2007年05月29日

ストレス解消?

 この頃なんだかとてもイライラしています。
昨日ぐらいからはなんだかとても憂鬱な気分までしてくる始末。
子供にもついついきつく当たってしまったり、必要以上に怒ったり(叱るではなく怒る…)していました。
 そこで、という訳でもないのですが、今日は半日、土いじりをしていました。
朝、携帯で天気予報を見ると曇りだったので、カンカン照りが苦手な私は「今日しかない!」ということで、昨年の秋からほったらかしにしてあったプランターや植木鉢の土をふるいにかけて整理しました。
それから、デンマークカクタスとハナキリンの植え替え、ついでにハナキリンは挿し芽をしてみました。ラベンダーもやっと定植しました。また今年の早春(まだずいぶん寒いころでした)に挿し芽したアター・オブ・ローズ(ローズゼラニウム)も1本は枯れましたが、もう1本は蕾が付いていたので、定植しました。
 それから日々草の種を9粒蒔きましたが…はたして芽が出るでしょうか?
日々草の種はすごく小さな種で、本当ならばら蒔きして間引いて、定植して…というのが手順なのでしょうが、面倒くさがり屋のわたしは、とりあえず鉢に直蒔きし、芽の出たものだけ育てようという横着をしました。
 そういえば、お友達に日々草の種を送ると約束したまままだ送っていなかったので、残りの種を急いで送るつもりです。日々草の種は発芽温度が高く、確か5月中旬以降に種を蒔く、とのことだったので、北海道のお友達には、何とか間に合うかな、ということで。
 それから、エルの幼児園で朝顔の種蒔きをしたということで、家でも蒔きましょう、と思って植木鉢に土を入れて用意したのですが、いざ、蒔こうと思うとその種がない!!がく〜(落胆した顔)
日々草の種を送ると約束したお友達が、昨年、一足先に送って下さった朝顔の種。蒔くまでの間、大事に…と思って大事にしまいすぎてどこへしまったかわからないのです。本当にわたしのこの頃の物忘れは筋金入りになってきました。
せっかく送って下さったお友達に申し訳ないやら、情けないやら…もうやだ〜(悲しい顔)
とりあえず植木鉢は準備したので、もう少し探して見つからなければ、姉のところにも種が余っているらしいので、貰ってきて蒔こうか…と思案中です。
 デンマークカクタスは早くに外に出しすぎたので、寒さで葉が焼けたようになっていたのですが、それでも、新芽が出てきていましたので、思い切って随分と葉を刈り込みました。夏の生育期に少し元気を取り戻してくれることを願いつつ。

 今日は半日土をいじっていた割に、パッと見にはたいして変わったところのない花壇ですが、気持ち的には、いくつかの植え替えや定植ができたことですっきりしました。
イライラがすべて解消したかと言うとそうでもないけれど、土いじりをしている間は頭の中を空っぽにして、熱中できたので、ちょっとストレス解消になったかな?

 夕方、食事の支度をしていて、はっと気がついたら今日はうちの教会でミーティング。
お菓子を作るつもりだったのに、土いじりに気を取られてすっかり忘れていました。
あわてて簡単ココアケーキを焼きましたが、持っていくタイミングを逃したので、これは明日の祈祷会に持っていくことにします。
 写真は昨日エルと作った「よもぎ餅」右のは餡(白餡しかなかったのでそれを入れました)が入っています。左のは中には何も入れずに黄な粉をかけてみました。
よもぎはエルが教会の周りで日曜日に摘んできたもの。あまり良い環境で育ったとも思えなかったのですが、十分洗えば大丈夫、ということで使ってみました。
本に「みじん切り」と書いてあったので、刻んで混ぜ込んだのですが、少し擂り鉢で擂ったほうが良かったかな、と思いました。全体が緑色にならずに、白いお餅に緑が点々…。それはそれで爽やか、と自分を納得させていただきました。若葉ではなかったので香りも少し弱かったように思いましたが、それなりに美味しかったので満足でした。

07_05_28よもぎ餅.jpg
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

明日のお天気は?

 先週のことですが、金曜日は朝から雨でした。
エルは幼児園に行くなり先生に「今日どうして雨かわかる?」と聞いていました。
先生が「どうして?」と聞くと「エルちゃんがお祈りしたから」と嬉しそうに報告していました。
そう、実は前夜、エルは「明日雨が降りますように」とお祈りしていたのです。
先日、「雨が降るようにテルテル坊主を作る」というエルに、「雨を降らすんだったらテルテル坊主じゃなくて雨雨坊主だね」と教えました。
テルテル坊主に髪の毛を描くと雨雨坊主になるんだよ、と。
でも、「実はテルテル坊主や雨雨坊主には力がないから、それよりイエス様にお祈りしたほうがいいよ」と話しました。そうしたらエルは「イエス様に、雨雨坊主に力をくれるようにお願いする」と言っていました。
そして木曜の夜は、「雨雨坊主に力をあげて、明日雨が降るようにして下さい」とお祈りして寝たのでした。
どうして雨が降ってほしかったかと言うと、先日から幼児園で畑にサツマイモを植えたり、植木鉢にピーマンを植えたりしたから。植物のために雨が必要、と思って雨をお願いしていたようです。
なんだか微笑ましいエルでした。
その日は一日中ためだったので、金曜の夜は「明日は晴れるように」とお祈りしていました。そして、土曜日はその通りに晴れたのでした。
 さて、この前は、「雨が降りますように」と祈って、あまりにもたくさんの雨が降ったため、今日は「明日、ちょっとだけ雨が降りますように」と祈っていたエルでした。
さて、明日のお天気やいかに?(ちなみにわたしもエルも、天気予報というものをさっぱり見ないので、朝起きてみないとその日のお天気はわからないのです)

 金曜日は家庭集会でしたので、朝からパンプディングを作りました。
以前に作ったプディングディプロマットのような感じですが、エンゼル型で、中にはバターでソテーして、レーズンと一緒にラム酒に漬けたリンゴが入っています。
ちょっと型抜けが悪かったので表面がボコボコしていますが、味は悪くなかったと思います。

07_05_25パンプディング.jpg

 土曜日は、午前中、教会で小坂忠さんのDVDを見てワーシップリードの学び会をしました。DVDを見たあとには、今わたしたちの教会で行っている礼拝前の賛美の持ち方について、それぞれが意見を出し合ったりして、良い分かち合いの時となりました。
 思っていたよりたくさんの方が出席されて、用意したお菓子の数がギリギリでしたが、きっちり間に合ったので、ホッとしました。
お菓子はバナナケーキでした。やっと、自分にとって定番のバナナケーキのレシピが見つかってとても嬉しいです。ラムレーズンを入れるのがアクセントになっていて、ちょっと大人味かもしれませんが、甘すぎなくてとても気に入っています。

07_05_26バナナブレッド.jpg

 今日はペンテコステ礼拝でした。わたしたちの教会としてはたくさんの方が集ってくださって嬉しかったです。
今週もまた、今日教えられたことを覚えつつ、恵みの一週間を過ごしたいと思います。

07_05_27レッドシンフォニー.jpg
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

no title

 時々、こうして日記をつける意味があるのか?ふと迷うことがあります。
それでも、いつも書いていることですが、どこかで読んでわたしのことを思ってくださったり、祈ってくださったりする方がいるので、やめてしまうのもなぁ、と思って何となく書いています。
昨日会った友達も、「ときどきHPは覘いていた」と言ってくれていたっけ。
そんなこんなで今日も付けています。

 最近、やけに「若い」「若い」と言われることが多くて、ちょっと嬉しいです。
でも、見かけが若いせいか、「二人目はいつ?」「もう一人産まなくちゃね」なんて言われるのはちょっと面倒臭いですね。
別に、傷つくとか、そんなに大げさではないのですけれど。
その度に、病気を持っていることや(ドクターストップとまではいかないのですが、一人目の時「一人目だから仕方がない」と出産を許可されたとか…)、年齢的なことを説明しなきゃいけないのが面倒なんです。本当に面倒臭い時は笑ってごまかしちゃいます。
まあ、そういう流れで年齢を言って驚かれることも多いのですが。
結婚が遅いと「そろそろ結婚したら」と言われ、子供がいないと「子供を作ったら」と言われ、一人産んでも「二人目は」と言われ…。
皆さん悪気はないし、わたしはそのことですごく悩んでいるわけでもないので、それほど気にしてはいませんが、悩んでいる方にはものすごーく傷つく言葉だと思います。
わたしも結婚してしばらくたつ人には「子供さんは?」と聞きたくなる時もありますし、おっしゃる皆さんの気持ちもわからなくはないんですけどね。

 ミニバラが、うどんこ病にやられながらも頑張って咲いています。
でも、イースターイエローは3つほど、大きな蕾が駄目になってしまいました。
しばらくこまめに消毒しながら様子を見ようと思います。
 ふと気がつくとワイルドストロベリーの実が生り始めていました。
先にたくさんの花が咲いていた桃花種のほうは時々気にしていたのですが、受粉がうまくいかなかったのか、実の生りにくい種類なのか、あまり実が付いていなかったのですが、あとから咲いた白い花のほうがすでに赤くなっている実がいくつかと膨らみつつある実がたくさんついていました。まあ、サイズは本当に小さいのですが(写真の指先と見比べてくださいね)。よく見ると桃花種のほうもいくつかは実が付いていました。
お友達からの知恵で、冷凍できると聞いたので、少しずつ収穫しながら冷凍して、たまったらジャムにでもしようかな?
 今年は気候がおかしくて、春は庭いじりのタイミングを逃してしまいました。
去年は夏場も結構頑張ってやっていたのですが、今年は去年ほどの情熱もなく、今後は手軽なものだけ育てよう、なんて気になっています。

07_05_22イースターイエロー.jpg 07_05_22レッドシンフォニー.jpg 07_05_22イースターイエロー(詩音撮影).jpg

イースターイエローはエルがとったのでちょっとピンボケだったりしますわーい(嬉しい顔)

07_05_14チャイブ.jpg 07_05_22ワイルドストロベリー.jpg  07_05_22アター・オブ・ローズ.jpg

左はチャイブ。今はこの花は全部切り取って乾燥中。姉に教えてもらってチャイブ酢を作りたいと思っています。きれいな紫色になるとか。
右はワイルドストロベリーと満開のアター・オブ・ローズ(ローズゼラニウム)

 久しぶりにお菓子の写真。
今日のオカリナ会のために、ベルギー(ブリュッセル)ワッフルを焼きました。
大きさがものすごく不ぞろいなところがわたしらしいですね。
最近忙しくてお菓子を作る時間があまりないのが残念。
と言ってもわたしはそんなに凝ったお菓子を作る訳でもないし、同じようなお菓子ばかり作っているので、いちいち写真を載せるほどでもないのすが。
今週後半はいくつか集会がありますので、またお菓子作りに励みます。

07_05_23ベルギーワッフル.jpg
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

びっくり!

 今日は神戸のレディースランチョンに参加してきました。
父が講師としてお招きいただいていたので、運転手として同行しました。
それは半分口実で、実は音楽ゲストのお二人西村泳子さんと島田麻貴子さんのヴァイオリンとピアノのデュオが聞きたかったから、同行させてもらったのす。
西村泳子さんのヴァイオリンは、向日かおりさんのコンサートで一度聞かせていただいて素敵だなぁ、と思っていたので、今回、あわよくばお近づきになれたら…と思ったのでした。
お二人は、「az」というバンドのメンバーなのですが、この「az」どこかで聞いたことあるなあ、と思っていたら、1stアルバム発売の時に、いつもピアノを弾いてもらっているM君がからんでいたのでした。
しかも、西村泳子さんは一昨年団体女性会でお招きした辻井淳さんに師事しておられたとのこと。いやぁ、つながるつながる…。
また、ピアノの島田さんは、以前、父がお伺いした教会で、証しの最中に低血糖の発作が起きた時に急遽ピンチヒッターでわたしが話したのを聞いていて下さったのだそうです。

 そんなこんなで色んなお話ができてとても楽しい会食でした。
もちろん演奏も素晴らしくて、深い音の中にお二人のスピリットが感じられて、感動しました。父も元気に公演を務めることができましたし、本当に楽しいランチョンのひと時を過ごさせていただきました。

 そして、終わってからさらにサプライズ。
グイド(夫)が神学生時代にご奉仕していた教会のメンバーの女性がひょっこり歩いてこられて…、結婚式以来かな?という再会でした。
聞くところによるとご主人がMB神学校に入学されたとか。ご奉仕しておられる教会でチラシを見て来て下さったのだそうです。
神様の導きに感謝しました。

 エルは、今日はグイドとの登園でしたが、スムーズに、遅刻することもなく行けたようです。

 さて、今日の恵みに感謝して、明日もまた、ベストを尽くしましょう!!
posted by ♪Sunny at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

やってしまった!!大失敗!!!

 1週間のご無沙汰をいたしました。
日記を書いていなかったからと言ってのんびりしていたわけでもなく、先週も何となくバタバタと過ごしておりました。

 水曜日はいつものように祈祷会、午後はケアハウスでの聖書研究会でした。
お菓子は、疲れていたこともあって簡単よもぎケーキを焼きました。いつも黒豆をトッピングするのですが、わざわざ買ってきてというのも…と思っていましたら、頂き物の中に金時豆がありましたので、今回は金時豆をトッピングしてみました。

 他に先週はPCを買い替えたこともあってデータの移行、ソフトの更新などなどにものすごーく時間をとられました。1日はもう何年ぶり、何十年ぶり(?)に完全徹夜になってしまいました。
子供を幼児園に送ってから結局3時間ぐらいは寝ましたが…。

 週末は敦賀の教会で、父とともにご奉仕に与りました。
牧師先生ご夫妻は、同時期に神学校で過ごした古い友人で、わたしもとても楽しみにしていました。
父は少し体調を崩していたのですが、敦賀でのご奉仕には何とか間に合いました。
少ししんどそうかな?と思ったのですが、傍で見ているほど、本人は感じていなかったようで、あまり心配しすぎると本人は鬱陶しそうにしていました。
終わってから、お食事をご馳走になりました。とっても美味しいお肉で、両親もわたしも大満足。自分だけおいしいものを食べて、一人残してきたグイドにちょっぴり申し訳ない…。帰ったら何か好きなものを食べさせてあげよう、と思いました。

 今回は父の証しの後で2曲賛美させていただきました。伴奏は、今回はM君に録音してもらったものを持っていきましたが、いつも奏楽者に合わせてもらってばかりいるので、録音したもので歌うのはなかなかなれません。
でも、どんな形ででも、賛美させていただけるのは本当に嬉しいことです。
機会を与えていただけて、本当に感謝しています。

 ところで、タイトルの大失敗は土曜日の夜のことでした。
父が、HBで焼くパンをいたくお気に入りで、「ぜひ食べたい」というので日曜の朝焼きあがるようにセットして寝たのですが、日曜の朝、HBのふたを開けると焼けていない!!
「え?うそー!!!」
土曜の夜、「このレシピはわたしが考えたスペシャルレシピなんだよ」とか、このイーストはスーパーでは売っていないけどイースト臭くなくて美味しいから、お母さんがHB買ったらこれ、買ってきてあげるからね」などと自慢しながらセットしたのに…。
寝ぼけた頭が少しはっきりしてきて、焼けそこないの粉を見ていてやっと気付きました。
小麦粉入れた、バター入れた、砂糖、塩、スキムミルク、イースト、全部ちゃんと入れた…。「あっ、水入れ忘れた!」
窯の中にあったのは、バターの焼けた匂いのしみ込んだ小麦粉でした(爆笑)

 明日のご奉仕のために、今晩から実家に泊まりに行くのですが、父から昨日の晩「あのパンがすごくおいしいから焼いてきて」と電話。今朝もまた、「今日、パンを買わないで待っているから、絶対忘れないでパンを持ってきて」と電話がありました。
今日は、水も忘れずに入れてセットしました。パンはちゃんと焼けるはずなので、あとは持っていくのを忘れないようにしなくては…。

 エルは、今どんどんいろんなことを覚える時期なんですね。
今朝、幼児園に送って行きながら、「お母さんね、今日の夜はいるけど、明日の朝はいないから、お父さんと幼児園に行ってね」と言うと、「どうして?」と聞くので「お仕事だよ」と答えました。
「今日の夜まではいるからね、明日のお迎えも行くから。でも朝だけいないからね」というと、
「エルちゃんのためにできるだけのことをしてあげたいの?」と聞くではありませんか。
そんな言葉づかい、いつの間に覚えたんでしょうか…。
笑ってしまったけど、「そうだよ、エルちゃんのためにできるだけのことはしてあげたいの」と答えました。

 エルは、語彙も増えて、することも面白くて、もう毎日の日記には書ききれないぐらい、親を楽しませてくれています。
子供が成長するって、本当にすごいなー、と毎日感動しています。

 子育てと、教会奉仕、と言ってもわたしの場合それが「仕事」でもあるのですが、加えて自分自身の勉強(いろんなところへ出かけていくことも含めて)などなど、色んなことのバランスをどう取っていくのか、最近の私の悩みであり課題です。日々悩みながら、精一杯励んでおります。
時には、子供のためにしたいことのすべてが出来ないことがあっても、今は神様から子育てをゆだねられた特別な時なのだと言い聞かせることもあります。
時には、情に流されて神様を2番にしてしまいそうになる時もあって、それは本末転倒、と葛藤することもあります。
でも、狭い視野で考えるのではなく、大きな神様の懐の中で、赦されている自由を味わいながら生かされている日々楽しんでいきたいと願っています。
(ちょっと意味不明な文章…?)
posted by ♪Sunny at 16:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

波乱の週末

 11日は午前中、野洲のJ先生のところへちょっとした打ち合わせに行ってきました。
午後からは、12日の為の賛美の練習でした。
 J先生のところへはお土産に黒豆入り蓬ケーキを、M君との練習には、そのアレンジで簡単紅茶ケーキを焼きました。

 それから11日はグイドの誕生日でした。
家族では、10日の夜、近くのイタリアンのお店でささやかなお祝いをしました。
グイドは30代最後の歳になった、と感慨深げでした。
神様がこの1年も祝してくださいますように。

 昨日(12日)は夕方からVIP堺(於・チャペルこひつじ)の集会で賛美と証しをさせていただきました。
 弱音を吐きたくないけど、今週はいっぱいいっぱいでした。
こんなことを書くことは相応しくないのかもしれないけれど、「神様助けて!」と言う状況の中で、本当に助けられた記録として書きとめておこうと思います。

 と言うのも、先週はとにかく忙しく、水、木、金と日増しに体調が悪くなってきて、寝不足もあって、月一の不調もあって、金曜日には最悪の状態でした。
信仰的には祝福もいっぱいあってとても充実した週だったのですが、肉体的には本当にきつかったです。
精神的ダメージもあって、もうダメ、と思いたくなる状況でした。
 一昨日は、母がグイドの誕生日を祝ってくれるというので、夕方、家族で実家に行き、母とわたしたち家族で外食をして、グイドだけがまた栗東まで戻ったのですが、わたし自身はもう肉体的、精神的に限界で、夜は証しの準備もできずに寝てしまいました。
 そして昨日の朝、起きたら声がガラガラでした。
 証しの内容は、最初は「何でもいい」ということだったので、そのつもりで賛美の選曲をし直して(といっても大幅な変更はなかったのですが)、金曜日に練習をして流れを考えていましたが、一昨日の夕方、実家に向かう途中で電話があり「やはりお父様のことを語ってください」とのことでした。
土曜日の朝、祈って証しの準備を始めましたが、賛美とどうつなげていくか?どうしてもイメージできなくて、頭の中は真っ白になってしまいました。
声は出ない、証しも何をどう語ればいいのかわからない…、とにかく祈って…と、祈り始めても、ことばが出ずに涙が溢れてきてしまいました。わたしは肉体的に疲れると涙もろくなるところがあるようです。金曜日にも一度、グイドと世間話をしている時に泣いてしまったのでした。それも泣くほどの話でもなかったのにポロポロ涙が出てきたのです。昔、エルを保育園に入れたときも、別に泣き落とすつもりはなかったのですが、肉体的にボロボロの時に福祉課にいったら、涙が溢れてきた、ってことがありました。
今回は肉体的な疲れだけではなかったと思いますが、とにかく涙が溢れて、どうしても一人で祈ることができなかったので、グイドに電話をして祈ってもらいました。
こんな時、共に祈ってくれる伴侶が与えられていることの何と幸いなことかと感謝しました。
グイドに祈ってもらって、少し落ち着いて、もう一度PCの前に座り、思い出してたまたま他の必要の為に持っていっていたメモリーを開いてみると、以前どこかで語らせていただいた証しの原稿が目にとまり…それを見た瞬間にその日の集会をどのように展開すればよいかが頭の中にイメージできました。

 でも、その準備の中で、M君とは何度もやった曲だけど、今回の練習では一度もやらなかった曲をやるように導かれ、さらに、集会が始まってから突然曲の順番を入れ替えたり…奏楽者には本当に迷惑をかけました。
 とにかく、わたしが弱いときにこそ、強いイエス様が働いてくださる。
そう信じて明け渡してご奉仕しました。

 もう間違いだらけミスだらけで、毎度のことながらあとでMDを聞いて赤面するような歌でした。
でも、心一杯の賛美を捧げることができて感謝しています。

 VIPのメンバーの皆さんが本当に喜んでくださって、「これはこれでよかった」と言ってくださって胸をなでおろしました。
わたしの賛美も、牧師先生が、「声楽家の方などは技術で聴かせますが、貴方のはそうではなく霊的にご自分が受けた感動を伝える、そういう賛美ですね」と言ってくださったのがとても嬉しかったです。
そしてM君のピアノも同じように感じた、と。
わたしたちの賛美が、わたしたちの願っているような形で伝わっていたことが本当に嬉しかったです。
 VIP堺のある方は「正直、こんなに上手いとは思っていなかったんです。ちょっと感動しました」とおっしゃって下さいました。
これは自慢ではなく、「だれそれに師事」とか「○○音大卒」とか何の肩書きもなく、それどころか何の実績のない者に「父の代わりに証しと賛美をします」と言われても、そりゃ「大丈夫かな?」と思うのが当たり前だよなぁ、と思いました。
でも、それなりに納得(?)していただけたようで本当にホッとしました。
姉の福音落語も、大ウケで、本当に皆さんが喜んでくださって、姉も喜んでいました。
わたしの証しが長くなってしまって集会の終わる時間が随分遅れてしまったのに、あとの茶話会も盛り上がって、かなり遅くの時間まで皆さんとの交わりが続きました。

 また集会には、何人もの友人が来てくださっていて、それもすごく嬉しく励まされました(もちろんわたしのためだけに来られたわけではないのですが)。
また、グイドも珍しく、集会前に励ましのメールをくれたりして、来られなかったけど陰で祈ってくださった皆さんの祈りをひしひしと感じた集会でした。

 父の本に、わたしと姉のサインを、と頼まれて何冊か、サインまでしてしまいましたよ(笑)

 とにかく波乱の1日が終わってホッとしました。
霊的には戦いもあり、メチャクチャ疲れましたが、充実した1日でした。

 用いられる人ほど霊的攻撃を受ける、と言いますが、わたしのはそんなものじゃないなぁ、と思います。
もう追い詰められて切羽詰らないと神様に頼りきらない、そんな弱さのゆえに毎度のように神様が叱咤激励してくださっているように思います。
日頃からもっと、イエス様を頼って、そして神様のご栄光の為によく自分を鍛錬する者にならなくては、と思わされます。

 さて今日は母の日、教会では恒例のピクニックが行われました。
と言っても、最近は高齢化してきたこともあって、近年は琵琶湖水生植物園、琵琶湖博物館などに出かけ、今年は「水のめぐみ館アクア琵琶」というところに出かけました。
普段近くを通りかかってもなかなか足を踏み入れないところだけど、行くとそれなりに面白くて勉強になるんです。
今日も、ホント、面白かったです。
そうそう、世界最大急の雨を体験できる設備もあって、合羽、長靴、傘と備え付けの物をフル装備して体験してきました。

 さて、今週は、ケアハウスでの聖研など、ありますが、先週に比べると少し落ち着いているかな?と思います。
少し体の疲れを取るためにゆっくりすごしたいと思います。
そのために、と言う訳でもないのですが、少し日記をお休みしようと思います。
まあ、すぐに復帰すると思いますので、ご心配なく。

 何かご連絡がありましたらメッセージBOXへどうぞ!


posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

カスタード寒天と女性会

 今日は月に一度の女性会(教会)でした。
昨日、夜中にデータのバックアップをしながら手軽に作れるもの〜、と探して、カスタードの本からまずプリンを選択。でも、グラニュー糖がなくて、上白糖でカラメルを作ってみたもののなんとなく味やツヤがイマイチで納得いかなかったのでプリンは却下し、そのあと心惹かれたカスタード寒天と言うのを作ってみました。
 今朝、試食しようと切ってみるとなぜか寒天が2層に…。
本に書いてあるとおりに作ったつもりなんですが、粗熱を取るまで混ぜた方が良かったのか、もう少しとろみがつくまで火を入れたほうが良かったのか、何が原因かイマイチわかりませんが、とにかく2層になっていました。
食べてみると、下の部分(色の濃い方)はツルンとして上(白っぽい部分)は少しフンワリした感じ。これはこれで良いかも、という舌触りでした。作っているときにかなり砂糖が多いと感じたので少し減らしたのですが、それでも寒天は結構甘かったのですが、上にかけるレモンシロップがさっぱりしていて甘さを中和してくれました。フルーツを加えても良い、と書いてあったので、昨日安く買って食べた苺の残りを刻んで入れてみました。これがまた相性バッチリで大正解でした。
実はわたし、子供の頃からゼリーは好きだけれど寒天ってイマイチ、と思っていたのです。でも、大人になってヘルシーだということで寒天も少しずつ食べるようになりましたが、このカスタード寒天はかなり気に入りました。
2層になってしまったのも、教会ではむしろ「こういうお菓子だと思った」「おしゃれ」と好評でした。怪我の功名(?)とにかく美味しかったのでまあいいや(笑)

07_05_10カスタード寒天.jpg

 女性会はいつもながら人数は少なくても和気藹々と楽しく過ごすことができました。
人数が少ない学び(交わり=コミュニケーション)は普段礼拝メッセージで語りきれないことがお話できるし、聞くほうも、普段の礼拝以上につっこんで聞くことができるのでとても有益な時間です。
グイドが提供してくれた学びのあと、色々と分かち合っている中で礼拝の最後に行われる祝祷が「派遣の祈り」なのだということをお話しすると「今までこういうことは知らなかったし、多分他の皆さん知らないので是非何かの機会に皆さんにも教えてほしい」と言われました。実はこの話、以前礼拝メッセージのなかでもお話させていただいたのですが、礼拝メッセージって、その時その時の必要に応じて心に残る部分が違うし、人によっても違うので、流れていってしまう部分って、案外多いんですよね。そう言っているわたしだって、毎回牧師のメッセージを微細に覚えている訳ではありませんもの。イヤ本当はもっと熱心に聞かなければならないのでしょうが、心に残る部分はどうしても限られてきます。
考えてみたら、礼拝メッセージというのは多くの人を対象に話されていて、そのお一人お一人の霊的必要は異なっている訳で、メッセンジャーはいちいち全ての人の必要を知ってそれを満たす為に準備する、と言うことはできない訳です。上手く表現できないのですが、メッセンジャーが全体的な導きの中で準備したことを神様が一人一人の必要に応じて介在して語ってくださる、と言うのかな、だから一人一人の心に残ることは違って当然、ともいえる訳です。
また、その時導かれたことをテキストにそって限られた時間で話すので、準備しているうちに「あれも話したい、これも話したい」と思っても全部を話すことは無理で、祈りつつ、一番必要なこと、その日神様から導かれているテーマにそって話を絞っていきます。あ、これはわたしの場合ですけれど。
だから、メッセージの中で語りきれないことって一杯あるのですが、少人数の学びだとそういうことが色々お話できるんですよね。また聞く方も、礼拝のなかでは聞き流してしまったことが改めて心に残ったりします。
 今回のことではないのですが、信仰歴の非常に長い姉妹が、ある時ある話のあとで「こういうことを初めて聞きました」と言われて驚いたことがあります。
と言うのも、その時の牧師のお話はそれほど特別なことではなくて、きっと多くの信徒の皆さんが何度も聞いたことがあるだろう、と言う内容だったからです。
でも、何度聞いていても、その時の必要に呼応しなければ案外心に残っていないということがあるのだと思います。
わたし自身も、何度も聞いている話が、ある時、「あー、これってこういうことだったのか」と改めて心に響いてくることがあります。
そういう意味でも、少人数のじっくりした学びや分かち合いってすごく有益だなぁ、と思わされます。
 また、学びのあとのお茶の時間にお菓子をいただきながら色々おしゃべりすることがまた楽しく有益なんですね。
礼拝メッセージを聞いただけではこなれていないことが、日常生活について分かち合いをしていく中で互いに教えあい気付かされてこなれていく、そんな感じがします。

 そんなこんなで今日も、楽しく有意義な時間でした。

 夕方はエルのピアノレッスンでした。
いつも家での練習時間には「なんでこんなことがわからないの?」とキーキーしてしまうことの多いわたしですが、ピアノを習い始めて半年足らずでよくこれだけ弾けるようになったなーと言うのが実感です。
先生の教え方を見ていると本当に忍耐を持って上手に教えられていて、色んな意味で感心させられます。エルはレッスン中にもあくびをしたり、おしゃべりをしたり、なんだか気ままにやっていて、わたしならキーキーしちゃいそうなところですが、先生はエルの無駄口にもちゃんと付き合って受け止めてくださっています。
退屈そうにレッスンしているエルですが、帰る時には先生の「頑張ってね」の声に、「頑張りまーす」とひょうきんに答えるのには先生も思わず笑っておられます。なんだかエルはいつも飄々としてマイペースで、先生にとっては初めてのタイプなのか、帰る時にはいつもエルの言動を見て笑っておられます。
ま、楽しく続けてくれればと思っています。
そしていつかエルの伴奏で賛美できたら嬉しいな~。

 写真はやっと咲いたイースターイエロー。
今シーズンで最後になるかもしれないので、しっかり写真に収めたいと思っています。
 今日は雨が降ったり、風もきつくて(よく繁ったローズゼラニウムの鉢がひっくり返るほどでした)肌寒い変なお天気でした。
昨日、一昨日と暑い位のお天気だったのに…。
これでは体もお花も戸惑ってしまいますね。
皆さんも体調を崩されませんように。

07_05_10イースターイエロー.jpg


posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

不安(PC不調)

 いよいよPCの調子が悪くなってきました。月曜日、ウイルスの完全スキャンをしろと言う指示が表示されたので実行したら、何が引っかかったのか、24時間以上かかってしまいました。
オーバーヒートしなかっただけましだなぁ、と思っていたのですが、一旦電源を落としたら立ち上がりません。
あーでもないこうでもないといじっていたら、何とか立ち上がったものの、ハードディスクにエラーがあって壊れるかもしれないから、すぐにバックアップを取って交換するようにとの表示。
 少し前からデータのバックアップを取らなくちゃ、と思ってはいたけれど、ついにくるべき時が着たか、という感じ。
今はだましだまし何とか使えていますが、次に起動させるとき、立ち上がるかどうか?と不安に思いながら使っています。

 月曜日は、お休みだったので朝はちょっとのんびりしました。
ブランチにガレットを焼きました。
「ガレット」というのはフランスでは薄くて丸いお菓子の総称らしいのですが、特にブルターニュ地方でガレットといえばこれ「そば粉のクレープ」を指すのだそうです。
わたしは最近までガレットと言うとクッキーのようなお菓子のことだと思っていました。
もちろん、そういうお菓子もあるのですが。
作ったそば粉のクレープは思ったほどそば臭くもなく、美味しかったです。甘くない具をはさんだりのせたりすることもあるようですが、レシピでは蜂蜜をかけて、ということだったのと、それがわたしごのみっぽかったので、蜂蜜でいただきました。
簡単だし、ヘルシーだし、結構気に入ったのでまた作ろうと思います。

07_05_07ガレット.jpg

 火曜日はPCの対応に追われたのと、土曜日に堺のチャペルこひつじで証しさせていただく予定だった父が急に出演できなくなったので、その対応にも追われました。
結局、もともと、数曲と区別賛美をさせていただく予定だったわたしが証しと賛美をさせていただき、オマケと言うか鳥というか(えらい違いですが・笑)に姉が福音落語をやらせていただくことになりました。
準備してくださっていた皆さんと、父の証しを楽しみにしてくださっていた皆さんには本当に申し訳ない思いで一杯でしたが、VIP堺の皆さんは、「祈ってきた結果のことだから、これも神様の御心」と受け止めてくださいました。

 そこでちょっと宣伝。
5月12日土曜日、午後6時半から
中百舌鳥駅前のチャペルこひつじで、賛美と証しをさせていただきます。
お時間のある方、是非いらしてくださいね!
お問い合わせは、メッセージBOX へどうぞ。

 火曜の夜はマーブルケーキを焼きました。
今日、水曜日、祈祷会のあと、オカリナ会があったのでそのお茶菓子でした。
初めて焼いたので、綺麗なマーブルになるか心配だったのでした。
焼き上がりの外見では「失敗したかな?」と思ったのですが、切ってみると案外それなりにマーブルになっていました。慣れたらもう少し上手になるかな?
今日は、朝夕と祈祷会で、オカリナ会もあり、その他雑用もあり、忙しい1日でした。

07_05_08マーブルケーキ.jpg  07_05_09マーブルケーキ.jpg

 そうそう、先日UPできなかったタイムの写真を撮りました。
また、「アター・オブ・ローズ」も花が増えていましたので、撮りました。
バラが本当にダメになりそうなんですけど、わたしには丈夫なハーブとか、そういうのが向いているのかなー、とちょっと諦めモード。
せめて今ついている蕾が咲くまで持ち堪えてくれますように、と願っています。

07_05_08タイム.jpg  07_05_08アター・オブ・ローズ.jpg


posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

いっぱい歌いました!(GWまとめ日記)

 えーと、この前日記を書いたのが4月30日と言うことで、5月に入ってはじめての日記であります。
 5月1日は仕事をする気まんまんだったのですが、エルが、またまた幼児園をサボりました。
と言っても、土曜日くらいから目が充血していて、眼科に連れて行かなくては、と話していたので、エルは、幼児園を休んでお医者さんに行きたい…と。病院好きな変な子です。
少し前から、足の関節などを時々痛がっていたので、それも病院に行った方がいいかな、と思っていたので、育児の先輩である姉に電話をして、どこへ連れて行こうか、と朝からあれこれ悩んで、結局、総合病院ではなく、小児専門医に連れて行くことにしました。
結局、関節痛は成長に伴うものだろう、と言うことでした。総合病院なら色んな検査漬けにされるだろうけれど、痛みが継続していない(診察時点で痛みはなかった)のなら、大した問題ではないだろう、とのことでした。
目の方は、大した説明もなく、点眼薬を処方されました。
こちらも、続くようなら眼科に行こうかな、と思いましたが、まあおさまったようで、大したことはなかったようでした。

 5月2日は祈祷会でした。
朝、思いついて簡単よもぎケーキを焼きました。
頂き物の黒豆の甘煮をトッピングしたら、案外豪華な感じになりました。

07_05_02よもぎケーキ.jpg

 夜の祈祷会はどなたも来られなかったので、少し早めに終わり、その夜から実家へ行きました。
実家の両親が、体調を崩していたので、様子を見方々、エルに爺婆孝行をさせるためでした。
父は、4月28日頃から、足にばい菌が入ったとかで、歩くこともできないくらい痛がっていました。母は、29日の夜に玄関先で転んだとかで腰を痛めていました。
あんまりひどいようなら行くのをやめようかと思ったのですが、両親も楽しみにしているようだったので、孫の顔を見せることで励ましになればよいかとも思い、結局行く事にしましたのでした。
 5月3日は、エルとわたしの髪をカットしてもらいに淡路(大阪の淡路です。淡路島じゃありません・笑)まで出かけました。
独身時代にずっと塚口のお店でお世話になっていた美容師さんのいるお店で、いつも母が行っているので、久しぶりに行ったのです。
その後、駅前のマクドナルドでお昼ご飯を食べ、商店街で母に、わたしの靴とエルの服を買ってもらいました。
母というのはいくつになっても子供や孫に色々してやりたいものなのだそうです。
ありがたいことです。
その後は、エルが一番好きなお風呂屋さん(温泉)に行きゆっくりとおふろを楽しみました。これは母の腰の為でもありました。エルは、お風呂のあとのアイスクリームを楽しみにしていて、とても喜んでいました。
 5月4日は、かねてから母がエルとの約束していたカラオケに出かけました。
祝日なので昼間でも混んでいるだろうと予約して行ったのですが、わたしたちが行った時間は案外空いていました。
今回はエルを喜ばせる為(?)であったので、エルのよく知っている歌を中心に、ところどころ自分の好きな中島みゆきなど織り交ぜて歌ってきました。
一緒に行った○ちゃんも、エルの知っていそうな曲を色々歌ってくれていました。母は、子供の歌は知らないので演歌一筋でした(笑)
エルはと言うと、最初は「やっぱり恥ずかしいから(歌うのを)やめとく」と言っていたのですが、「チューリップ」を歌ってみんなにほめられてから気をよくして、何度も「チューリップ」を歌っていました。
練習と言うのはすごいもので、エルは最初、「チューリップ」の高音部分が上手く歌えなかったのですが、帰る頃には高音部分もほぼ正しい音程でうたえるようになっていました。
その他にも、好きなアニメの主題歌や、幼児園で歌っている曲などをいっしょに楽しみました。
4人で3時間、歌いまくりましたよ。
カラオケは久しぶりで、聖歌・賛美歌以外の歌を歌う機会ってめったのないのですが、こういう楽しい歌もたまにはあってもいいかな、と思いました。楽しかったです。
 この日も、その後、小さな温泉に行きました。
以前は普通のお風呂屋さんだったのですが、温泉が出たというので、数年前から温泉になったお風呂屋さんです。
ここは普通のお風呂屋さんなのでアイスクリームなどはなくて、エルはお風呂上りに牛乳を飲んでいました。

 5日、一旦家に戻って、とんぼ返りのようにしてわたしとエルは豊中へ。(グイドは日曜礼拝の準備)
来週のチャペルこひつじでの賛美の為に、M君のピアノと合わせるためでしたが、丁度M君が特別養護老人ホームで唱歌を歌う集いにボランティアでピアノを弾きに行くということで、わたしも参加させていただきました。
と言っても、2時の開始に間に合わず(ガソリンがなくなったり、道を間違えたり、渋滞していたりが重なってしまいました)、高齢者の皆さんの後ろからなんとなく参加、と言う頼りないものでしたが…。でも懐かしい唱歌をたくさん歌って、楽しかったです。
わたしの年で懐かしい、と言うのも変なのですが、歌好きだった母が、わたしたちが子供の頃に「尋常小学校唱歌」と言うエイトトラック(これまた古い!!)を買って、よく聞かせてくれたり一緒に歌ったりしたのです。
だから、昔の唱歌がとても懐かしかったりします。
 その後、ロビーのピアノでM君と練習していたら、一人のおばあちゃまが、歌声につられて降りてこられたとのことで、「もう少し歌っていてください」とリクエストを受け、何曲か歌わせていただきました。
施設はキリスト教主義という訳ではないので(唱歌指導(?)のボランティアをしておられる方はクリスチャン)、普段皆さんで歌われているのは、唱歌や懐メロばかりなのだそうですが、そのおばあちゃまは賛美でも喜んで聞いてくださって嬉しかったです。
また、唱歌の集いにもぜひ参加させていただくことを約束して帰ってきました。

 エルは、わたしが練習している間、施設の方に飲み物をもらったり、柏餅をいただいたり、可愛がっていただきながら、一人で概ねいい子に過ごしてくれていました。
それで、ご褒美という意味も含めて、子供の日サービスで、帰りにレンタルビデオ(DVD)で「ドラえもん」の映画と「リトルマーメイド」を借りてきました。

 とにかく今年のGWは、エル中心に過ごしました。
今までになかったことでした。
普段、土・日と言ってもめったにかまってやらないので、こんなお休みがあってもよいか、と思っています。
でも、4日5日と、全然違うシチュエーション、中身でしたが、とにかくたくさん歌って楽しかったです。わたしにとっても嬉しいお休みでした。

 でも残念なことが一つだけ。
 実は、5月3日4日の2日間、グイドは大阪の「Love ソナタ」という催しに行っていました。
とにかく素晴らしい集会だったようです。
GWに過ごした家族とのひと時はわたしたちもとても楽しかったし、両親の励ましにもなったようで、それはそれで必要な時だったと思っていますが、グイドから、色々な話を聞くにつけ、わたしも行きたかったなー、と言う思いがちょっぴり…。
「Love ソナタ」というのは、韓国のオンヌリ教会が中心となって、日本の諸教会と協力して持たれている集会で、すでに沖縄、福岡で催され、大阪の次は、東京(7月24日)、仙台(11月22日)、札幌(11月1日)の3都市で行われるそうです。
わたしは行っていないので詳しいことは書けなくて残念です。
でも、こういう催しの積み重ねが少しずつ日本を動かして行くと信じています。

 今日は礼拝でした。
外は恵みの雨(?)
しっとりした落ち着いた1日でした。

 家を留守にしている間に、ローズゼラニウム、アター・オブ・ローズ、チャイブ、タイムが花をつけていました。
今日は雨で、撮った時間も遅かったので、シャッタースピードがどうしても遅くなってしまうので少しぶれています。
ローズゼラニウムとアター・オブ・ローズは同じセンテッドゼラニウムでもあり、花もとてもよく似ています。
アター・オブ・ローズの方が小さくて清楚な感じです。
タイムは、やっと冬を越したばかりでまだ苗に近い状態です。風にゆらゆら揺れてどうしても撮ることができませんでした。
可愛い小さい花です。
 ミニバラは元気のなかった3鉢がやはり枯れてしまいました。
残りはレッドシンフォニー2鉢、イースターイエロー2鉢。
イースターイエローは大きな蕾がついていますが、葉は少し病気っぽく心配です。
 ワイルドストロベリーは花盛りです。
返す返すも、花が咲くまでに植え替えできなかったのが残念です。
秋には株分けして、白と桃の鉢も別にするつもりです。
エンジェリックレモン(黄マーガレット)花盛りです。
 やっと、植木鉢が華やいできましたわーい(嬉しい顔)

07_05_06ローズゼラニウム.jpg  07_05_06チャイブ.jpg  07_05_06アター・オブ・ローズ.jpg

左からローズゼラニウム、チャイブ、アター・オブ・ローズ
posted by ♪Sunny at 22:44| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする