2006年12月31日

よいお年を!

 今日は一年の最後の日。
この日が日曜日って、なんだか嬉しいです。
しかも今年はメッセージ当番にあたっていて、本当に感謝でした。
 実は、今日のメッセージはクリスマスにちなんだメッセージでした。
25日の日記には「クリスマスは25日の日没でおしまい」と書いたのですが、正教会など、一部の教会では1月6日がクリスマスなので、ヨーロッパでは、国や地域によっては1月6日まで「クリスマスのシーズン」が続きます。東欧に宣教に行っておられた先生も、「向こうでは(お正月も)まだクリスマス」といっておられました。1月6日は降誕祭ではなく公現祭と言う教会もあります。その由来についてはまた別の機会に譲るとしますが…。
 前にもどこかに書いたかもしれませんが、アンデルセンの「マッチ売りの少女」には大きなクリスマスツリーが出てくるので、12月25日のイメージがありますが、実は大晦日のお話なんですね。でも、ある絵本の解説には、「クリスマスの楽しいイメージが少女に強い印象を与えていたのでしょう」みたいな風に書いてあって、解説を書く人はもう少し勉強してほしいな…と思ったものでした。
 それはさておき、まあ、実際にはクリスマスのシーズンだから、と言うよりも、クリスマスにわたし自身が教えられたことに、あまりにも恵まれたので、そのことを分かち合いたくて、メッセージの中で語らせていただいたのでした。
メッセージは、語るものが一番恵まれるんですよね。準備していても、感動することが多々あります。幸いな働きをさせていただいているなぁ、とつくづく思います。

 礼拝後はクリスマスの飾りつけの片付け。
アップルチーズケーキは一口ずつでしたけれど、皆さん喜んで下さって良かったです。
林檎たっぷりで美味しかったです。
今日もまた林檎をいただきました。使っても使っても林檎がなくなりません。
林檎大好きなわたしにとっては嬉しい限りです。

06_12_30アップルチーズケーキ.jpg  06_12_30アップルチーズケーキa.jpg

 さて、いよいよ今年の仕事も終わりました。
グイドは明日の元旦礼拝が終わるまで気が抜けないのですが。
 うちは、年末だからと言って特別なことは何もしません。
わたしが今日、礼拝メッセージだったので、昨日から食事も手抜きです。
(これはまあいつものことですが・汗)

 父の落語(怪談噺)の中に、目の見えない、今で言うマッサージ師が貸し金の取立てに行って「お金を返してもらわないと年が越せません」と言うと、お金を借りているお侍が「おまえの方で年を越さずとも、年のほうで勝手に越してゆくわ!」と言い放つ、というのがあります。
さっきもその話をしてグイドと笑っていました。
「うちは、いつも年が勝手に越してゆくね」と。
まあ、うちは元旦礼拝が終わったら実家に行くというのもあるのですが。

 特別なことはしない、といっても年賀状だけは別です。
普段は仕事の連絡もインターネットが主流ですが、お年賀の挨拶だけはできるだけ葉書で出すようにしています。
年賀状は貰うのもワクワクして楽しみなのです。
インターネットで知り合ったお友達の中には「年賀状を送りたいので」とわざわざ住所を聞いてくださった方もいて、そういうのはなんとなく嬉しいですね。
ネットカードも動画や音楽だけでなく、ゲームがついているなど、楽しいものもあるのですが、やっぱり、年賀状の「ワクワク感」とはちょっと違う感じがしますね。
と言いつつも、最近は海外の友人には、メールで送ってしまうことが多いのですが。(ごめんなさい、海外のお友達…)
今年は、いつもより少し遅れたのでちゃんと1日に届くかどうか、ちょっと心配。
そして、何度もチェックしているのに、出し忘れが必ずあるので、今日も最後のチェックです。

 特別なことはしないとは言え、少しは掃除ぐらいしないとね。
と思いつつ、今日もケーキを焼いてしまいました(汗)
すごくおいしそうなケーキを見つけたんです。和のテイストで、お正月にはいいかな、と思って。
それは、「お豆腐ときなこのケーキ」。
レシピでは金時豆が入っていましたが、冷蔵庫に既製品の黒豆があったので、それを入れてみました。しっとりケーキらしいです。
明日、教会に持って行くつもりです。元旦礼拝に来られた皆さんと食べたいな…と思っています。サイズは小さいので、また一口ずつになると思います。
もっと食べたい、と言うぐらいが美味しく感じられていいのではないかと…(笑)

 12月は本当にお菓子作りに明け暮れました。
日数にして15日、種類にして21種類のお菓子を作りました。
その中でまったく家庭用に焼いたのは2回(2種類)だけ。あとはいつも誰かに食べていただくためでした(と言っても、自分もちゃっかり食べていますが)。
まあ、こんなペースで焼くことはまあ、年のうちでもそうはないと思いますが、いつも、大好きなお菓子作りで皆さんに喜んでいただけるといいな、と思って作っています。
 「S先生は玉子焼きを作るよりもケーキを焼く方が簡単なのでは?」なんておっしゃった方もありました。そんなことはないんですけどね。
「もうレシピ集を作っちゃったら?」なんて言って下さる方もあるのですが…。最近は、自分でアレンジしたものは、なるべくすぐにメモを取るようにしているのですが、それでも、作った直後にもう、お砂糖を何g入れたか忘れていたりします。わたしの頭、だいじょうぶかな?ちょっと心配になります(汗)
 年が明けたらちょっと和菓子も作りたいな、と思っているこの頃です。

 本当に今年は恵みの多い一年でした。
信仰的な事、内面的なことは、「♪Sunnyの物想い」の方に新年の展望と共にまとめたいと思っています。
また、今年のよかったことは、メインサイトの「よかった探しリース」をご覧下さい。

 来年も、皆様にとって素晴らしい年になりますように!
posted by ♪Sunny at 21:05| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

この期に及んで…

 今日は朝からちょっと気合が入っていました。
昨日、メッセージ(日曜礼拝でのお話)の準備が全然進まなかったので、今日こそやらなくちゃ、と。
とは言え、エルがお休みになってから、夜更かし癖がついて、朝もだらだら。
今日は特に遅かったです。

 で、仕事に取り掛かる前に、Do○oMoショップへ。
一月ほど前から、電池の消耗が異様に早くて、ほとんど常時充電していないといけないような状態でした。
それで、最悪の場合は買い替えも覚悟でショップへ。
ついでにグイドの携帯のプラン変更も。
ショップは新規のキャンペーンもあってか、駐車場がほぼ満車の状態。かなり待たされるかな、と覚悟したのですが、受付後、思ったより早く呼ばれました。
結局、わたしのはバッテリーを無料で交換してくれました。本来なら1年過ぎているし、バッテリーは消耗品なので有償なのですが、なんだかよくわからないのですが、一応わたしの電池の状態は無料交換の対象だとかで(不良品とは言っていませんでしたが…)とにかく、予定外の出費にならなくて助かりました。

 その後、母に頼まれた買い物を済ませるともうお昼。
グイドも今日はやることがたくさんあるので、時間的効率を考えてお昼はマックのお持ち帰りにしました。

 お昼から、エルはTVに子守をしてもらって、わたしは2階で仕事。
集中して頑張りました。
何とか夕方には原稿を仕上げることができました。

 晩ご飯も残り物色々ですませ、この期に及んでお菓子を作っています。
明日、クリスマスの飾り付けの片付けに残って下さった方に食べていただこうと思って。
だって、12月31日に礼拝に来られ、その上後片付けまで残ってくださる方に感謝を示さないとね。
林檎がたくさん残っていたので甘煮にして林檎入りのチーズケーキにしてみました。
林檎の甘煮は紅玉ではなかったので、少しレモンを多めに、ほんのりカルバドスを効かせて…。
林檎入りチーズケーキは初めての試みなのでお味の程は??幾つか、林檎入りのチーズケーキのレシピもあったのですが、結局面倒なのでいつものチーズケーキに入れちゃいました。ま、食べられない代物はできないと信じて…。(写真は明日UPする予定)
本当は林檎のピューレ入りレアチーズケーキにしたかったのですが、土台にするグラハムクラッカーorビスケットがなかったので諦めました。(外の寒さを考えると買いに行く気もなく…)また次の機会に作りたいと思います。

 とにもかくにもあと1日で今年も終わり。
今年は元旦も日曜日で始まり、大晦日も日曜日で終わります。
そういうふうに意識したのってこれが始めてかもしれません。
今までにもあったのでしょうが…。

 今年の色々…締めくくりはまた明日…書けたらいいのですが。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

あと二日…

 12月27日(水)、大切なお友達の手術の日でした。
その後が気になっています。
 それから今年最後の祈祷会でした。
今年を振り返ってみなでこの一年の恵みを語り合いました。
わたしは…、大きな恵みがありましたが…。
それはまた別の機会に書きます。(多分“もの想い”の方に)

 12月28日(木)エルのピアノレッスンの日でした。
ピアノレッスンと言っても、この2週間の間に家でしたことを報告(?)して、次の課題を頂く、という感じ…。
子供が小さいうちは、親が大変ですね。
でも、実際、楽器を身につけるということは(楽器だけではないと思いますが)、その日のレッスンよりも日々の積み重ねが大切なので、今のうちにそれが身につけばいいな、と思っています。
それに、エルの成長ぶりがよくわかるので、感動しつつ、一緒に頑張っています。
遊びながら、楽しんで…と先生はおっしゃるのですが、ついつい「キーッ」っとなってしまうので、その辺、ちょっとをつけなくてはいけませんね。

 そして今日…。
今年もあと2日です。(今日を入れて3日)
今日は朝からレンジ回りの掃除をしました。
別に年越しだから、という訳でもないのですが…。
 今年は31日、最後の最後にメッセージに当たっている、つまり31日まで仕事なので、年末気分になれません。まあ、どうせ、元旦礼拝が終わったら実家に行くので、例年、家は特別なことは何もしません。大掃除もしない(汗)
 で、2日もお菓子を作らないと何か作りたくて…。
冷蔵庫に、小さい瓶入りの「いちじくのワイン煮」と言うのがあったので、これを片付けてしまうことに。賞味期限、切れていましたが、未開封だったし味見をしたらOKだったので。
ワンエッグで混ぜるだけのケーキ(家族だけで食べるときはこの分量が便利です)に入れてみることにしました。いちじくにはコクのある砂糖が合うかなということで、砂糖をブラウンシュガーにしてみたところ、ものすごーくおいしいケーキができました。
今度、製菓材料屋さんに行ったら絶対ドライフィッグを買ってきて無花果のラム酒漬けを作るぞ、って決意しました。

06_12_29無花果のワンエッグケーキ.jpg
チョコのケーキみたいですけど、ブラウンシュガーの色です。
見た目はともかく、おいしいです!

 メッセージ準備をしたいのですが、エルの幼児園がお休みになってずっと家にいるので、なかなかはかどりませんもうやだ〜(悲しい顔)

 エルは、外の雪に大喜びで積もるのを楽しみにしています。
まだ積もらないと思いますけどね。
さっきも外へ出てうっすら積もっている雪を集めて遊んでいました。
子供は元気です。ついて行けませんあせあせ(飛び散る汗)
posted by ♪Sunny at 15:58| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

今時の子供たち

 結局昨日というより今日は5時半まで起きていました。
グイドはわたしが起きた時、まだ寝ていなくて、わたしが出かけてから寝たようです。
プリンターがトラブルを起こしたりして、思ったように進まなかったようです。
今日は、姉の家の餅つきでエルは幼児園お休みの連絡を入れてありましたので、わたしは朝、“ちょっとだけ寝かせて”モード。
結局3時間睡眠ぐらいで、姉のところに向かいました。
先週の週末から、寝不足が続いていて、ちょっとバテ気味です。

 姉のところへは、昨夜、年賀状の印刷ができるのを待っている間に簡単ババロアを作って持って行きました。
これは、藤野真紀子さんの本に出ていたアイディアで、インスタントのゼリーに生クリームや缶詰の果物を入れて作るババロアです。
本ではオレンジゼリーを使っていましたが、輸入物のチェリーのゼリーが使わないまま残っていたので、わたしはそれを使って作りました。果物は桜桃を入れました。
ちょっと色々分量を間違えたりはしたのですが、結果的には好評でしたから、まあ良かったかな?植物性低脂肪クリームを使ったらとても軽い仕上がりで(水の分量を間違えたせいもあったと思います)、ババロアと言うよりムースという感じでした。
大人も子供も喜んで食べてくれていました。

06_12_26チェリームース.jpg

 ちょっと残念だったのは、エルより大きな子供のほとんど(年長さんから小学校高学年までの子供)がDSと言う今はやりのミニゲームで遊んでいたこと。
エルは、従姉妹に遊んでもらえなくて退屈してしまったようです。
エルは、サンタさんからクリスマスプレゼントに貰ったレインボーアートと言うお絵かきの道具を持って行っていたのですが、1歳ぐらいかな?小さな子がいてぐちゃぐちゃにするので、結局そこではほとんどできなかったのです。
その上エルは、お手伝いをするつもりで張り切って行ったのに、「今年はノロウィルスなど色々あるので子供にはお餅を丸めさせない」と言われてガッカリでした。
自分で「遊んで」と言えないエルにも問題はあるのかもしれませんが、これからもずっとこういう雰囲気だったら、もうエルも遊びにいきたがらないだろうし、わたしも連れて行きたくないなぁ、と思ってしまいました。
姉に、そのことを伝えると姉は自分の子供に「ちょっとはエルちゃんと遊んで上げなさい。エルちゃんはゲームを持っていないんやから」と言ってくれたのですが、それを聞いた別の子が(わたしの知らない子でした)、姉の口真似をして、同じ言葉を繰り返したあと、馬鹿にしたように「それってどの子?この子ぉ?」と指差して言ったことばに驚きました。その子はそのままうつむいてまたゲームに興じていました。わたしはこうして仲間はずれが生まれてくるのかと、正直、背筋が寒くなりました。
結局、姉のところの上の子が少しかまってくれたし、お餅を丸めるお手伝いも少しはさせてもらったのですが…。
エルは、家に帰ってきて、「それなりにたのしかったよ」と言ってはいましたが、「また行きたい?」と聞くと、首を横に振っていました。
とても残念でした。

 まあ、姉のところは、普段はそれほどゲームばかりさせている訳ではなく、時間も制限したりしているようですが、今日は、大人がかまってやれないので、と言うのもあったようです。

 それにしても昨今のゲームばやりには驚くばかりです。
エルは、あまり物を買って欲しがらない子なので、「買って、買って」とは言いませんが、内心は興味津々のようでした。
でも、わたしとしては、できれば、自分の子供にはゲームは与えたくないなぁ、と言う気持ちですし、できるだけ、創造的な遊びを楽しめる子供でいて欲しいと改めて思いました。
 先月、グイドがメッセージのご奉仕でうかがった教会の牧師夫人が「牧師家庭の子供はいい経験をしていると思うわ。最近の子供は教会にあるようなおもちゃはつまらないといって遊ばないのよ」といおっしゃっていたのを思い出しました。
エルは、わたしや父と一緒にあちこちの教会へ行く機会が多いのですが、「教会」という場所には慣れていて、違う教会でもそれが「教会」であればたいていおもちゃの置いてある「子供が自由に遊べる部屋がある」と思っているし、安心感もあるようで、とにかく、そこにあるもの(おもちゃがなければ紙と鉛筆でも)で楽しんで遊んでいます。
決して、高価なおもちゃがなくても楽しんで遊べるのは、それだけ、情緒が豊かなのだ、とその牧師夫人は言って下さったのだと思います。うちの子はおもちゃが少ない分、ちょっとTVを見すぎかな?と思う面もありますし、わたし自身、決して理想的な子育てができている訳ではありません。相変わらず、迷い悩みの子育てですが、エルには思い遣りの深い子に育って欲しいと、今日は、改めて思いました。
posted by ♪Sunny at 20:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

アフタークリスマス

 わたしは長い間、25日が本番のクリスマスでイブはその前日、って思っていました。それなのに、イブばかりが派手になっているなぁ、と思っていたのですが、グイドによると、イスラエルの暦に従うと、クリスマスは24日の日没から25日の日没まで、ということになるのだそうです。
ということは、24日の夜にお祝いするのはあながち間違いではないし、25日の夜にはもう、クリスマスは終わっているんですね。
まあ、いずれにしても、実際にはイエス様が12月25日にお生まれになった訳ではないのですが。
ということで、今日はもうクリスマスモードも抜けて、普通の日常に戻っています。

 最後のクリスマスのイベントは今日の朝でした。
朝、目が覚めて、「しまった!」エルのクリスマスプレゼントのラッピングを忘れていたのです。
でもまあ、どうせすぐに開けてしまうんだし、「ま、いいか」とそのまま、プレゼントをそーっと枕元に置きました。
そして、「エルちゃん、エルちゃん見て見て!」とわざとらしく起こしました。
エルの喜んだことと言ったら!
実は昨夜わざと「雪が降ってないからサンタさん来ないかもよ〜」なんて、エルに言っていたんです。でもエルは「ぜったいにくる!サンタさんはおそらからくるからだいじょうぶだよ」と言っていました。そしてプレゼントを見て「ほーら、エルちゃんのいったとおりだったでしょ!」と勝ち誇ったように、言っていたエルでした。
喜んでもらえたので、親は満足です(ニコニコ)

 今日は、アフタークリスマス、ってことで、草津ちいロバ会の交わり会でした。
まあ、日没まではクリスマスなんですが…、多くの教会では24日でクリスマス行事は終わっているし、同業者の皆さんもそれがすむとちょっとホッとするんですよね…。
 今日は、紅茶のチーズケーキを2つ、焼いていきました。紅茶のチーズケーキと言っても、そんなにチーズっぽくはなく、しっとりしたクリーミィーな紅茶のケーキ、という感じです。今日は、紅茶の香りが車の中に充満するほど香りよく焼けました。このケーキも、作るたびに好評で嬉しくなります。紅茶とチーズという組み合わせが珍しいみたいで…。
昨日のシフォンケーキも持って行って片付けていただきました(笑)

06_12_25紅茶のロールケーキ.jpg

 今晩中に年賀状を片付けてしまわなくては!!本当はなるべく今日までに出してください…だったんですねぇ。例年、エルの誕生日に写真を撮るまでにほとんど名簿の整理は終わり、写真を撮ったらすぐに印刷、というパターンだったのですが、今年はなぜかすごく遅くなってしまって…。今晩、頑張ります。
posted by ♪Sunny at 22:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

Merry Christmas!!

 改めまして
Merry Christmas!!

今日は、一日ほとんど教会で過ごしました。
ホンの短い教会学校(エルのため)、クリスマス礼拝、クリスマス祝会。
楽しく、恵まれた1日でした。
毎年迎えるクリスマスですが、やっぱり、なんともいえない感謝に溢れた1日ですね。

 で、とりあえず、昨日から今日にかけてのケーキをUPしておきます。

06_12_23アップサイドダウンケーキ.jpg  06_12_23アップサイドダウンケーキ@.jpg

 アップサイドダウンケーキ、生地の焼きがあまかったかな?と思ったのですが、思ったほどでもなく、しっとりした焼き上がりでした。思ったほど甘くもなく、美味しかったです。

06_12_23チョコレートカスタードバナナケーキ.jpg  06_12_23チョコレートカスタードバナナケーキ@.jpg

 チョコレートカスタードバナナケーキは、食べてびっくり。バナナは薄く切ったのをカスタード(ババロア)の下に敷いただけなんですけど、一口食べたらバナナの香りが…。バナナの香りって強いんですねぇ。
前にもちょっと書きましたが、安いチョコレートを使っているので、チョコレートが濃厚ではなく、マイルドな仕上がりです。わたしはかえってこの方が好きなんですけど、チョコレート好きな人には頼りないかな?
 とにかく、どちらのケーキも自分的にはまずまず満足できるお味で、ホッとしました。
でもね、教会のポトラックでは一人でも多くのみなさんに食べていただくために、細ーく切っているので、「もっと食べたい」って言うぐらいで、余計おいしく感じるのかも。
だって、18cmのアップサイドダウンケーキは16切れに、30cmのチョコバナナケーキの方は24切れに切ったんですから。(標準は写真に写っているのより、もっと細いです)
でもほかにも色んなデザートを食べなくちゃいけないので、それぐらいで丁度いいんです(笑)

06_12_24リ・ファーヌシフォン.jpg  06_12_24リ・ファーヌシフォンa.jpg

 で、今日の午後、仕上げたリ・ファーヌ入り(小麦粉の1/2をリ・ファーヌに)シフォンケーキ。
清らかな?イメージでシンプルに白く仕上げました。
切り分けたところは撮りませんでしたが、フンワリしているのに、ものすごくしっとりしていたのはリ・ファーヌ効果でしょうか。
 夜は、教会に誰も来られなかったので、家持ち帰ってChristmas TeaのPERE NOELでいただきました。大山牧場の生クリームも、純生なのにさっぱりしていて美味しくて、ついつい2切れも食べてしまいました。あ、でも晩御飯は食べませんでしたよ。祝会で食べ過ぎましたので。
でも、いつもより大き目の型で焼いたので、なかなかなくならない…。
明日も、食べなくちゃ…(笑)

 そうそう、おでんも好評で、祝会のあと、持って帰ってくださった方もあって、そう何日もおでんを食べなくてもすみそうです。さすがに寸胴は多すぎて、残るのは残りましたけどね。

 お料理も、デザートも、充実していて、皆さんのお料理、全部は食べ切れませんでした。残念。
やっぱりクリスマス祝会はポトラック(持ち寄り)がいいなぁ〜。

 祝会は、今年は出し物が少なかったのですが、やっぱりミニカンタータが充実していたかな、と思います。
教会のオカリナサークル(?)も、カンタータの中でお披露目できましたしね。
司会のU兄、来年結婚されたら姉妹の方の教会に行かれるので、一応祝会の司会ご奉仕は今年で最後かな?良い思い出になりました。

 わたし自身は、先週緊張のクリスマス集会を終えたので、今週は我が家で迎えるクリスマス、という感じで、リラックスして過ごすことができました。
そうそう、CSクリスマスに来てくれたYちゃんが、礼拝の時間から来て、エルと遊んでいて、そのまま祝会にも残り、午後遅くまで教会で過ごしていました。
特に子供のプログラムはなかったので、遊んでいただけだけれど、クリスマスに教会にくることを楽しみにしていたそうで、こういう積み重ねを、きっと神様は用いてくださると信じて祈ってゆこうと思います。

 さて、わたしはと言うと、クリスマスが終わったからと言ってホッとできません。
来週の日曜日、礼拝説教奉仕。
1年最後の最後の締めくくり。出席者は少ないと思いますが、気持ちを引き締めて準備したいと思います。
posted by ♪Sunny at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

明日の為に…

 今日はちょっとしんどかったです。
2日ほど寝不足が続いたので、そのつけが少し遅れてやってきたようです。
朝はゆっくり寝て、午前中はボーっとしていました。
とにかく体が重くて動かない…。1日スローテンポで動いていました。
でも、明日の為に頑張ってケーキを作りました。

 1つ目は「アップルアップサイドダウンケーキ」
 もう紅玉がボケそうになっていたので、急いで使わないといけなかったから…。
先日から、お友達が二人、立て続けに藤野真紀子さんのタルトタタン風ケーキを焼かれていたので、うちにある本を色々見たのですが、本格的なタルトタタンのレシピばかりで、ケーキっぽいのがなかったので、アップサイドダウンケーキを焼くことにしました。
でも、これもレシピが色々あって…。
手元にあったレシピは、パイナップルバージョンだったので、ネットで見つけた林檎のと折衷でレシピを組み立て終わった頃に、わたしが一番よく使うレシピの中に「タルトタタン風ケーキ」を発見。初めからそれにすればよかった、と思ったけれど、アメリカンなアップサイドダウンケーキの為にサワークリームを買ったあとだったので、とりあえずそちらのバージョンで作ることに。
でもね、欲張って林檎を一杯載せたら、型から出した途端にズルズルとずり落ちてきて…(爆)
お箸で拾って積み上げましたが、切る時、どうしよう…(汗)
出来上がりは、ブラウンシュガーの色が真っ黒で…うーん、皆食べてくれるかしら?
味見をしていないので、自分でも不安です。
ブラウンシュガーって、初めて使ったのですが、すごく香りがいいんです。
見た目は「黒砂糖?」って感じだけど、味はそうでもなくて…。バターと一緒に型の底に敷き込んで焼いたのですが(多分カラメルの代わり。ここらへんがとてもアメリカン)、とてもいい匂いでした。
自分としては、食べるのが楽しみなんですけど、如何せん見た目が…。
わたしが買ったブラウンシュガーがことのほか黒かったのかしら?

 2つ目のケーキは、いつも作る大型のタルト型でスポンジを焼くケーキ。
今回は、チョコレートカスタードバナナケーキ。本では「グラハムクラッカー(ビスケットだったかな?)の台で作る焼かないパイ」というお菓子で載っていたのですが、台をスポンジケーキに変えて作ってみました。これも、バナナを早く使ってしまいたかった、という裏事情があるのですが…(笑)
今回、スポンジケーキを新レシピで焼いてみました。
こちらはまずまずの仕上がりかな?明日食べるのが楽しみです。

 3つ目は、夜の集会の為のシフォンケーキです。
集会と言っても、今年は教会開放ということで、「集会」「礼拝」という形ではないので、誰も来られないかもしれないんですが。
家族だけで食べることになっても、大丈夫なようにヘルシーなケーキにしました。
と言っても、これは明日、集会前にクリームで飾る予定ですが。
今回、初めて粉の半分をリ・ファーヌにしてみました。どんな感じで仕上がっているでしょうね…。楽しみです。

 今回、ケーキは新作ばかりでしたので、自分でも一通りたべないと不安です。
その分、お料理を食べる量を調節しないとね。

 ケーキに手間暇かけた分、お料理はあまり手間のかからないおでん。
と言っても木曜日から仕込みを始めてはいたから、それなりに手間はかけているんですが。
まあ、あとは、大鍋で煮込むだけですから楽でしたけどね。
去年作ったらとても評判がよかったので、今年は寸胴に一杯作っちゃいました(笑)
残ったら我が家のごはん、なくなるまでおでんです(爆)
でも、今年はイマイチ味が決まらなくて…。実は今でもあんまり納得はしていないのですが…。
いずれにしても、わたしの作るのは、ケーキも料理も見栄えはあんまり気にしないので、クリスマス!っていう感じではないんですよね。
ま、皆で楽しく食べればそれで幸せ、って感じでしょうか(笑)
チョコレートカスタードバナナケーキも、クリームで飾りたいけど、朝からやるのも面倒なので、きっとそのままでしょう。
ま、わたしなりに頑張ったから、よしとしましょう。

 と、お料理、お菓子のことばかり書いてしまいましたが…クリスマスのメインは食べることではありません。
イエス・キリストが人としてこの世に生まれて下さったことを記念するのがクリスマス。
一般には「イエス様のお誕生日」なんて言い方をします。まあ、実際にはイエス・キリストは12月25日に生まれた訳じゃないのですけどね。でも、「イエス様のお誕生日」と言う方がわかりやすいので、子供にもとりあえずはそう語っています。
いずれにしても、イエス・キリストの受肉というのはわたしたちクリスチャンにとっては非常に意味深い事で…、やっぱりクリスマスというのは特別な日なのだな、と改めて思っています。

 ということで、クリスマスといえば教会でしょ、やっぱり。
クリスチャンでない皆さんも是非お近くの教会へどうぞ…。

みなさんの上にも素敵なクリスマスが訪れますように!

Merry Christmas!!

posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

風に立つライオン(Dr.コトー診療所2006)

 昨日、「Dr.コトー診療所2006」の最終回を見ました。このドラマ、大好きで、最初のシリーズからずっと見ています。
 さて、その最終回、一番最後の剛洋君への手紙の中に書かれていた、診療所に来る人も往診先の人も体が悪いはずなのに、島の人の笑顔に、かえって励まされている、医者として人として生きる勇気を貰っている…というところ、さだまさしさんの「風に立つライオン」みたいだなー、と思ったのはわたしだけでしょうか。(もっとも「風に立つライオン」もモデルとなる医師がおられるそうですが。そちらは確かアフリカへ行ったお医者さん)
最後には「銀の龍の背に乗って」ではなく「風に立つライオン」が流れたりして…なんてグイドと話していたのでした。

 そういえば、今回のドラマでは「Boys be ambitious!」というクラーク博士の言葉が引用されていました。
その続きの文章も紹介されていて、そのことばを知りたいと思っていたら、ネットで見つけることができました。
 “Boys, be ambitious! Be ambitious not for money or for selfish aggrandizement, not for that evanescent thing which men call fame. Be ambitious for the attainment of all that a man ought to be.”
 多分、上記の言葉が引用されていたのだと思います。
ただ、この言葉(全文)は、クラーク博士本人のことばである可能性は低いようです。
そもそも、「Boys be ambitious!」という言葉そのものも、クラーク博士のことばかどうか、はっきりしなかったようですし、初期の札幌農学校ではそれほど重要視されていなかったようです。結局、別れに際してクラーク博士がこのことばを発したことについては複数の人物の証言が見つかったので、言った事は言ったであろうけれども、クリスチャンがよく言っているような「for Christ」や「in God」という言葉は語られなかったようです。
ただ、クラーク博士の精神を表しているということで、この言葉が広く行きわたったようです。
いずれにしても、ドラマの中では、この言葉が、コトー先生にはぴたりとあてはまったことばとして効果的に用いられていましたね。
 また、今回、「医者とは何者か」「医師であるとはどういうことか」と言う深い問が投げかけられていたのですが、それとはあまり関係ないことですが、今回のシリーズを見ながら、何度か、茨木のり子さんの詩「マザー・テレサの瞳」を思い出しました。

   外科手術の必要な者に
   ただ繃帯(ほうたい)を巻いて歩いただけと批判する人は
   知らないのだ
   瀕死の病人をひたすら撫でさするだけの
   慰藉(いしゃ)の意味を
   死に行く人のかたわらにただ寄り添って
   手を握りつづけることの意味を

   ――――言葉が多すぎます
   といって一九九七年
   その人は去った

茨木のり子「マザー・テレサの瞳」より(最後の部分だけです)

 最終回に、コトー先生が実家に電話をかけるシーンが出てきました。
そのお母さん役の人、姿はすりガラス越しにぼんやり映るか、後姿だけで、声しかわかりません。でも聞いたことある声…絶対有名な女優さん…ああ思い出せなくて気持ち悪い…誰だっけ。
配役を見てわかりました。宮本信子(特別出演)となっていました。そうそう、そうでした。思い出せなかったのがちょっと悔しい(笑)贅沢な使い方でしたね。
 グイドはビデオで見直して声を聞いたときに「うんうん、そういえば確かに乙羽信子だ」
「それ全然違うやん〜」思わずつっこんだわたしでした。

 なんか支離滅裂な感想ですみません。
ほかにも色々思ったのですが…忘れました。
最近頭の中、消しゴムだらけです。

 ところで、クリスマスが間近になって、エルは、日々、サンタさんがちゃんと自分のお願いしたおもちゃ(?)を持ってきてくれるかどうかが気にかかるようです。
「サンタさん、しおんちゃんのおうち、ちゃんとわかるかなぁ」と心配しています。
面白かったのは、先日の幼児園でのお楽しみ会。
サンタさんが来たのですが、「にせものだった」と、エルは見破っていました。
ゴムで耳にかけたひげがずれたところをしっかり見ていたようです。
でも、本物のサンタさんは別にいると信じているエル。なぜかと言うと、サンタさんにお願いを書いた手紙がまくらの下からなくなっているからだそうです。
「本物はクリスマスの夜に来るんだよ」と言いながら、嘘をついているのがちょっぴり後ろめたい母でした。


≪エルの迷言!?≫
posted by ♪Sunny at 15:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

謙遜

 今日は、ケアハウスでの聖書研究会でした。
 今日のお菓子は昨日にできていたので、午前中は事務仕事ができました。
その傍ら、24日の祝会のためのおでんの下ごしらえに入りました。
昨年のおでんでは大根が好評だったので今年はたっぷり入れるつもりです。教会のUさんが、自家製の立派な大根を持ってきてくださって、下ゆでするのに二鍋も…。ま、こんなには持って行きませんが。
ケーキは、何にしようかな?デコレーションは焼いてくださる方があるので、少し違うケーキを、と思っていますが…。
自分でも楽しみだったりして。

 昨日、作ったリ・ファーヌ(製菓用の米粉)入りのロールケーキを持参しました。
生地も、ババロアも、ついでに林檎のコンポートも、自分でアレンジしたのですが、ババロア、前回のチョコムースの時は柔らかすぎたのですが、今度はちょっと固まりすぎ…。
でもまあ、何とか形になりました。幅は10cmぐらいありそうな太巻きです(笑)
切り口は、ババロアが少しざらついた感じに見えますが、食べてみたらだいじょうぶ、フンワリしたカルバドス風味のババロアでした。
真ん中に見えているのがコンポートにした紅玉です。こちらもカルバドス風味。写真ではわかりにくいですが、皮ごとコンポートにしているのでうっすらピンクです。
スポンジはもう少しだけ、研究の余地ありです。
でも、自分としては大好きなケーキができあがりました。
夕食の後、家に残っていた分を食べましたが、「あ〜、幸せ」という気分になれました(笑)

06_12_21林檎ババロアロール.jpg

 肝心のケアハウスの聖書研究会、今日はちょっと感動的、といっても言いぐらい嬉しいことがありました。
実は、ケアハウスについた途端、どこからか歌声が?
その時はさほど気にとめなかったのですが、玄関についてびっくり。子供たちの靴がびっしり並んでいたのです。
グイドと二人で「子どもたちが来てるんだ〜」「日が悪かったね〜」と言いながら、お互い口には出さないながら、「今日は人が少ないかも」と思いながらいつものお部屋に行くと、なんと今日はいつもなかなか揃わない、4名の方々が全員揃って待っていて下さったのです。
来ていたのは草津の教会付属幼稚園の子供たちだったそうです。そちらの集会(?)も自由参加だったのですが、皆さんそちらではなく、わたしたちの聖研を選んで出席してくださったのです。
ものすごく嬉しかったです。
今日は、同じ地域のOさんも出席してくださって、和やかなひと時でした。
 お話はクリスマスについてでしたが、毎年聞いている話でも、また新たな発見があり、感謝でした。
 今日、気付かされたのは、イエス様の謙遜さと同時に、最初に駆けつけて礼拝した羊飼いや東方の博士達の謙遜さでした。
臭くて汚い家畜小屋の飼い葉おけに寝ているのが自分達の王だ、と言われて、素直に信じて感謝の礼拝をささげる…謙遜さと素直さがなければできないことだなあ、と思わされました。
 謙遜、わたしが一番学ばねばならないことの一つです…。
posted by ♪Sunny at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月19日

診察

 昨日は、病院の定期診察に行ってきました。
10月に行った検査の結果が出ていたのですが…。
骨密度は標準以上ありました。
他はまずまずだったのですが、甲状腺の数値が急に悪くなっていて、めったなことでは薬を増やすとおっしゃらない先生が「これが一時的なものでなければ薬を増やさなあかん」とおっしゃって、再検査。
もしかしたら11月の最初の頃、異様に浮腫んだのはこのせいだったのかも?
1月にもう一度検査結果を聞きに行きます。

 昨日は、車がとても混んでいて、いつもより早く出たのに結局ついたのはいつもと同じくらいの時間。診察や検査が終わって、姉のところによって玉子を貰って高速道路を使わずに帰ってきたらもう夕方になっていました。

 帰ってきたら、グイドが掃除に洗濯にと、随分頑張ってくれていました。
あまりにもわたしがグータラなので見るに見かねたようです。
ごめんなさい。

 今日は事務仕事のあと、1ヶ月溜めていた家計簿つけ。
もちろん、きっちり合うはずはありません。
先日、車を車検に持って行ったら、予想外の部品交換箇所があって、大幅な予算オーバー。ものすごくショックを受けました。その上、最近色々と必要なものもあり、今年は予定外の出費が重なりました。どうなることかと思ったけれど、家計簿をつけたら…何とかなりそう。コツコツと管理してきた甲斐がありました。
きちんと管理することの大切さが身にしみました。
また、神様は、ちゃんと必要を満たしてくださっていることにも、改めて感謝しました。

 藤野真紀子さんの「シンプルなお菓子」ケーキ友達(?・笑)が2人揃って持っているので、興味津々。
先日、見つけたのだけれど、その時は迷って、結局買わなかったのです。すでに持っているレシピと重なっているものや、自分の好みと違うレシピも結構入っていたので…。
でも、もう一度見たいなー、と思ってその本屋さんに行ったらもうありませんでした。
藤野さんの別の本はあったのですが。
ないとなると欲しくなるんですねぇ、これが(笑)
いずれにしても、わたしが持っているのは古い本ばかりなので、1冊、新しいものが欲しいなー、と思うこの頃。
特にフランス菓子の本は、一流シェフが手ほどきする、という本で、本格的すぎて、型が色々出てくるし、作り方もちょっと素人には真似できないような書き方なので、家庭では難しいのです。見ている分には楽しいけれど…。
この頃はインターネットで、簡単にレシピも検索できるし、わたしも色々利用させてもらっているけれど、いつでも気軽に見られる本はやっぱり手元においておきたいなあ、と思ったりもします。
 明日は、リ・ファーヌ入りのロールケーキに挑戦します。
丁度いいレシピがみつからないので、ネットでの情報を元に、前回作ったロールケーキのレシピを自分でアレンジしてみます。
フンワリできるといいな。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

イエス様は愛するために来られた…

 昨日はCSのクリスマス会でした。
普段CSの生徒はエルだけ。
クリスチャンホームの子供さんもおられるのですが、教会から離れたところに住んでおられ、親御さんと一緒に礼拝の時間に来られるので、CSに出ることができないのです。
その子供さんも昨日は地域のクリスマス会とか…。
教会の地域では、餅つき大会が催されていたようです。
朝、教会に行っても誰も来られなくて…。
他の教会員の方が誘われた方も今年はみな都合が悪くて、エルは「エルちゃんひとりじゃつまんない」とつぶやいていました。
やっと、前に住んでいたアパートのお隣の方が外に出ておられたところに声をかけて、お孫さんのYちゃんを誘うことができました。(最初、そのお宅に誘いに行った時には呼び鈴を押しても出てこられなかったのです)
もう一人近所の顔見知りのお母さんが外に出ておられたので声をかけたのですが、あいにくお出かけの予定とかで、こちらはダメでした。
結局、エルと仲良しのYちゃんが30分遅れで来てくれて、賛美、紙芝居、手作りケーキのおやつ、アイロンビーズで、クリスマス会をしました。
 手作りケーキは、チョコレートケーキにアイシングとドレンチェリー、アンゼリカで飾ったもの。
プレゼントにもクッキーとバナナチョコマフィンと、小さなノート。
少しでも、教会のクリスマスが心に残ってくれますように、と祈りつつ…。

06_12_16チョコレートケーキ.jpg

06_12_16クッキー.jpg  06_12_16チョコバナナマフィン.jpg

チョコのケーキはフンワリ、甘さ控えめでした。
クッキーは、今日ぐらいの方がちょっとソフトな感じになって美味しかったです。
マフィンは、今日、オーブントースターで少し暖めると、表面がカリッとして、とっても美味しかったです。

 夜は早く寝るつもりでしたが、雑用がなかなか片付かなくて…。
今日、伺う教会でお昼はポトラック(持ち寄り)とお聞きしていたので、何かお菓子を作りたかったのですが、さすがに「今日はそれをしている場合ではない」と心に言い聞かせ、諦めました(そんな大げさなものか?)。

 さてその今日は京都の教会の礼拝メッセージのご奉仕。
目覚ましで飛び起き、寝ぼけ眼のエルに「一緒に行くの?」と聞くと、二転三転しながら結局一緒に行く事に。

 礼拝メッセージのタイトルは「示された神の愛」
わたし的には「イエス様は愛するために来られた」でした。
聖書はヨハネの手紙第一4章7節〜16節を挙げていました。
メッセージと言っても、コンサート形式の礼拝でした。
賛美するだけじゃなくて、礼拝と言うことで、何をどう語り、賛美するのか、何を伝えるのか、ひたすら祈りつつ教会に向かいました。
 礼拝一時間前に到着し、エルは教会学校に。わたしは30分ほど、M君とウォーミングアップ。
 練習中、先日天に召されたMちゃんのこと、癌の友人のこと、様々に思いが溢れて何度か歌えなくなりそうになったので、集会前、M君に「もしかしたら今日は感情に流されてしまうかも」と話していたのですが、礼拝では色んな意味で集中することができ、感情に流されることもなく、無事にご奉仕を終えることができました。
 音楽的には反省点も多々ありますが(喉の調子も結局万全には整えられず・涙)、集会としてはみなさんが神様からのメッセージを受け取って下さっているのがものすごく感じられる集会だったので、神様が用いてくださったと感謝しています。涙を流しておられる方が何人もおられて…もちろん涙を流されることだけが、応答の証しではないけれど、ご聖霊様が心を動かしておられるのが伝わっってきました。集会後も、色んな方が声をかけて下さって、嬉しかったです。特にM君のピアノがものすごく好評で、わたしも嬉しかったです。
また、何人かの方はご自分の関わっているところでも賛美して欲しい、と声をかけてくださり、嬉しかったです(実現するかどうかはともかくとして…)。
 もう一つ、教会でご奉仕されている宣教師の先生が、「いまの教会にピッタリの内容でした」と言ってくださったことも嬉しかったです。
実は、この教会は今年、大きな試練の中を通らされ、ふるわれて、今なお、痛みの中にある教会だったので、伝道集会と言う位置づけだったけれど、今回わたしは、教会員の皆さんの回復と言う大きなテーマを神様から与えられて臨んだのでした。
わたしはメッセージの時は、原稿をほぼ完璧に準備するのですが、歌中心の時は、メッセージトークの原稿は作りません。
準備が間に合わないというのもあるのですが(汗)、最終的にいつも神様の導きに頼ってお話します。選曲をして曲順を決めた時点で、だいたいの流れは頭の中にありますが…。
今回はあまり話さないつもりで曲を多めに選んだのですが、結果的に歌もお話もたっぷり…時間超過してしまいましたm(__)m。何せ語り部なものですから…(と開き直ってみたりする…)
それでも、あとで、「あれもこれも語らなかったな…」といつも思うのですが、結果的に、必要なことを神様が語らせてくださった、というのはいつも書いていることですね。
神様のお役に立てたのかどうかはわかりません。
でも、わたしはわたしの「今日のベスト」を尽くしたので、後は神様にお委ねします…。

 わたしは賛美歌手ではないので…賛美のご奉仕は、全身全霊の集中力を使うので、疲れます。そうでなくても礼拝メッセージのご奉仕は体力知力気力を消耗します。毎週メッセージしておられる牧師先生を本当に尊敬します。
また、毎日のようにコンサート活動をしておられる方を尊敬します。
今はもう、抜け殻みたいです(笑)
でも、ご奉仕できた喜びがあります。
この喜びに包まれて、今日は早く寝ます。
おやすみなさい。
posted by ♪Sunny at 20:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

祈り

 神様のされることの幾つか、むしろ多くは、どうして、と思わされることもあるのですが、その背後にある摂理をいつも思わされるこの頃です。

 友人のブログで、つい最近そう書き込んだばかりです。
けれども、大切な友人が、悪性の末期癌を宣告されているのを聞くと、やはりそう簡単には納得できません。
涙が溢れて止まりません。
神様、奇蹟を起こして下さい。

 最後まで神様を信頼して、前向きに病気と戦っている友人を、どうかどうか、主の癒しと平安で覆って下さい。
どうか、神様の最善をなして下さいますように…。

 そして、困難に立ち向かっているすべての人の上に、どうか励ましと慰めがありますように…。

 わたしが、それらの人たちの事ために、他人事としてではなく、切にとりなし祈ることができますように…。
posted by ♪Sunny at 22:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

大成功!

 昨日、特大カトルカールを焼きました。
結果は大成功でしたわーい(嬉しい顔)手(チョキ)
でも、普通の3倍の量の玉子を泡立てるのは、ハンドミキサー1つではどうも、時間がかかって、ハンドミキサーに負担がかかりそうだったので、ハンドミキサーを2つ使って、両手で泡立てました。これは正解!1つでは全然進まなかった泡立てが一気に進みました。
ケーキ、大好評で、嬉しかったです。
先日、苺ショートのスポンジがイマイチだったので、ちょっと自信をなくしていたのですが、昨日はフンワリできて、いっぱいほめて頂いたので、ホッとしました。

06_12_11大カトルカール.jpg
 写真で見ても、何の面白みもないケーキです。座布団のようなケーキです。
 切り分けたところは写真に取れませんでした。

 お料理は、中華料理でした。香港人と中国系シンガポール人のご夫妻が腕を振るって本場の中華の家庭料理を作ってくださいました。とっても美味しかったです。
香港で、宣教師の友人が食べに連れて行ってくれた中華料理を思い出しました。
もちろん、香港にもわたしたちが食べているような中華料理のお店もあるんですが、中国人の人が日常に食べに行くお店って、いわゆる「中華料理」とはちょっと違うんですよね。
煮込みっぽい料理とか、なんだかよくわからないんですけど、とにかく、そんなに脂っこくもないし、見た目、中華料理っぽくないんですけど、食べたらしっかり中華。
 フルーツポンチが面白かったです。白い丸い物が入っているので、白玉団子かと思ったらうずらのゆで卵なんです。あとコーンとかも入っていて…。
宣教師の先生の話では、「広東料理」とのことでした。
とにかく、お腹一杯食べました。数えたら10種類のお料理(炊き込みご飯も含めて)がありました。
楽しいひと時でした。

 今日は、今度の日曜日のためのM君との賛美の練習でした。
でも、朝起きたらエルが「きょうね、なんかあたまがへん…」と辛そうにしています。「痛いの?」と聞くと「ウン」と言うので、熱を計ってみると37度9分…。
「ぎゅうにゅうください」と言うので、何も考えずに飲ませたら、吐いてしまいました。
頭が痛いとぽろぽろ涙を流して泣いていました。そんなことは初めてで、ちょっと可哀想でした。
とりあえず保育園は休ませたけれど、どうしても、きょうの練習は抜かすことができない…。
グイドも抜けられない会議があって、エルを見ていることができず、結局、病院に連れて行ったあと、車に乗せて一緒に京都へ連れて行くことにしました。

 でも、朝は相当辛かったみたいで、すぐには病院に行く気力もなかったようでした。
横になっていたら寝てしまったので、その間に洗濯をしながら、理事会のためにお菓子を焼きました。時間があまりなかったので、簡単なケーキを、と思い、ダ○ソーのパウンド型の中に入っていたレシピでチョコチップ入りオレンジケーキを焼きました。
チョコチップがたくさん入るので、お砂糖を減らそうかと思ったのですが、初めて作るケーキなので、そのまま作ったらやっぱりちょっと甘すぎました。

06_12_12チョコチップオレンジケーキ.jpg

 その後、病院に行って、薬を貰って、京都の教会へ。
 わざわざ、教会を開けに来てくださった京都の教会のNさんとピアニストのM君のお礼には、昨日の夜、アーモンドケーキを焼いておきました。
こちらは、満足のいくできでした。

 練習の方は…喉の調子が…ふらふら とにかく、当日までベストを尽くします。

 エルは、可哀想に、わたしが練習している間もほとんど寝ていました。
余程しんどかったのでしょう。こんな時に親の都合で連れまわすことになってしまって申し訳ない思いで一杯でした。
最初は、ストーブの前で横になっていたのですが、途中で一度起きてN姉に水を貰ってから、わたしの顔が見える位置に場所を変えて横たわっていました。
「君愛」を歌っている時に、目を覚まして一緒に口ずさんでいるのが見えたときは胸が一杯になりました。
でも、一度もわたしのそばに来てわがままをいうことはありませんでした。
健気なエルでした。
 夕方になって病院でいただいた薬が効き始めたようで、少し元気になり、食欲も出てきたようです。
声も少し元気になり、熱も少し下がってきたようです。
明日は、ゆっくり過ごさせてやろうと思います。


「それって証し?」
posted by ♪Sunny at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

チーズ抜きのチーズバーガー?!

 昨日は第1回草津市民クリスマスでした。
とっても素晴らしいコンサートでした。
ウイーンで活躍されていた吉村美穂さんの素敵な歌声にしっとり聴き入ってしまいました。
すっかり気分はクリスマスでした。
お客様も、たくさん来てくださって、まずは第1回が成功したことをスタッフ一同、喜び感謝しました。
 わたしは、この前のミーティングに初めて参加したのですが、このちいロバ会に参加した一つの収穫は、色んな世代の牧師先生方や牧師夫人たちとよきお交わりができたことでした。わたしたちより若い先生もおられ、大先輩もおられ、なんだかとてもバランスの取れた集いだと感じました。
 とは言え、うちの教会は、教会としての参加は次回の教会総会で検討されるため、次年度以降の参加は未定…。今年は、牧師の一存で参加したようなものなので…。来年以降も参加できるといいのですが…。

 夜、疲れていたこともあって、久しぶりに外食をしようか、という話になりました。
エルは、断然「ドラえもんのお店」先日車の窓から見て「さいきんここいってないねぇ〜」と言って、行きたそうにしていたのでした。
でも、「ドラえもんのお店」は、不経済なので、もう少し安い「サイ○リヤ」にしようとグイドが提案したのですがエルは「イヤ〜!ドラえもんのおみせ〜!!!」と頑張ります。
「サイ○リヤでピザ食べたらいいじゃない」とグイドがエルの好物で釣ろうとするのですが、「ピザはおかあさんのほうがおいしい」と嬉しいことを言ってくれます。
すったもんだした挙句、とりあえず、グランマとグランパに貰った「お誕生日&クリスマスプレゼント」のお小遣いでおもちゃを買いに行くことに。
欲しかったパズル(今幼児園でエルがはまっている大きなジグソーパズル)はなかったのですが、「レターdeメール」というおもちゃを買いました。表示されていた値段よりも随分安かったのでびっくりしてもう一度売り場に戻ったけれど、やっぱり値引き価格は表示されていませんでした。でも、レシートを確認するとセール値引き、となっていたので、間違いないようです。すごく得した気分になりました。
 で、結局、そのショッピングセンターのフードコートで食事することにしました。
エルの好きなポテト屋さん(マックのこと)もあるので、エルもそれで納得しました。
そこで、タイトルの事件。
エルはいつもハッピーセットを頼むのですが、チーズバーガーの「オニオン、ピクルス、マスタード」抜きをお願いします。
しかし、エルがポテトをひとしきり食べてバーガーを食べ始めると「このチーズバーガー、チーズが入ってないよ?」
「チーズバーガーのチーズ抜き?!」
もちろんすぐにお店に苦情を言いました。すぐに作り直してくれましたけどね。
割引券の一枚ぐらいつけて欲しかったわ〜。

 夜、なんとなく、今年の日記を読み直していました。
すると、年の初めの方で何度か「オレンジマフィン」というのを焼いています。
が、全然記憶にありません。そのレシピがどこに載っているのかもわかりません。
家中の本をひっくり返して見ましたが、みつかりません。
まだ見落としている本があるんだろうなぁ。
「オレンジマフィン」食べてみたい。どんな味だったんだろう?!

 今日は、団体中ブロックの忘年会(?)です。
今から特大ケーキを焼くつもりです。
とりあえず、シンプルなケーキを焼いてみます。
posted by ♪Sunny at 12:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

ありがとうグイド

 今日は、午後から、湖南市に出かけていました。
クリスチャンのゴスペルシンガー、市岡裕子さんの講演会でした。少し前からわたしが教会で市岡裕子さんの事をよく話していたので、湖南市の教会員の方が教えてくださったのです。
講演会は、教会関係の催しではなく、「女性の集い」でした。内容は、一応人権的なことでしたが、体験談、そして聖書からのことばが語られました。
ものすごくたくさんの方が参加しておられ、ちょっとびっくり。教会員のOさんも行かれるということで、先に行って席を確保しておいてくださり、助かりました。補助席もたくさん出されていました。裕子さんの聖書に基づいた考え方をたくさんの一般の方に聞いてもらえたのは嬉しかったです。
ゴスペル(賛美)はアカペラで2曲だけでしたので、もっと聴きたかったという思いが残りました。

 講演には出かけましたが、体はかなり疲れていました。この数日、わたしにしては頑張りすぎたようです。講演に出かけるのも一瞬迷ったのですが、以前から裕子さんの講演を聞きたいと思っていたので、思い切って行くことにしたのですが、楽屋見舞いのケーキを焼くどころか、昨日からの台所の片付けもできていませんでした。
わたしは、疲れると感情が不安定になります。
そのせいか、出かける前にグイドのことばに少し泣いてしまいました。
 ところが、講演から帰ってきたら、昨日から疲れてできなかった、台所の山積みの洗い物が片付いていたのです。
出がけに、「置いといてもどうせ誰もやってくれないんだから!」と言ったわたしのことばを心に留めて、頑張ってくれたようです。
土曜日で、忙しいのにね。ありがとう!!
posted by ♪Sunny at 22:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

Happy Birthday!!

 今日は、朝からバタバタでした。
午前中は、家庭集会のためのお菓子作り。早くできれば、エルのBirthday cakeのスポンジ代も焼いてしまうつもりだったのですが…これがとんだ誤算で…。
ケーキははじめての「カルディナールシュニッテン」
どうして失敗したか、理由と言い訳は色々あるのですが、ま、ここで書いても仕方がないので、正直に写真をUPしておきます。改善点のいくつかはわかっているので、次回はもう少しましなものができると思います。(次回も同じやったりして・笑)
クリームは、わたしが作ったのはキルシュ入りの生クリームなのですが、もともとこのケーキは枢機卿の衣の「赤・白・黄色」がモチーフになっていて、間にラズベリーのジャムをはさむこともあると、ネットで見たような気がしたので、クリームは赤系にしたかったんですよね。
でも、結局、何も買いに行く暇がなかったので、時期はずれだけど、桜のペーストを入れてピンクのクリームにしました。
今日のヒットは、純生クリームと植物性とブレンドしたこと。純生クリームばかりだとちょっと濃厚すぎると感じていたのですが、植物性だとちょっと物足りない…ブレンドしたら丁度よい感じになりました。
クリーム以外に油を使わないので、思ったよりさっぱりした感じでした。
それと、今日は今までの中でペルルが一番綺麗にできました。
これにはちょっと感動でした。
「ペルル」というのは多分結晶という意味ではないかと思うのですが(フランス語?わかりません)ダコワースなど、粉砂糖を振って焼くお菓子の、粉の振り加減、オーブンの状態が すべてよい状態のときに、表面にできる丸い砂糖の結晶のことなんです。これは、コンスターチやその他のまぜもののある粉砂糖ではできないので、そのためにわたしはひたすら砂糖だけが原料の粉砂糖にこだわってきたのですが、今日ほど綺麗にできたのは初めてでした。「これがペルルや〜」と一人で感動しておりました(笑)
上からさらに粉砂糖を振っているので写真ではわかりませんが、食べたときのサクッとした感じがとてもよかったです。
 いずれにしても、集会にきてくださった方は随分感動してくださいましたから、ま、よしとしておきましょう。
初めて見たお菓子なので、どこが失敗かわからないと言っておられましたわーい(嬉しい顔)
 家庭集会は出席者が少なかったのですが、おかげですごく深い話ができて、幸いでした。

06_12_08カルディナールシュニッテンa.JPG  06_12_08カルディナールシュニッテン.JPG

※わたしは本を見て作ったのですが、ネットで見たレシピにきりにくいので、上だけ先に切ってからのせる、とあったので、確かに切りにくそうだったので、取り入れてみました。
切り口は右の通り。
卵黄生地の失敗はわたしのミス、メレンゲ生地が多すぎたのはレシピのせい…。それがなければもう少しましな形になったはず…って結局言い訳を書いていますあせあせ(飛び散る汗)
真ん中の方はもう少しましでした(下の生地の膨らみも…)。

 しかし交わりが長引いて、エルのBirthday cakeを作る時間が…(汗)
結局、エルのお迎えに行き、一緒に苺を買って、家に帰ってスポンジを焼き、晩ご飯に、約束の手作りピザ…。予定大幅遅れ。サラダもするつもりだったのに、ピザだけしかできませんでした。
ピザはこねないパン生地で、冷凍しておいた手作りのトマトソースを使って…。自分で言うのもなんですが、美味しかったです。乾燥させておいたバジルの葉も細かくちぎってのせましたが、とっても香りがよかったです。
具は、コーン、トマト、ソーセージでした。
エルは、プレーンが好きなので、チーズだけのピザで、トマト、コーン、ソーセージはそのまま食べておりました(笑)

06_12_08ピザ.jpg

 今日はケーキのデキがイマイチで、とにかくバタバタして作ったらダメだと反省しました。
その上なぜか今日は、クリームが足りなくなったので、デコレーションは非常にシンプルになってしまいました。あんまり淋しかったので、アップルミントの葉を摘んできて飾りました。
ハーブが庭にあって助かりました。
デコレーションはシンプルでも、待ちに待った宝石箱がのっているケーキということで、エルは、文句も言わず、満足していました。
(この宝石箱は、11月15日の日記に書いた宝石箱です)
宝石箱は、下のほうをサランラップで包んでのせました。
エルは、中に入っていたアクセサリーにご満悦ですわーい(嬉しい顔)

06_12_08誕生ケーキ.jpg  06_12_08a誕生ケーキ.jpg

 毎年、エルの誕生日に洋服を送ってくださる方がおられるのですが、今年も、今朝、届きました。
そのお洋服を着て、お誕生日に家族写真を撮るのが恒例になっています。
ああでもない、こうでもないと言いながら撮影会が終わり、ケーキを食べたのは、本当ならもうとっくにエルが寝ているはずの時間…。「こんな時間にケーキを食べるのは掟破りだけど今日は特別」と言いながら食べちゃいました。

 こうして、超バタバタの一日が終わったのでした…。
今日も美味しい一日でした。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

前夜式〜女性会〜ピアノレッスン

 昨夜は、八日市教会のMちゃんの前夜式(仏式のお通夜のようなもの)に出席してきました。
八日市教会はわたしたちが結婚したときにご奉仕させていただいた教会です。
ご本人とはそれほど親しくお話したことはなかったのですが、お母様は、グイドが始めたオカリナサークルに出席してくださっていたこともあって親しみがありましたし、妹さんも教会学校に出席されていたので、ご家族としてはとても親しみのある方でした。
グイドも出席したかったのですが、今日の葬儀は女性会で出席で二人とも出席できず、昨夜も祈祷会でグイドは教会を明けられないので、わたしだけが(エルと一緒に)前夜式に出席させていただきました。
火曜日にMちゃんが天に召されたということを聞いて、本当にびっくりしました。
まだ、24歳の若い女性でした。
病を持ってはおられたそうですが、普段は元気にしておられ、まったく突然の死だったとのことです…。来春からの就職も決まっておられて、「これから」と言う時…。
神様は時々、わたしたちにまったく理解できないことをされます。
それでもなお、神様はすべての事を働かせて益としてくださるということを信じているのがクリスチャンでもあります。
地上に残されたわたしたちは淋しさがありますが、召された姉妹は、天国で完全な癒しを得て、イエス様の身元で安らいでおられることと信じています。
しかし、やはりご家族の心情を思うと胸が一杯になります。
 お父様の会社関係の方、お友達の方、教会関係者、とにかくびっくりするくらいの人で溢れていた前夜式でした。Mちゃんがたくさんの人に愛され、惜しまれていたことがうかがえました。
教会に入りきれない人々のために、スピーカーが外にも設置され、また、スクリーンには、在りし日のMちゃんの姿が映し出されていました。
今は、とにかくご家族や親しい方々の上に神様の慰めがあるようにと祈るばかりです。

 さて、今日は、教会で月に一度の女性会だったのですが、昨日、前夜式に出かけていたこともあって、比較的簡単な「レモンメレンゲパイ」を作ることにしました。
簡単、というのは、丁度冷凍のパイシートの使い残しがパイ一台分あったので、フィリングだけ作ればよかったからです。昨夜、パイの空焼きをし、レモンクリームを作り、今朝、メレンゲの仕上げをしました。

06_12_07レモンメレンゲパイa.JPG 06_12_07レモンメレンゲパイ.jpg

上の白い部分は全部メレンゲです。
これが全部生クリームだと胸焼けしそうですが、メレンゲなので軽い口当たり、レモンクリームもミルクを入れないさっぱりタイプのもので、甘さも控えめです。
レモンクリームは白砂糖で作ればもっと綺麗な黄色になるのですが、きび砂糖を使ったので少し色が濃いです。
メレンゲは真っ白にしたかったので白砂糖を使いました。
冷凍パイシートを使いきったので、今後は、ちょっとパイ生地も自分で作ってみようと思っています。大理石ののし板も実家から持ってきたことですし…。
 大理石ののし板は、普通に買うと結構なお値段します。わたしのはそう大きいものではなく(30cm×45cmぐらい?まな板よりは大きくて、狭い台所には充分な大きさです)、厚みもそんなにありませんからそんなに上等なものではありませんが、それでも、たまたまダ○エーのバーゲンで、1980円でgetできたのは、かなりお得だったと思います(これも10年以上前のお話…)。めったに使わないんですけど、あると嬉しいですよね。
 紅茶に入れる「アター・オブ・ローズ(ローズゼラニウム)も持参して、楽しいお茶の時間を楽しみました。
 もちろん、聖書からの学びの時間のあとです(笑)。本当はこちらがメインなんなんですけどね。
あんまり日記には、今日のお話がどうだった〜、とか書かないですね、わたしってば…(汗)。
聖書の語っている「愛」についてのよき学びのひと時でした、とだけ、書いておきますね。

 さて、今日はエルの初めてのピアノレッスンでした。
エルは、随分楽しみにしていたようで、昨日など、前夜式に行った八日市教会の牧師夫人に聞かれてもいないのに、「エルちゃんねー、ピアノならってんねんで」と一生懸命に言っていました。習うのは今日からなのに…(^_^;)
幼児園、いつもよりうんと早い時間におむかえに行ったのですが、興奮していたのか、あまりお昼寝ができなかったそうです。その上、着替え、帰りの用意も即行ですませたらしいですわーい(嬉しい顔)
女性会で残ったレモンメレンゲパイもご挨拶代わりに、お持ちしました。本当はもう一切れ食べたかったけど、ケーキの続くこの季節、涙を呑んで我慢しましたもうやだ〜(悲しい顔)
レッスンは、音符やリズムなどなど、まだまだ導入部。小さな子でもでも飽きないように工夫して楽しくレッスンを進めてくださいました。
 エルのピアノレッスンが続くのかどうか、今は海のものとも山のものともわかりません。
今はやる気まんまんです。
基本的には、「始める限りはちゃんと練習する、続ける」と約束して始めました。
家でも忘れないように楽しく復習していけたらいいな、と思っています。
このレッスンが楽しく続くためには親もそれなりに努力していかないと、と小さな決意をしたのでした。
posted by ♪Sunny at 18:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

ケーキ計画表

 昨日は、ベルギーワッフルを作りました。
エルとの約束ではチーズケーキだったんですけど、今朝のパンがなかったので、チーズケーキよりはワッフルのほうが朝食向きかな…と。パンを焼けばよかったのですが、チーズケーキを期待していたエルを満足させるためにワッフルにしました。
実は、アメリカンワッフルも、結構好きなのですけれど、やっぱりベルギーワッフルにはかないません。まだ、それほどマ○ケンがポピュラーでない頃、初めてのそのお店を見つけて、食べたときの驚きときたら…。「こんな美味しいものがあったのか!」って感じでした。
それが家で作れるようになるとは思いもしませんでした。
これから、少しずつ色んなフレーバーのワッフルを研究していきたいと思うのですが…。

 昨日、夫は1日会議だったのですが、忘年会を兼ねて(?)昼食にお鍋をするということだったので、残り物の野菜を持って帰ってきてくれることを期待していたのですが、期待と違う野菜を持って帰ってきてくれました。おかげで、急きょメニュー変更。
丸大根とがんもどきの煮物、大根葉の炒め物、ししゃも、インスタント味噌汁。
グイドは納豆も食べていました。
ひっじょーに日本的な食卓でした。

 今朝は、簡単ココアケーキを焼きました。
ホットケーキミックスを使って作るので超簡単。朝作って10時の集会に間に合います。
前に作ったよもぎケーキと同じタイプのものなのですが(ネットで見つけたレシピ)、簡単ですごく美味しいかったです。

06_12_05ベルギーワッフル.jpg

 昨日は、仕事の合間(ちゃんと仕事もしていましたよ!17日の集会の準備とか)にケーキ計画表を作りました(これも仕事のうち?)。家庭集会やクリスマス集会、エルの誕生日などなど、今月は目白押しで、割合にして2日に一回はケーキ(お菓子)を作らなければなりません(実際には結構連続していたり、ダブルヘッダーもあったり・汗)。本当は、「must」じゃないんですけど、わたし的には「作らなければならない」(笑)
で、当日になって何を作るか慌てなくてよいように、計画表を作りました。
しかし、今日、色々と考えていたら若干修正が必要です。
すでに昨日、チーズケーキからワッフルに変更していますしね(これは家庭用でしたが)。
さらに今朝は思いつきでココアケーキを作ってしまったし。
 しかし、リストを見ていると、こんなに作れるのかな、とちょっと心配になります…。
ま、本当の「must」ではないので、気楽に行きましょう!
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

ボーッ

 昨日は朝から「キューヒライン」(どんなお菓子かはこちらをご覧下さい)を作りました。
「ちいロバ会(クリスマスコンサート参照)」のミーティングのためでした。
来られる先生の中には東欧の宣教に行っておられた先生もおられるので、「カルディナールシュニッテン」を作りたかったのですが、このところ、ちょっと気力がなくて…。
前日に作れなかったので、朝から間に合うお菓子ということで、「キューヒライン」になりました。
10時の集会に少し遅れて持って行くと皆さん歓声をあげて喜んで下さいました。
なんだか楽しみにしてくださっているみたいなので、嬉しかったです。
「キューヒライン」は皆さんはじめてご覧になったそうです。
「キューヒライン」という名前を紹介したら、ウチの団体のドイツ人宣教師の先生が「ドイツ語です」と教えてくださいました。「キューヒライン」というのは「クーヘン(バームクーヘンのクーヘン)」と同じで小さなケーキという意味なんですって。
でも、その先生もこのお菓子は始めてご覧になったそうです。
このお菓子は、ほとんどの方が「初めて見た」とおっしゃって、喜んでくださるので、簡単な割りに作り甲斐のあるお菓子です(ニコ)

 お菓子をお持ちしたついでにミーティングにも参加。
10日のコンサートの打ち合わせと、今後の展開についての話し合い。
それぞれの牧師や牧師夫人のそれぞれの賜物が生かされ、用いられ、学ぶところの多いミーティングでした。現実を踏まえつつ、建設的な意見も出され、本当に楽しく、有意義なひと時でした。
来年以降も、この「近江ちいろば会」が良い形で継続発展していきますようにと願っています。

 午前中に集中力を使ったせいか、午後は、賛美練習用MDの編集作業をしながら寝てしまいました。

 今日も、ちょっとボーっとしています。
また風邪がぶり返している感じ。
風邪はちょっとよくなったかな、と思うとまたちょっと戻ってくる、という感じでスッキリしません。祈りつつ、この忙しい季節を乗り切っていきたいと思います。
posted by ♪Sunny at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

グイドの勧め

 昨日、夜になってからグイドの勧めで新しいポータブルMDレコーダーを買いに行きました。
下見しておいた売り場に立ってグイドと話しているとお店の人が声をかけてきました。
普段はお店の人と話すのは面倒なのですが、昨日に限ってはなぜか、気が向いて色々話してしまいました。
今のところ、録音機器としての手軽さと音質などのバランスを考えるとやっぱりMDが一番いいということになり、他にも色々欲しかった機能がついているMDレコーダーの購入を決断しました。
そのお店では丁度、ポイントカードの切り替えが行われている最中で、そのことを聞かれて、すでに手続きをした、と返事をするとさらに、「何か案内の手紙が届いていませんでしたか?」と聞かれました。
「来ていたような気がするけれど、この季節色んなダイレクトメールが来るので…」と正直に答えたら、そのダイレクトメールの中に割引券が入っていたはずなので、と2000円引きにしてくれました。さらに、ポイントが2000円分溜まっていたので、それも使って、合計4000円引きで買うことができました。「普段は煩わしいと思うけれど、たまにはお店の人と話してみるものだね」とグイドも言っていました。
 今、MP3などの新しい商品に押されてMDは種類も少なく、新製品もあまり出ない中で、結構お高い、しかも値引きされていない商品を買う人は珍しいのでしょう。
実はネットではもう少し安く買えるお店もあったのですが、確実にすぐ手に入ること、クレジットカードが使えること、サービスなどなどを検討して近くの量販店に行ったのですが、値段はネットより高くても、よいサービスが受けられたことで、満足感がありました。
今日、色々試してみたら、本当に満足の行く商品であったので、これが与えられたことに感謝しています。
そして、神様を賛美するためにこのMDを用いるぞ、と、改めて思ったのでした。

 いつも、わたしが主を賛美することを喜んで、背中を押してくれるグイド。
今回も、思いきってポータブルMDを買うように勧めてくれて、感謝しています。

♪Sunnyのもの想い更新しました。
posted by ♪Sunny at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする