ時は、ボロ靴を履かせることにしよう…。

 今日は台風…。
外にも出たけど、わたしの印象では、このあたりは大したことなかった…。
と思ったのだけど、保育園のお迎えに行った時に先生に「大したことなかったですね〜」と言ったら、「でも風がきつくて、恐かったですよ〜」とのことだった。
わたしは買い物などで結構外もウロウロしていたのだけど、タイミング的にずれていたのかな?
園では風の音など恐がる子もいたらしいけど、詩音ちゃんはヘッチャラでいつもどおり遊んでいたとか。肝っ玉の据わった子だこと…(^^)
posted by ♪Sunny at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月20日

no title

 今日は父の日…父にプレゼントを考えてはいたのだけど、準備が間に合わなかった。
仕方がないから携帯でメールだけ送る。

 礼拝に来た母を、送っていこうとすると、詩音ちゃんが「グランマのおうち行きたい〜」と言ったので、母は大喜び。結局なんだかんだと言って、父の見舞いにいくことに。
 ちょっと、信仰上の問題で、フォローしなければならないこともあったので、申し訳ないと思ったけど(教会は大掃除日だった)、お先に失礼してしまった。
 父は、案外元気そうで、何だ、と気が抜けたほど。
詩音ちゃんの顔を見てとても嬉しそうだった。
 そのあと実家に行って、お人形で遊んだりビデオを見たりして遊んでいた詩音ちゃん。
温泉のあるお風呂屋さんにも行って、大満足だったみたい。
 わたしも詩音ちゃんのおかげで、何よりの親孝行ができて感謝!感謝!
 大掃除に戻れなくなってしまって、教会の皆さん、申し訳ありませんでした…m(__)m
posted by ♪Sunny at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月19日

no title

 今日はまたまた夕方からお出かけで、信楽の教会へ。
 ライフライン・ラレーで安海靖郎先生が見えていたのでお話を聞きにいってきました。
うかがった教会は、牧師先生が天に召されられてから、後任の牧師がおられなくて、無牧(牧師がいない)とのこと。それでも、休まずに礼拝と祈祷会を守られているとのこと…素晴らしいな、と思いました。
古い街の古い教会、ここにも主の愛された教会があることに感謝しました。
 そしてね、集会の初めに賛美をしたのですが、「フットプリント」を賛美していてなぜか涙が溢れてきて、止まらなくなってしまいました。
胸が一杯になって、歌えなくなるほど…。
主が、わたしの一番辛い時、わたしを背負って歩いてくださっている…。
感謝します…。
 メッセージも「道、真理、命」と自己紹介されたイエス様のことをわかりやすく語ってくださり、とても恵まれました。

 詩音ちゃんはと言うと、晩御飯を食べる時間がなかったので、礼拝堂の一番隅っこの部屋でおにぎりを食べたりジュースを飲んだり…。
礼拝堂で…とちょっと気になったのですが、子どもを親の犠牲にして晩御飯抜きにする訳にもいかず、聖日礼拝ではないし…と、心で言い訳をして、食べさせました。
 幸い、詩音ちゃんは割りに大人しく、集会の時間を過ごしてくれました。「おとーさんがいいの」と言っては、離れて座った夫のところへ時々、ひょこひょこ歩いて行き「おとーさん」と呼んだりして、チョッと気が引けましたが、大騒ぎすることもなく、最後まで過ごしてくれました。
 毎日引っ張りまわして…可哀想かな?と思うこともあるけど、逆に保育園のお迎えに行くと「どこ行くの?」と聞く詩音ちゃんは、案外お出かけを楽しみにしているのかも…(^_^;)。
posted by ♪Sunny at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月18日

no title

 今日はGOCHA。
 詩音ちゃんは昨日より更に早く保育園から帰ってきて、お風呂に入り、いざ大阪へ。
 結構道が込んでいて、ギリギリに。
近くのジャスコの駐車場に車を入れて、ぱぱっと食事を取ってスタジオKAZUへ。
7時少しまわったかな?というくらいだったのだけど、まだ始まっていなくて、慌てて席に着いた。トップバッターが春太郎さんだったので、間に合ってよかった。
 ちょうど、春太郎さんの教会の牧師先生も来られていたし、春太郎さんと一緒に教会に来てくださるファニーさんも出演されていてお会いできたのでよかった。
 ライブは、本当に楽しかった。
クリスチャンミュージックにもヴィジュアル系出現か?みたいな方もおられたり…。
中西秀支さんのバンド「ジミアス(Jesus meets us)」は、評判を色々聞いていたけど、やっぱりすごくよかった。迫力はあるのに、歌詞もしっかり伝わってきて、メッセージもストレートで…。
春太郎さんも今回はソロでたっぷり聞けたし。(演奏はWithファニーさんだったけど)
PRISMさんはやっぱり最高!トミーさんとの共演もばっちりはまっていたし。
PRISMさんはねぇ、全体に曲調が明るくて、でも曲も内容もバラエティーに富んでいて、いつもながらすごいと思う…例の「罰があたります」も聞けたし…本当は曲のタイトル、違うんだけど、もう頭の中では「バチがあたります」(^◇^)
秋の特伝が今から楽しみ楽しみ!

 詩音ちゃんは、ご飯をたべるときにもグズグズ言ったりしたのでちょっと心配したけど、結局、ほとんど駄々をこねることもなく、3時間近いライブの間おとなしくしてくれていた。
本当に、外に出るといい子で助かる。リズムをとったりして、結構乗っていたしね、詩音ちゃんも。
特に最後のジミアスのライブではノリノリだった詩音ちゃん。どうやら、眠くてハイテンションになっていたのかもしれない。
車に乗るとすぐに寝てしまった…。
 わたしも、実は今日、ちょっと体調が悪かったのに、ライブで元気になって帰ってきた。
楽しい1日でした。
posted by ♪Sunny at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月17日

no title

 今日は浄水器を買った。
色々迷ったけど、夫が「近頃では安全はお金で買うものだ」との一言で、最高級(品質的に)のトリハロメタンまで除去できるものに。
 夫が早速取り付けて、水を飲み比べてみた。
これで、味が変わらなかったら怒るで!と思っていたら、ちゃーんと味が違った。
浄水は水道臭さが無い!感動!!
あ〜、浄水器が取り付けられるような水道になってよかった!と実感した。
本当なら、前のアパートでこそ浄水器を付けないといけなかったのだろうけど(なんせ水道管が古くて、1日留守にするともうサビ色の水が出ていた)、3年間、我慢した。
やっと美味しい水が飲めるようになった。嬉しい。

 今日はゴスペルの練習日。
詩音ちゃんは保育園を早退して、お風呂に入ってから準備万端で出かけた。
いつも夜遅くなるから、お風呂に入れずに寝てしまうのが気になっていて、特に今週は明日もGOCHAで遅くなるから、どうしよう…と考えた。で、そうか、先に入っていけばいいんだ!と気付いて、早退させることに。
で、パジャマも持っていって、帰りにはパジャマを着てそのまま寝てもいいように、と備えたのに、これが一向に寝ない。
ゴスペルの雰囲気は詩音ちゃんも好きらしくて、いつも楽しみにしているし、興奮していたのかな?

 ゴスペルでは、Oh Happy Dayのソロパートを毎回1人ずつ交代で担当している。
あ〜、神様どうかわたしにだけは当たりませんように、と願っていたのだけど、ついにあたってしまった。まだ4人目だというのに…。もっと後でよかったのに。
 ソロパートは、ワークショップでは練習していなくて、各自が自分で練習してきてやっているらしい。みんな上手なのだ…。
わたしはと言うと、声だけは出るものの、リズム感なし、メロディー…みんなについていってるだけ、といういい加減な参加者だったのに…。
 幸い、来週はお休みで丸2週間練習期間があるので、CDを買ってきて、ひたすら聞いて体に叩き込まねば…。あ〜、でもどうしよう…できるかなぁ。
posted by ♪Sunny at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月16日

no title

 今日も何もしないで過ぎてしまった。
朝から体が鉛のように重かった。
頭も痛く、起きるのも大儀だった。
 それでも何とか午前中の祈祷会にだけは出席した。
 天の故郷への憧れ…ヘブル書11章からの御言葉だった。
故郷は普通懐かしいものだけど、まだみたことが無いから懐かしいというより憧れ…。
でも、行ってみたらきっと懐かしいのだろうな。
例えば、浅草とか東京の下町なんか、住んだわけでもないのに郷愁を感じる…、そんな風に、天国はまだ住んだことの無いところなんだけど、行ったらきっと懐かしいところ。
まだみてはいないけど確信することが信仰…。
信仰によって、天国は懐かしい故郷なんだと思う。
この世からの逃避という意味ではなく(引越しの片づけからは開放されたいが(^_^;))、早く行きたい、と思う事がある。

 午後、すべてのことを投げ出して、ベッドに横になった。
今は体の疲れを癒すことが先決かもしれない…。

 今日は祈祷会の時に、前のアパートのお隣のYちゃんが、「詩音ちゃんは…」と訪ねてきてくれたので、夕方、遊びに連れて行く約束をした。
 詩音ちゃんが行くと、外で遊んでいた何人かの子供たちが「しおんちゃん、しおんちゃん」と声をあげて呼んでくれた。詩音ちゃんも「Yちゃん」と大きな声で車の中から呼んでいた。
 今日は詩音ちゃんを残して家に帰ったりしていたけど、平気で遊んでいた。
まだまだ遊びたいみたいだったけど、またね、と言って帰ってきた。
時々連れて行ってやらないと…と思う、詩音ちゃんのためにも。
posted by ♪Sunny at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月15日

no title

 夫が頑張って片付けてくれている。
 わたしはと言うと、何もしないでストレスを溜めてるだけ。
 あれもしたい、これもしたい。
でも体がなぜかいうことをきかない。
できないからよけいにストレスがたまる。
家計簿も、つけるのだけど、集中力が持続しなくてなかなか進まない。
できないことで、かえってストレスがたまる。
ストレスがたまるとよけいにしんどくなる。
精神的なもので、薬の効き方も違うのだそう。
夫が頑張ってくれているからこそ、わたしももっと、って思うのだけど…。
posted by ♪Sunny at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月14日

no title

 今日はなんだかよくわからないうちに1日が過ぎた…。
家計簿も半分しかつけられなかったし…。
色々と電話の多い1日だったし…。

 そうそう、中学の同窓会(学年会)が夏にあるのだけど、最近そのWebサイトができて、懐かしい人たちとサイト上のコミュニケーションを楽しんでいる。
 中学時代のこと、とってもよく覚えている人もいれば、忘れちゃった〜、っていう人もいる…。わたしはどちらかというと忘れちゃった人だけど、それでもいくつかの懐かしい思い出がよみがえってきたりして楽しい。

 人って不思議だね。
15歳だった私が、27年経って40過ぎてその記憶は自分の内に積み重ねられ、飽和の量を過ぎたら忘れ去り…。
「流れ去るものはやがて美しきものへ…」と、清水邦夫の「楽屋」ではないけれど、いやな思いでも少しはあったりするけど、いつかそういうものも昇華できるものなのだなぁ、と思うこの頃。
posted by ♪Sunny at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月13日

no title

 今日は、主からの癒しの日。
体は、本当に疲れている。
でも、霊においては疲れていてはいけない、と思う。
 主に力を頂いて歩んでいこう。
聖霊の宮として、この体をおささげしていこう。
主に期待して…。

 ヘアスタイルの評判は上々だった。
お店できってもらってすぐより、案外なじんできたみたい。
まとまりやすい感じだし。
「エレガント〜!」とか「顔がすっきりした」とか、嬉しい言葉をもらって、ご機嫌なわたしであった。

 今日は、詩音ちゃんは、お寝坊をし、少し遅れて日曜学校に行きました。
お父さん先生と賛美をしたり、お話を聞いた後、折り紙をして遊びました。
 その後、お友達や色んな人にたくさん遊んでもらいました。
 それからお昼ごはんを食べに行きました。前はぽっちりしか食べられなかったアイスを全部食べられるようになりました。その後、おうちでお昼寝をしました。
 お昼寝から起きた時には「おかあさん、おかあさん」といって少し泣きました。
それからお母さんの抱っこで甘えんぼしました。
 詩音ちゃんは、お母さんの“だいじだいじ”の宝物です。
 それから、詩音ちゃんは夕食の前にお父さんとドライブに行きました。ジュースを買ってもらったり、ガラポンをさせてもらったりしました。
 ご飯を食べてから、お母さんとお風呂に入ってネンネしました。

 そうそう、バタバタのなかで、舞芸(演劇学校)時代の恩師の先生のお一人が急逝されたとTちゃんから連絡を受けた。
Aからの連絡があったそうで…。
 わたしにとって、舞芸は楽しかった青春の1ページ。たくさんのことも教えられたし、良い友達もできた。
 でも、舞台を離れていたわたしにとっては、単なる思い出の1ページになってしまっていたのかなぁ。実際に、舞台や演劇に関わっている友人よりショックが少ないのは、別世界のことに感じているからなのかもしれないが…。
 それにしても、本当に、だんだんと人を見送る年齢になってきたのだ、と実感…。
人の(永遠の)命について、もう少し真実に祈らなければ、と思う出来事だった。
posted by ♪Sunny at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月12日

no title

 今日は、本当に祝福のひと時だった。

 コンサートの前に、日頃の思い煩いをすべて脇において、すべてを主に委ね、ささげる祈りが出来た。
自分の力で頑張らないで、主に委ねる祈りができた。
 体調はベストではなかった。
歌詞のプリントを作りたかったのだけど、PCのトラブルで、どうしても印刷できない。何度もやり直し、プリンターをインストールしなおしたりで、夜中までかかってしまった。
どうしてもできなかったので、諦めて寝ようとしたけど、愛ちゃんのことが心にかかって寝られなかった。
結局寝たのは明け方…。詩音ちゃんと、少し寝て、おきてからの作業だったので、まだましだったけど…、喉の大敵、明らかな寝不足状態。
その上、朝から少し大声を出して喉を痛めてしまった。
でも、その弱さも主はご存知で、そのことによって、すべてを主に頼ることができたのかもしれない。

 結果、本当に恵みのひと時となったことを感謝している。
 歌詞も(プリントをお渡ししていたにもかかわらず)間違えてしまったし、ミスも多々あったけど、心から主を賛美できた。
 最後の方には、涙をぬぐっておられる方もおられ、わたし自身も、御聖霊様が働かれているのが実感できた。
終わってからも、何人もの方が「胸が一杯になりました」と言ってくださり、主の恵みをお証しできたのが、なにより嬉しかった。
 新来者や求道者がおられたのか、印象がどうだったのか、わからないけど、すべては主の御手の内にあることを感謝。
あとは、神様と教会の方々にお委ねし、祈るしかない。

 また、愛ちゃんも、熱は下がらなかったけれど、元気にしておられたそうで、よかった。
多分突発性発疹だろう、とのこと。
難しいものでなくてよかった。
それにしても、引き続き、早く癒されますように。

 本当に、主を賛美できるって、素晴らしい!

 夜は、甲西高校の吹奏楽部の定期演奏会へ。教会のK姉が今年入学し、入部した部。
県内でも、吹奏楽では有名だそうで、Kちゃんの念願だった。
 演奏会は、とても高校生とは思えない素晴らしいものだった。
3部構成で、1部はオーソドックスな演奏。2部は、ミュージカル風(?)、3部はマーチング。詩音ちゃんも興味津々で見ていた。
 ただし、わたしはさすがにちょっと疲れてしまった。
なんせ、昼も、「このコンサートが終わったら倒れても良い」と本気で思って、全精力で賛美したから…。
ホッとして、それまでの疲れもまとめて出てしまったのかもしれない。

 とにかく、皆さんの祈りに感謝。
祈りの中で賛美できたことに感謝。
posted by ♪Sunny at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月11日

no title

 明日はいよいよコンサート。
準備不足、練習不足、祈り不足、技量不足。
すべてに不足しているけれど、弱さのうちに働いてくださる主に期待するしかない。
ただ、主の通りよき管となれますように。
そう祈るのみ…。

 そうそう、今日久しぶりに美容院へ行った。
前回行ったのは4月のゴチャの前だから、2ヶ月ぶり、だけどわたしにとっては異例の早さだ。
まあ、人前に立つのだから少しくらいは身形を気にしようと思ったのだが…。
 この前、通りすがりに見てお店の名前が気に入り、是非行きたいと思っていた草津のお店は予約が一杯で受け付けてもらえず、少なからずガッカリだった。
今日はいつもと少し気分を変えようと、今まで行っていたお店と違うところに行こう、と決めていたので。
 それでまた、車を走らせて、栗東駅の方へ。
美容院というのは、お店の外観も大切ではないか、と常々思っている。
そこに技術者のセンスも現れていると思うから。
行き当たりばったりに、駐車場から出て、一番最初に目に付いたお店には行ったけど、明るい雰囲気でなかなか良い感じだった。
出来上がったヘアスタイルのお気に入り度はまあまあ。
 まあ、こんなものかな、と思って帰ったら、夫が「もう美容院も行ってきたの?」という。
「行ってないように見える?」と聞くと「…う、うん…」だと。人が気を良くして帰ってきているのに…、まったくもう(-_-メ)
まあ良いや、外見で歌う訳ではないんだから。
posted by ♪Sunny at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする