2006年07月31日

風のうたをききながら

 昨日、駆け足で書いてしまったので、土曜日のコンサートの事を、もう少し書いておきたいと思う。

 実は、家を出るのが結構ぎりぎりになり、会場についてからも、一番近い駐車場が一杯だったりして、実際に会場に入ったときにはすでに1曲目が始まっていた。
でもまあ、1曲目から聴けてよかった。
1曲目、「見上げてごらん夜の星を」の間奏として「星に願いを」挿入しておられたのがとても印象的だった。
3曲目の「美しき天然」はわたしも大好きな曲で、いつか歌いたいと思っている曲。
賛美歌ではないけれど、神の創造をほめたたえている賛美歌のような曲。
その後の「青い空は」「さとうきび畑」のメドレーはもう涙涙。
元々、ヒューマニストで新劇少女だったわたしは戦争に対する思い入れはとても強い。
「さとうきび畑」は明石家さんまさん主演のドラマのイメージも手伝って、また、あのドラマが大好きな映画「ビューティフル・ライフ」をモデル(?)にしていたこともあって、「ビューティフル・ライフ」のイメージもさらに重なって、もう胸がいっぱいだった。
「青い空は」の歌詞も、子供を持って、なおさら胸に響く気がした。
他にも、ご自分で作曲された金子みすずさんの「わたしと小鳥と鈴と」も素敵だったし、皆で一緒に歌う時があったり、「冬のソナタ」のテーマ曲もあったり、歌曲あり、歌謡曲ありのバラエティに飛んだプログラムで、あっという間に時が過ぎていった。
 歌ももちろん心に響く深い歌声だったけれど、おしゃべりもまた楽しかった。
そのおしゃべりがまた、響く声で、明るい口調。ユーモアもありながら、ご自分の辛かった体験もさらりと織り込まれていてとてもよかった。
 実は、男性の声楽家のコンサートは初めて行ったのだけれど、また聞きたい!と思いながら帰ってきた。
 わたしの音楽の世界がまた広がったことを神様に感謝した1日だった。
posted by ♪Sunny at 09:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

「礼拝」

 金曜日はメッセージの準備に当てていた。
午前中、ローズマリーの葉が黄色くなっているのを見て、根詰まりかと思い慌てて植え替えをした。でもそんなに根は詰まっていなかった。そうだよね。春も遅がけになってから植え替えをしたんだから。どうやらここ数日暑くなって、水切れの植物が多いので(朝顔や白粉花は、1日3回は水遣りしないとだめみたい)、ついでに、って感じで水をやりすぎていたみたい。
 そんなこんなで午後からメッセージの準備。
当然、昼の間に終わらず、夜、子供を寝かせたあと、10時過ぎに一度寝てから、2時前に置きだし、明け方まで準備。

 なぜ、いつも土曜日になって、ぎりぎりまで悪戦苦闘するメッセージ準備を金曜日にすませたかと言うと、土曜日は、おしゃべりバリトン歌手の時田直也さんのコンサートにいきたかったから。無事、メッセージの原稿が完成したので土曜日は両親と一緒に神戸まで出かけた。
 時田さんとの直接的な出会いは、昨年の大阪クリスチャンセンターでの「五郎は生涯未完成」出版記念落語会に来てくださったこと。実はそれ以前にたかはしめりーさんのブログで紹介されていたので、来てくださったときも「ああ、この方が!」ととても嬉しかったのを覚えている。その後、メールのやり取りなどさせていただいて、両親とも親交ができた。今年の「かみがた噺の会」にも神戸から来てくださった。
 時田直也さんは盲目のバリトン歌手。お話もとても楽しく、明るく楽しいコンサートだった。直接信仰の話はされなかったけれど、人柄や、さりげない選曲の中に信仰がうかがわれた。奥様やお母様もとても気さくで素敵なお人柄。
そうそう、80名以上の人の中で、3名だけに当たるプレゼント(観葉植物〔名前忘れちゃった〕に母が当選。余計に嬉しいコンサートとなった。
 カメラを忘れていって、携帯でとらせていただいたけれど母の携帯はサイズが小さく、わたしの携帯はピンボケ。ああ、どうしてカメラを忘れていったんだろう(涙)

2006_07_29c.jpg  2006_07_29b.jpg

 今日は礼拝。メッセージタイトルは「礼拝」
八日市教会からわざわざ美幸さんが出席してくださった。
午後からは映画集会。
 そういえば昨日おかしい事があった。
母と話していたときのこと。
「明日は午後から映画集会があるねん…」
「ああ、そういえばなんかやる言うてはったねぇ『マザー・グース』やったっけ」
「『マザー・テレサ』や!!」
母は、シスターの話、ってことまではわかっていたらしいけれど、口から出た言葉が「マザー・グース」言っておいて「『マザー・グース』ってなんやったっけ?」ってとぼけた人だ。
 閑話休題。
「マザー・テレサ」は映画館でも観たのだけれど、改めて観て、やっぱり感動した。
上手く表現できないのだけれど、礼拝メッセージのために「礼拝」について色々調べ、学んだことを文字通り実践しておられた姿に改めて心を打たれた。
前回見たときには気付かなかった「礼拝」という生き方について、メッセージとリンクして改めて教えられて感謝だった。
「礼拝する」ということは、日曜日の一定の時間、教会に行くことではない、と改めて学んだ(もちろんそれは大切なことだけれど)。
わたしはマザー・テレサと同じようなことはできないけれど、わたしに与えられた人生の中で、精一杯「神を礼拝する人生」をおくりたい。
posted by ♪Sunny at 17:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

今日も園芸…

 今日はグイドのお迎え。朝から行くつもりだったけど、グイドが帰ってきたら洗濯物がいっぱいだから、先に家のものを片付けようと洗濯したりしていたら出るのが遅くなってしまった。朝から行ったら、厨房のご奉仕など手伝うつもりでいたのだけれど、中途半端な時間に行くとお昼ご飯を食べに来たみたいになってしまうので、プログラムが終わる時間を目指していくことに。
 少し時間が空いたので、干しかけの土や鉢底石を出して干し、ついでに、もうひと鉢、どうにもならなそうな白粉花の鉢を処分。
コスモスの葉が随分やられているので意を決してオルトランの散布に踏み切る。
その前にひとっ走りホームセンターへ行って添着剤と、ついでにエルの植木鉢に入れる小さな花の苗を買ってきた。花の苗は淡いピンクの日々草とアメリカンブルー(エボルブルス)。本当は、どちらにしても、エルの植木鉢は小さすぎるのだけれど、とにかく植えて様子を見ることに。日々草もアメリカンブルーも寄せ植えにすると綺麗なのだけれど、ひっそりとひと株だけ。日々草はすでに花が咲いているのでエルが喜ぶかな。実はアメリカンブルーはわたしの趣味。青い花が植えたかった。
早く咲くと良いな。
 本当はカリフォルニアローズを買いたかったのだけれど、良い苗は高いし、エルの鉢には大きすぎる。小さい苗は値段の割りに状態が悪すぎた。カリフォルニアローズは1年草だし、どうせ1年草なら日々草はシンプルだけど可愛いし、安かったのでピンクの日々草を選んだ。ごく淡いピンクで上品な感じ。アメリカンブルーも、別の(名前を忘れた)ブルー系の花(多年草)を選んでいたのだけれど、それもとても苗の状態が悪かったので迷っていたら日々草の横にアメリカンブルーがあり、こちらも多年草と書いてあったし、迷っていたものよりずっと安かったので思い切って購入。少し増えたら、寄せ植えにしても良いような丸い植木鉢がひとつあるので、それに植えると良いかもしれない。以前は百円均一にハンギング用の鉢も出ていたのにこの頃見かけない。百円均一にあるといいのになぁ。
 実家からはマーガレットも貰う予定になっているので、来年の春にはマーガレットも咲くかな?少し花壇がにぎやかになってきた。
 植え替えを先に済ませてオルトランの散布。気温が少し高くなってきていたので心配だったけれど、今日を逃したらまた数日はできないのでやってしまった。
 最初は葱、パセリ、ミニトマト、バジルの鉢をよけてやっていたのだけれど、バジルの被害も結構深刻なので、しばらくバジルも収穫しないことに決めて思い切って散布。
 とりあえず、少し様子を見て、今喰われている葉はスペアミントやタイムと一緒にハーブバスにしようと思う。食べなければお風呂に入れるぐらいは大丈夫でしょう。
オルトランは大量に余ったので、家の前の高架道路下の雑草にも散布。本当はここには除草剤を散布したいのだけれど、勝手にしてよいかどうか分からないので、せめて、高架下の虫がこちらに飛んでこないように、そちらにも散布してみた。もちろん家の植木鉢ほど丁寧に散布していないので効果の程はわからないけれど、薬を捨てるのももったいないし、やらないよりはやったほうがまし、ぐらいの気持ちで散布した。

 気がつくともう12時半。グイドと教会のU姉を迎えに一路キャンプ場へ。
キャンプ場につくとグイドがもう少し時間がかかるというので、少しだけ引き返して、先日気付いて気になっていたところの写真を撮った。
それは「ガリラヤ丸艇庫跡」と言うもの。
去年までこんな看板あったっけ?今まで、キャンプ場の近くにそんな場所があるなんて知らなかった。
詳しくは♪Sunnyのもの想いにUPしたので、興味のある方はお読みください。
posted by ♪Sunny at 17:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

通り雨

 午前中は祈祷会。
牧師不在。出席メンバーは、CSキャンプに奉仕に行っておられる方もあったりして、I姉一人。賛美をたくさんして、上半期の証しを分かち合い、祈りの時。

 午後、今日はお天気が良さそうなので、今日こそオルトランを散布しよう、と思ったけれど、パセリやバジルを見ていると薬剤を使う気がうせてしまった。
とりあえず、この暑い中、草引きをする気になれないため先日買っておいた除草剤を散布。
それだけでも汗だく。買った除草剤は6時間以内に雨が降ると効き目が?というもの。今日は絶対大丈夫だと思ったのに夕方にとおり雨(>_<)
散布後4時間だった。ひどい雨ではなかったにしても、果てさて、除草剤の効き目は?1週間ぐらいしないとわからないようだ。汗だくになって散布したのに…。
 除草剤の散布後、パセリを見ていると尺取虫を2匹も発見。バジルも結構虫がいそうなんだけど発見できず。
 さらに!コスモスを見ているといるわいるわ尺取虫や葉巻虫のようなのが大小合わせて合計7匹ぐらいはいただろうか。コスモスも時々は見ていたのだけれど、あまり虫がついていないようなので安心していたのだけれど、とんでもなかった。この段階で見つけられて幸いだった。アブラムシも少しいたし…。
食用のものを別にして、やはりオルトランを散布した方がよいかしら…、とまだ迷っている。軍配虫系も増えているしなぁ。
 虫の事をネットで調べていて、栽培管理の問題として公害、という項目があった。先日母も「(植物の調子が悪いのは)排気ガスのせいもあるんちゃうか」といっていた。なにぶん、家のすぐ横を幹線道路が走っていて、とにかく交通量はすごい。騒音防止のために主な窓は2重サッシになっている。おまけに西日がたっぷり当たる。こんな環境は確かに植物にとって歓迎されるものではないだろうなぁ。
しかし、家の横の、高架道路下の雑草はこれでもか、と言うぐらいに茂っている。さすが雑草。虫もたくさんいそうだけれど負けていない。どうやらうちの鉢に虫がジャンジャン来るのはこれらの雑草についている虫が飛んでくるのもあるかもしれない。
あの雑草たち、なんとかして欲しいものだけれど…。
 とりあえずは、こんな環境でも、何とかたくましく育って、と植物達を見守る日々である。
 あまり植木にばかり時間をとられないようにしなくちゃ、と思いつつも空いてしまったエルの植木鉢に何か植えてやろうか、などと思案中。
何がいいかなぁ。手間がかからなくて綺麗な花が咲くのがいいなぁ、などと都合の良いことを考えているのだけれど。

 夜の祈祷会は、またまた遠方からMさんが来てくださった。
家を出るときにメールをくださっていて、牧師が不在であることを折り返しメールしたけど、わたしだけでも良いと、北海道のお土産を持ってきてくださった。
北海道で、「塩狩峠記念館」に行かれた感想など詳しく聞くことができ、幸いな分かち合いができ、感謝!

 夕方からエルが「おとーたんのところにいきたい」「おとーたん、いますぐかえってきてほしい」など、甘えた声でしきりに言っていた。大体「おとーたん」という言い方が甘えている。まったく、いたらすぐに「イヤー」とか言って逃げるくせに、いないと「おとーたんにあいたい」なんて言うんだからねぇ。ま、わたしも同じようなものだけれど。
でも、エルが、グイドのこともわたしのことも大好きでいてくれることが嬉しい。
 明日にはグイドが帰ってくる。っていうか、迎えに行かなくちゃ。
嬉しいような面倒くさいような…(笑)
でもやっぱり、いてくれたほうが安心、かな?
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

喧嘩

 朝顔は、今日はひとつ。
日記に書き漏らしていた日もあって、数えなおしてみたらすでにトータル35もの花をつけた。
明日はまた4つぐらいは開きそう。
ピンクの白粉花も開いた。でも、弱っている株だからか、花も小さく、色も淡い。それはそれで可愛いけれど。
それにしても、白粉花を鉢植えで育てるのはどうも無理があるようだし、ウチの近所でも、保育園でもあちこちにたくさん咲いているので、来年はやめることにしよう。来年の夏は朝顔に力を入れよう。って今年たくさん花が咲いたので気を良くしているだけなんだけど。

 今日はグイドと喧嘩をした。
久しぶりの大喧嘩だった。
でもちゃんと仲直りした(笑)
グイドがCSキャンプに行く前に仲直りで来てよかった。

 今日はお休みだったので、日記も簡単です。
posted by ♪Sunny at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

開花情報わーい(嬉しい顔)

白粉花.jpg 夜、買い物に出ようと外に出たら黄色い白粉花が開花していた。
白粉花は最初の順調な生育とは裏腹にその後、随分弱ったりしたので開花したことはことのほか嬉しい。
 朝顔は、昨日は6つ、今日は4つ。
 ハナキリンは次々と花芽が出ている。でもインターネットで写真を見るとものすごくたくさん花がついているものがある。あんなふうにきれいに咲かせられるといいなぁ。
モンちゃんに貰って、最初はうまく育てられなくて2本の内1本枯らしてしまったけれど、花が咲き始めると嬉しい。これも頑張ってふやしたい。
もう少し伸びたら刺し木をしてみようか。
 イースターイエローはもうひとつ蕾がついている。
こうなると、レッドシンフォニーの蕾を摘み取ってしまったのが今さらのように惜しまれる。でも、秋のために、ね。
イースターイエローは1本、ばっさりと切ってしまってから他の3本は元気。シンフォニーレッドは葉の色が少し気になるけれど、新しい葉もドンドン出ているので順調なのだろう。
 苺「エリザベス」は新しい目が出ているものの、「優香」ほど元気ではない。もう少し見守らなくては。
 タイムは全滅したけれど、姉のところから貰ってきたので、今日さし芽をしてみた。上手くつけば、木質化した古いものは処分して、新しいものを育てるつもり。
 なんと!ラベンダーやパセリ、バジルの種が今さら出てきた。
パセリやバジルは一応来年までとっておこう。種も古くなると発芽率が悪くなるのでどうなるかわからないけれど。ラベンダーは苗を買うつもりだったけれど、せっかく種が出てきたので、ためしに蒔いてみようと思う。秋まではいつ蒔いてもよいようなので、明日蒔いてみよう。上手く行っても花は3年目ぐらいからしか咲かないようだけれど。

イースターイエロー.jpg  ハナキリン2.jpg 

 パン作りも楽しい。
夜、明日のパンがないので、とスーパーに行き、パンを買わないで強力粉を買ってきた。
わたしはよもぎやかぼちゃを入れたのが好きだけれど、とりあえずエルは白いのが好きなので、今日は白いのを焼いた。明日はかぼちゃのパンを焼こう。

 エルは、今日は教会のOさんのお宅へ。お昼ご飯、お風呂、晩ご飯のフルコース。
おかげでのんびりできた。
今週はグイドが小学生キャンプで2日ほど留守になる。淋しいけれど、その間にメッセージの準備をしよう…、というか、するぞ!!と決意

posted by ♪Sunny at 21:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マリー・アントワネットなお食事

 昨日、エルをつれて姉の家に遊びに行った。
前夜、お土産用にさくら餅餡パンを焼いた。
パンは先日久しぶりに作ったけれど、ちょっとコツを思いだしたので、先日よりはふっくらとしたパンなになったと思う。
 昨日は朝からワッフル(ブリュッセルタイプ)を仕込んで、種の状態で姉の家に持参。
お昼ご飯はワッフルにしよう!という魂胆。
 夜も、有り合わせの物で軽く食べてあとは東京で友人にもらったバームクーヘンなど。
だって、お菓子をしこたま食べようと思ったらごはんを減らすしかないでしょ?
「パンがなければお菓子を食べればよいではありませんか」とマリー・アントワネットが言った、という話があるけれど、わたしと姉も、ごはんの代わりにお菓子、というとってもマリー・アントワネット的(?笑)お食事の1日となった。
「マリー・アントワネット的」と言っても豪華なフレンチなんかじゃないところがわたしたち姉妹らしいね(笑)

 エルは従姉妹たちと遊んだり、一緒にお風呂に入ったり楽しい1日となったようだ。

 今日は日曜なので、当たり前に礼拝へ。
メッセージ(礼拝のお話)は「十戒(前編)」でもメッセージを聞いていると今日のところのテーマは「礼拝」だって。
え?!わたしが来週予定しているメッセージのタイトルが「礼拝」
もろに重なっている…。
 実は、昨日、出かけるぎりぎりまでメッセージのタイトルのことで迷っていた。少し前から「礼拝」について神様に教えられるところが多く、メッセージのテーマとしてずっと頭の中にあった。でも、あまりにも漠然としていて、まだまとまりそうにない気がいていた。
わたしの場合、たまにしかメッセージしないので、たいてい、タイトルだしをする頃には内容がまとまってきている、というパターンが多かった。でも今回はまだ全然…。「礼拝」はまた次の機会に先送りしようかと思っていた。以前他教会で語ったメッセージでまだ栗東で語っていない原稿があったので、それを今の自分達に合わせて掘り下げなおして語ろうか、と思っていた。
でも、グイドにメールを送る直前、やっぱり「礼拝」について語るべき、という気持ちが強くなり、そのタイトルでグイドにメールを送った。
 最初はテーマが同じ「礼拝」と聞いて少しびっくりしたけれど、聞いているともちろん聖書箇所も違うし、アプローチも違うし(でも内容は一貫しているんだけど)、むしろ、来週に向けて丁度よいメッセージという気がしてきた。
あとでグイドに「わたしがメールで礼拝箇所送ったときに、何で『今週のメッセージも礼拝についてだよ』って教えてくれなかったの?」と聞いたら、「ぜんぜん気がつかなかった!」だって。でも、なんだかすごい導きのような気がしてきた。相談もしていないのに、2週続けて「礼拝」について神様に語られるなんてね?
今、わたしたちの教会にむけて、よほど神様は「礼拝」について語ろうとしておられるのかな。神様に期待しつつ、準備しよう…。
posted by ♪Sunny at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

ブログサイドバー

ただいま、ブログサイドバーを使って記事を更新してみました。
これは便利!
すごく便利!!
seesaaだけのサービス?
よくわからないけど、seesaa利用者は使わないと損!って感じです。
posted by ♪Sunny at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体調不良

 ここ2日ほどむくみがひどいので、今日はゆっくり寝て過ごした。
グイドは昼食どうしたのだろうか?
気がついたら午後2時を回っていた。電話をしてもグイドに連絡が取れないので放置(苦笑)
 寝ても寝ても疲れが取れない。寝すぎかな?(笑)
 今晩はエルとの約束でスーパー銭湯へ行く。疲れが取れると良いな。
posted by ♪Sunny at 16:52| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美味しい生活

 一昨日、久しぶりにこねないパンを焼きました。
水曜の夜、エルに「明日の朝チョコのパンがないから、プーさんの(ワッフル)にしてあげるね」と言ったら「ふつうのしろいパンでいいよ」と言ったのですが、ふつうの白いパンもなかったので、夜の内に焼きました。
白いプチロールとよもぎのプチロール。
よもぎパン、大正解でした。サン○ルク(もう随分行っていませんが)でいただく餡の入っていないよもぎパンが大好きで前から作りたいと思っていたのです。先日、インターネットで乾燥よもぎだと思って買ったものがよもぎパウダーだったので、丁度よいかもと思って入れてみたら大成功でした。

 昨夜はパスタにしました。自家製のバジルを入れたトマトソースで。トマトも、教会の方からいただいた自家栽培のトマト。さっぱりと美味しくいただきました。

 今日の朝顔はひとつだけ。明日はまたいくつか咲きそうです。

 これだけ雨が続くとさすがに気温も上がらず涼しいです。ちょっと肌寒いくらいです。
早くお天気にならないかなぁ。
posted by ♪Sunny at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

遺品

薗田さん遺品.JPG
薗田憲一さん愛用のトロンボーン。
葬儀場でこれだけやっと撮影できました。

こちらのページ(オフィシャルサイト)で、祭壇など紹介されています。
薗田さんの歌声も流れています。(涙)
http://www.h4.dion.ne.jp/~pj2500/kings/huhou.html

他にライブハウスでの家族の写真をメインサイト空の鳥、野の花のアルバムにUP。
こちらにのせたかったのだけど、エルがあんまり可愛いので(親バカ!)、ちょっと警戒してアルバム2006の、エルのアルバムの方にUPしました〜(パスワードつき)。

今日の朝顔の開花は3つでした。ただいま合計18、開花しました。
17日の日記に1、5、2で計8つ、と書いたけれど、2日目は2つだったので、この時点で5つでした。
留守中、6つ一度に咲いたのが見たかったなぁ。
綺麗だっただろうな…。
posted by ♪Sunny at 10:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

ちょっとお疲れ

 昨日、薗田さんの葬儀に出席してきた。
月曜日の深夜に車で出発。グイドが運転を引き受けてくれた。
わたしたち(実家の方)の一家がとても縁(ゆかり)の深い人なのに、わたししか動けないということで、わたしが家族の総代で葬儀に出るということで、グイドが協力してくれた。
エルのためには車の中に布団を敷いてやったらエルは大喜び。エンジン音もものともせず熟睡していた。グイドは出発前に少し眠り、途中でも少し仮眠を撮っていたみたい。少し早めに海老名のSAまでたどり着き、そこで時間調節。東京に入ったらさすがに道は混んでいたけれど、丁度よい時間に斎場につくことができた。
 式場では祭壇の花が帽子の形になっていてとてもおしゃれだった。それがとても薗田さんらしく写真を撮りたかったけれど撮りそびれて残念。
初めて見てびっくりしたのは金髪の尼僧。導師と言うのかな?メインのお坊さんではなかったけれど、こういう人もいるんだ〜、となぜか不思議な感覚。
わたしたちは早くについたので、式場内の椅子に座るよう勧められ、案外出席者は少ないのかな、と思っていたらさすがに時間には大勢の人が来られていて焼香の列はとても長かった。わたしたちは焼香は遠慮しそのかわりに心をこめてお祈りしてきた。
エルは「あれしないの?」と焼香の真似をしながら不思議そうな顔をしていたけれどね。
 薗田さんのお兄様(長年デキシーキングスのチューバとして活躍された)の弔辞でしんみり。浩ちゃんの弔辞ではもう涙涙…。わたしが泣いているとエルが「わたしがついているからね、なかなくていいよ」と、頭をなでながら慰めてくれた。
棺にお花を入れながら奥様が「パパ、幸せだったね」と泣きながら語りかけておられたのが印象的だった。
出棺の時にはグイドと、「やっぱり『聖者の行進』で送りたいけど、一般の斎場ではやっぱり無理なのだろう…」と話していたら結局、歌声で♪Oh when the saints〜と始まった。浩ちゃんの一声から始まったけれど、後で聞いたらクラリネットの白石さんが「やろうよ」と言ったとのことだった。涙交じりの「聖者の行進」だったけど、やっぱり薗田さんの最後はこれでなくちゃ。
 ご家族、バンドのメンバー、ファンのみなさん、関係者のみなさん、お一人お一人の上に神様の慰めがありますように。

 午後は、グイドのお友達に会うため赤羽へ。ネットで知り合った人らしく、初対面だったけれど、充実したお話ができたようだった。詳しいことはかけないけれど、グイドの働きにとっても大切な出会いであったようだ。

 夜は浩ちゃんのライブへ。赤坂と言うところは駐車場が高いのでびっくり。浩ちゃんに電話をかけて安いところを教えてもらい車を移動。屋上から降りてきたところで浩ちゃんのサイトの管理人であるUSAGIさんにばったり!なんとそのビルに勤めておられるとのことだった。ライブの前に食事をしたけれど、ファミレスも都市価格なのか、関西系のお店より高かった気がする。これは余談。
 ライブの合間に同い年の山ちゃんとキングスの思い出について語り合う。山ちゃんももうキングスを聞き始めて20年以上だって…。わたしらは浩ちゃんが加入して以来なので30年越え…。お互いそんな年になったってことに苦笑しつつも懐かしい話などなど、色んな話に花が咲いた。
その中で、「魔法使いサリーちゃん」のオープニングの話になった。
そういえば、サリーちゃんのオープニングって「薗田憲一とデキシーキングス」の演奏なんだよね。もちろん浩ちゃんが入る前。山ちゃんと「浩ちゃんが薗田さんと出会う前からわたしたち薗田さん(のトロンボーン)を聞いていたんだよね」と語り合う。
サリーちゃんのオープニングはこちら⇒http://www.youtube.com/watch?v=TwcrQExjiOY

 白石さんのアルバート式クラリネットはちょっとした聞き物なのだけれど、このレパートリーがなぜか「慈しみ深き」「主よ御許に」など、賛美歌が多い。これがまたアルバートの音色に合うんだ。この日は2ndステージで浩ちゃんがわたしたちのために、ということもあって「慈しみ深き」をやってくれた。2ndステージのあと、白石さんが席に来てくれて色々話していたんだけど、その中で「(今は辛くて)『主よ御許に』はできない」と話しておられたんだけど、結局、最終ステージで浩ちゃん、「主よ御許に」をやっちゃった。白石さんも、プロだから、もちろんバッチリ決めておられたけれど。
もちろん最後は「聖者の行進」
 浩ちゃんも白石さんたちも、昨日はやっぱり「キングスではない(浩ちゃんのバンドだったから)」ということで、少しは気楽だったらしい。やっぱりこれがキングスだとまだメロメロになっちゃうって…。だから13日のキングスのライブに行きたかったんだよね…。
 エルはこの日、チューバの井桁さんのファンになっちゃったみたい。「小象の行進」ですっかりはまっちゃったみたいで、そのあとも「(井桁さんの)しゃしんとってー」とはしゃいでいた。終演後、浩ちゃんと一緒に写真を撮ろう、って言っても恥ずかしがったのに「あのお兄ちゃんと撮る?」と言ったら「うん」だって。浩ちゃん、焼きもち焼いちゃうんじゃないかな?でも、もう浩ちゃんのことはしっかりインプット。また、「ドーモくんワールド」にも出るらしいので、楽しみ。
 などなど、演奏だけじゃなく、おしゃべりも目いっぱい楽しんで、またまた深夜に車で出発。(山ちゃん、USAGIさん、お土産感謝!!)グイドに「運転代わるよ〜」といいつつも、結局わたしは夢の中。何度かグイドが休憩を取るたびに目をこすりながら「大丈夫〜?」と言うも、結局また寝てしまっていた。でも、グイドが気になって何度か起きていたので、なんとなく寝不足。
エルも今日はもう一日保育園を休ませて、家でのんびり。と言っても祈祷会があったので、午前は出席し、午後はちょっとお昼寝。エルは朝ゆっくり寝たからか、「おひるねしない〜」と一人でTVを見たり遊んだり、元気に過ごしていた。
やっぱり子供のエネルギーってすごい。充実していたとは言え、親はさすがに、ちょっと疲れた…。

 今回、旅行中はずっと雨。
植物の水遣りを心配していたけれどその心配はなかった。
夕方、見てみると黄色のミニバラ、イースターイエローの蕾がついていた。
ミニトマトも開花。枯れたと思っていた四季成り苺「エリザベス」の株のひとつに新芽が出ていた。回復するかな?
朝顔は、昨日は6つ咲いたようだ。今日は4つ咲いていた。今日の花がしぼんだものをとってエルは色水遊びを楽しんでいた。
この前は葱が随分やられて一度全部切ったのだけど、今度はチャイブがやられているようだ。ナメクジかな?
タイムは切りすぎたのかついに全部枯れてしまった。土曜日に姉のところで貰ってくる予定。
ハナキリンは2つ目が開花。葉もたくさん出てきて元気!

 水遣りの心配がなかったのはいいけど、あちこちで水害が出ている。確かにこの雨、ちょっと異常。これ以上被害が拡大しませんように。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

喜びのライフライン

 今日は、大津のピアザホールで、「喜びのライフライン」という催しがあった。
TVで放映されている「ライフ・ライン」というキリスト教関係の番組のキャンペーンのようなもの。
番組から普段司会をしておられる関根弘興先生を迎えての集会。
普段は、各教会で招いて特別集会をするのだけれど、小さくて呼べない教会もあったり、日程上すべての教会を回るのが難しかったり、諸事情があるので、今回は、教会合同イベントとして開催された。
 出し物は、「君は愛されるため生まれた」の翻訳者でもある神(じん)先生による「君愛」の賛美のあと、全員で「君愛」を賛美。
その後、プログラムには「ゴスペルコント」と書いてあったけれど「コミックバンド」と紹介された、ジップコード604と言うグループ。
元々は「ゴスペルブルーグラスバンド」だったという。最初に1曲ブルーグラスを歌われて、それから、いくつかのショートショート漫才(?)のようなものを披露された。
これが以外にも(失礼)面白かった。ブルーグラスの賛美もとてもよくて、もっと聞いていたかった。
 福音落語「里帰り」は渕野弘司先生、ハーモニカ演奏の筒井松太郎さん(全日本ハーモニカ連盟理事、公認指導員、ハーモニカ振興会公認指導員、関西ハーモニカ振興会理事)、聖歌隊は近江福音自由のみなさん。
それぞれに聞き所もあり、素晴らしかったし楽しかった。
関根先生のメッセージも面白く、わかりやすく、楽しかった。
最後は「キリストにはかえられません」の賛美。
 滋賀在住のクリスチャンの賜物が生かされて、本当に楽しくて有意義な集会だった。キリスト教のカタイイメージを崩したいという企画だったらしいけど、結構成功したのでは?
それに、番組からのプレゼントのDVDが当たったのも嬉しかったしね!

嬉しがって関根先生と記念撮影、パチリ。相変わらず化粧っけなしの真っ黒けの顔だけど。
06_07_17_.jpg
posted by ♪Sunny at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝顔

 朝顔の花が今日は2つ咲いた。1、5、2と、これで計8つの花が開いた。
まだまだ蕾がたくさん。
昨日は風が強くて、鉢が横になっていた。支柱のない部分の弦が少し折れたようになっている。
折れたところから枯れてしまうかな?
ちょっと心配だけど見守ることにしよう。

 白粉花、もう一本を朝から伐採。
下のほうから脇芽が出ているので、新しい芽に期待しよう。
前に切ったものも、新芽が少し出ている。新芽は病気じゃないといいのだけれど…。
やっぱり白粉花は直植えじゃないとだめかなぁ。

 エルには好きな男の子ができたらしい。しかも年下!
前は「誰と結婚するの?」と聞くと「おとうさん」と言っていたのに今はその子の名前を言う。
ちょっぴり淋しいお父さんであった(笑)
posted by ♪Sunny at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

もうひとつの花

 今日は昼にも書いたようにエルの幼児園の夏祭りだった。
朝は天気予報がウソのような快晴。
でも丁度昼ごろに夕立のような雨。
「今の内に降ってくれて良かった」と思いながら、3時ごろ両親と幼児園へ。
駐車場から園までの誘導に立っておられた二人の園長先生もうちの両親を見てびっくり。わざわざ西宮から、それも浴衣を着てきたので、驚かれたのだろう。
 保育室に行って浴衣に着替えさせ、写真をパチリパチリ。朝顔柄の赤い浴衣を着たエルはもうひとつの花。
とりあえずビッグ滑り台(空気で膨らませたビニール製の滑り台なのだけど、これが本当に大きい!)の列に…と、雲行きが怪しくなってきた…。
結局、雨が降り出し、滑り台は一時中断。「雨が上がったら再開します」とのことだった。
その間にエルとわたしは他のアトラクションを回る。
昨年、申し込みの仕方がよくわからなくて参加できなかった工作とお菓子すくいにも参加できた。よーよーつり、ゲームなど一回りしていたら、ビッグ滑り台再開。
最初「お尻が少しぬれますよ〜」と言われて、「やめる」と言っていたエルもいざ滑ってみるとおおはしゃぎ。あられもない姿で滑り台を滑っていた(とても写真はUPできない)
 その後、模擬店でジュースやかき氷を買っていると、お友達と出会って、あっちへウロウロこっちへウロウロ。やっとのこと、両親が休憩している教室へお友達もろとも連れて行って、ちょっと落ち着いてかき氷を食べたかと思うと、またもやお友達を追って外へ。
まったく元気だこと。
 ところが、またまた雲行きが怪しくなってきたので、閉会を待たずに開場を後にした。
降ったり止んだりの変なお天気だったけれど、とにかく土砂降りにはならず、アトラクションや模擬店を楽しむことがで来てよかった。
 先週から、「あといくつねたらなつまつり」となつまつりをとても楽しみにしていたエル。
工作を、昨年はできなかったことも覚えていて、今年できたのは嬉しかったみたい。
お友達と触れ合う姿を見ていると、昨年よりも成長した姿がうかがえた。

 夏祭りのあと、野洲のスーパー銭湯へ。
今日は野洲川の花火大会なので土曜日のわりにはお風呂はすいていてゆっくり入れた。
帰りに車の中から少しだけれど花火も見ることができて、エルは大喜び。

 1日目いっぱい楽しんだようだった。
写真はアルバムのほうにUP!
posted by ♪Sunny at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の花

 今日は昨日の朝顔はもう開かず(朝顔って1日しか咲かなかったっけ?)新しいのが2つ開いた。ついでに四季生り苺「優香」の写真も。パチリ。
枯らしてしまった「エリザベス」は白い花だったけれどこちらはピンク。せめてエリザベスの写真も撮っておけばよかったな。

 今日は幼児園(幼稚園&保育園)の夏祭り。
もうずっと前からエルはこの日を楽しみにしていた。
少し前の週間天気予報では降水確率が50%。2、3日前には30%になっていた。
今日の予報では午後は20%とのこと。晴れてよかった。
この前実家で一度着せてもらった浴衣を着るのを楽しみにしているので、お迎えの時には持って行って着せてやるつもり。
実家から両親も浴衣をきてくると言う。エルと一緒に写真を撮ってほしいらしい。
さて、それまでにわたしは一仕事片付けなくては!

asa2.jpg  asa3.jpg

優香.jpg
posted by ♪Sunny at 11:44| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

開花

 朝から、白粉花を一本ばっさりと切った。
どう見ても病気で、枯れそうだったから。
他の一本も重症そうなのは、他の鉢と分けて置いている。
この病気、移るのかな?
白粉花だけならいいんだけど。
それにしても、どうしてこんなことになっちゃったんだろう。
土はほとんど新しいものばかりで、病気になる原因が思い当たらない。
まあ、虫が運んできたのかもしれないけれど。

 でも、残念なことばかりじゃない。
朝顔とレッドシンフォニーが開花した。
先日開花したハナキリンと共に写真をパチリ。
朝顔は、葉の割りに花は小ぶり。でも可愛い。
エルは、色水作りをするのを楽しみにしている。
色水遊びのためにも、白粉花がたくさん咲いてほしいんだけど、こちらは雲行きが怪しくなってきた。
ミニトマトも蕾がついてきた。
こちらも、ちゃんと実がなりますように。
バジルは摘心するついでに少々収穫。いただいたトマトでトマトソースを作った。
自宅で穫れたミニトマトとバジルでパスタを作る日はいつ?
デンマークカクタスの苗が届いているのだけれど、昨日から忙しくて植え込みができずにいる。
冬に、きれいに咲かせることができるだろうか…。
ミニバラは色々調べてもいまひとつ手入れの方法がよくわからない。
秋にはちゃんと花を咲かせることができるだろうか…。

DSCF1288.JPG  DSCF1296.JPG

DSCF1289.JPG
posted by ♪Sunny at 13:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

訃報

 今日はケアハウスでの聖書研究会。
オリジナルの「さくらもち水羊羹」を作ってみた。味は最高に美味しかったけれど固まらなかった(涙)道明寺を足したので、寒天の量が足りなかったみたい。
これはアレンジして明日の家庭集会に何とか形にしよう。
ケアハウスの方は急きょ、ベルギーワッフル(ブリュッセル)を焼いて持っていった。

 ケアハウスを出る頃、友人から携帯にメール。
トロンボーンプレイヤーの薗田憲一さんが昨日なくなられたとのこと。
ショック。
 薗田憲一さんは我が愛する叔父、浩ちゃんの所属するバンド、デキシーキングスのリーダーで、日本におけるデキシーランドジャズの大御所で、ニューオリンズの名誉市民でもあられた。
 子供の頃から、浩ちゃんにくっついて色んなところへ行っていたので随分可愛がっていただいた。色んな思い出が頭の中を駆け巡る。
思い出しては胸が詰まる。
ミュージシャンとしては偉大な方だったけれど、とても気さくで、ダンディーで、素敵な方だった(ファンは皆声をそろえてそういう…)
野球が好きで、草野球も随分長いこと現役で頑張っておられた。
トロンボーンだけでなく、オカリナで演奏される素朴なデキシーも素敵だった。
いつもいつも、最高のハッピーサウンドを、わたしたちに聞かせて下さった。
咽頭癌、食道癌と戦われ、その度に現場復帰を遂げられた不屈のプレイヤーだった。
最近また体調を崩しておられ、浩ちゃんがリーダー代行を務めているとは聞いていたけれど、またお元気になられると信じていた。
最後に薗田さんのステージを拝見したのはいつだったか…。
浅草HUBだったことは覚えているけれど。
 昨日の今日だけれど、予定されていたライブハウスの出演は予定通り行われるとのこと。今日は追悼ライブになるんだろうな…。きっと最後は「聖者の行進」
できることなら駆けつけたかった。
ご家族、メンバー、そしてキングスを愛してやまないファンのみなさんの上に神様の慰めが豊かにありますように。

 それにしても、「聖者の行進」の歌詞は、実はものすごーく奥が深い。
もちろんいわずと知れたデキシーの名曲。
黒人達が葬儀で演奏した曲と言われる。
「この世では辛いことが多かったけれど、天国では楽しく暮らすのさ」なんて簡単に説明されることが多いけれど、実は、天国のことと言うより、黙示録に出てくる最後の審判や新天新地のことが歌われている。(と言ってもバリエーションがかなりあるらしいけれど)
この世に絶望しきった黒人達が、神に望みを置いて永遠の神の都という新しい世界をひたすら夢見て歌ったのだろう。

「歌うしかない状況、歌うことでしか表現できない苦しみ、悲鳴にも似た心の音。
 あの軽快なリズムが、陽気なメロディーが、
 聴く者の心に鋭く突き刺さる。強烈に濃い、血と涙の音楽である。」

と、宮川彬良氏は書いておられた。
この曲を、今では多くの人が愛している。
わたしも大好きな曲だ。
この曲を愛する人々が皆共に、この曲の歌う天の御国に入れるといいなぁ。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

神様のされること

 月曜日、どうしてもエルの水着を買わなくてはいけなかった。
先日、個人懇談の時に先生から今のが小さくなっていることを指摘されていたので。
と、外出から戻ると机の上に封筒があった。眼鏡屋さんからのもので、封を切ると、先日父を紹介したことで、1000円分のギフト券が同封されていた。
すごく助かった。

 昨日、外出先から戻ったら、苺2株の内1株がションボリしていた。
水が足りないのかとおもって水をやったけれど、今朝になったらもっとひどい状態になっていた。おそらくその株はもう枯れてしまうだろう…。
苺も実が色づき始めていて、エルも楽しみにしていたのに。

 もちろん、ギフト券は神様が送ってくださったのではなく、眼鏡屋さんのサービスだ。でも、あまりにもタイミングが良くて助かった。
苺が枯れてきたのには何か原因があるのかもしれない。
 でもいずれにしても、すべてのことの背後に神様がおられる。
あれも、これも神のなさること。
苺のことはショックだけれど…。

 小さなことに一喜一憂するのではなく、神様が日々守ってくださっていることを感謝していよう。
posted by ♪Sunny at 14:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

四方山話

 皆様のお祈りに守られて、昨日の特別賛美とメッセージのご奉仕は無事に終えることができました。
 賛美は、ちょっと声の出所が「?」という感じだったのですが、心をこめて賛美させていただきました。
 メッセージは…、噺家の娘だからといって話が上手い訳ではなく…かえるの子がかえるならいいんですけど、何分まだおたまじゃくしなもので(永遠のおたまじゃくし?!)、流暢に、と言うわけには行きませんが、精一杯語らせていただきました。
まあ、メッセージは、話術で語るものではなく、いかに通りよき管になれるか…ということでもあると思いますので、とにかく、神様に「あなた御自身が語ってください」と祈りつつ臨みました。
結果は?…神様のみがご存知です。

 さて、ここからはまたまた園芸のお話。
 先日、赤のミニ薔薇(レッドシンフォニー)に蕾を見つけて喜んでいたのだけど、薔薇のサイトだったか何かに、秋にきれいに咲かせるためには、今の時期は(特に植え込み時は)蕾をとるように、と書いてあった。ミニ薔薇も同じだと思って、新しく見つけた蕾は涙を呑んで摘んだ(他にもいくつか蕾ができていたのだけど)。
最初に見つけたものだけは、「もうすぐ咲くよ」と言ってしまったので、エルが楽しみにしているので、残してあるけど。
 神様も、わたしたちが花を咲かせて実を結ぶために、時に刈り込みをなさることがある。
時に「痛い!」、と思う事があっても、それはわたしたち自身のため…。神様からの訓練の時なのだな、と思ったりする。
 それはさておき、黄色の方の薔薇(イースターイエロー)が、少し元気がない。
4本の内、1本が特に弱っていて、葉が黄色くなって落ちてきている。
まあ、4本の内1本でも2本でも元気に残ってくれればそれを大切にしようと思ってはいるけど。
先日モンちゃんも「黄色い薔薇は難しいらしい」と言っていたし、他サイトさんでもイースターイエローが比較的弱い、と言う記事があった。たまたまなのかもしれないけど。とにかく、元気になってくれるように、毎日声かけをしながら水遣りをしているんだけど。

 今日は、特定疾患の更新の書類を取りに行きかたがた姉の家に寄り、頼まれて買っておいたニームを届け、植え替えの手伝いをして、ついでにローズマリーの苗を貰ってきた。ウチにないロゼアとレックス。モンちゃんがローズマリーをほしがっていたので、モンちゃんの分も貰ってきた。姉はさし芽をしてふやすのが趣味らしく、たくさん(余分に)苗を作っていたので、気前よく分けてくれた。
他に、姉が今年買ったラベンダーの半分がかなり弱っているので、植え替えて、元気なところだけ残すというので、ついでに枯れかけている苗を貰ってきた。
上手くいって持ち直したら儲けものだ。
 帰ってきてから、自分の植木鉢を眺めながら、色々考えた。
鉢を少しずつ整理しないと置ききれない。薔薇も、冬になって鉢を分けたらそれだけ場所をとるし、今あるローズマリー(トスカナブルー)も秋にはもう少し大きな鉢にしなければいけないし。これからの自分のやりたいことの方向性をちゃんと見つけなくちゃ。
わたしは園芸だけじゃなくて、色んな意味で、自分の方向性を定める必要がある。色んなことに関心があって、色んなことに手を出すのはいいけれど、そのどれもが中途半端。そして何よりやるべきことができていない。これはわたしの悪い癖。
ひとつずつ、地に足をつけてやっていかなくてはね。
 とりあえず、植木鉢の方は、秋には白粉花が終わるので、その場所が空くけど。なんせ今は大きな鉢が7つもあるので…。
 朝顔はものすごく大きな葉がしげり、蔓も長く延びている。最初に立てた支柱だけでは全然足りないので、長い支柱を買ってきて足した。花の蕾はざっと見ただけでも20個以上ついている。
白粉花もかなり蕾がついていて、とにかく花が咲くのが楽しみ。

 今日、保育園のお迎えに行ったらエルが「おねがいごとのささにつけて」と色紙を持ってきた。まだ何も書いていない色紙。
「エルちゃんね、『大きくなったらバラやさんになりたいです』ってここにかいて、おねがいごとのささにつけてね」とのことだった。
エルは、お花屋さんではなくてバラ屋さんになりたいのだそうだ。いつかバラ園に連れて行ってやりたいなぁ。
 ところで、笹につける短冊のことだけど、先日は「好きな言葉」を書かせたけれど、実は、「○○になれますように」という願い事を書くのではなく、「○○になりたい!」と言う宣言を書くのもいいなあ、と思っていた。そういう希望や夢を持つのは素敵なことだと思うし、わたしも小さい頃から色んな夢を抱いてきたし。そう思っていたら奇しくも、エルが「バラやさんになれますように」ではなく、「バラやさんになりたい」と書いて、といってきたのだった。エルは深くは考えていないのだと思うけれど、来年は、そんな風に、夢を書くのもいいかもね。
天の川を創られた神様を思いながら将来のビジョンを書く、っていうのはどうかな?
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする