2006年11月30日

おしゃべり&アントワネットな生活

 今日はエルを幼児園に送った後、八日市へ。
車をフロントガラスの修理に出すためです。
どうやら、以前サイドミラーを吹っ飛ばした時にサイドミラーが当たってできたひび割れだと思われます。その時は気付かなかったのですが、秋ごろになって気付きました。
その時は、伸びる心配のないひびだったこともあってあまり深く考えずにいたのですが、考えたらもうすぐ車検…。それまでに直しておかないと、と言うことで思い切って修理に出すことにしました。
八日市の教会に車のガラスを取り扱う会社に勤めておられる方があり、車検に先立って修理してもらうことにしました。
 八日市まで行くので、と、昨日の夜になって思い立って、八日市の友人にメールしたのですが、返事がなかったので、突然すぎるし、仕方がないな…と思って帰りかけていたら途中でメールの返信が。Uターンして、友人の家に行くことにしました。こんなことならやっぱり夕べお菓子を焼けばよかったなぁ、と思いながら。

 先日も書いたと思うのですが、お菓子を食事の代用にすることを、姉とわたしの間で、「アントワネットなお食事」と呼んでいます。「パンがなければお菓子を食べればいいじゃありませんか」と言ったというマリー・アントワネットの言葉にちなんでいます(彼女が本当にそういったかどうかは知らないけれど)。
で、友人の家ではお昼に差し掛かるので、おにぎりでも買っていくか、と思ったのですが、結局ミスタードーナツに寄ってドーナツを買っていきました。
友人の家で、お茶を飲んで、ドーナツやお菓子をいただいて、お食事代わり…最近、時々アントワネットな生活をしております。
でも、お菓子を思い切り食べようと思うとお食事代わりにでもしないと食べられないのよね。体にはよくないのでしょうが…。
こういう生活はあまり続けないようにしないといけませんね。

 お友達は八日市教会のメンバーで、ご主人も熱心なクリスチャン。ご家族で親しくしていただいています。
エルと同じ世代の娘さんがおられるので、互いに子育ての迷いや悩みを分かち合い、とても励まされました。
特に、話していてとても励まされたのは、お互いにセルフイメージがとてもよいということでした。
将来自分の子供にどうなって欲しいか、と言う話をしていた時に「自分のようになって欲しい」「自分が今子供に示しているように、娘が自分の子供に愛情を示せるようになって欲しい」という言葉がお互いの口から出たことです。
決して自分の現状に満足しているということではないのですが、今の自分がしていることを喜んで、感謝を持ってベストを尽くしているからこそ出てくる言葉ではないかな、と思いました。
クリスチャンでよかったなぁ、と思えた瞬間でした。
そして、わたしが娘に望む将来像を語ったときに「全然問題ないですよ。エルちゃんは絶対そうなりますよ」と言ってくれたことにどんなに励まされたことでしょう。
今日、この友人に会えて本当によかったなぁ、と思いました。

 話は前後しますが、車のガラス屋さん(?)でのことです。
知人のMさんを呼んでいただいて、車を預ける時、お店の方が「じゃあ、車、(作業場に)入れときます」と言って鍵を受け取られたのですが、一瞬の後、車から飛び出してこられました「ミッションや!わし、ミッションは苦手やねん」
車関係のお仕事をしておられる方でも、そういう方、おられるんですねぇ。
結局自分で作業場に入庫したのでした。
 代車もお借りできて、本当に助かったのですが、それが上等な乗用車。
普段ほとんど軽しか運転しないわたしにはちょっとドキドキ。借り物だから当てたりしちゃいけないし(汗)
夕方お迎えに行ったとき、駐車場でエルに「エルちゃんの車はどこでしょう」と言うと、「エルちゃん、わかるもん」と走っていって、いつもの車がないのでエルはウロウロ。
わたしのところに来て「どれ〜?」と言うので「これだよ〜」と言うとびっくりしていました。乗ったときに足元に明かりがついたり、シートもすわり心地がいいので「すごいねぇ、すごいねぇ。だれのくるま?」と言っていました。「車屋さんに借りてきたんだよ」
「へ〜、すごいねぇ、でもこれはたかいよね〜、くるまやさんしか、かえないよね〜。かりてるだけだよね〜」と、今日一日だけの乗り心地を楽しんでいました(笑)
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

賛美!

 今日は朝からベイクドチーズケーキを焼きました。
混ぜるだけの簡単ケーキです。
実はベイクドチーズケーキはあまり好きではなかったのですが、自分でこのケーキを焼くようになってから好きになりました。今日はお土産用でしたが、小さなパウンド型で3つに分けて焼きました。
一つは自宅用ですわーい(嬉しい顔)

06_11_29チーズケーキ.jpg  06_11_29チーズケーキa.jpg

 今日は、午前中は教会の祈祷会。
その後、午後から12月17日にコンサート礼拝をさせていただく京都の教会へ…。
やっとピアニストとの練習ができました。
喉の状態は微妙でしたが、何とか復調してきたので感謝しています。
今回のコンサート礼拝のことで色々お世話になっているN姉にベイクドチーズケーキの一つを、と思っていたら、教会では祈祷会中。
わたしがついた頃、丁度終わって今からお茶の時間、ということで、チーズケーキを皆さんで食べていただくことに。
でもちょっと足りない…本当に一口ずつの味見のような量でした。
事情があって主任牧師が不在となったその教会に、同じ京都市内にある教会の牧師夫人E子先生が応援に来られていました。E子先生はいつもこのブログを見てくださっていて、折に触れてメールをくださったりするのですが、「先日載ってたあのケーキが食べたいわ〜」と「アップルシナモンケーキ」のリクエストをいただきました。
今度作っていかなくちゃわーい(嬉しい顔)

 そのうちにピアニストのM君も到着して一緒にお茶したあと、練習…。
喉が本調子じゃないので、今日は雰囲気だけ、と思っていたのですが、やっぱりダメでした。目いっぱい本気で賛美してしまいました。でも思ったより声が出たことは幸いでした。また、本調子でなかったために、途中で声が出にくくなったのですが、そのことで発声の悪さに気がつき修正することができました。喉が絶好調なら、力で押して終わっていたことでしょう。全てのことが益とされて感謝しています。
まだ細部までプログラムができている訳ではなく、曲も全部は決まっていませんが、少しずつ形が見えてきました。M君のピアノで賛美できることを心から感謝しています。
次回は、コンサートの直前まで練習する時間をとれないのですが、大まかな曲は決まっていますし、M君のピアノなら、安心して賛美することができます。
M君のピアノはアドリブ的要素が高く、練習しても、次回には変わっていたりする…というか、今日も歌うたびに違っていたし…でも、なんと言うか、M君も自由に弾いて、わたしも自由に歌えるというのが、なんとも心地よく、思い切り心からの賛美できるのです。
もう一人、今までに何度か弾いていただいた姉妹も、わたしと賛美の感性(?)が合うのでとても歌いやすいのですが、M君との賛美はまた違う喜びがあります。

 練習のあと、用のあるM君が先に帰ったあと、わたしは教会のN姉とコンサート礼拝当日の打ち合わせ。祈って教会をあとにしたら5時を回っていました。
グイドに電話でエルのおむかえを頼むと最初は「エッ?」と言ったものの、引き受けてくれ、戻ったときにはちゃんとごはんも食べさせてくれていましたた。

 心いっぱい賛美して(練習と言えども賛美は賛美)帰ったら、夫と娘が不満も言わずに笑顔で迎えてくれる…幸せだなぁ、と心から思いました。

 明日、クリスチャンの知人と会うので、できればお菓子をお持ちしたいけれど(ちょっと無理をお願いしたので)今日はさすがにちょっと疲れて気力がありません。
明後日お届けできればいいのですが…。
posted by ♪Sunny at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

日常の欠片

 今日は、お昼、わたし一人だったので、アントワネットなお食事を楽しみました。姉のブログで見たカイザー・シュマレーンと言うパンケーキのようなものがどうしても食べたくなったので(笑)
レモンの皮のすりおろしを入れるということでしたが、レモンオイルで代用。バターの香りとレモンの香りがなんともいえませんでした。ジャムなどもあいそうでしたが、今回は初めてだったのでシンプルに粉砂糖でいただきました。美味しかったです
 それから、ショートニングの消費のため、紅茶クッキーを焼きました。
でも、ショートニングが古いせいか、それともショートニングそのもののせいか、なんとなく味はイマイチ…。ショートニング単独で使うのは諦めて、今後はバターやマーガリンと混ぜて使うことにしたほうがよいようです。

 今日、探し物をしていたのですが、肝心の物は見つからなかったけれど、別の物が色々と見つかりました。
うーん、喜んでいいのか、悲しんでいいのか?

 最近の面白語録(?)
友人の調律師に、調律師の紹介をお願いしました。
先日その友人に会った時「会場の住所だけ、また知らせてください、よろしくお願いします。えーと、サララホール?あ、さきら?違うな。サラサラホールでしたっけ? キラキラホール、あ、サンサンホールでしたね」と言われました。
その時は、ちょっと笑っただけでしたが、あとから何度思い返しえもおかしくて…。
ウチの母みたいな人、どこにでもいるんですねぇ。
因みに正解は最後の「サンサンホール」です。

 エルは毎日すごく面白くて可愛いです。
いちいちご報告したいけれど、彼女のプライバシーに関わることなので控えています。
誰が教えなくても色んなことを覚えていく、成長期なんですね〜。それに「やっぱり女の子なんだな〜」と思うことも多いです。
今さらのように、子供が与えられたことに感謝する日々です。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

恵みのシャワー

 土、日とまたまたバタバタとすごしていました。

 土曜日は、ネットフレンドのお宅までドライブ〜。
紅葉も綺麗で、よいドライブのひと時でした。
昨日焼いたりんごのケーキを持って出かけました。
とっても楽しくて、あっという間に時間がすぎてしまいました。
丁度お昼時についたので、お食事(美味しいきりたんぽ鍋でしたわーい(嬉しい顔))を頂き、しゃべる、しゃべる。
ケーキもぺろりと平らげて、しゃべる、しゃべる。
お互いの教会のことや、神様の恵み、色んなことを分かち合いました。
お友達のギターで賛美もしました。
ご夫妻とわたしと3人と猫ちゃんとそして神様との本当に、嬉しい、楽しい、素晴らしいひと時でした。
お友達の、飾らない、でも真心のこもったおもてなしに感謝しました。
本当はエルのおむかえまでに帰るつもりでしたが、途中で諦めモード。
家を出るときにグイドが「いざとなったら僕がお迎えに行かなくちゃいけないんだよね」と言ってくれていたのに「大丈夫!絶対にそれまでに帰ってくるから」と言ったのですが、結局グイドに電話。出るなりグイドは「嘘つき〜」と言っていましたが、笑っておむかえに行ってくれました。
お友達ご夫妻と、神様と、そしてグイドとエルにも感謝の1日でした。

06_11_24シナモンアップルケーキ.jpg

(このりんごのケーキは十数年焼いてきて、最近やっとレシピが安定してきました。今回はカルヴァドスも入れて、自分的にはベストレシピです。2本のうち一本を持って行き、残りの一本の両端2切れを味見用に、残りはご近所のお友達におすそ分けしました〜)

 日曜日はいつものように教会へ。
礼拝メッセージもとても恵まれて、感謝。
その後のミニカンタータの練習も感謝。
日曜礼拝がいつものように持てることって、当たり前のようだけど、幸いなことだなぁ、とつくづく感謝します。
 その後、夕方4時には大阪は鶴見の教会の特伝にお招きを受けていたのでバタバタと出かけました。
この教会は、グイドとわたしにとっては思い出の教会です。
二人はこの教会の牧師先生ご夫妻のとりなしによって、その会堂で再会して、結婚へと導かれたのですから。
 今年は感謝の思いを込めて、ケーキを持って伺いました。土曜日の夜になってから作ったので、シンプルなものしかできなかったのですが…。
最初はマルグリット型のアーモンドケーキにしようかと思ったのですが、小さすぎるかも、と思ってエンゼル型のカトルカールにしました。
先日買ったレモンは、防カビ剤の使用どころか、どこの国の物かと言う表示さえなく、残念ながら皮は使えませんでした。そういう時のために、レモンオイル(エッセンス)を買いました。これで皮が使えないレモンでもしっかりレモンの香りのケーキを焼くことができます。
 丁度教会についたら何名かの女性たちがお食事の準備をしておられました。
今年はポトラックを計画しておられたのです。
ケーキを持っていったのも、神様の導きだったなぁ、と感謝しました。
 集会では特別賛美もさせていただきました。
 新しい方は来られなかったのですが、交わりはとても楽しく、美味しく、とても素晴らしい集会となりました。グイドのメッセージも、教会のために益としてくださったことと信じます。
そして、この小さな群れを神様が豊かに祝福してくださっていることを、心から感謝しました。

 帰りにはエルは少しはやめの、今年最初のお誕生日プレゼントをいただきました。
今のエルに丁度良いサイズのスカートとジャケットで、新しいものと言えばいつもブカブカの物しか与えてもらえないエルにとって、こうした頂き物は、とても嬉しい物です。
冬物のスカートはなかったし、ジャケットも可愛いもので、エルは目を輝かせていました。
牧師先生ご夫妻のお心遣いに心から感謝しました。

 土、日は、恵みのシャワーでしたが、今日は、本物の雨でした。植木鉢の冬支度をしたかったのですが、残念ながらできませんでした。
デンマークカクタス(エバ)が先週から咲き始めています。ゴールドチャームは開花までもう少しです。

06_11_27エバ.jpg


Share with you!更新しました。
posted by ♪Sunny at 17:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

お菓子作り再開

 今日は、午前中、大津の製菓材料屋さんに出かけました。
アーモンドプードルなど、スーパーで買うより断然安いし、小麦粉も色んな種類があったりして、見ているだけでも楽しかったです。でも、気を許すと余計なものまで買ってしまいそうだったので、絶対必要なもの以外は買いませんでした。
でも、帰ってきたら思ったより小麦粉の在庫が少なかったので、小麦粉も買っておけばよかった…。
そうそう、絶対必要なもの以外に買ったものが一つあります。
リ・ファーヌという製菓用のお米の粉。前から興味があったので…。
案外使い方が難しいようですが、これでロールケーキやシフォンケーキを焼くのがたのしみです。

 夜は、明日、お友達のところへ出かけるので、お菓子を作りました。
本当は思いきり凝ったケーキにするつもりだったのですが、さすがに3日間の会議明けでちょっと疲れていたのと、「何にしよ〜」と考えすぎて、結局時間がなくなってしまって、定番ケーキに落ち着きました。
明日、会うお友達が見るかもしれないので、写真は明日UPと言うことで…。
写真は、その合間に作ったメレンゲ菓子です。
ただ砂糖を入れた卵白を泡立てて、ホンの少しレモン汁を入れ、低温で焼いただけ。今回は50分ぐらいかな?
本当は100℃で焼きたいのだけれど、ウチのオーブンは110℃からしか設定できないの…。
サックサクに焼けたものと、ちょっとしっとりした感じのと、色んなのができました。
口あたりは軽くてあっという間に食べちゃいました。

06_11_24メレンゲ.jpg

こちらは、昨日の中之島公会堂の写真。
素敵なコンサートでした。

06_11_23A.jpg  06_11_23A.jpg
posted by ♪Sunny at 23:17| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

近畿宣教会議&宣教大会

 21日から、3日間の予定で近畿福音放送伝道協力会(近放伝)主催による近畿宣教会議&宣教大会がありました。会場が大阪ということで、20日から実家に泊まらせてもらい、参加してきました。
エルも、音楽会の練習はあるものの、まだ幼児園なので休ませて、実家で子守をしてもらいました。
 プログラムは基調講演などいくつかのプログラムを別にして、選択肢が2〜3あって、興味のあるものを選ぶことができます。
 一つ一つの講演やセミナーの内容と言うより、いくつか、心に残ったことを書き記しておきたいと思っています。

 基調講演では、日本のキリスト教界と近畿の現状が語られました。
驚いたことは、日本のクリスチャンは驚くほど都会に集中しているということ。
日本のクリスチャンの5分の1は東京の教会に集っているのです。また、近畿7府県のクリスチャンも、東京都ほぼ同じ、5分の1くらいの割合です。これは、教会の会員数ではなく、礼拝出席者数の平均から算出されている数字です。
もちろん、こういったデータに含まれていない教会もあるとは思いますが、目安として充分参考になる数字だと思います。
また、日本の教会の平均的サイズは30名規模の教会と言われてきましたが、実際に一番多いのは、礼拝出席10名〜15名の教会なのだそうです。
こういったさまざまなデータが、基調講演で示され、現状と将来への展望が語られました。
この基調講演は、グイドと共に出席しましたが、今まで考えていたよりもさらに実際的な数字に、グイドも驚いていました。
しかし、わたしたち夫婦は、幸いなことに、これらの現状を聞いても落ち込むのではなく、さらに希望を持って、また、わたしたちの目指している方向を確認しあって、前進する思いが与えられたことを神様に感謝しています。

 また、他のいくつかの講演、シンポジウムで感じたことは、違う角度、切り口ではあっても、今の教会の抱えている問題はそう変わらないと言うこと、それも、わたしたち夫婦が日頃から感じて、取り組んでいる問題と同じであることが確認できました。
そして、方法や進み方はいろいろあると思いますが、自分達の周り、自分の教会を中心に考えるだけでなく、キリスト教界、神様の御国の拡大に向けて、祈り、働き、捧げること、また広い視野、考え方を持つことの必要性を改めて感じたのでした。

 2日目の女性セミナーでは、最後の分かち合いの時間に6つのグループに分かれて、分かち合いの時間を持ったのですが、先日、実行委員の先生から「そのうちの一つのグループの分かち合いを導いてください」と頼まれていたので、実はちょっと緊張感がありました。
昼食も、講師のアン・チャン先生(エドモンド・チャン先生の奥様)と一緒の会食のメンバーに入れていただいて、ドキドキでした。
英語は、リスニングは少しできるものの、話すのは本当に文字通りの挨拶程度しか話せないし、そんな席に座ってもどうすればいいのか?という思いでした。
実際、同席されたのは、わたしたちよりもキャリアも世代も上の牧師夫人方が中心で、わたしのような若輩者はただ一人で緊張しました。
 分かち合いの時間も、同じグループになった方は、やはり年齢もキャリアも上の方ばかり、先輩牧師夫人がほとんどで、何でわたしが…という感じでした。
他のグループでは、すごくお話が盛り上がっている風でしたが、わたしたちのグループは静かに、教えられたことを分かち合い、祈りあって他のグループよりも早く終わってしまいました。
まあ、分かち合いの目的は果たせたと思いますが…、あんなことでよかったのだろうか?と自分の未熟さを痛感しています。
 アン・チャン先生のセミナーでは、たくさんの事を教えられましたが、わたしの心に一番突き刺さったのは、「5年後、10年後、あなたはどんなクリスチャンになりたいですか?」と言う問い、そして「5年後ではなく、今、それを始めなさい」と言う言葉でした。
果たして、5年後、10年後、わたしは「どんなクリスチャンになりたい」という明確なヴィジョンがあるか…、しかもそのために今、あなたは何をしているか、と問われ、怠けたり逃げたりばかりしている自分の姿を恥ずかしく思いました。
 セミナーでは、新しい、今まで聞いたことのない教えばかりが語られたわけではありませんでした。むしろ、多くのことが再確認であったようにも思います。しかし、今、改めて語られたこと、そして、今この時に、ここに多くの女性たちが集められたことは偶然ではなく、摂理なのだと、感じました。
わたしがそのセミナーに出席したことの意味を、わたし自身がしっかりと受け止めなくては、と思わされました。

 最終日の今日は、宣教大会で、JAYE公山さん、向日かおりさんのコンサートとエドモンド・チャン先生のメッセージでした。
場所は中之島公会堂。わたしは長年関西に住んでいますが、中之島公会堂に行ったのは初めてでした。すごく歴史を感じさせる、すばらしい建物でした。それだけでなく、そこは、過去にいくつものキリスト教の大集会が開かれ、年配の先生たちにとっては感慨深い場所だということでした。
お天気もあまりよくなかったり、宣伝もあまり充分でなかったなど、色々な不安材料があって、関係者のみなさん口々に「どれくらい来られるか心配だった」と言っておられましたが、たくさんの人が来られて、コンサートも盛り上がり、次のステップに向けて、一歩前進する、すばらしい宣教大会であったと思います。

 この3日間で多くの恵みを受けたわたしたちは、立ち上がって、さらに一歩、二歩と前進していきたいと願っています。
大きなことができる訳じゃない。でも、わたしたちの一歩は世界を変えることのできる一歩であることを信じて、その一歩を踏み出したいと思います。

 本当は、宣教会議も、宣教大会も、もっと詳しくレポートしたかったのですが、3日間、内容が濃すぎて、とってもまとめきれないのです。
きっと、こんな日記じゃ何にも伝わらないんだろうなぁ、と思いつつ、わたしの信仰が変わっていくこと、わたし自身が成長していくことが、この宣教会議&宣教大会の一番大きな恵みの証しなんだろうと思います。

 エルは3日間、実家でとても賢くお留守番していたようです。1日目は、両親もいたので、お風呂屋さんにいったり、ヘアーカットに連れて行ってもらったりして機嫌よく過ごしていました。2日目は両親が留守だったので、○ちゃんと二人で過ごしたのですが、びっくりするぐらい賢かったそうです。わがままを言って困らせることもなく、過ごしていたようです。今日は一緒に連れて行くつもりをしていたのですが、母からの電話で結局残ることになり、ちょっと淋しい気持ちもあったようですが、「おるすばんしてる」と言ってくれました。
あまりかまってやれなくて申し訳ない気持ちもあって、今日、出かけるまでの時間、一緒に買物に出かけ、スイートポテト作りを楽しみました。
今日は、カラースプレーチョコを上にのせたハート型の、可愛いスイートポテトを作りました。
 両親も、○ちゃんも、エルが淋しくないようにと色々と心配りをしてくれたようで、助かりました。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

慌しい週末?!

 金曜の夜は実家に泊まり、昨日の朝は比較的ゆっくり能勢川の教会へ出かけました。
能勢川の教会はキャンプ場が隣接しているところで、とても環境の良いところにありました。
噂には聞いていましたが、出かけるのは初めてで、楽しみにしていました。
教会員のみなさんも積極的に手伝ってくださって、集会もスムーズに進み、無事に終えることができました。大勢の方の出席があり、感謝の集会でした。
エルは自然の中で、たくさんのどんぐりを拾って大喜びでした。

 夜は実家で食事をしてから、両親も一緒に栗東へ。
両親はうちで一泊して、礼拝に出席して帰りました。
あっちへ行ったりこっちへ行ったり、ちょっぴり慌しい土・日でした

 今日は、礼拝のあと、クリスマスのミニカンタータの練習、その後団体のちょっとしたミーティング。
昨日、父と一緒に出かけていなければケーキを焼いたのになぁ、お茶菓子なしで、申し訳なかったです。
 明日、グイドはまたミーティングが一つあるので、紅茶のケーキを焼きました。今回はカトルカールのアレンジで、型はカップとパウンド型とまぜこぜで焼きました。写真を撮るほどのケーキではありません。
今回、初めて紅茶パウダーを使いました。紅茶の葉も入れたので、紅茶の香り豊かなケーキになりました。
このパウダーを使ったら紅茶ババロアも簡単にできるかな?

 エルは、先日、ウチの両親と一緒に食事に行ったお店で、御子様セットを食べたときに貰った便箋と封筒のセットで何やら、一生懸命お友達に手紙を書いています。
 うちは、親がのんびりしていたこともあって、エルは字を覚えるのが幼児園では遅い方。でも最近、一生懸命字を書いています。
わからない字があると、「『だ』ってどうかくの?」とか聞いてきます。
便箋を貰う前にエルが一生懸命書いていたのは
「おとうさんだいすき
 これからもえがおでいてね」
こんなお手紙、わたしも貰ったことがないのに…。グイドに「嬉しかったでしょ?」と聞くと満面の笑みで「そりゃあ嬉しかったよ〜」と言ってたのに、「あの手紙とってある?」と聞くと「さあ?わからへん…」だって。なんてこった…がく〜(落胆した顔)
 とにかくエルは、「おとうさんだいすき」「おかあさんだいすき」毎日毎日飽きもせずに言ってくれます。親も、「エルちゃん大好き」って飽きもせずに毎日言っているのですけどね。
 それにしてもエルは、最近なんだかとても成長著しい感じがします。
嬉しいような淋しいような…?親と言うのは贅沢なものですね(笑)

 喉の調子はちょっと良くなってきました。
今日、久しぶりに声を出してみました。
まだ無理はできませんが、何とか目処が立ってきました。
来聖日の夕方は、大阪の鶴見の方の教会で、グイドが特伝講師にお招きいただいていて、家族で出かけます。
わたしも特別賛美をさせていただきますので、それまでに回復しなければどうしよう、と思っていたのですが、何とかなりそうです。
皆様のお祈りに感謝いたします。
引き続き、湿度保持のため、マスクは必需品ですが…。
とにかく、心をこめて練習し、心をこめて賛美させていただきたいと思います。
posted by ♪Sunny at 22:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

お祝い

 今日は、父の旭日小綬章の受章祝いのお食事会に出かけました。
京都の「志る幸」前から一度行ってみたかったのです。
「志る幸」は、京都の新選組「池田や事件」のキーマン(?)古高俊太郎の屋敷跡で有名なところなのです。「しるこう」なんていうと「おしるこやさん」かと思いますが、そうではなく、「しるこう」の「しる」は「お味噌汁」の「汁」なんです。京都風の白味噌仕立てのお味噌汁が売り物です。
ここで、お昼のミニ懐石をいただきました。宝塚の「宝仙花」がなくなってから、懐石料理らしいお料理をいただいたのは久しぶりで、とっても美味しかったです。
父も満足していました。

 家に帰ってから、エルのお迎えに行き、お風呂屋さんに行き、グイドも一緒に食事をして、わたしとエルは西宮の実家へ。明日は、能勢川の教会で、父のご奉仕です。
わたしとエルは西宮にお泊りして一緒に出かけます。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

ゆーっくり…

 今日も、体を休めています。
朝は、喉に痰がからまって、声が出ませんでした。
とにかく、風邪を治すしかない!
今はそれに集中しています。
エルの送り迎えもグイドがしてくれています。
 今日は午後からケアハウスの集会なのですが、それもお休みさせていただきます。
高齢者の方の集会では、大きな声で話さないとならないので…本当に申し訳ないです。
皆さん楽しみにしてくださっているので、お詫びの気持ちも込めてお菓子だけは、作りました。
先日UPしたクグロフ型を使ってバターケーキベースの和風(?)パウンドケーキを焼きました。
中には黒豆と栗がザクザク。黒豆は手抜きで市販のものですが…。
 陶器のクグロフ型は実用性としてはイマイチです…ハイ。
型離れがとても悪く、固めの生地の物しか焼けません。実は一度柔らかい生地の物を焼いて失敗しました。今回も暖かいうちは生地が比較的柔らかく崩れそうだったので、さめてから型から出したら、かろうじて抜けました。
また、真ん中の筒状の部分が上まで突き抜けていないので、中心部の火の通りが悪いのです。これは、他の方も指摘しておられたことでした。全体に焼きが甘く、焼き色も薄いです。
でも、中はちゃんと焼けていて、ふっくらしっとり仕上がっています。
この次は、ドライフルーツを仕入れて、本物のクグロフを焼いてみたいものですが…。

06_11_15栗と黒豆のバターケーキ.jpg  06_11_15栗と黒豆のバターケーキA.jpg

 とにかく、今日もちょっとゆっくりして、喉を休めることにします。

 そうそう、メインサイト空の鳥、野の花の方に、クリスマスコンサートのご案内をUPしました。
滋賀近郊の方、是非、お越しくださいね!
お問い合わせは、わたしのメッセージBOXでもOKです!

06_11_16エバ.jpg

 デンマークカクタスの蕾が膨らんできましたわーい(嬉しい顔)
posted by ♪Sunny at 11:11| Comment(9) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

お休みしています…

 昨日焼いたアーモンドケーキ。今回は、プレーンなアーモンドプードルと皮付きローストとを半々にし、小麦粉とアーモンドプードルのバランスも変え、その他にもちょっと改良して新レシピで焼いてみました。
時間調節も上手く行き、今までの中では一番満足できる焼き上がりです。
 朝の忙しい時間を縫って、エルと仕上げ。ガナッシュがほんの少し残っていたので、間に薄く塗り、粉砂糖を振って仕上げました。

06_11_15アーモンドケーキ.jpg

 さて家庭集会ですが、朝の祈祷会と共に、お休みさせていただきました。
Oさん宅の家庭集会は久しぶりだったので、楽しみにしていたのですが、また風邪がぶり返してきて声が出ない…。家庭集会に行くとついついおしゃべりしてしまうので、今回は控えました。残念…もうやだ〜(悲しい顔)

 エルのことで、少し前から書こうと思っていたことがあります。
エルの誕生日、クリスマスプレゼントの話です。
我が家は、普通のアンテナではTVが映らないといわれ、しぶしぶケーブルTVを引いています。
その中で、エルのお気に入りはKIDSステーションという子供向けチャンネル。
ここは、コマーシャルも子供の興味を引くものがいっぱい。
その中で、とりわけエルの興味を引いているものがあって、もう何ヶ月も前からエルはずっとほしがっていました。
お誕生日かクリスマスに買って欲しいとか、サンタさんにお願いするとか、色々言っていて、とにかく欲しくて欲しくてしかたがないらしいのです。
 あんまり言い続けるので、さすがにわたしも心を動かされました。欲しがっているのは単なるキャラクター商品ではなく、お絵かき系(創作系?)の商品なので、知育玩具と言えなくもないかもしれません。
でも、我が家にとっては、そしてエルの年齢にしてはちょっぴり高額です(最近はやりのゲーム機の半額以下ではあるのですが…)。
そこで、エルと交渉してみました。
「あのね、お誕生日と、クリスマスと、一緒でも良かったら、サンタさんにお願いしてあげる。サンタさんは、世界中の子供にプレゼントをあげなくちゃいけないから、そんなに高いものはプレゼントできないんだよ。サンタさんは神様じゃないからね。でも、お父さんとお母さんのお金をサンタさんに送って、それで、○○(エルのほしいもの)を下さい、ってお願いしてあげる。そのかわりお誕生日のプレゼントはなしだよ」
「うん、それでいい!やったー!!でも、どうやってサンタさんにおねがいするの?」
「サンタさんにお手紙を書くんだよ」
「どうやっておくるの?あ、わかった、まくらのしたにいれとくといいよ。そしたらとどくとおもうよ」
「ウン、わかった、じゃあ、お金と手紙と入れて、まくらの下に置いとくよ」
そう、今年、我が家のクリスマスプレゼントは、サンタさんと親が協力してプレゼントする、ということになったのです。

 エルはそれから、ルンルンです。
 わたしは、長い間「サンタさん」反対派(?)だったのですが、ちょっと妥協した感じです。エルも理解力がついてきましたので、クリスマスの意味はそろそろちゃんと理解できるようになってきたと思います。今年はクリスマスの意味をきちんと教えるつもりです。その一方で、まだサンタさんと言う「夢」も見ていても良いのかなと、ちょっぴり思って妥協したのでした。
そんなこんなで、今回はそんな手段に出ました。こんなやり方、「え?」と思われる方もあるかもしれませんが、エルが欲しがるものを買ってやるには、そして、「サンタさんにお願いする」という気持ちも満たしてやるにはそれしか思いつかなかったのです。何分12月に誕生日とクリスマスがダブルでやってくると言うのは親としてはなかなか厳しい現実なのです。
グイドはそのやり取りを聞いて「それってあんまり夢がないんじゃ…」とあきれていましたが、エルはとても喜んでいるし、サンタさんへの手紙をまくらの下に入れておく、って言うのも可愛いでしょう?

 そうそう、毎年欲しがるプリキュアのクリスマスケーキ、今年はそれを買う代わりにおもちゃつきお菓子の中で気に入ったものを選ばせてそのおもちゃをケーキにのせることにしました。我ながら良い案だと思います。キャラデコは3500円(+税)もするのですが、家で作れば2〜300円のおもちゃ(ラムネが1個入っているだけでお菓子売り場に並んでいるもの)をのせても3分の1以下の価格でできます。
 すでに、おもちゃはエルが選んで買いました(ディズニープリンセスの宝箱)。エルは箱を開けて中を見たがったけれど、それは、お誕生日までのお楽しみ…。
素敵なケーキに仕上げられると良いな…。
posted by ♪Sunny at 14:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

バナナ酢効果?!

 実は、数日前からバナナ酢を飲んでいます。以前、ネットフレンドのプレイズさんが書いておられて、その時は「へ〜」と言う感じだったのですが、姉がはじめたと言う話を聞き、しかも結構良いみたい、と言うので、わたしも実行することにしました。
と言うのも10月の下旬から徐々に体重が増え初め11月の初旬には急激に体重が増加していたので…。
代謝機能の一部が壊れたとしか思えなかったのです。
最初は浮腫みかな?と思っていたのですが、一向に減らず、このまま行ったらどこまで増えるの?という雰囲気になってきたので、とにかく何かしなければ、ということで踏み切りました。
お酢、黒砂糖、バナナはそれぞれ体によいものだし、とにかく飲んで害になることはないだろうと思い、とやってみることにしました。
 これが、わたしには良かったみたいです。
風邪で体調が悪いのに、体重の増加が止まり、とりあえず、減少傾向。むくみが取れていっているようです。「体調が悪いのに」と書いたのは、体調が悪いと浮腫みやすく、その状態で体重が減ることはめったにないからです(極端に食欲がないなどの場合は別ですが、今回はそうではないので)
このお酢で理想体重になれるとは思っていませんが、わたしの体には合うのかな?と思うので、しばらく続けてみようと思います。

 今日は、先日紹介してもらったピアノの先生のところに、顔合わせに行ってきました。
とても素敵な先生でした。
コンクールにたくさんの生徒さんを送っておられる先生と言うことだったので、厳しい感じかな?と、ちょっとドキドキだったのですが、とても優しい感じの先生で、子供の教え方もお上手そうで、安心しました。
月謝は思っていたより少し(かなり?)高めなのですが、最初から良い先生に、と願っていましたので、満たされますようにと祈りつつ、そしてエルが音楽大好きな子に成長しますようにと、祈りつつ、楽しんで行きたいと思います。
12月から、レッスン開始…。楽しみです。

 お土産にダコワースを焼いたのですが、久しぶりに焼いたせいか、焼き時間の調節が上手く行かず、カリッ、サクッ、とした感じに仕上がらず、なんだかフニャ〜としたダコワースになってしまいました。今回参考にした本には、コーヒークリームとラズベリージャムをはさむと書いてあったのですが、コーヒークリームは好きじゃないし(飲むのは好きなのですが、コーヒー味のお菓子はダメなのです)、ラズベリージャムは切らしているし、結局ガナッシュをはさんで仕上げました。もう少しカリッとしていれば、手作りのいちじくジャムバージョンも作りたかったのですが、ジャムだと余計に湿気るので、諦めました。それにしても、あんまりフニャ〜としているので、持って行くのをやめようかと思ったのですが、せっかく作ったので、まあ、食べられなくはない、ということでお持ちしました。

06_11_14ダコワース.jpg

 明日の家庭集会のためにもう一度ダコワースを作ってリベンジ…と思ったのですが、アーモンドプアードルが足りないので断念。
代わりにアーモンドケーキを焼きました。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

3度目の正直

 今日はネットがきっかけで知り合ったUtaettaさんとお会いしました。
初めてお会いしたような感じなのですが、実は3度目の正直でした。
一度目は「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」の暗闇の中で…。お互いに認識はしていなかったんですけどね。
2度目は、先日の向日かおりさんとジェフさんのコンサート会場で、「あれがUtaettaさん…」と思いながら、声をかけられずに帰ってきたのでした。
で、やっと!3度目の正直でお会いできました。
 1時過ぎにお会いして5時ごろまで、色んなことお話して、アッという間に時間がすぎました。
個人的なことをお話しするのが初めてとは思えないほど色んなことをお話しました。
 Utaettaさんはその名の通り歌をお仕事にされている方で、本当にものすごくパワフルに活動されています。華奢な体のどこにそんなパワーが、と言う感じでした。
音楽のこと、賛美のこと、信仰のこと、色んなことを分かち合えました。
今度はいつお会いできるかな?
Utaettaさんのこと、紹介されているページを見つけてしまいました。
ご紹介しても良いかな?
http://www.fururu.net/category/welfare/1057115570
実は、こんなすごい人だと知りませんでした…。

 さて、ケーキは、モンブランを作りました。やっと、モンブランの口金を使えました!
今回、土台はスポンジ生地ではなく、シュクセにしました。
ダコワースのようなメレンゲとアーモンドプードルの生地です。
フランス菓子では、モンブランはシュクセやメレンゲを土台にするのが一般的なのかな?
わたしが参考にした4人のシェフ(「パティシエ」ではなく、「シェフ」と本に書いてあったの)のモンブランはどれもメレンゲかシュクセでした。
ちょっと焼きすぎたけど、かえって香ばしくて美味しかったです。
栗は少し前にいただいて、きび砂糖で煮てあったものを使いました。
生栗って、皮を剥いて煮るのが面倒なんだけど、それをきちんとやると、本当に美味しいのですよね。甘さ控えめなので、栗本来の味が味わえます。
本当は、上に粉砂糖を振るのがモンブランの定番なんだけど、今回はアラザンにしました。
形が整っていなくて、おいしそうかどうかわからないのだけれど(苦笑)シェフのモンブランも案外こんな感じで(笑)、ま、こんなもんでしょう。
中には生クリームが入っています。味は去年と同様、さっぱりして美味しかったです(自分で言うか〜・笑)。

06_11_13モンブランa.jpg  06_11_13モンブラン.jpg


 さて、明日は…。また新たな出会いが待っています。
お土産に何かを持っていくつもり…。
さて、何を作りましょうか?
posted by ♪Sunny at 21:24| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

結婚記念日!

 今日は結婚記念日でした。
そして、今日は、夫婦で近放伝(きんぽうでん・近畿福音放送伝道協力会の略)ニューホーム委員会主催の青年セミナーでご奉仕してきました。
青年セミナーと言っても、内容は結婚に向けての学び…。
結婚記念日にこういうご奉仕ってなんか素敵な導き…と思って出かけていきました。
木曜日の夕方ごろから急に声が出なくなって(最初の日記を書いたころはまだ大丈夫だったのですが)、金曜日には微熱もあって、どうなるかと心配していたのですが、無事にご奉仕することができました。
 金曜日に耳鼻科で「大きな声を出したりした訳じゃないんですよね」と言われて「ハイ」と答えたのですが、今思い出したら、エルの参観に行った時、クラス対抗リレーでエルのクラスの子やエルを大声で応援したのでした…がく〜(落胆した顔)
とにかく、何とかご奉仕ができるほどに回復して感謝しました。
皆様のお祈りに感謝します!(Blogへの書き込みは少なかったのですが、別方ですごくたくさんのお祈りコメントをいただきました。ありがとうございました)
 さて今日のセミナーですが、これがまたすごくよくて、本当に楽しくて、ためになって…。
わたしも独身時代にこういうセミナーを受けたかったな、と言う内容でした。
本当に参加者が少ないのがもったいないと思いました。
 いつもは、J先生がワーシップで導いてくださっていたそうなのですが、今回J先生がお忙しかったようで、グイドが司会をおおせつかりました。それで、奏楽をおおせつかったのですが、ついでに、ということで証しもさせていただきました。
 セミナーの内容はあえてここには書きませんが、今回のテーマは「コミュニケーション」。本当によかったです〜。
そうそう、お昼ご飯はフランス料理!これが会費2000円の中に含まれているんですが、お値打ちもののランチでした。美味しかったです。
近放伝の近くのフランス料理屋さんなんですが、シェフがクリスチャンなので、特別価格で協力してくださっているそうです。
 今回は11月21日から23日の宣教大会のために来日された韓国人の青年3人も参加されていて、賛美や証しもあったし、本当に充実していました。
次回以降もぜひ参加したいと思いました。

 その後、玉造の大阪クリスチャンセンターで行われていたOCCまつりに行きました。
セミナーに参加していた青年達もたくさん来られていて2次会状態でした(笑)
で、お目当てのPRISMさんの演奏に丁度間に合いました。
同じくお友達の春太郎さんやなまけものさんにもお会いできました。
また、Jelさんともご挨拶できてよかったです。
滋賀での歌声ペトラについても簡単でしたがお話しすることができました。
来年の実現に向けて、一歩前進です。
 PRISMさんの生賛美、本当に久しぶりに聞きました。
丁度、昨日、ベッドの中で、できたてのホヤホヤのPRISMさんのCDを聞いていたんです。
PRISMさんの賛美はフォーク・ニューミュージック世代のわたしにはとても心地よいサウンド。
「この人たち、実はポプコンに出たことあるんだよ」といわれたら信じてしまいそうなぐらい、懐かしい感じがするんです。(わたしはコッキーポップのビデオもCD〔共に10巻セットね〕も持っているコッキーポップファンなのだ!)
それでいて、誰かのマネじゃなくて、PRISMワールドがしっかりあって、すごくクオリティも高い。
ギターを弾きながら歌うtanemakiさんはカッコよくて、ついつい見とれちゃう…。
たかはしめりーさんとのハーモニーは絶妙で、本当に素敵なデュオなんです。
 PRISMさんのCDはhttp://gospel-mom.net/prism/cd.htmlで予約できます。
是非一度聞いてくださいね!!お勧めです!

 PRISMさんの演奏終了後、バタバタと会場をあとに。
エルのお迎えに行き、晩ご飯はグイドのリクエストでKFCのファミリーパックを買いました。今、期間限定でお買い得なんですね。
持ち帰って、グイドとエルはそれをおかずにご飯を食べていました。
わたしはパンで…。

 食後、エルのリクエストで一緒にスイートポテトを作りました。
先日、幼児園で、地域の高齢者との交流もかねて、「クッキングタイム」で作ったらしいのです。その後、年長さんのクッキングで「サツマイモの茶巾絞り」を食べて、自分でもスイートポテトを作りたくなったらしくて…。エルが教えてくれるって…(笑)
本を見ようと思ったのですが、まあ良いや、ということで適当に作ることに…。
園で作ったので、生クリームではなく牛乳を使ったのですが、エルが「わたしが入れてあげる」と言うので任せたらドボドボッと入りすぎ…。「うわーどうしよう」とちょっと慌てたけど、お鍋で水分を飛ばすことに。ついでに、卵黄を入れて練り上げて…。
いい感じの硬さになったので、エルと一緒に形成。
ハート型とくまさん型に…。エルが丸くしたのをわたしがハートにし、くまさんはそれぞれ一つずつ作りました。
卵白が冷凍庫にいっぱい溜まりすぎているので、仕上げ用の卵黄は省略…(卵黄だけ使うとまた卵白が残ってしまうので)。
それでも、オーブントースターで焼き上げたらとてもよい感じになりました。
名付けて、結婚記念日の「ラブラブスイートポテト」(笑)
いい思い出になりました。

06_11_11スイートスイートポテト.jpg

 人間関係というのは難しいもので、どうにも相性の悪い人というのもいるのだなあ、と感じることがあります。時々悲しくなることはあるけれど、人のふり見て我がふりなおせ。
今日もちょっと、失敗があったし、人を非難する前に、自分の人格を磨こう、と改めて思ったのでした。

 何はともあれ、充実した結婚記念日に感謝します!
この6年、神様がこの家庭を祝福してくださったことにも感謝します。
これからの歩みも、神様がもっと祝福してくださることを信じて、感謝します。
なーんか、本当にワクワクするこの頃です。
posted by ♪Sunny at 22:41| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

ヤバイです

 風邪で声が出なくなってきました…。
ちょっとまずいです。
気をつけているのに、なんで毎回こういうことになるんでしょうか…。
自己嫌悪。
クリスチャンのみなさん、お祈り、お願いします!!
posted by ♪Sunny at 20:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小春日和

 今日は、午前中幼児園のオープン参観でした。
体操、リレー、折り紙…。
エルは相変わらず、先生の話もあんまり聞かずにボーッ。
でも以前よりは、少し集団行動もできるようになってきたみたいです。
4歳児クラスだと、親が帰るときには泣いてしまう子供もまだいるけれど、エルは「もうちょっといて」と引き止めるでもなく、「バイバイ〜」とチューしてくれて、あっさりしたもの。喜んで良いのかな?
 今日は暖かくて野外活動も気持ち良さそうでした。

 我が家のささやかな庭(?)の状況です。
 一昨日の風で、色づきかけていたトマトの実が随分落ちてしまいました。その上、昨日もまた実が落ちていました…。
でも、「まだこれも、これもあるよ」と残っている実を楽しみにしているエル。
赤くなっても日照不足で以前のような真っ赤な色にはならないし、味も酸っぱいのです。
でも、いくつかでも収穫して、シーズンを終えたいと思っています。

 植物の冬支度がまだまだ済んでいません。
と言うか、本格的な冬支度にはまだ少し早いようです。
が、これ以上寒くなったら戸外での作業をするのはイヤだなぁ、なんて勝手なことを思っています。
でもバラの植え替えなんて真冬にすることだし、いくつかの植物の剪定やマルチングもまだこれからです。皆、寒さにめげないで頑張ってね、と声かけする毎日です。

 先月から部屋の中で乾燥させていたオレガノとバジルの葉がカラカラになっていたので、密閉容器に入れて冷蔵庫に入れました。
オレガノはあまり香りを感じないのですが、姉の話では体にはよいらしいので、トマトソースなどに使おうと思っています。
 先日、ローズゼラニウム(アター・オブ・ローズ)で、蜂蜜の香り付けをしてみました。
蜂蜜はもともと癖のあるものなので、極端によい香りがする訳ではないのですが、ほのかにバラの香りがします。先日はためしに少しだけ作ったので、また、続けて作ろうと思います。蜂蜜にもローズゼラニウムにも保湿作用があるらしいので、のどのために、お湯で薄めて飲んだりしています。
 アター・オブ・ローズは、夏の間あまり成長しなかったのですが、秋になって葉がたくさん繁りましたので、冬の剪定時期には少し乾燥させて冬の間も香りを楽しむつもりです。その他のローズゼラニウムは、剪定後、入浴剤として使用する予定…。
アップルミントも葉が大きくなりすぎているので、少し剪定してティーなど、香りを楽しむことにしましょう。
 すでに玄関の内に入れてあるデンマークカクタスは順調に蕾が大きくなり、蕾がほんのり色づいてきました。
12月の初めごろには咲くでしょうか…。楽しみです。
 今日は比較的暖かいので、とりあえず先日とあるキャンペーンで貰ったチューリップを植えつけました。

 今は、2階のベランダに移した鉢もあり、玄関脇のフラワースタンドは随分淋しいです。
アメリカンブルーが細々と花をつけてくれているのが、ささやかな喜びです。
ラベンダーも、発育はゆっくりですが、いくつかの芽が頑張っています。
来年にはまだ花はつけないでしょうが、頑張って、しっかりした苗に育って欲しいものです。

 毎日寒くなってきたので、エルが「おむかえはおとうさんがいい」と言っています。
特に夕方になると、随分寒いので…。
お父さんだと暖めてくれるからだそうです。グイドは人間湯たんぽなのです。
「おかあさんはつめたいから〜」と言われてしまいました(涙)。
確かに、手指が冷たかったりするし、エルをおんぶして走ったりする体力もないんですよね〜。
エルにおむかえをリクエストされて、ちょっぴり嬉しそうにしているグイドです。
posted by ♪Sunny at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

風・風邪・風!!

 今朝は、すごい風です。
明け方、隣の部屋で「ゴトン」と音がした気がして、見に行きましたがもちろん誰もいません。家中見てまわりましたが変化はありません。
ふと気になって、ベランダを見ると、エアコンの室外機の上に置いてあったバラの植木鉢が落ちて転がっていました。
 朝、グイドが仕事に行こうと外へ出たら、玄関前の植木鉢もいくつか倒れていました。
今日は、先日貰ったチューリップの球根の植え付けをしたかったのですが、こんなに風が強いと外へ出るのがためらわれます。
まだまだ風邪が良くなっていませんので…。

 先月から、TVのキリスト教番組ハーベスト・タイムのインターネット放送が始まりました。
先月、わたしが見たときは、父とわたしの回はまだ、準備中だったのですが、今日見たらインターネットでも見られるようになっていました。
今は、トップページの下の「今最もお薦めの[TV]番組プログラム」と言うところに「五郎は生涯未完成(1)/露の五郎兵衛師匠・菅原早樹さん」「五郎は生涯未完成(2)/露の五郎兵衛師匠・菅原早樹さん」と言うのが、インデックスとして写真付で表示されています。
 時期がすぎればこのインデックスは消えると思いますが、その場合は、上の方の「テレビチャンネル一覧」から「芸能・芸術・スポーツ」を選択して、リストを表示していただけばインデックスが出てくると思います。
番組は登録しなければ見られませんが、登録は無料です。TVで見逃した方は、是非ごらん下さい。わたしの賛美も、少しですが流れています。
ハーベストタイムインターネットTVはこちらからどうぞ←色の変わっているところをクリックしてください。
posted by ♪Sunny at 10:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

普通の日記

 今日は、27cm四方の角型のケーキを試してみるつもりでした。明日、団体教師会があるので、持って行くつもりでした。
しかし…、午前中、家計簿をつけて、買い物に行って…、帰ってきてお昼ご飯を食べて、いざ、と思ったらやたらと体が重いのです。
どうやら風邪がぶり返してきたみたいです。(新たなる風邪か?)
結局ケーキは諦めてお布団へ…。

 夕方、電話が一本…懐かしい友人でした。
娘さんの進路についての相談で、昔の自分を思い出しながら、色々アドバイスさせていただきました。
夢を追うって素敵なこと…。何より大切なのはその過程、一生懸命やるなら結果はどうあれ、絶対にむだになることはないと思います。
エルは、どんな道に進むのかなぁ、なんて思いも抱きながら、友人の話を聞いていました。

 電話のあとエルのお迎えに行って、一緒に耳鼻科へ。
まだそんなにひどい状態ではないけれど喉がかなり痛むので、とりあえずわたしも近所の耳鼻科で見てもらいました。
エルは、インフルエンザの予防接種…でもついでに、鼻が出ているので風邪の方も診ていただいて薬を貰ってきました。
エルは耳垢が随分溜まっていて(目が悪いせいか、わたしではどうも上手く取れないのです)、耳掃除が少し痛かったみたい。目が潤んでいましたが、痛いとも言わず泣くこともせず、我慢していました。
エルは、叱られたりするとすぐに泣いてしまうくせに、注射や、耳鼻科の治療で泣いた事がありません。転んだりしてもあんまり泣かないし、不思議に痛みは我慢できるみたいです。

 今年は、加湿器の導入を本気で考えた方が良さそうです。
乾燥のシーズンになると必ずといって良いほど喉がやられてしまうので…。

 今日は陶器製のクグロフ型の空焼きをしました(3回も!)。
昔、まだ実家にいたころにいただいたお菓子についていたものです。
その時には空焼きのことなど書いた栞がついていたのですが、わからなくなってそのままにしてありました。
先日たまたまネットでクグロフのレシピを捜していたら、通販サイトで、空焼きの仕方が紹介されていたので、その通りやってみました。
本当はフランス式のクグロフが焼きたいのですが、とりあえずはバターケーキでも焼いてみようと思っています。
上手く焼けるといいのですが…。
陶器のクグロフ型はネットで見ている限り賛否両論…特にわたしの持っているタイプの物はイマイチという意見もあるようです。でも良いという意見もありますので、それを楽しみに焼いてみようと思っています。
買えば数千円はする型ですから、これで上手く焼ければラッキーでしょう(笑)

クグロフ型.jpg クグロフ型b.jpg
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

評価

 今日は日曜日…両親も礼拝に出席することができました。
朝、CSをすませて、草津駅へ迎えに…。改めて父に「おめでとう」を伝え、少しの時間、色々話しました。
いただいたコメントのレスにも書かせていただいたのですが、この世の評価はこの世のもの、一番大事なことはイエス様が見てくださっていること…。という確認をしました。
でもやっぱり、嬉しいものは嬉しいだろうな、と思います。
わたしだってやっぱり人に認められれば嬉しいし、悪い評価を受けるよりは良い評価をいただいた方が嬉しいですものね。
特に、長年、芸人として生きてきた父は、やはり人様の反応(笑いや拍手)を頼りに仕事をしてきた訳です。人様が感動してくださらなければ意味のない仕事。そういう意味では、人様の評価がなければやりがいのない仕事でもある訳です。
 昔、ある画家の先生が、「どんなに高名なヴァイオリニストもピアニストも、芸術家であるのは、一人で演奏している時だけ、人前に出た瞬間それは芸人だ」と言われた事があります。それは批判ではなく、ご自分の絵も、こうして人前に陳列していること自体もう「芸術ではないのだ」と言うある種の屈折した謙遜(?)だったのだと思います。
でも、おっしゃっていることはわかるような気がします。(賛否の問題ではなく)
そしてうちの父は、「芸術家」「芸能人」と呼ばれるよりむしろ「芸人」として生きてきた人です。人を笑わせてなんぼ、怖がらせてなんぼ(怪談話)、感動させてなんぼ、という仕事をしてきたのです。
評価してもらって嬉しいのはごく当然のことだろうと思います。
大衆の中に生きる「芸人」にこだわってきた父。不器用にしか生きられない父の生き様は、見ていてもどかしくなる時もありましたが、やっぱりそんな父が好きです。
 そして自分自身も、父のように、自分の子供に「生き様」を残すことができるような生き方ができたらなぁ、と思うこの頃です。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

父のこと…

 皆さんからたくさんのコメントを頂き、ありがとうございます。
個人的にメッセージをくださった方もあり、本当に嬉しく思っています。

 コメント欄にも書かせていただいたのですが、2000年にいただいた紫綬褒章では「芸」が認められ、今回の旭日小綬章では「落語界における貢献」を評価していただき、父は、とりあえずここまでくることができた、と喜んでいると思います。
紫綬褒章が華やかなのに対し、小綬章の方は地味なのですが、父にとっては意味のあることと、わたしたち家族は受け止めています。
何よりも、父が喜んでくれていることが嬉しいです。
 けれども、「生涯未完成」が目標の父のこと、これも通過点なのだろうな、と思います。
昨日、落語会で一緒だった姉の話では、父の舞台での声にはとても張りがあって、病気で倒れる以前の父を髣髴とさせるものがあったとのこと。
芸をしているときが何より元気な父です。
これからの父の姿を、ますます楽しみに、祈り支えていきたいと思います。

 今日は、向日かおりさんとジェフ・ネルソンさんのワーシップコンサートでした。
それで、かおりさんに何か差し入れを…と思い、久しぶりにチョコレートケーキを作りました。以前、ワーシップセミナーの時に焼いたのを美味しいといっていただいたのに気を良くして…。
スポンジケーキは昨日焼いて、今日、朝から仕上げました。
でもって、自分も食べたかったので二つ作っちゃいました。
シンプルに(わたしってばこればっかり・笑)チョコレートを味わうために敢えてフルーツは入れず、生クリームとガナッシュのみで仕上げるケーキです。ケーキの上の粒々はアラザンです。
このアラザンを振り掛けたいために、エルは今日、幼児園に行くのを断念して(笑)わたしと一緒にコンサートに行くことにしました。本当は土曜保育が大好きなんですけどね。
シンプルと言っても飾りに栗ぐらいはあしらいたかったのですが、ビンが開けられずに断念(笑)。絞り出しも、クリームが丁度よい硬さになるまで待てなくて(時間切れ・汗)、断念。
あまりシンプルなのも淋しいと思い、小枝チョコをあしらったのですが、なんだかイエス様の茨の冠みたい…?
なにぶん薄くスライスして重ねているので、ケーキの横がちょっと段々に…。
これを上手に重ねるのは、何度作っても難しいです。

06_11_04チョコレートケーキ@.jpg

切り分けたところはこんな感じです。

06_11_04チョコレートケーキA.jpg

上のは、かおりさんに差し入れたケーキ。
下のは、我が家用のケーキです。
市販のチョコレートケーキは、あまり好きじゃないわたしですが、これは大きな一切れぺろりと食べてしまいます。キルシュワッサーをもう少しきかせたかったのですが、チョコレートケーキはエルも食べるので、洋酒は控え目にしました(エルも、大きな一切れをぺろりと食べました)。
因みに、カロリーを気にして、間にはさんだクリームは植物性の低脂肪クリームでした。ささやかな抵抗ですが…(笑)

 ところで肝心のコンサート、今回はゲストも多彩で、本当に無料でいいの?という感じでした。(献金はありましたが)
心を神様に向けるひと時、贅沢な、賛美のひと時でした…。

 帰ってきて、家族で食事、食後にチョコレートケーキ。
幸せな一日でした。
posted by ♪Sunny at 21:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

お父さん、おめでとう!

 今日は朝から新聞を見るのが楽しみでした…。
グイドは明け方、丁度エルがおトイレに起きたので、自分も起きて新聞をとってきて見ていました。
が、お目当ての記事は…。
 今日は秋の叙勲の発表でした。
でも、父のいただく章は小さな章なので地域版にしか載らないということで、滋賀版には出ていなかったのです。
 実は、秋の叙勲で父は旭日小綬章というのをいただきました。
自慢のために書いているのではないのです。
ただ父は、今まで人の誤解をたくさん受けながら、見えないところでたくさんたくさん努力してきた人でした。
旭日小綬章は、芸に対してと言うより、上方落語界への尽力が認められた、ということのようです。
歴代、上方落語協会会長を勤められた方々も貰っていらっしゃるので、上から順番と言えば言えなくもありません。
それでも、やっぱり、父の努力の賜物として、家族としては心からお祝いしたい気持ちでいっぱいです。
 父は自分の利益ではなく、上方落語界のために本当に尽力してきました。でも、一部では、私利私欲のために動いていると誤解していた方もおられるようです。
父がそういう性格なら、今頃実家は御殿になっていたことでしょう。
でも、言い訳を一切しないで、美味しいところを人に持っていかれても、何も言わないで、自分にできることを一生懸命した人でした。
だからこそ、今日、この勲章をいただけたことを、あえてここに記して「おめでとう」と書きたいと思いました。
 お父さん、おめでとう!
posted by ♪Sunny at 10:55| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする