2005年12月31日

no title

 昨夜は、Shionちゃんが昼寝をしなかったので夜早く寝てくれたので、夜、少しPCをさわった。でも、あまりあちこちのサイトは覗けなかったけど。
気がついたら日付が変わっていた。
 ウソー、もう12月31日やん。今年も終わりやん。
どうしよう、やり残したことだらけや!!
ま、これは来年への課題ね、とさっさと開き直るわたし。

 とにかく午前中にざざっと雑用を片付ける。午後から西宮へ、両親を迎えにゆく予定だった。
明日の元旦礼拝に備えて、今日からこちらに泊り込むため。そして、それでもお雑煮は自分の家の味で、ということで、だしやお煮しめも持参でくるため、荷物が多いうえ、父も少し疲れ気味だというし、母もここしばらく膝に水がたまって、随分痛そうなので、車で迎えに行くことにした。
 そんなこんなでバタバタしていると、母から何時ごろに来るかと電話。
電話が鳴った時にたいてい母だと予想したわたしは、バタバタしていたので、「ちょっとShionちゃん、電話に出て。『もしもし』って言うんだよ」と言うと、電話に出たShionちゃん、「モシモシ、すがわらです」
そばにいたわたしもグイドもびっくり!!
「すがわらです」まで言えるとは夢にも思わなかった。電話をとらせたのも初めてなのに。
母は、電話をかける先をまちがえたのかと思ったらしい。
年末のバタバタのなか、娘の成長にちょっと嬉しくなった一時だった。

 まだし残していることもあったけれど、遅くなると父の食事の時間などがずれてしまうので、とりあえず西宮へ。ついたらほぼ用意ができていたのでUターンで栗東へ。
そしてこちらに来てから、母の膝を暖めた方がいいだろうということでお風呂屋さんに行ったらどうかという話になった。
でも、父は、風邪が心配だということで留守番。
わたしは家の掃除がすんでいなかったけれど、グイドが「別に新年までに掃除しなくても都市は越せるよ」と言ってくれたので、結局、母を野洲のスーパー銭湯へ連れて行ってあげることにした。Shionちゃんもお風呂や温泉が大好きなので、大喜びで、泡のお風呂や露天風呂など、色んなお風呂を渡り歩いた。
思ったほど込んでいなくて、年末に思わぬリフレッシュ。今年の垢を落とせたかな?

 Shionちゃんも両親も早々に寝てしまい、わたしは深夜に帰ってきたグイドと一緒に紅白をざざっと見て、今年の予定終了。

 この1年、本当に多くの出会いと恵みがあったことに感謝しながら、新しい年の期待を胸に、おやすみなさい。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

no title

 今日も、風邪が相変わらず。
それでも朝は、ちょっとだけ寝かせてもらえたので、少し楽になったみたい。
ピークは過ぎたかな。
 でもね、子供はやっぱり苦手。
我が子でもやっぱり苦手。1日一緒にいるとなんか疲れる。
休みたい時に休ませてもらえない、ってものあるし。
子供也にお手伝いしてくれたり、一生懸命なんだけどね。
それに、子供の可愛さに癒されるっていうのも同時にあるんだよね、不思議と。

 今日は、とりあず録りっぱなしになっていたビデオとか、整理して、Shionちゃんのアイロンビーズを一緒にやりながら(って言うか、子供よりわたしのほうが熱中していたかも)、「踊るレジェンド、逃亡者木島上一郎」をみた。なかなか面白かった。

 今日は、昼ご飯も作ったし、晩御飯も作った。本当なら当たり前のことなんだけど。
晩御飯のメニューが笑える。ポタージュスープ(これはインスタントだけど)、りんごとセロリ入りコールスローサラダ、鶏の骨付きモモ肉のロースト(添え野菜つき)、それにご飯。
完全にクリスマスのメニュー。
クリスマスに作りたかったんだけどさ、忙しくてできなかったんだもん。
モモ肉のローストは、西宮の美味しい鶏屋さんで買って冷凍しておいたもの。写真を撮ればよかったなぁ。さすがにまだ風邪の余韻もあって、デザートまでは作れなかったけどね。
でも、ローストチキンはとっても美味しくできた。普段、鶏肉はあまり好きじゃないShionちゃんもパクパク食べてくれたし。
 でもね、グイドはわたしがご馳走を作るときって、必ずと言って良いほど風邪をひいているのよね。味がわからないって…。一応美味しいとは言ってくれたけど。
わたしもまだ鼻は詰まっていたけど、薬を飲むのをやめて、やっと胃もよくなってきたのか、舌の痛いのが随分よくなって味もわかるようになってきた。久しぶりにちゃんとご飯を食べた感じ。美味しい、って自分で思えたから満足。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

no title

 今日はShionちゃんの保育園もお休みだし、風邪でしんどいし、いつもよりちょっとだけ朝寝坊。

 朝、お布団の中で家族でじゃれあっていた。
グイドがShionちゃんを捕まえたらShionちゃんは「はなしてー」と叫ぶ。
どっちも本気じゃなくて、単なるじゃれあい。楽しそう。
Shionちゃんの「はなしてー」に対して、グイドがいきなり「お話」を始めた。
「昔々あるところにおじいさんとおばあさんがすんでいました。ある日、おじいさんはやまへしば刈に、おばあさんは川へ洗濯に出かけました」
Shionちゃんはそれを「うんうん」頷きながら聞いている。
「Shionちゃんが『はなして(話して)』って言ったからお父さん、お話しました」
とグイドが言うと、Shionちゃんはそのジョークがわからずに、「ちがうの〜、そうじゃなくて〜」と思い出したように暴れだす。それを2回ぐらい、飽きずに繰り返している。
なんだか傍で見ていて可愛くて面白かったよ。

お昼前に、パーラー(アイロン)ビーズを買いに、草津まで出かける。
ついでに、Shionちゃんのクリスマスのお小遣いの残りでプリキュアのおもちゃをもうひとつ買った。
グイドは、外回りに出るので、外でなんか適当にお昼ご飯を食べると言ってくれたので、Shionちゃんとプレイルームのあるマックに行く。
食欲がないので、ハッピーセットをひとつと飲み物だけもうひとつ買ってプレイルームに行く。どうせShionちゃんはハンバーガーを半分しかたべないに決まっているんだから。
 家に帰ってからは、もちろん新しく買ったおもちゃを片手にアイロンビーズ。
「どっちかに集中しなさい」と言うんだけど、それができないんだな。
 蓄光のビーズを買ったのだけど、最初Shionちゃんは「光ってるでしょ」と暗いところで見せても、よくわからなかったようだった。このビーズは、Shionちゃんよりもわたしが興味津々で買ったもの。あとで寝室で見せたらさっきより暗かったせいか光っているのがよくわかって、Shoinちゃんは大喜び。寝るまで、電気をつけたり消したり、大変だった。

 今日はとにかくしんどかったので、食べるものがなかった訳じゃないんだけど、夜もご飯を作る気力がなくて外食。
 あー、ぐうたらでごめんなさい。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

ケーキ講習会

 今日もまだ、鼻と頭と…ウウ〜、って感じ。
午前中の祈祷会に少し遅刻してしまった。

 午後は、S姉のお宅でケーキ講習会。スポンジケーキが上手にできない、と言われるので、じゃあ一緒に作りましょう、ということで…。
お昼を一緒にいただいて、ゆっくりおしゃべりしながら楽しいひと時を過ごすことができた。途中でS姉の妹さんも来られて色々お話しすることが出来て、それも楽しかった。
 オーブンは、ウチのよりだいぶパワーがあるようで、途中で温度を下げたり、調節しながら焼き上げる。
まずまずの出来かな?
 お宅にあったクリームや缶詰で行き当たりばったりにデコレーション。無計画にやったので、イマイチの仕上がりだけれど、S姉は喜んでくださって、明日、帰ってこられる単身赴任中のご主人と一緒に食べる、と楽しみにしておられた。
お味見できなかったのはちょっと残念だけど、ご家族で楽しんでもらえればいいなぁ。
写真は、今日のケーキじゃなくて、クリスマスイブに作ったもの。UPするのを忘れていたからね。
 あっという間に時間が過ぎて、Shionちゃんお迎えの時間。

クリスマス.jpg

 わたしも食欲がないし、グイドも集会の後で食べるというので、夕食は食べずに祈祷会へ行く。Shionちゃんはおにぎりなどで、簡単にお弁当を作って教会で食べた。
家族だけの、今年最後の祈祷会。
たくさんたくさん、心にあることを祈った。ネットでつながっている友たちの課題も祈らせていただいた。
 夜は、早めに寝ようと思いつつ、以前から気になっていたBlogを一つ整理。
もう一つは減らそうと思っているけれど、それはまた、追々…。
 今年もあと3日。
特に代わり映えのしない毎日だけど、感謝を持って今年を終えられますように…。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

no title

 今日は、やっぱり風邪が辛い。
午前中はグイドと少し出かけたけれど、午後からは横になる。
 夕方はグイドがShionちゃんを迎えに行き、帰ってきてからは特製うどんを作ってくれた。
結構眠ったので、少し楽になった。
やっぱり疲れていたんだな。
posted by ♪Sunny at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

餅つき

 今日は、姉の家でのお餅つきだった。
姉に、「あんたとこの分もついてるんやから、たまには手伝いに来て」と言われ、行ってきた。
今まで、1度行ったことはあったのだけど、けっこう土曜日とか、スケジュールが合わないことが多かった。 それと、ウチは、実家から貰っている、と思っていて、姉のところでついてもらっている、と言う感謝の気持ちがあまりなかったのも正直なところ。
でも、その実家の分は、姉のところでついてもらっているので、結局ウチの分もついてもらっていることになるのよね。
で、行ってきたけど、わたしは丸めるのと、子守専門で、実際にはつく作業にはほとんど参加せず。怠け者、と思われたかなあ。
最後に子供と一緒にちょっとだけペッタンしたけど、これはもうほとんど写真のため(^_^;)

 アイロンビーズを、姉の子どもたちにやらせてあげようと思って持っていったら、遊びに来ていた子どもや、義兄のお兄さんの娘さんなど、大盛り上がり!
予想外にビーズが減ってしまって、セコイわたしは、「こんなはずじゃ…」(爆)
でもま、使えばへるものだし、みんなで楽しめたのだからよかったかな。

 心は疲れていないけど、体はちょっと疲れ気味。
本当のことを言えば、餅つきどころか、横になって休みたかった。
でも、義兄の実家の方(姉の家の斜向かい)でやっていて、姉の義母さん義父さんらが、せっせと働いてくださっているので、そうも行かず、子守ばかりしていたのだ。
ちょっと熱っぽい。
 そんな状態だから、本当はとっとと帰れば良いのに、Shionちゃんが従兄弟達と遊びたそうだったし、わたしも姉とちょっとゆっくり話したかったので、少しゆっくりして帰ることに。実家から○ちゃんも応援に来ていたしね。
 でも、女ばかりのところにグイドが残っても仕方がないので、グイドは一人で電車で帰った。「ご飯どうしたら良いんだよ」なんて文句も言わないで、「ゆっくりしておいで」と言ってくれるグイドに感謝。

 で、みんなと一緒にご飯を食べに行ったけど、食欲0(ゼロ)。でも考えたら、お餅とか、昼間に結構たくさん食べたんだよね。食べられなくても当たり前かな。
Shionちゃんは、お昼寝もしないで従妹たちとたっぷり遊んだせいか、車に乗るなり寝てしまった。
わたしもやっぱり体は疲れているので、今日は早く休むことにしよう。
と思いつつ、帰ってから、一昨日から煮込み始めたおでんがあまりにも美味しくて、つまんでしまった。クリスマス祝会の時もそうだったけど、最近、自分が作ったおでんにはまってる。以前は、自分で揚げた天ぷらが大好きだったけど、最近はあっさりしたものがよくなってしまった。歳かなぁ。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

クリスマス!

 多くの教会で、今日、クリスマス祝会が持たれた。
うちの教会では、先週、祝会が住んだこともあって、特にクリスマスメッセージではなかったけれど、メッセージの中で、何度か今日がクリスマスであることが語られて、もう一度、主の来られたことを感謝する1日となった。

 しかし、わたしは朝から絶不調。疲れと共に、月に一度の腹痛がやってきた。
久々に礼拝を休みたいと思うほど辛かった。
仕方がないので、日曜学校だけは休んで、礼拝からShionちゃんと共に出席。
Shionちゃんは、家でのんびりしたかったようだけど、今年最後の礼拝は這ってでも行きたかった。
幸い、礼拝前後には鎮痛剤も効いてきて、少し頭はボーっとしていたもののなんとか、礼拝を守ることができた。
 それでも、礼拝後の、クリスマス飾りの片付けには参加する気力がなく、教会には残ったものの、ボーっとウロウロ…。

 用の残っていたグイドと、近所の子と遊んでいたShionちゃんを残して、結局一足先に帰宅。横になっていると少しは気分もよくなってきた。
帰ってきたグイドとShionちゃんと、おもちゃ屋さんに出かけることに。
Shionちゃんが、グランマから貰ったクリスマスプレゼント用のお小遣いを持って、Shionちゃんご希望のおもちゃを買いに行くことにした。
でも、おもちゃ屋さんについて、Shionちゃんが買って欲しいと言うプリキュア関係のおもちゃを見ると、高いうえに、とてもShionちゃんに使いこなせないようなもの。
どうしても欲しい、と最初は粘っていたShionちゃんだけど、そのうちに、わりにあっさりあきらめて、他のおもちゃを探しに行った。グイドが「これは?」と言ったおもちゃは、ディズニー系の、いかにもShionちゃんが欲しがりそうなおもちゃ。案の定、Shionちゃんは心惹かれたようだったけど、見ると小さなパーツがいっぱいで、それでなくても散らかっている上に、Shionちゃん自身も片づけが悪いので、絶対に、パーツがなくなることは必死でわたしとしてはどうしても賛成できなかった。
 と、ふと見るとその近くに、以前からShionちゃんが欲しがっていたおいしゃさんごっこのおもちゃが。しかもプリキュアのイラストの物だった。「Shionちゃん、これは〜?これだったらるるんのぬいぐるみも一緒に換えるよ〜」と言うと、結局Shionちゃんはあっさりとそれでいいと頷いた。
 グランマのくれたお小遣いよりは安く買えたので、あとは貯金しておいてやろうと思ったけれど、お店を出たShionちゃん、「まだShionちゃんのお金残ってる?」と聞く。
聞かれたらウソをつくわけに行かないので「うん、残ってるよ」と言うと目を輝かせて、この次なにを買ってもらうか、考え始めたよう。
ま、おもちゃをかうために貰ったお小遣いなんだから、Shionちゃんの好きなようにつかわせてやっても良いか。今は、ね。

 帰りに、グイドが面白いお店を見つけたと話してくれて、連れて行ってくれた。
と言っても、外見を見に行っただけ。一方の壁に、十字架の切込みがあって(ステンドグラス風か?)まるで教会のような作り。
意味もなく、ぐるぐると回ってみて、café&なんとかと書いてあったので、喫茶店みたいな感じかな?と思い、もう夕方になっていたけれど、まあお茶でも飲んでいってみる?と入ってみるとなかなかいい雰囲気。しかし、夜の時間はレストランになっていたようで、結局食事をする羽目に。
でも、冬の特別手当も出たことだし、クリスマスだし、まあ、こういうお店で食事をするのも悪くないか、と開き直る。とは言え、お昼ご飯を食べたのが遅かったので、あまりおなかが空いていない。みんな軽めの食事にしたので、思ったよりも高くつかなくて、それでも雰囲気を味わうこともできてよかったかな。
 グイドと話していて気付いたのは、そのお店は、今はやりのレストラン挙式を意識しているのかも、と言うことだった。だから十字架なのかな〜、と。
オーナーがクリスチャン、という雰囲気のお店ではなかったしね。

 そのお店で、グイドと話しながら、またまた、神様について、信仰について、聖書について、新たな気付きがあった。
こうして、日常の中で、神様について語り合えるのって、ものすごく幸いなことだな〜と思う。
話しながら、来年1月のメッセージで語りたいことがどんどん膨らんでくる。
その日は、午後から大津で父の集会があるので、礼拝メッセージは短い目にまとめなくてはならない。あまり膨らみすぎては困るのだけれど、神様から、どんどん流れ込んでくることがあり、嬉しくなってくる。
 ここで多くは書かないけれど、最近気付かされているのは、聖書の語っているメッセージは、きわめて積極的でシンプルだということ。
深めれば深めるほど、突き詰めれば突き詰めるほど、神様のメッセージはシンプルな気がする。

 今年も、あと祈祷会があるとは言え、全ての礼拝が守られて無事に終えることができて幸いだった。
 一年の全てを振り返るのはもう少し先に伸ばすことにして、とりあえずは、全ての礼拝が守られたことに感謝して、今日の日記を閉じることにしよう。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

クリスマス・イブ

 今日は、Shionちゃんは保育園はお休み。いつも土曜日も行かせているし、今日も一応保育の申し込みはしてあった。でも、昨日お熱があったし、今日下がったからといって行かせるのもちょっとどうかと思って休ませた。
朝は少しのんびりして、午後から、Shionちゃんと一緒にお菓子作り。ケーキとクッキーを作った。
でも、やっぱり結構イライラしてしまう。
思うようにはかどらないからね。
でも、娘と一緒に作れるのも恵みなんだから、と思い、怒ったりほめたりしながら、できることをやらせてあげる。Shionちゃんにはちょっと可愛そうなことをしちゃったかな。怒られたり、ほめられたり、きっと訳わかんなかったかもしれない。

 夜、ケーキの飾り付けをなんとかイブ集会に間に合わせる。
今日は、普通のデコレーションにしようと思っていたのだけれど、直前になってやはり大きなケーキにしようと型を変更。
クリスマスらしさは少ないけれど、シンプルな苺のショートケーキ。直前に、この前、Shionちゃんの誕生日にグイドが買ってきたケーキについていた柊の飾りをとってあったのを追加して、少しだけクリスマスらしくなったけれど。
 でも、結果的に、大きなケーキにして正解だった。土曜日だったせいか、例年になくたくさんの人が来られて、18cmのデコレーションケーキだったら人数分に切り分けることは難しかっただろう。

 集会は、賛美、それから今日届いたばかりの「イエス様おめでとう」のDVD上映、ショートメッセージ、そして証し会と盛りだくさんだった。証し会は、最初なかなか語る人がいなかったけれど、「よかった探しリース」を例に、一人一人簡単でもいいから今年よかったことを、と言うと、結構皆さん、思い思いに語ってくださって、よい証しを聞くことができて感謝だった。神様の恵みを数えることは、神様がこの世に来てくださったことに対し、感謝を表すとてもよい方法だったように思う。
結果的にとても長い時間になってしまったけれど、とてもよいイブ集会がもてたと思う。
 大人と子供を合わせて15人の集会だったけれど、ここ2年ぐらい家族だけのイブ集会が続いていたので、正直こんなにたくさんの人がこられるとは思っていなかった。それでも小ぢんまりとした集会だったけれど、アットホームな雰囲気が開拓教会のようでなんだか懐かしい感じがした。
 今年一年の恵みと共に、イブ集会そのものに感謝した幸いな夜だった。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

感謝!

 今日は、大阪の教会で、父のご奉仕。
朝起きると、グイドが「Shionちゃんが熱い」と言う。
寝起きだからかな、と思ったけれど、ちょっと気になるので、熱を計ってみたら38度ある。
うーん、どうしよう。Shionちゃんに「グランマとお留守番しとく?」ときくと「うん」と頷く。やっぱりしんどいのかな〜。母に相談したら、母も水が溜まった膝が痛いので、Shionちゃんとお留守番していてくれるとのこと。
結局、Shionちゃんと母を残していくことに。
冬場、実家に行くと2回に1回ぐらい、Shionちゃんは熱を出す。どうも、実家の空気が乾燥しているのが原因か?わたしものどがいがらっぽい。
愛する共にメールをして、祈りの応援を頼む。
父と孫弟子の○ちゃんは、午前中ひとつ仕事があるので、わたしたちより先にFさんの車で灘波に向かった。
わたしとグイドは実家の車で、荷物を積んで大阪の教会へ。
 かなりややこしいところで少し迷いながらなんとか到着。
舞台の設営をして、伴奏者である牧師夫人にお願いして特別賛美の練習をさせていただいた。
喉の調子は万全ではない、けれどとにかく牧師夫人とお祈りして備えた。
グイドは、今日父が初めて口演する新作福音落語の記録(ビデオ)をとるために来たのに、コードを忘れて、結局牧師先生の息子さんに案内していただいて、わざわざ電気屋さんに買いに行った。時間に余裕があったので、間に合ってよかった。

 父の、新作福音落語はまだできたてのホヤホヤでシンプルながら父らしい味わいの出ている作品になっていたように思う。
何よりも、父が自分で、聖書を題材にした落語を創った、と言うことに感動。
これからもう少し膨らんでくれば、聞き応えのある人情噺になることだろう。

 わたしのほうも本番までは充分に時間もあり、ゆっくり休憩をとることができた。
しかしリラックスしすぎてしゃべりすぎたか?喉がますますいがらっぽい。
今の自分に一番あっているのど飴も忘れちゃったしなぁ。
 案の定、本番では声がひっくり返ってしまったし、息が続かない。
なんとかごまかして歌いきったけれど。もう、心だけで歌いきった…。
 でもね、今日はとっても驚く、嬉しいことがあった。
 本番前、牧師夫人と並んで座っていると、わたしの賛美のことで、「どなたに師事されたんですか?」と訊かれてびっくりした。「イエ、ほとんど自己流なんですけど…」とお答えすると、こんどは牧師夫人がびっくりしておられた。
 確かに演劇学校時代や、神学校でも歌のレッスンは受けたけれど、あの頃学んでいた歌唱法が正しいものだとすれば、今のわたしはもうその歌唱法は崩れてしまって、本当に自己流になっていると思っていた。
 本番が終わって帰る前に、牧師夫人がおっしゃるには、その牧師夫人は実は本格的に声楽を学ばれているのだそうで、その牧師夫人が、わたしの発声をとてもほめて下さったのだ。
 最初に「バッチリ、声がマスケラにあたっていますね」といわれ、その時点で最初は目が点に。何のこと?そのうちにマスケラが面のことだと思い出し、つまり、顔の頬や額の骨格に声が当たっている、と言うことをおっしゃっているということがわかった。牧師夫人は、「実は素晴らしい声楽の先生に長年師事している自分にもなかなかできないのだ」と、それは謙遜だとは思うけれど、とにかくわたしのことを随分ほめてくださった。何か他にも専門用語を使ってほめてくださったけど、わたしには何のことだか?それでも単なるお世辞ではない気がして、素直に嬉しかった。
 今日は、テノール歌手の教会員の方の親御さんが来られていて、その方もわたしのことを音大の声楽科卒業だと思われたとか。
 でもね、やっぱり、あんまりほめられて、ちょっと恥ずかしかった。
「B♭まででるけれども、今日はGで押さえられたんでしょ」と言われたけれど、今のわたしには、Gが精一杯でその音も決して充分ではなかった。息だって「歌詞をはっきりさせられるために(音を)わざと短く切られたんでしょ」と言ってくださったけれど、実は、のどの調子が悪かったために、長く伸ばせなかっただけなんだ。
あんまりほめてくださるので、「ハア」とか「イエイエ」とか言って曖昧にしかお返事できなかったけれど、本当は全然そうじゃなかったんだ。
ただ、発声がよかったこと、歌詞がはっきりしていたことは自分なりに心掛けていることが伝わったのだと嬉しかった。
 わたしは、主にあって、コンプレックスはないつもりだ。でも、コンテンポラリーな歌い方でもなく、かと言って、正式に声楽を学んだ訳でもないので、なんとなく気持のどこかに引け目のようなものがあった。でも今日は、主がそういう「声」を与えてくださったことに、素直に感謝し、嬉しかった。
 それと同時に、もっともっと与えられた賜物をよく管理しなければ、と思わされた。
グイドにもいつも言われる。「あなた(の声)はもっと磨けばもっとよくなるのに、怠っている」と。
今日は、つくづくそのことを痛感した。多分「声」は親譲り。神様が親を通して与えてくださった賜物なのだろう。
だからこそ、よりよく管理しなければ。与えられたものを誇ったことはないつもりだけれど、どこかに慢心があったのではないか。わたし自身、自分の仕事上の経験も含めて、「小さなことに忠実」であることがどれほど大切なことか、と痛感してきたし、自分でもそう心掛けているつもりだったけれど、「そのつもりだっただけ」と反省が与えられた。

 実家に戻ったら、もうShionちゃんは熱も下がって元気にしていた。
いつもよりは少しおとなしいかな、って感じだったけど、それでも、一緒に神戸まで食事に出かけて、たくさん食べることができたし、ぴょんぴょん飛び跳ねたりもしていた。
「明日は保育園をお休みして、おかあさんといっしょにケーキやクッキーを作ろうね」と言うと、とっても喜んでいた。
夜、帰りの車の中で、「おねつがさがったからあしたほいくえんいくの」と言うので、保育園に行きたいのかと思って「保育園に行きたいの?」と聞くと、首を振る。どうやら「行かないといけないのか?」と聞いたつもりだったらしい。
「あしたはお休みしてお母さんとケーキやクッキーを作るんでしょ?」と言うと嬉しそうに「うん!」とうなづいていた。
Shionちゃんの風邪が、速く完全に癒されますように。
 今日も、本当に全てが守られたことを感謝します。
神様、ありがとう!

 明日はクリスマスイブ。各地でイブ礼拝が持たれることだろう。
わたしたちの教会でも。
全世界で、本当のクリスマスが祝われますように!
主のご栄光が輝きますように!
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

かんぱだけどがんば!

 朝から雪。
とにかく、Shionちゃんを保育園に送って、と準備していると停電…。
ウソー!
外を見るとうちだけじゃない。周りの家も電気が消えている。
それでもとにかく、Shionちゃんの着替えをさせて、出かけようとしていると、グイドが「運転、大丈夫?」と言う。「大丈夫かどうかわからないけど、とにかくやることがいっぱいあるし、Shionちゃんを保育園に連れて行かなくちゃ」と言うと、運転していってくれるとのこと。でも、運転だけ。保育園にはわたしがつれて行くということで、家族で車に乗り込んで出発。
 Shionちゃんは窓の外を見て「まっしろや〜」と叫び「もうまっしろばっかりイヤ〜」と言っていた。さすがにこれだけ降ると外で遊びもできないし、寒いし、子供でもうんざりするのだろうか。
 停電のため、信号も麻痺。道は雪で横滑り。グイドに運転してもらえてよかった…。
保育園も停電で、子供たちは部屋の中でも皆上着を着たまま遊んでいる。とにかく、先生にお願いして帰ってくる。

 さて、明日の奉仕のために今日中に西宮に行くことになっているけれど、どうしたものか。車で行く、電車で行く、さまざまに検討し、結局、実家が「チェーンを買って良い」と言ってくれたので、車で行くことに。
 途中、晴れ間も見え、道路の雪も解けていたので、そのまま行こうかとも思ったけれど、午後になってまた雪が降りだしたので、やはりチェーンを買いに行くことに。
 少しでも早く家を出ようと思っていたが、最初に行ったカー用品店ではサイズの合うチェーンがなかった。とにかく、雪がひどくて移動だけでも時間がかかる。混んでいる幹線道路を避けて裏道を行く…。小鳥が雪と風のせいで飛びあぐねている。また別の飛んでいる小鳥も、心なしかフルフルと震えるような心細い様子だった。
 あちこちウロウロして、ふと、草津の大型ホームセンターならあるかも、と行ってみる。行く途中でだんだん雪が小降りになってくる。
でも、高速が使えなければ山越えで実家に行かなくてはならないかもしれないし、チェーンは必要と、とにかくホームセンターに向かう。
ホームセンターでひとつだけ、チェーン(ゴム製の物)を見つけてグイドが確保。
店員さんとお客さんがメモを見ながら「○○−△△という品番ですねー」と捜している。お客さんのほうがグイドの持っているのを見て「あ、あの人の持っているヤツや」と言っていた。他には同じタイヤに合うものがなく、どうやらこれを逃したら買うことができなかったようだ。
 チェーンを買って外に出たら雪は小止みになっている。でも、またいつひどくなるかもわからないのでグイドが、今その駐車場でつけてしまうと言う。わたしは寒いので、同じモールの中の大型スーパーに行って少し買物をしてくる。
 戻ってきてもグイドはまだチェーンと格闘している。
で、ジャッキアップすることを勧める。男の人はプライドがあるのか、チェーンをつけるのになかなかジャッキアップしない。もう10年以上昔、姉と山陰を運転していて、チェーン装着場についたとき、1台の車がチェーンと格闘していた。作業をしていたのは男性。
わたしたちは、ごくシンプルな一番安いチェーンだったけれど、ジャッキアップしてらくらく装着して、結局その男性より先に出発した。
 グイドも、ジャッキアップするのは渋っていたけれど、これ以上時間を使うわけにも行かないので、ジャッキアップを勧めて片輪の作業がほぼ上手く行ったのを見届けて、もう一度スーパーに。体が冷え切っていたので温かい飲み物を飲んで体を温め、グイドの分もホットココアを買って車に戻るとようやく作業が終わっていた。
 帰途についた頃、雪は完全に止んで、道路の雪もほとんどなかった…。
いや、道中、雪が残っている可能性が高いので、とにかくつけたまま行こう、ということで、大急ぎで家に帰り、Shionちゃんを迎えに行き、明日の準備をして出発。
 しかし、雪はない…。途中で高速にも乗ることができて、結局チェーンははずすことに。
つけるのにあんなに苦労したのにはずすのは簡単…。
でも、今回チェーンを買ったことで、次回への備えができたので、無駄になったとは思わない。しかも、実家の援助で買うことができたので、とっても助かっちゃった。

 今日は、朝から雪に終われて終わった1日だった。
思ったことの全部は片付けられなかったけれど、思ったより早く実家にも着くことができたし、ま、よしとしなくちゃね。
 明日は天候が守られますように。集会のうえに祝福があふれますように…。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

no title

 朝、保育園の駐車場から門までの道が少し変わった。いつもの門が工事で使えないので、裏門に回らなくてはいけない。その時に畑の横を通る。
キャベツ畑の一番端っこになぜか葉ボタンがあって、それを見たShionちゃん「うわー、バラだ!」(多分、大きいからびっくりしたのだろう)
わたしが「それはね、バラみたいなキャベツなんだよ」と言うと、びっくりして「ヘー、バラじゃないの〜?」といって、その後♪キャベツのなかからあおむしが〜♪と歌いだした。
朝からすっごく可愛かった(^^)

 今日の午後、急に人がこられるということで、急きょワンエッグのバナナケーキを焼いた。
今日はアレンジして、チョコレート入り。
来られるといってもちょっと立ち寄られるだけなんだけど、せっかくだから持って帰ってもらおうと…。
 ケーキをオーブンに入れてから、とりあえず溜まっていた日記をUP。
ワードではつけていたんだけど、なかなかUPする時間がなくて。
数えてみたら5日分も溜まっていた。
バックアップも兼ねて、ワードで先に書いているので、自分ではそんなに溜まっていると気付いてなかった。
心配してくださった方もおられたかも。
 でも、わたしは不思議に体は守られているのよねぇ。
「ちょっと寝たい!」とか思うこともない訳じゃないけど、不思議に守られている。
神様の業だなぁ。
年賀状もなんとか間に合いそうだし。
日頃、住所録の管理が疎かなので、住所変更の葉書をいただいていたのに、どうしてもそれが見つからない方もある…。
ま、1年以内なら、届くだろう、ということでとりあえず出してしまえ!
うちの家も、住所が変わってもう1年以上経つのに、未だに前の住所で送られてくる郵便物もたまにある。
でも、家が近くて、同じ管轄の郵便局なので今のところは配達してくれている。時々教会に届くこともある。教会は、前の家の向かいだし。
 ま、とにかく!年賀状がなんとか間に合いそうなので、よかった!

 そうそう、そういえば2日ほど前かな?「木下大サーカス」のチケットが郵便受けに入っていた。
一瞬「何で?」と思ったら、この前、新聞屋さんのチラシに載っていた漢字クイズみたいなやつ、グイドに「やって」って言われてやったら、グイドがFax.送ってた。どうやらそれがあたったらしい。なんでもやってみるもんだ。
Shionちゃん、サーカス見るの楽しみにしているみたい。
いつ行こうかなあ。

 どうでもいい話だけど、以前から「さとうきび畑の唄」は「Life is Beautiful」のパクリみたい、って思っていたら、やっぱり、「Life is Beautiful」の日本版みたいな感じで作られたんだそうだ。やっぱりな、わたしの思っていた通りだ。ってか?

 さて、家は、せっかく月曜日に片付けたのに、早くもなんだか、雑然としている。
頑張って、毎日片付けるぞー!
…という気持ちはあるんだけどね。
ま、ぼちぼち行きますわ。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

チャレンジ!

 朝、ふと目が覚めて気がついた。「しまった」
今日、10時半から近くの聾学校から小学校3年生の子供たちが社会見学に来る。
それはとても楽しみにしていたのだけど、今日、保育園ではShionちゃんたち12月生まれの子供たちのお誕生会。以前から、「お誕生会にはお母さん行くね」と約束していた。
お誕生会は10時から。
仕方がない、とにかく10時にお誕生会に行って、10時半に教会に戻ることに。

 お誕生会では、Shionちゃんは1番に名前を呼ばれて、「名前」「何才」「何組」と大きな声でお返事をし、みんなに「おたんじょうびおめでとう」と言ってもらうとこれまた大きな声で「ありがとう」と答えていた。あんなふうに前に出ておおきな声で話すことができるなんて思わなかった。普段は結構恥ずかしがりなんだけど。
 12月は誕生日の子供がすごく多くて、なかなかプログラムが前に進まない。
ま、仕方がない、とあきらめて途中で退出。
それでも、10時半に少し遅れ、迷惑をかけてしまった。

 実はわたしたちは、今日の、聾学校の子供たちの訪問をとても楽しみにしていた。
訪問してこられるとわかってから、手話での賛美「きよしこの夜」を調べたりして準備していた。

 聾学校のこども達は、3人、それと先生が見えた。みんな明るくて、すごく良い子たちだった。
先生は、事前に、聖書のクリスマス物語を生徒達に聞かせて予習してきてくださったようで、手話通訳も割りにスムーズに行っていたようだ。
 賛美は、「きよしこの夜」を、ということで、歌詞カードを用意してきてくださったものを見ると、教会で歌っているのと少し歌詞が違う。
子供たちは、少し聞こえるので、普通に歌うつもりだったようだけれど、それでも1箇所だけは修正してもらって、わたしたちが調べておいた手話での賛美を教えてあげた。
 また、教会の礼拝の流れ、ということで、お祈りも手話で導いてあげた。
信者ではないけれど、初めて「イエス様のお名前によって」祈った子供たち、一人一人真剣だったようだ。
この頃の子供は、チャレンジドであるなしに関わらず、教会に来る機会がなかなかない。そんな中で、この子達がこの時期に、本当の神様のことを聞き、お祈りするという経験をできたことは貴重なものだと感謝した。イエス様の十字架の福音は伝えられなかったけれど、この経験が、福音の種として、しっかりと子供たちの心に根を下ろすことを主に期待してお祈りした。
 神学生時代に手話を少し勉強し、八日市教会での半年は聾者の方もおられて、手話礼拝も月に一度あったので、少しは手話を使う機会があった。けれど、栗東に来てからまったく使う機会がなくて。わたしの手話はほとんど忘れて錆び付いていた。
栗東、それも教会の近くに聾学校があることは知っていたので、以前から、聾学校の方との交流ができれば、と願っていた。
それがやっとかなった。
できれば、毎年恒例で来てくれると嬉しいし、もっと良いのは、聾者の方が礼拝にも来て下さるとうれしいなあ。八日市教会の聾者の方は、この聾学校出身の方なので、そのことをお話したら、少し親しみを持ってくださったようだった。
 わたしもまた、手話の勉強をしたいなあ。というか、せっかく学んだのだもの、いつでも使えるように、備えておかなくちゃなあ、と改めて思わされた。

 さて、午後からは、事務的なメールや手紙書きや、連絡、年賀状作りと名簿のチェック。
PCの前で仕事をしているのでメールチェックやサイトチェックはしているのだけど、書き込みしたり、日記をUPする時間がない(日記はワードで毎日書いているのだけど)。
とにかく、今週がピーク。
明日は午前と夜、祈祷会。
木曜の夜から実家に言って金曜日は大阪の教会でのご奉仕。
土曜日はイブ集会。
今年最後の日曜日が終われば、少しはゆっくりできるだろうか…。
あかん!月曜日は姉のところの餅つきの手伝いがある。
それがすんでからかな、やっと少しゆっくりできるのは。
ま、忙しくできるのも恵みだよね。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

大掃除!

 朝はまだまだ雪が残っていた。
いつも保育園の登園に使っている道は細くて普段でも対向車がくるとヒヤリとする事がある。今日は対向車が来てブレーキを踏んだら路上の氷で横滑りしていつも以上にヒヤリ。
それで、途中からいつも通らない少し広い道路に出た。畑に残っているたくさんの雪を見てShionちゃん、「いっぱいやな、いっぱいやな」と目を輝かせて窓の外を見ていた。
 そして、保育園につくとなんと!園庭は真っ白。Shionちゃんは大喜び!!
保育園では雪遊びをしたらしい。

 今日は、ロゴス企画のK本兄が来てくれることになっていた。春に、父を軸にちょっとしたイベントをやろうと以前から話していた、その打ち合わせに来てくれるということだった。
 K本兄は、名前でM君M君と呼んでいる昔からの友達。
しかし、いくらなんでも、このままの状態の我が家に来てもらうわけには行かない。
ということで、朝から大掃除。
何せ、正直に言うと病的に片付け、掃除ができないわたし。本当にこのままでは「ゴミ屋敷になってしまう、なんとかしなければ」と思っていたところだった。
お客さんが来ると言うことになれば否が応でも掃除しなければならない。
 で、グイドと一緒に、とにかく頑張って片付ける。
で、お菓子までは作る時間がなかった。夜はお鍋、ということで、大急ぎで買出しに。
お鍋が一番簡単で、暖かだもんね。一人暮らしのM君は結構喜んでくれた。
とにもかくにも、M君も予定より少し遅れたので、なんとかM君が来るまでに準備が間に合った。
と言っても、多分、普通の人から見たら、ちっとも片付いていない家なんだろうなあ。
いつものウチの状態を知っていたら、御殿みたいなんだけど(それはちとオーバーか?)

 打ち合わせや、昔話や、色んな色んな話をすることができて、あっという間に時間が過ぎてしまった。5月には、ちょっと面白い会ができそう。(また随時告知しますのでよろしく!)
 Shionちゃんは、グイドが途中で大好きなポテトを買いに連れ出してくれて、ポテト(えさ?)を与えたらとってもおとなしくしていてくれて、まあポテトをたくさん食べたので、晩御飯はあまり食べなかったけど、一人で随分遊んでくれて助かった。
あとで聞いたらアイロンビーズがたくさんできて楽しかったって。

 はあ、とにかく忙しかったけど、家も片付いたし、いい話もいっぱいできたし、なんか良い1日だったぞ、って感じ!
明日も頑張ろう!
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

クリスマス祝会!

 今日はクリスマス祝会。
来週が本当のクリスマスだけれど、1年最後の聖日になるので、後片付けのことも考えて教会としてはこの日になった。
 朝からなんとなくソワソワ。
なんと、朝起きたら外は雪が積もっている。
1週間早いホワイトクリスマスなんて素敵。と言っても現実は厳しい。
寒いし、遠くから来られる方が多い教会にとってはちょっと大変だな〜と言うのが正直なところ。Shionちゃんは大喜びだったけどね。
わたしは近いのでどうということはないのだけど、やっぱりなんとなく落ち着かない。昨日の午後になってCSのカリキュラムを見たら、昨日、クリスマス会でした紙芝居と同じ箇所だったので、色々準備もあって、CSはちょっとお休み。工作だけをすることに。
教会に行って、Shionちゃんに工作の指図をして、時々見たり手伝ったりしながら祝会の準備も手伝う。女性の皆さんが早くから来られ、どんどん準備は進んでいる。
 心配していた通り、やはり雪のために教会にこられなくなった方もあり、ちょっと残念だった。

 礼拝のメッセージも何度も聞いている箇所からだけど、また新しいアプローチで、興味深かった。
気付かされることも多々あったしね。

 さていよいよ礼拝のあと、祝会の準備。
お食事は持ち寄り。皆さん、量のことなど心配しておられたけれど、とっても豪華!
Sさんが素敵なケーキを持ってきてくださり、これならケーキを買わなくても良かったほど。
他にもクッキーなどを作ってきてくださった方もあり、わたしもキューヒラインを作ればよかったかなあ。
でも、お菓子はたくさんあったので、まあいいか。
 Shionちゃんも「お手伝いする」とおおはりきり。でもね、お皿をテーブルに並べようとしてくれたShionちゃんに「並べなくていいんだよ。みんなにハイ、ってわたしてあげてね」といったら、自分の思いと違ったので、すっかりすねてしまってしばらく「これやって」と頼んでもイヤイヤのShionちゃんだった。
 司会の青年達は手際よくやってくれて、プログラムも順調に進み、新しい企画でのプレゼント交換も楽しかった。
(くじに御言葉や短いことばが添えられてあり、そのことばにちなんだプレゼントが用意されているというもの。事前に、交換用のプレゼントを集めて、中身をチェックし、くじを準備してくださったM兄、ご苦労様でした!)
 本当にお菓子は充分にあり、これなら全部ポトラックでもいいんじゃないのかなあ、と(昨年はお菓子だけ、今年は料理だけだった)、思うのだけど、難しいかなぁ。
わたしは昔から、お菓子もお料理も両方作りたい人なんだよねぇ。

 帰ってから、Shionちゃんが楽しみにしていた雪だるま作り。
でも雪がサラサラでなかなか上手くまとめられない。それだけ気温が低いってことかな?
途中手袋がぬれてきて、ビニール手袋を出してあげたけど、さすがに手袋の上からすることができなくて、結局すでにビニール手袋。冷たいのは冷たいだろうけど、直接ぬれるよりは少しましかな、と言う感じだったみたい。わたしは厚い皮の手袋だったので(と言っても安物だけど)、ぬれてもすぐには染みてこないので、しばらくやってみたけど、あんまり寒いので、もう小さい小さい雪だるまを作って、「Shionちゃん、お母さんもうお家入るよ〜」と言うと、Shionちゃんも、小さい小さい雪だるまを作って、わたしのを指して、「こっちはおとな、Shionちゃんのがこども」と言っていた(本当はわたしのより大きいのを作りたかったらしいのだけど)。最後は、雪だるまに「またね〜」と手を振ってお家に入ったShionちゃん。可愛かった。
 夜は、教会のOさんが下さったプリキュアのマスコット入りの入浴剤を入れてお風呂に入り暖まり、満足して眠ったShionちゃんだった。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

CSクリスマス会

 今日は、教会学校クリスマス会。
昨日準備したものをそろえて出かけようとすると、2歳の男の子のために用意したシール貼り用のリースを見つけたShionちゃんが自分もそれをやりたい、と駄々をこね始めた。
あんなに、アイロンビーズを楽しみにしていたのに、子供の気持ちってわからない。
 これはアイロンビーズのできないYちゃんのためだから、と説得しても説得しても効いてくれない。
最後には怒ったり、なだめたりして、やっとのことであきらめてくれたけど。

 教会についたらShionちゃんは、もうすっかりあきらめて、アイロンビーズの準備をお手伝いする、と、プレートを全部出して机に並べ、ビーズのケースも机の上において、万端準備してくれた。
保育園でやっていることが身についているのだと、嬉しかった。

 昨日の夜、教会員の方から電話があり、息子さんが中耳炎で、明日も病院に行かなくてはならないので行けないかも知れない、と連絡を受けた。遅れても、アイロンビーズだけでも来れたらどうぞ、と声をかけたけれど、その子供達に合わせてスケジュールを立てたので、ちょっと残念だった。
 時間になってもなかなか人が来ないのでこれはShionちゃんだけか?と思った頃、以前から時々教会に来られているO村さん(女性)が二人の娘さんと一緒に来てくださった。
もう少し待ってみましょうと、少し開始を遅らせたけれど、なかなか見えないので、結局20分ぐらい遅れてクリスマス会を開始。中高生スタッフのUさんも来て下さった。
 賛美をして、ビデオを見て、紙芝居とお話。
ビデオは、Blog「♪Sunnyの劇的非日常」にも書いたディズニーの「ロバと少年」
このロバが乗せたのが実はマリヤさんでした。ってことで降誕の紙芝居とお話。
 もう一度賛美をして、アイロンビーズ。
ビデオの途中で2歳のY君が、ご両親と共に来教。またHさんもお孫さんを連れてきてくださった。
アイロンビーズの途中で、中耳炎のお兄ちゃんは残して妹のAちゃんだけ、お母さんといっしょに駆けつけてくださった。
 アイロンビーズは思った以上に大好評で、O村さんの娘さん二人は、3年生と5年生ということで、サンプルを見ないで、オリジナルで作っていた。
お母さんたちもみんなそれぞれに熱中して作っておられて、みんなで楽しめたのでよかった。
Y君も、結局お父さんのお手伝いをしたりして、一緒に楽しんでくれたようだった。
 人数的にも丁度良いくらいで、ゆっくり楽しめた。
 Aちゃんも遅れてきた分、皆が帰ってもまだアイロンビーズを楽しみ、ビデオも見て帰ってくれたので、良かった。

 今年は、葛藤の末、小ぢんまりしたクリスマス会にした。結局、大人9名子供6名の参加。
人数は少なかったけど、結果的に、このやり方にして良かった、と思えたクリスマス会だった。

 家に帰ってから約束どおり、リースを色画用紙で作ってやって、Shionちゃんはシール貼りも楽しんだ。
さすがに、シール貼りも上手になって、自分でデザインも考えてはっていたようだ。
冷蔵庫に貼ってやったら喜んでいた。

 さあ、明日は教会のクリスマス祝会。
本当は、もう一度キューヒラインを作りたかったけれど、やっぱり寝不足もあって、無理は控えることに。
今年はお菓子の持ちよりはなし、とのことだしので、あまり自分ばかりがやるのもどうかな、と思うし。
 とにかく、今日は早めに寝て、明日に備えることにしよう。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

寝不足中…

 友人のBlogのタイトルにもあったけれど、わたしも寝不足中。
今日は、CSクリスマス会の準備。お菓子を作ったり、工作の準備をしたり…。
のはずだったんだけど、更新していなかった日記をUPしたりしていると、結構時間をとられてしまい、予定が大幅にずれ込んでしまった。
 夕方、Shionちゃんが帰ってきてからのお菓子作りは本当に疲れる。
なぜなら、Shionちゃんが手伝ってくれるから。
今日は、たくさんやる事があったので、イライラしながら、かなりきつい口調で、「ほらこぼれてる!」とか言ってしまった。
むしろShionちゃんのほうが忍耐を持ってお手伝いしてくれていた感じ。
ワンエッグバナナケーキも、型抜きクッキーも、それなりに、お手伝いできる部分があって、頑張ってくれた。
わたしは相変わらずプンプン、イライラして怒りまくったけれど、最後には笑顔で「ありがとう」と言ってやった。
実際クッキーの型抜きは、ねんどの要領なので、上手にできたしね。

 「このクッキーやケーキは明日、みんなにプレゼントであげるんだよ」と言ったら、Shionちゃんは、「そうだ、かわいいふくろにいれたらいいんじゃない? Shionちゃんがつくってあげる」と一生懸命、作り出した。
実はShionちゃんは、以前、母からのプレゼントを貰った袋を丁寧に切り抜いていた。丁度、四角いところにそれぞれリースやキャンドル、プレゼント、クリスマスツリーなどが、書かれているものだ。それをカードにする、と意味は良くわからないけど、大事にとっていたShionちゃん。こんどはそれをまたセロハンテープでつぎはぎして、袋を作ろうとしていたようだ。
それで、ビニールの袋に、それを貼り付けてやったら、満足していた。
こういう、制作(?)は本当に熱中して、工夫してできるんだなあ。

 「明日は教会で、みんなでアイロンビーズをするんだよ」といったら、「やった〜!」と大喜びしていたShionちゃん。「(プレートを)じゅんばんこじゅんばんこでつかうんだよ」と言っていた。保育園で色んな事が身についているんだな〜、とちょっと嬉しくなった。

 明後日の祝会のために、おでんを作ろうと思っているので(祝会におでんって変かなあ?)、大根の下ゆでまでしたら、もう、明け方になってしまった。
とりあえず、少しは寝ることにしよう。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

神様つながり

キューヒライン1.jpg
 今日は家庭集会。
1年ぶりにキューヒライン(ローゼンキッヘリ)を作った。
昨日の夜、型を出したらShionちゃんが見て「これつくるの?Shionちゃんもしたい」と言い出して、「明日するんだよ」といったら帰ってきてからすっかりやる気。
 それで、少し多めに種を作ったら、ほんとうにすごくたくさんできる。とにかく20個作ってもっていったけれど、まだ半分以上種が残っていた。

 で、午後からの家庭集会には、米原のK姉が突然参加。2歳のMちゃんがとっても可愛い〜。Shionちゃんの小さくなった服をいつも着せてくださっているので、Shionちゃんの妹みたいな気がする。
家庭集会のあとも、久しぶりにゆっくりお交わりをして、Shionちゃんのお迎えに行ってから一緒にお食事に出かけた。
Mちゃんはグイドにもよくなついて、Shionちゃんとも仲良く遊んでいた。
人懐っこい笑顔が印象的だった。
 途中から、Shionちゃんは、昨日見た方をつくって作るお菓子を作りたくて、「早く帰ってギュッてするヤツつくろう」と言い出した。
Shionちゃんは型で押さえつけてつくると思っているのかな?
 帰って少し遅い時間だったけど、約束していたので、残しておいた種を使ってキューヒラインをつくった。
揚げ菓子なので、手伝いたがるShionちゃんに手を添えて1、2回やらせてあげたけれど、やっぱりあぶない。Shionちゃんも、ちょっとやってみて満足したのか、「あとはおかあさんやって」とその場を離れてくれた。
とにかく揚げても揚げても種がなくならない。
 今晩全部揚げるのをあきらめて、途中で切り上げた。
Shionちゃんは、ハートの形のに、タルトのように果物やクリームを持ってある写真を見て、それを作りたかったらしいが、「クリームがないよ」ということで、苺だけのせてやった。
その写真のことは「またこんどこれしようね」といって、名残惜しそうにしていたけれど。
(キューヒラインについての詳しいことは「美味しい生活」にて)

 話は、家庭集会の時に戻るけれど、実は今日、すごい感動的な事があった。
感動的というか、すごい不思議なこと…。
 実は家庭集会をしてくださっているI姉は横浜出身。
で、先週末はご実家に帰られていたのだそう。で、その姉がご実家に来られているケアマネージャーの方とお話していて、「実はわたしクリスチャンなんですよ」と話されたところ、そのケアマネさんが、娘さんが出されたCDを下さったのだそう。
「その方は、1歳半の時に麻疹で失明されて、今は教会でいろいろ音楽の奉仕をされてるんですって」
「え?」
わたしは耳を疑った。横浜、盲目のクリスチャンシンガー…、もしかして?
「なんていう方ですか」
「大和田…」
わたしは最後まできかなかった。
「やっぱり広美さんですね〜!ウソみたい。すごい〜!」
I姉は、大和田広美さんのことをご存じなかったらしくて、わたしが知っているということに驚いておられた。
「わたし大好きで、吹田に来られた時も聞きに行ったんですよ! クリスチャンの世界では有名な方ですよ!」
と言うと、ますますびっくりされていた。
そのケアマネさんは、とても素晴らしい方で、I姉はとても信頼して、頼りにされているのだそうで、色々ご苦労されていることは今までにも聞いておられたけれど、広美さんのことは、今まで知らなかったのだそう。
 こんな不思議なつながりがあるのかと、なんだか感動してしまって、わたしは胸が一杯になるほどだった。
 I姉のお母様は、何度か栗東教会にも来てくださった事がある。
どうか、I姉のご実家にも福音が届きますように…。ますますその願いを強くした。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

no title

 今日は、祈祷会。
Shionちゃんを保育園に連れて行って、戻ってきてから40分ぐらいでワンエッグバナナケーキを焼いた。バナナが黒くなっていたから。
われながら結構手際よく、ささっとできたかな。
今回は、今までと違う型で焼いたので、ちょっとカップケーキっぽく、いい感じになった。
写真を撮ればよかったな。
 今度の日曜学校も、カップケーキはこれにしよう。
普通のカップケーキよりしっとりしていてふんわりしていて、食べやすいんじゃないかな。

 今日は、午後から栗東にある聾学校の生徒さんが見学にこられることになっていたのだけれど、県の北部に大雪警報がでたということで、中止になり、来週に延期になった。
手話の復習をちょっとしておかなくちゃ〜。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

no title

ミルクゼリー.jpg
 今日は、ケアハウスでの聖書研究会。お菓子を作る時間がなかったので、昨夜急きょミルクゼリーを作った。それだけじゃ何なんで、桜ジャムでお化粧。なんてことないけど、ちょっと可愛くなった。
 ケアハウスでは常連さんが一人お休みだったけど、先月から来られた未信者の方が続けて参加してくださった。
 今まで「お祈りと言えば自分の願いことを言うばかりだったけど、信仰とはそういうものではないということがわかりました」と言っておられた。この方の心に福音がもっともっとはっきりした形で届いていきますように…。

 ほんとうは、コンサートのこととか、もっと色々書きたい事があったんだけど、時間が経って、記憶が薄れてきた…。
また折に触れて書くときが来るだろう。

 午後は、車のタイヤ交換とオイル交換で半日つぶれた。
オイルは、なんか運転席のパネルのランプが時々ついたりするんで、確かにずっと換えてないし、やばいよな〜、ってことで。
タイヤも前の2本は車検の時(今年の1月)に変えたけどうしろ2本はツルツルになってるし、前から換えないと、と思っていた。
 すごい待ち時間だった。特にタイヤの方。
これからスキーとか行く人が冬用タイヤにしたりするんだろう。うちはスキーに行く予定もなく、ノーマルだけど。
でも、他の日に行けば今日より空いてるとも思えず、結局交換してもらうことに。
オイル交換のあと、わたしは一旦家につれて帰ってもらい、グイドがまたお店に戻って待つことに。
 わたしはShionちゃんをお迎えに行って、耳鼻科に。
Shionちゃんは、2回目のインフルエンザの注射も泣かずに、一人で座って受けられた。
痛いことは痛いらしいけど、本当に赤ちゃんのときから注射を嫌がったり泣いたりしないのは助かる。

 お風呂の中での二人シンデレラごっこの時のこともちょっと面白かったので書いておこう。
Shion「おかあさん、にんぎょひめね、Shionちゃんシンデレラ」
わたし「うん、わかった」
Shion「にんぎょひめ」
わたし「なに?」
Shion「おせんたくしてちょうだい」
わたし「しんでれら、それはしんでれらのおしごとじゃないの?」
Shion「やっぱり、ふたりともシンデレラにしよ〜」

 Shionちゃんは、可愛い。
でも、元々わたしは子供が嫌い。だからと言うだけではないかもしれないけど、可愛いと思った次の瞬間でもイライラさせられるとカッとする。
 わたしは折にふれて書いてきたけど、悪い事をしたらお尻を叩くとか、そういうこともたまにはあっていいと思っている人間だ。でも、なかなか叩くことができない。
それは、一度叩いてしまうと、むやみに叩くようになってしまわないか、それが怖いからだ。
 結局その反動で、ついつい甘やかしてしまう。
 Shionちゃんはおおむねいい子だけれど、あまり良い子にばかりしていると、どこかに無理がくるのではないかと心配になる面もあるし、そういう意味では、子供らしいわがままをいうと安心する面もある。かといって全部のわがままを聞いてやることもできないし、結構そのバランスが難しい。
 神学校時代とにかく何でも「バランスです」と言う先生がおられて、わたしたちは「Mr.バランス」と陰で呼んだけれど、今になって本当に、この「バランス」というものが如何に難しいかと思わされる。
 それは子育てだけでなく、神学でも、人間関係でも、全てに適用できることだろう、と思う。
そこに祈りが必要なんだろうなあ。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

お休み

 はあ〜、さすがに今日はちょっと疲れている。
朝、Shionちゃんを保育園に送り出してから、とにかくゆっくろゴロゴロして過ごす。
夕方から、団体の中ブロック地区の親睦会(忘年会)なんだけど、微熱もあるしちょっとパス。
グイドがShionちゃんを迎えに行って二人で出かけてくれた。
とにかく家で暖かくしてのんびり…。

今週もまだまだ忙しい。
というか、今週が山場。
さて、明日からもうひと頑張りするか!
posted by ♪Sunny at 19:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする