2006年09月28日

充実した一日

 昨日はグイドに食べさせてあげたくてスフレチーズケーキを焼いた。先日使った桃缶の残りを刻んで入れてみた。
昨日は冷め切っていなかったこともあってか、少しふわふわ過ぎたかと思ったけれど(ちょっとメレンゲを泡立てすぎて、キメが粗くなってしまった)、エルは気に入ったらしくて2つも食べてくれた。
夜、祈祷会で、†)美幸さんのスイートポテトと物々交換。
†)美幸さんのスイートポテトも美味しかったよん。

 今日は、C先生の日本語教室。朝、教会でピアノの練習をしながら待っていると、O姉が。「え?」「婦人会、今日じゃありませんでしたか?」「来週ですよ…」
O姉は、教会に来たくて来たくて、1週早く来てしまわれたそう。「せっかく来られたのだから、一休みして帰ってください」と言うと、「では、せっかくだからお茶を点てましょう」と言って下さった。大急ぎで昨日の残りのチーズケーキをとりに帰った。チーズケーキは冷蔵庫で一晩休ませたら、丁度いい感じになっていた。
C先生は電車1台乗り遅れられたのか、なかなか来られなかったので、お湯が沸くまで少しO姉とおしゃべりをしながら待った。
そうこうするうちにC先生が来られた。丁度お湯も沸いたので、お茶を点てていただいた。
その後、O姉は退出されたけれど、「今日は日本文化の勉強をしましょう」との事で、お茶の話から、色々な日本の文化や宗教観の話をした。そして、わたし自身の救いの証し。
テキストの学びはできなかったけれど、それなりに必要な学びができたような気がする。
昨日は何も考えずにケーキを作ったけれど、今日の交わりに役立ってよかった。
O姉は牧師と話して喜んで帰って行かれた。
06_09_27チーズケーキ.jpg

 午後からは、土、日のご奉仕のためにピアノの録音。
奏楽者がおられないわけではないらしいのだけど、いきなりは難しいかも、との事なので…。もっと早く曲を決めて楽譜を送ればよかったのだけれど、そうできなかったのでし、曲がはっきり決まっていなかったので、教会の方に弾いてもらうこともできず、結局自分で弾くしかなかった。こんな時のために、M君に頼んでカラオケを作っておかなくちゃ…。
 緊張しているせいもあって、メチャクチャ下手くそだけど、とにかく頑張った。普段弾いている聖歌よりキーをあげたり、「キリストにはかえられません」にいたっては、途中で転調するという荒業に挑戦。どうにかこうにか、間違いがあまり気にならない程度にまとめた。(ノーミス、というわけにはいかなかった)

 あとは、日曜日礼拝での証しとメッセージの準備…と、改めて礼拝の時間を確認してびっくり。礼拝はなんと朝8時半から。
礼拝でも特別賛美を頼まれているのだけど、そんな時間に声が出るかなぁ…。
朝、よほど早く起きなくちゃ…。
ま、昔K教会の早天祈祷会で突然賛美を頼まれて歌ったこともあるし…、何とかなるでしょう。
とにかく、祈って備えよう。
posted by ♪Sunny at 22:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

出会い

 先日、本を読んで「この人に会いたい!」と思った方とお会いできた。
それまで、どうしたらお会いできるかなーと漠然と思っていたのだけれど、本当にその時がきたら、スルスルと道が開かれて、お会いすることができた。
 それは、ゴスペルシンガーの市岡裕子さん(故・岡八朗さんの娘さん)
一緒にランチをいただく中で、互いにクリスチャンになった経緯を語り合い、思いを分かち合うことができた。もっと大柄な人かとイメージしていたのだけれど、思ったよりは小柄な、でも本当に人生の荒波を乗り越えてこられたパンチのある生命力に溢れる方という印象だった。同じように芸人の娘として生まれ育ち(家庭環境は全然違っていたけれど)同じ神様のために、神様を賛美しつつ歩んでいること、感謝しながらも、不思議な思いで短い時を過ごした。
 この素敵な時を与えてくださった神様と、取り次いで道を開いてくださったN兄に心から感謝!

 保育園でも、あちこちでコスモスが咲き乱れる季節になった。
少しだけ胸が痛い。
我が家のコスモスは、植えたプランターが小さすぎたので、根詰まりを起こし、花をつけないまま、枯れ枯れになってしまったので抜いた。
もう少し、諦めずに見守ったら花をつけたかも、と思い、早々に諦めてしまったことを後悔している。
でも、仕方がないね。
実家からもらってきたリコリスも、芽を出さないまま秋を迎えてしまった。
姉のところからもらってきた鈴蘭水仙は、来年芽を出すだろうか…。
アップルミントは根のついていた部分はもちろんしっかり成長し始めているけれど、挿し芽をした2本のうち1本は枯れてしまった。後の1本はさて?
タイムはもう(栽培を)やめようと思いつつ、もう一度、ワサワサと茂ったタイムが見たくて、何本か挿し芽をしている。上手く根付くか?
ワイルドストロベリーは2株のうち1株の調子が悪いので、ハーブのサイトで質問してみると窒素不足とのこと、早急に追肥しなくては。
アメリカンブルーは、毎日いくつかの花をつけてくれるようになった。日々草も花をつけ続けているし、種の袋(?)も膨らんできている。
デンマークカクタスは、そろそろ短日処理をしたほうが良いのかな?うちは屋外も結構明るいから…。明るいといっても、室内ほどの明るさではないので、それでも大丈夫かなあ、と思ったりもするのだけれど。
ミニトマトは、夏につけた実は随分赤くなった。今頃になってもいくつか小さな実がついていて、もうしばらく、枯れそうにない。
ラベンダーも、細長く伸びた芽は結局全部枯れてしまったけれど、いくつかの芽が残って、順調に本葉を増やしている。ペースはとてもゆっくりだけど。やっぱりラベンダーにはこういう涼しい環境があっているんだろうね。
ミニバラは夏につけていた花よりも全体的に、少し大きめの花がついているように思う。
少し剪定したのが良かったのかな?剪定した時に少し追肥をすればなお良かったかな、と思うけれど。
バジルも後は、枯れるまでゆっくりペースかな。
わたしの感覚では、今年の収穫はほぼ終わり、って感じ。ちょっとホッとした感じ。

 園芸の方も、段々ペースがつかめてきて、少しは時間配分ができるようになってきた。何気に見ているだけで癒されるから、ボーっと眺めている時間も多いんだけど。
でも、気を許すと虫が幅を利かせていたりするので、時々注意して見てやらないと。
 それでも、園芸一辺倒だった夏も過ぎ、少しお菓子作りへの意欲も出てきた。
夏の間お休みした分、あれもこれも作りたいな、と…。
先日は久しぶりにババロアケーキ(わたしにしてはかなり手の込んだ力作)を作ったけど、たまには手の込んだケーキもいいなぁ。でも、たまにね。
先日†)美幸さんのところで作ったスフレチーズケーキをグイドに食べさせてあげられなかったので、うちでも一度作らなくちゃ。エルも食べたがっているし。
とりあえず、先日りんごをいただいたので、りんごのケーキも焼きたいなぁ。
アップルポテトパイもいいかも。
ああ、食欲の秋…太らないように気をつけなくちゃ。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

ピーチババロアケーキ

 明日、差し入れに持っていくケーキ、完成。
ピーチババロアケーキ。
直径27cmほどある大きなケーキ。でも薄いんだよね(笑)
以前、K教会のFさんが同様の型を使ったケーキを作っておられて(Fさんのはこれよりもっと素敵なケーキだった)、いいなぁ、と思ってお聞きしたら、F姉は海外(ドイツだったかな?)で買ってきてもらったとか。それからずっと捜していたところ、丁度結婚前に東京のかっぱ橋(大阪で言えば難波の道具屋街みたいな所)で見つけて衝動買いしてしまった。
元々はタルト型だと思うんだけど、それでスポンジケーキを焼き、裏返して凹んだところにクリームやフルーツを飾ると、大きいので結構見栄えがする。
前はカスタードクリームでやったり、インスタントの苺プリンなんかをフィリングにしたんだけど、今回はピーチババロアに挑戦。しかし本を見ながら段取り悪くやっていた上に、エルが「お手伝いする」と張り切ってくれて、おかげでシッチャカメッチャカになり大変!ふらふら
わたしも、手順を間違えたりなんだりで、途中で分離し「失敗したー!」と半泣きにがく〜(落胆した顔)
†)美幸さんに「失敗したら恥ずかしい」なんて書いたらその通り、失敗〜。姉に、「失敗したババロアを持っていこうか」なんて電話していたのだけど、スティックミキサーという飛び道具が活躍してくれて何とか挽回。すったもんだしながら完成したのがこれ。

ピーチババロアケーキ.jpg

一応、コンサート出演者や裏方さんへの差し入れのつもりなんだけど、足りるかな?
結構切り分けにくいかも。
残念ながら、2つの桃缶を使ったら、途中で桃の色が変わっちゃった。
この辺が、お店のケーキと違うところ。しかたがないね。
さてお味はどうだろうか…。ちょっと心配。
なにぶん始めて作ったケーキなので…。
同様のスポンジにババロアをのせるケーキは以前にもやった事があるけど、どんなレシピでやったんだか、全然記憶にない。
色んな本を見ながらやっているからなあ。今回も、ジェノワースに、ババロアをドッキング。ババロアの量が足りるか?など、恐る恐る作ったけど、少しだけババロアが余ったので、ババロアだけは明日、味見をしてみよう。

 さて、今晩の内に、グイドの明日の食事の準備をしておかなくちゃ!もうひと頑張り、するぞ!
…と思っていたらグイドが、「体壊したらいけないからもう寝なさい」って言ってくれた。
食事は自分でなんとかするから、と。
優しい旦那様に感謝して、寝ることにしよう。
お休みなさい。眠い(睡眠)

♪Sunnyのもの想い更新しました。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

罪人のかしら

 ここ数日、自分の弱さ、足りなさ、愚かさを痛烈に感じている。
パウロが自分の事を「罪人のかしら」と言うなら、わたしは自分の事をなんといえばよいのだろうか。
こんな者でさえ神に愛されているとは、何という奇蹟!
そうは言っても、自分の愚かさ、高慢さ、心の狭さを思うとき、逃げ出したいほどの衝動に駆られる。
 でも、落ち込んでいても始まらない。
主に在って、今日も明日も精一杯生きよう。
少しでも良い種を蒔こう。
人は自分が蒔いた種を、好むと好まざるとに関わらず、刈り取らなければならない。
少しでも良い種が蒔けるよう、ただひたすらにイエスさまに祈っていこう。

 やっと、お菓子作りをする気になってきた。
昨日、丁度焼き芋をいただいたので、ケアハウスの聖書研究会のために、アレンジしてスイートポテトにした。
06_09_21スイートポテト.jpg
本当はスイートポテトパイにしたかったのだけれど、冷凍のパイ皮を延ばして型に敷くだけの事が面倒で、結局絞り出しのスイートポテトにした。
ケアハウスでの聖書研究会は、8月お休みして、少し間があいたせいか、常連さんがみな集われた。中で、ノンクリスチャンの女性は「8月9月の2ヶ月の間で、本当に『嬉しい』と思えたのはたった二日だけ」と語られた。そのうちの1日が今日だと言われた…。
聖書研究会を楽しみにしてくださっている事はとても嬉しいけれど、この女性が、どうか、日々に喜びを見出せますようにと、強く願わせられた。

 さてさて、仕事はまだまだ山積み。
明日も精一杯生きよう。
仕事を早めに片付けられたら、久しぶりに少しだけ凝ったお菓子を作ってみようか…と言っても、今考えているのは初挑戦のアレンジ。上手く行けば、23日のオカリナコンサートの差し入れにさせていただきたいと思っているけれど、上手く行かなければ、姉のところにでも届けるか…(姉がこれを呼んで「オイオイ」と言っているのが聞こえるようだ(爆))。
さてさて、このケーキを食べられるのはどっち?!?!(笑)

 レッドスカーレットは、見た目、この前のとそんなに変わっていないようだけど、今が満開かな?18もの花(蕾も含めて)がついている。単純計算で1本あたり4〜5個の花。
出遅れたイースターイエローも10個ぐらいの蕾がついているので、上手く行けば1本あたり4つぐらいの花はつくかもしれない。
花を作られた神様は虫もまた作られたのだけれども、それはちょっと横において、とりあえず、綺麗な花を作られた神様に感謝!

レッドスカーレット06_09_21.jpg
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いいいいいいいいい!

 以前、「あああああああああ」というPCの状態について書いたかと思う。
さらに加えて今度は「いいいいいいいいい」である。
「A」のキーに加えて「I」のキーが、凹んだ状態になってしまったこれはいよいよ修理が必要だろうと思う
思うが、PCが使えないわけではないので、未だに躊躇している。
数日間でもPCが使えないことのほうが不便なのだ。
完璧にPC依存症だわ、わたし…。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

ない!もうやだ〜(悲しい顔)

 昨日の夜から家を留守にしていた。
昨日の夜半から随分風が強くなってきて、実家の方でもすごい風だった。
そして、そして、ミニトマトをそのままにしてきたことをとても後悔した。
ミニバラは、腰水して家の中に取り込んでおいたのだけれど、ミニトマトは、ちょっと迷ったけれど嵩が高かったので、そのまま外に出してきた。
明け方の強風で鉢がひっくり返っているのではないかと、そればかりが心配だった。
 夜帰ってきて、一番に目に入ったのはひっくり返っていた白粉花の鉢。
これはもう花もほとんど終わりだったし、ほとんど問題なし。
ミニトマトの大鉢の方はバジルの鉢に寄りかかるようにしてまあ、横倒しは免れていた。小さい方の鉢(先日折れた枝を挿した物)は倒れていなかった。
バジルは、トマトによりかかられて少し折れたところがあったけれど、たくさん茂っていたので大した被害ではなかった。
ホッとして、小さいほうのミニトマトの鉢をもう一度よく見ると、ない!!!がく〜(落胆した顔)
収穫間際だった、実が3つほどついていたのがない。
強風でどこかに飛ばされてしまったらしい。
こんなことなら先日エルが「とってもいい?」と言った時に取らせてやればよかった。ああ、ミニトマトの収穫に関しては、とにかく不運が付きまとうわ…。
 ミニトマトは今頃になって花がたくさん咲いているけれど、これはちゃんとした実になるのだろうか…。

 ミニバラは家の中に入れておいたのでもちろん無事。
ミニバラは、何度も書いているけれど今年は時期はずれに買ったので、寄せ植えのままになっていて、随分狭苦しい感じだ。
今年の冬には植え替えて1本ずつに分けてやる。来年の春にはもっとたくさんの花を咲かせてくれるかな?とちょっぴり楽しみ。
 ミニバラは、色違いの物(白かピンクの)を増やしたい気持ちもほんのちょっぴりあるのだけれど、バラのサイトを色々見ていると、たくさんの種類がありすぎて迷ってしまう。しかも、色々見ていると「どうせならあんな花がいいな、こんな花がいいな」と段々贅沢な思いが湧いてくる。
どんな花だって「世界にひとつだけの花」なのにね。
いずれにしても、有名なバラの苗はとても高いし、特殊なお店でないと売っていなかったりする。そこまでしては買えないので、たまたま、好みの花が見つかったら買うことにしよう、と自分に言い聞かせている。

 さっきも少し書いたけれど、来年に向けては、食べるものは諦めて、匂いを楽しむものやお風呂に入れるものを中心にやっていこうと思っている。後はミニバラね。種類も思い切って減らすつもり。
さしあたってはローズつながりで、ミニチュアローズ(ミニバラの事)、ローズマリー、ローズゼラニウムの3つを中心に、お菓子の飾りになるミント系を少し(ローズマリー、ローズゼラニウム、ミントが匂い系。もちろんティーその他食用にも使えるけど)。ニームは虫除け効果はあまり期待しないことにして、観葉植物として育てるつもり。
今年、上手く行けばデンマークカクタスもそのまま育てると思うけど。モンちゃんに貰ったハナキリンもね。
あとは今年植えた多年草のアメリカンブルー。種が上手く育てられれば丈夫で虫のつかない日々草。夏にはヘブンリーブルー(朝顔)
そんな感じかな。あ、青葱は便利なので続けて植えるけど(笑)
もうこれだけで精一杯ね。と言っても、ローズマリーもローズゼラニウム(センテッドゼラニウム)も3種類ずつぐらいあるし…。ただ、どれも上手く冬が越せれば、の話だけれど。

 こんな、どうでもいいようなことをくどくどと書いているのは、どこかに書いておかないと、決心が鈍りそうだから。
と言っても、枯れてもいないタイムやオレガノをどうするか?誰かにプレゼントするかな?
そういえば、先日植え替えたオレガノ半分は教会に「欲しい方どうぞ」と書いておいといたら、どなたかが持って帰ってくださったようだし…。
タイムは、苗の状態がとても悪いので、もしかしたら冬が越せないかもしれないし…。
 さてさて、来年の春、わたしのフラワースタンドはどうなっていることだろうか…。

 先日紹介した団姫ちゃんのブログに書いてあった、父が母にプレゼントしたケーキ、今日はわたしの誕生祝のために、父が買ってきてくれて皆で食べた。
本当に甘くなくて、とっても美味しかった。
このケーキと温泉で、ちょっと元気が出たかな(笑)
色々と重たい課題もあるけれど、明日からも頑張ろう!手(グー)
posted by ♪Sunny at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっと疲れた…

〓〓〓〓〓[〓〓〓06_09_16.jpg

 一昨日は、団体女性セミナー。
今年は、講師がうちの父と姉。最初は気楽に構えていたのだけれど、これが実に大変だった。
って言うか、やっているときは夢中だったし、姉と気楽におしゃべりもしていたし、そんなに大変と言う訳でもなかったのだけれど、終わって家に帰ったらぐったり。子供もそっちのけでベッドにドテッ。
夕食は、前日の残りの煮物と、冷凍の焼き鳥という超手抜き。
食事が終わったらまたベッドにドテッ。
 どうしてそんなに疲れたのか、色々考えてみた。
ひとつは、いつもなら、招かれていくだけなので、会場の設営などの責任は主催者側。そこで、「こうしてください、ああしてください」とこちらの要望を伝えるとあとは自分たちのことに集中していればよい。自分の教会でやったときは、規模も小さかったし、自分の教会の事なので様子もわかっていた。自分も奉仕者の一人だったので、教会のみなさんもわたしが奉仕(賛美)に集中できるよう配慮して下さった、と言うのもある。
今回は、ホールを借りての行事ということで、主催者側の人間として、ホールとの交渉、打ち合わせなどの段取り…。その一方で、出演者の身内として「ちゃんと求められている役割が果たせるかどうか」「父の体調は…」という気も遣ってしまう面があった。自分がやるわけではないのだけれど、いつもマネージやー的な役割をしているので、そういう面での気は遣ってしまう。
そういう訳で、いつもの2倍の気を遣っていたんだ、とあとで気がついた。
 もちろんそれだけでなく、台風などの影響もあったと思う。低血圧人間なので、悪天候の時はどうも影響を受けてしまうみたいだ。
とにかく、土曜日は、台所だけ片付けたらもう本当に起きられなかった。エルも色々言ってくるけれど「ゴメンネ」と謝って寝ていた。

 集会の方は、わたしたちの教会を含めて、団体内のいくつかの教会ですでに父の証しの集会をさせていただいているので、当初は少ないかと思われた出席者も何とか100名を超え、皆さんにも喜んでいただけたようで、わたしもホッとした。ちょっとホッとし過ぎてしまったのかもしれない。

 日曜日も、依然としてしんどかった。CSも歌は省略して、お話だけ聞かせて、ワークブックをして…。
 礼拝中、賛美していても声がいまいちでない…。礼拝の終わりごろには座っているのもしんどかった。礼拝が終わるとすぐに牧師室に行って休んでいた。
愛餐会のしたくも手伝えないまま…。
お食事はソファのある部屋でゆっくり食べて、後片付けの間も横になって過ごし、各会の時にどうにかこうにか出て行って参加。
 それから家に帰ってもまた横になり…。
夜から月曜日が祝日でエルが休みなので、実家に行くことに。
月曜日、1日エルの相手をする自信がなかったから…。
 でその月曜日、つまり今日。とにかく実家でゆっくり。でもって例によって温泉へ。
温泉でお風呂上りに血圧を測ると上が70台で下が30台。「ウソ〜」と思って計りなおすと上が70台で下が50台。どっちにしても低いことには変わりない。そりゃしんどいはずだ…。普段は低いといってもだいたい上が90台だもの。お風呂上りで下がっていたとしてもちょっと低すぎる。しかし帰りはわたしが運転して帰らなければならない。
なぜなら、車検に出していた車が戻ってきたので(神戸ナンバーの車なのでいつも実家の方のディーラーにお願いしている)、グイドはそれを運転して帰らなくてはならないのだ。
今日は無事に帰れますように。(日記は実家で書いたのです)

 写真はたくさんの花をつけたレッドスカーレット(ミニバラ)。まだまだ蕾がたくさん!
イースターイエローは少し遅れたけれど、段々つぼみも増えてきた。
これからが楽しみ。
 姉とも色々話して、来年に向けて、栽培する植物の種類を減らす決心をした。育てたいものを全部育てるだけの時間と体力と経済力と場所がない。最小限、どうしても育てたいものだけに絞っていくことに…。
シンプルでもいいから、自分の好きな植物(&手入れの楽なものわーい(嬉しい顔))を育てられたらいいな。
 全体に種類は減らす方向だけど、ミニバラは、できたらもう1種類か2種類増やしたあい…(白かピンクのをね)。
でもこれも無理に捜して購入するのではなく、よいものがたまたまみつかったら、ということで…。
 季節物は減らす方向だけど、朝顔はViviさんが「ヘブンリーブルー」の種を下さると言うので、是非植えてみたい。ヘブンリーブルーは写真で見て、大好きな色の花なので楽しみなのだ。随分先の話だけれど…。
 と、園芸の話が長くなってきたので今日はこの辺で。
posted by ♪Sunny at 19:42| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

素敵なエピソード

 ウチの一門の団四郎さんの弟子で「露の団姫(まるこ)」ちゃんと言う女の子がいる。いろいろ事情があって、うちの実家に住み込みで、内弟子修行をしている。その団姫ちゃんがブログで自分の修行日記と共に、両親の日常を色々紹介してくれている。
母の誕生日の記事が、我が親の事ながら、ちょっといい話だったので是非ご紹介したい。
「はなしの屑篭」是非ご覧くださいね。(タイトルをクリックしてください)

 昨日、野洲のJ先生のところへ秋の特別伝道集会の打ち合わせに行ってきた。もちろんグイドと一緒。
J先生と色んな話に花が咲いた。ふと、向日かおりさんの話になった。「明日多分会う」とおっしゃるJ先生に「是非よろしくお伝えください」と伝言をお願いした。「いつも『一度ゆっくり』と言いながら実現しないんです…」と。そこへ一本の電話。なんと当のかおりさんからだった。かおりさんからも「よろしく」とのことだったらしい。なんという奇遇。かおりさんも、「今目の前にS先生ご夫妻がおられるんです」と言うJ先生の言葉に「どひゃー」とびっくりしておられたらしい。こんなことってあるんだね。
 しかも、このJ先生、不思議なつながりで、八日市のN沢先生と親戚にあたるとのことだった。N沢先生と言うより、どちらかと言うとその息子さんのM先生とのつながりなんだけど。
日本のキリスト教界ってやっぱり狭いんだなー、と改めて認識。
こうして人と人がつながっていくのは面白いし楽しいし、嬉しいことだけど、もっともっと広がっていって欲しいよなぁ、日本のキリスト教界。

 昨日の夜は、わたしの誕生日たこ焼きパーティー。でも、エルは「たこ焼き」=「屋台」のイメージなのか、「今日はたこ焼きパーティーだよ」と言うと「じゃあかきごおりもしなくちゃね」だって。ケーキも焼くつもりだったけど、わたしがちょっとしんどかったこともあって、ケーキがかきごおりに化けちゃいましたとさ。
posted by ♪Sunny at 13:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

Happy Birthday to me!!

 9月11日、友人の誕生日だった。
奇しくも、アメリカ人と結婚した友人の誕生日。あの日、彼女たちはアメリカにいた。
友人の伴侶は日本への宣教師なのだけれど、丁度宣教報告と休暇でアメリカに帰っていた。
今年も彼らは丁度アメリカにいる。
2001年9月11日、世界が震撼とした日。
あの日から5年、世界は何が変わったのだろうか。

 9月12日、友人の誕生日だった。
小学校時代の友人。誕生日がわたしと1日違い。
そのおかげで、あるインターネットのコミュニティで30年ぶりぐらいで、その友人と再会できた。と言ってもまだネット上だけ。
近々、実際に会いたいと思っているのだけれど。

 9月13日、今日、母と姉とわたしの誕生日だった。
夕方、グイドとエルが誕生日のプレゼントを買いに行ってプレゼントしてくれた。
予算の関係でケーキは買えず(グイドのお小遣い、少なくてゴメンネ)ハンカチとドーナツのプレゼント。
でも、プレゼントが何であっても、嬉しいものだよね。
まぁ、エルは自分が欲しいハンカチを選んだみたいで、自分がおもちゃにして遊んでいるけれどね。

 この年になると、お誕生日と言ってもめでたさも中くらいなり、というところだけれど、何よりも、この世に生を受けて、今、神様の愛の内に生かされていること、そしてよき家族、よき友に恵まれていることを心から感謝して新しく加えられた年も歩んでいきたい。
誕生日を、祈祷会の日に迎えられたのも感謝。祈りをもって誕生日を過ごすことができたからね。
 誕生日を祝ってくださった皆様、ありがとうございます!
posted by ♪Sunny at 21:20| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

日本語の勉強再開!

 日本語の勉強を再開したのはわたしじゃなくて、宣教師のC先生で、わたしは教える方。でもしばらくお休みしていたので、わたしもちょっと忘れていたりして(汗)
だからわたしも日本語の勉強再開!(笑)

 午後は京都へK村さんのお見舞いに。
でも、しばらく行けていなかったので、まだ入院しておられるか…とグイドと心配していたら、案の定すでに退院(多分転院)されていておられなかった。
仕方がないので、先日研ぎに出した菊一文字の包丁を受け取って、梅園のみたらしだんごを買って、滋賀医大に入院中のK崎さんのお見舞いに。
と言ってもみたらし団子はお見舞いの品ではなくわたしたちのお腹へ。お見舞いの品を持っていなかったので、病院の売店でミニブーケと花瓶代わりにマグカップを買って病室へ。K崎さんは思ったよりお元気そうだったけれど、精神的には少しダメージを受けておられるそう。これからの手術のためにお祈りして帰ってきた。

 今日は、待っていたメールの返事が来た!
神様が用意してくださった素敵な出会い。こちらは近いうちに実現しそうなので、その時にまた詳しく書こう…。

 色んなこと、本当にいろんなことがあるけれど、ただ上を見上げて神様に希望を置いて、歩んでいきたいと、心から願う。
姉が先日言った言葉にはっとさせられた。
「希望を持つのはいいけどやたらと期待をするのはどうか?」
「希望」と「期待」は少し違うのでは、と言う姉の言葉。
もちろん期待することが悪いということではないのだけれど、ただ、誰にどんな風に期待をするのかが問題。そういえば「希望」より「期待」は寄りかかっている感じが強い。期待が大きいほど、叶わなかった時にガッカリする。それは、その「期待」に知らず知らずに寄りかかってしまっているからじゃないだろうか。
でも、「希望」は、上にあるので寄りかかることはない。
わたしの「希望」は神様。「希望」はなくならない。
ただ神様を見上げて、希望を持って歩んでいきたい。
そんな風に思うこの頃だ。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

日曜日だけど

 今日は日曜日。教会の礼拝に行った。
この日はわたしにとってなくてはならない日だ。
だけど、ものすごく特別な日かと言うとそうでもなくて…。わたしにとって日曜日だけが神様に会う日ではないので、上手く言えないけれど、日曜日は大切な日だけれど、特別な日ではない…って感じ。
今日も明日も、神様と歩み、神様を賛美し、神様を礼拝する日でありますように。

 で、日曜日だけど、またまた園芸ネタ(笑)
 日々草って種で増やせるということがわかって嬉しい!
日本では1年草っていうことになっているけれど、花はポロポロ落ちるから種ができるとは思っていなかった。球根でもないからどうやって増やすのかわからず、苗を買うしかないのかと思っていた。
でも、先日ふと鉢の根元を見ると、どう見ても雑草とは違う芽が出ている。葉は日々草の葉みたい。よく見ると、種ができていた。そういえば、ほとんどの花は2日ほどでポロポロ落ちるのだけれど、時々落ちないでしっかり残って枯れていく花があった。花ガラを取ってしまおうかと思いながらなんとなくそのままにしていたら、その花の根元のところが膨らんで種ができているらしい。こぼれ種からたくさん芽が出ていた。とりあえず今年はその芽を育てることができないので抜いたけれど、来春には取れた種を蒔いてみよう。
 アメリカンブルーも毎日ひとつずつぐらいだけど花をつけるようになり、今日は1株に2つずつ、4つの花が咲いていた。来年は鉢をもう少し大きくすれば株ももう少し大きくなって花ももっと咲くだろう。
 ミニバラも順調。レッドシンフォニーは10もの花が次々と咲きそうだ。
イースターイエローも、小さな蕾が少しずつ増えてきた。
…と思って喜んでいたら、レッドシンフォニーの葉が、スケスケになっている!裏を見ると小さな青虫が!!他にも透けたようになっている葉が何枚もあるのでもっといるのかもしれないけれど、今日は時間がないのでじっくり捜せない。
 明日、ちょっと、趣味の園芸の時間をとらなくちゃ。

 姉から、エルの湿疹と言うか、虫刺されにと、どくだみローションを貰った。アロエクリームはほんのポッチリ。どちらも姉の手作り。
アロエクリームは、昨日さっそく火傷につけたらバッチリ効いた!!
エルは今、何の虫だか(今日教会で色々聞いたら毛虫の毛に反応しているのでは?と言うことだったけれど)に刺されたか何かで体中にぶつぶつができている。化膿してジクジクになっていて可哀想。最初はとびひかと思って皮膚科に行ったけれどとびひにはなっていないし、いつもの湿疹とも違う虫刺されだ、との事。薬をつけているけれど、効いているんだかどうだか!?どくだみローションだけで治るとは思わないけれど、効果があると良いな。
posted by ♪Sunny at 21:46| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

育児を通して

 昨日は、久しぶりに病院へ行った。7月は病院に行かず、姉に薬だけを貰ってきてもらった。
昨日は病院に行くついでに姉のところに寄り、姉のご近所さんに「アップルミント」の苗を貰ってきた(実はそっちの方が目当て)。
アップルミントはティーにするととても香りが良いとの事。でも、人に美味しいものは虫にも美味しいらしく、虫もつきやすいらしい。また虫との闘いだねぇ。

 昨日はその後、車のオイル交換。実は先日からオイルランプが時々点滅していた。あとで聞いたらオイルがほとんどなかったらしい。トラブルになる前で良かった。

 今日は†)美幸さんのお宅へケーキ講習会に。教えると言っても、とりあえず一緒にケーキを作ったという感じ。バナナケーキとスフレチーズケーキ。
スフレチーズケーキは後半ちょっと手を出しすぎたかもしれないけれど、†)美幸さん頑張ってたよ。スフレチーズケーキはさめるまでいられなかったけど、ちゃんとできていたかなー。バナナケーキは大成功。美味しかったよ〜。神様を中心とした交わりで楽しいひと時だった。

 エルの事では保育園でも色々とあって、葛藤することもあるけれど、親がだらしないからなー、と思って反省することが多い。
 前の幼児園にいたとき、一人の先生はどちらかと言うと「これができない、あれができない」とマイナス面を指摘される先生だった。そのほとんどは、エルがマイペース過ぎることに起因していた。そのことで、わたしは随分心を痛めたけれど、もう一人の先生は「エルちゃん、将来大物になりますねー」と言って下さっていた。わたしはその先生の言葉に随分励まされ、慰められた。いや、今でもその言葉に随分励まされている。
今の先生は、エルの良いところを伸ばしつつ、改善して欲しいと願いながら、頑張ってくださっている。
先生も、色々と試行錯誤しながら指導してくださっている。
昨日は、集団行動が上手くできないことでエルと話をした、と言うことだった(昨日はグイドにお迎えに行ってもらったのでグイドが聞いてきた)。でも今朝、園で顔をあわせた先生は、「やっぱりエルちゃんが自分で気付かないとなかなか難しいのかな、と思います。昨日はエルちゃんにちょっと可哀想なことをしてしまったかもしれません」と反省しておられた。でも、先生がそうして、エルのために、一生懸命考えて下さっていることがわたしとしては嬉しかった。

 先日、エルが自分のした悪い事について自己申告をすることを書いた。
最近は「悪いことをした」ということで随分心が責められていたらしい。ずっと以前にしたことも思い出して、気に病んでいたようだ。かと言って全部をはっきり覚えているわけでもなく、もやもやと悩んでいたらしい。わたしのところに来てはたどたどしく一生懸命、過去にした悪いことについて話していた。わたしが最近怒ってばかりいたからかなあ、と思ったりもしたけれど、それだけでもないようだった。
それで今日は、「とにかく、神様にごめんなさいを言って、赦してもらおう」と一緒にお祈りをした。少しスッキリしたようで、それから「前にした悪いこと」の話をしなくなった。
まだ「罪」の事がはっきりわかっているわけじゃない。でも、神様はエルの心を知っておられ、導いてくださっている。感謝しつつ、これからもエルのために祈っていこう。

 最近、エルが何か失敗してしまった時にあまり怒らなくなった。と言ってもここ2、3日の事なんだけど。エルができないことや失敗してしまった時に、こちらに責任があると思うことが多々あって、「ゴメンネ、お母さんがちゃんと教えてあげなかったからだね」か「ゴメンネ、お母さんがこうしてしまったからだね」と言うと、「ううん、ちがうの、おかあさんはわるくないの、エルのせいだよ」と、なぜそうしてしまったか、なぜそうなってしまったかなどを正直に話してくれる。
わたしもいつも冷静にそう言えるわけではなくて、カッとなって「もう!」と怒ってしまうこともあるけれど、その後でも、「ああお母さんが悪かったね」と言うと、エルは必ず自分の非を認める。もちろん、わたしはエルの非を認めさせるために先に謝っている訳じゃないのだけど、こちらがそう認めると、4歳の子供でも、ちゃんと自分の非を認めることができる。
相手を変えようと思うときにはまず自分から、と言うのは、相手が子供でも同じなのかもしれない。
育児を通して、本当に多くの事を学ばせてもらっていることに改めて感謝。

 とは言え、ここ数日は自分が精神的に少し安定してきてゆとりができてきたからかもしれない。また、精神的に不安定になるとキーキーと怒ってしまうのかもしれないけれど…。
わたしもまだまだ未熟だ。子供と一緒に少しずつ、親として成長していければいいかな。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

自己申告

 エルは、この頃、悪いことをすると自分から言いにくる。
一度、グイドにこっぴどく叱られてから、だろうか、とにかく、「エル、わるいことしちゃったの」と言いにくる。その前に「あのね、おはなしがあるの。おこらないでね」と前置きがつく。最初に「おこらないでね」と言われると辛いものがあるのだけれど(苦笑)、たいていの場合、エルが告白に来るのは、本人が思っているほどたいしたことじゃない。
それよりも、自分で悪いことをしたと思っても隠さないで、ちゃんと言いに来るところはとても良いと思う。
「それはとってもいいことだよ。エライよ」と褒めてやった。
 思えば、わたし自身も(姉も)ちゃんと自己申告する子供だったといつも母が言っていた。
大体、わたしたち姉妹はとてもいい子だった。おねだりをしたこともないし、親の言うことを良く聞く、とても育てやすい子だったと母がいつも言っているし、自分でも概ね、そうだったと思う。片付けができないのだけは子供の時から変わっていなくて、それだけはずっと母に叱られっぱなしで大きくなったけれど。
 それに比べると、エルはずっと甘えん坊だしおねだりするし、親の言うことは聞かないし、すぐに泣くし…。(あ、泣き虫はわたしも同じだった)
それでも、とってもいい子に育っていると、いつも思う。
何より、自分の罪を自分で告白できることは幸いなことだ。だから、自分から告白してきたことに対しては、叱らないようにして、注意するだけに留めている。
成長した時に、正直に、神様の前に、自分の罪を告白できる子供になってくれることを、心から願いつつ…。
…とは言え、子育てはまだ始まったばかり。この先どんな子に育つのかなぁ。

 エライコッチャ!
朝、植木鉢を見に行ったら、実のついているトマトの枝がぽっきり折れている。
ウチのミニトマトは、実付が悪く、花が咲いても実がついていない枝もたくさんある。その中で、5,6個も実がついている、貴重な枝が昨夜の雨か風で折れたらしい。
 以前からトマトの枝には、根のなりそこないのようなぽつぽつとしたいぼのようなものがたくさんついていたし、姉のところは、花が咲いたり実がなったりする前の枝だけど、娘さんが拾ってきた枝を土に挿しておいたら根付いたとの事だったので、とりあえず、折れた枝を植木鉢に挿してみた。何とか根が出て、その実が収穫できるといいのになぁ。
 その上、雨のせいで水分過多になったらしく、一番収穫に近かった3つの実内2つの実が裂けてしまったもうやだ〜(悲しい顔)
やっぱり軒下に入れるべきだったかなぁ。雨に当たると皮が硬くなるというのも聞いていたから、迷ったんだけど、鉢を動かすたびに、花が落ちたり実が落ちたりしてしまうので、あんまり動かしたくなかったんだ。
ちょっとがっかりバッド(下向き矢印) ま、仕方がないね。
 この雨で、たくさんの方が被害を受けておられる。
わたしの被害なんてちっぽけなものだ。
この雨で被害を受けられた方が、速やかに回復されますように…。

 大切な方が、再び入院された。
信仰を持って病魔に立ち向かっておられる。
お元気になって帰ってこられることをひたすら祈って待つ…。

Share with you!更新しました。
posted by ♪Sunny at 14:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

サヨウナラ金魚ちゃん…

 朝起きたら金魚が2匹とも死んでいた。
昨日の夜までは元気だったのに…。
金魚ちゃん、ごめんなさい。

 今日もグイドは1日会議。
お弁当を持って出かけた。

 朝、保育園にエルを送っていった時のこと。
エルはわたしが帰るときも、チューしにきたり、手を振ったりして、いつまでもこちらを見ていてなかなか体操に参加しなかった。それを見て、わたしはとてもイライラしていた。
「ちゃんと体操しなさいよ!」そんな思いでいっぱいだった。
 だいたいエルは設定保育があまり好きではないらしい。特に朝の体操は小さい時から全然集中できない。
確かに、みんなで何かやることが嫌いな子がいたっておかしくない。「体操ちゃんとやりなさいよ」というわたしの気持は、どちらかと言うと、「他の子のように上手に体操している姿を見たい」という母親の気持ちの押し付けなんだろうな、と思う。
 子供のころ少々ボーっとした子だったり、落ちこぼれだったりしてもそれが=悪いことと決め付けてはいけないのかもしれない。ましてや親の願望を押し付けてはいけない。
半面で、やっぱり集団生活の中で守るべきルールは守らなくちゃいけない。今何をする時間か、ちゃんと考えて行動できる子になって欲しい。
 親として、いっぱいいっぱい葛藤する。でも、結局のところ、子供をコントロールすることはできない。どこまでいっても、子供は神様からの預かりものであって、わたしの私物ではないのだから。預かりものだからこそ、その責任の重さにまた心を悩ませてしまうのだけれど。悩みながら励ましたり叱咤したりしながら、子供と一緒に成長していくしかないんだろうな。

 先日剪定したミニバラ。レッドスカーレットの方は4株に10以上の蕾がついている。イースターイエローの方は蕾がついているのは1株だけで3つ。でも新しい芽がたくさん伸びているので、秋に向けて、ゆっくり楽しみにしよう。

 わたしは、昨日野外をウロウロしすぎたせいか、今日はとてもしんどかった。
日傘を忘れていったので紫外線を浴びすぎてしまったのだろう。
今日は少しゆっくりして過ごした。
やりたいこと、やらなくてはならないことはたくさんあったのに…。
それでも、今日も主にあって守られて過ごせたことを、感謝。

posted by ♪Sunny at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

「すてきなおくりもの」

 昨日は、礼拝の後、母を送って安土のセミナリヨへ。
夜、父の落語会(怪談噺)があったから。
体調が悪くなった母を草津まで送って教会に戻り、夜、もう一度、家族でセミナリヨへ。
スタッフとして姉に頼まれたビデオ撮影のお手伝いをした。

 今日はグイドがキャンプ場閉じ作業と会議があるので、お弁当を作ってキャンプ場に届けた。
その後、一人で守山のバラ・ハーブ園へ。こんな時期に来る人もいないみたいで、お客さんはわたし一人。あとは植物のお世話をしている方だけ。
だってバラは全然咲いていないし、ハーブも時期をすぎている上にベゴニアの時期でもなくて、全然見所がなかったの。
でも、わたしは、夏に強いハーブを見ることができたし、センテッドゼラニウムの種類を確認することもできたし、色んな意味で勉強になったのだった。
苗などの売店があるかと思ったけれど、守山市がやっている施設になるのかな?そういう商業っぽいものは何もなかった。
それで帰りに、苗やさんやホームセンターをほっつき歩いた。3つ目に立ち寄ったお店が、ハーブの苗の状態も良く、欲しかったものもあったので苗を選んでいるとグイドから電話。
用事を頼まれて草津へ。
 草津へ出たついでに久しぶりにあ○ちゃんホンポへ。子供の夏服のバーゲンを覗いた。姉のところの子どもにエルの体型が追いついてしまったので、お古がもらえない。来年着るワンピースがないので、少し大きめの物を買った。いい買い物ができた。靴も欲しい2サイズ兼用のもの(中敷が初めから入っていて調節できる)が安くて買えたので嬉しかった。
夜、エルがファッションショーのように、ワンピースを順番に着ていたのだけど思っていたよりブカブカではなかったのがちょっとショック。エルってば、この夏、また大きくなったのかなぁ。

 夕方、家に戻ったら郵便の不在票が入っていた。差出人はOさん。
知る人ぞ知る(と言っても一部のオタッキーなアニメファンしか知らないとは思うけれど)アニメーター、イラストレーター。「家なき子」「宝島」(宝島のオープニング・エンディングはOさんの代表作?!)のころからのファンで、昔はよくファンレターを書いていた。今でもずっと年賀状のやり取りをさせていただいている。
そのOさんから、わたしとエルへの連名の宛名で冊子小包。
なんだろう?
ワクワクしながら再配達を待つ。
そして夜、8時、やっと届いたのは≪ぷかぷかランド「すてきなおくりもの」≫という絵本。
残念ながらOさんの絵ではないのだけれど、Oさんがキャラクターデザインをされたのだそう。年賀状のエルの写真を見て覚えていてくださったんだ〜。とってもとっても嬉しかった。
文字通りの「すてきなおくりもの」だった。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

えっ?

 「えっ?」って言うのは、いつの間に…という驚き。今月も気がついたらもう9月という状態。毎月追われるようにして新しい月を迎えている気がする。
 一昨日、団体女性会関係で打ち合わせの電話が入った。ついでに、「明日、来年9月のホール予約の受付が始まるので、予約に行ってきますね」とこちらから言ったのに、朝になったらすっかり忘れていた。
午後になって「ハッ」と気がついた。3時ごろ慌てて栗東芸術文化会館「さきら」へ。
9月17日の祝日を何とか予約できて「ホッ」
でも、出演者の日程確認ができていない。慌ててメールを入れる。
今朝、メールチェックをしたらOKのお返事。改めて「ホッ」

 今日は、上方落語教会主催の落語家さん達のお祭り「彦八まつり」に顔を出してきた。
去年まで「五郎焼き」という一銭洋食のお店を出店していた露の五郎兵衛一門、今年から、「悟空餃子」ということで、餃子に品代わり。「え、餃子?」と売れ行きを心配していたら、これが大盛況。予定数量を完売し、2度ほど急きょ仕入足し、それも夕方には完売。
ま、すごく安いから利益はほとんどないらしい。今日はお天気も良く、それでいて暑すぎず、ってことで他のお店も大盛況だったらしい。
 エルは、浴衣を着て張り切って出かけ、ヨーヨー釣りと金魚すくいに挑戦。と言ってもヨーヨー釣りはわたしが全部やったんだけど。5個もヨーヨーが取れて「もう良いです」と針を返してきた。金魚すくいも、落語家さんのお店のはどうやら丈夫な紙を使っているようで、わたしが最初に3匹すくって、その後エルがやったけどエルでも10匹ぐらいはすくえた。
器に溢れんばかりに何十匹もすくっている男の子もいたしね。何匹すくっても貰えるのは2匹なんだけど。
しかしこの2匹、どうしよう?!
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする