2007年09月30日

今日も良い日でした

 昨日から、実家に泊まり、今日は父と一緒に八尾の教会にご奉仕に伺いました。

 土曜の夜はすき焼きでした。
わたしばっかりご馳走を食べて、グイドに申し訳ない、と思いながらもおいしいお肉をたらふく食べてしまいました。
エルが美味しい、美味しいと言って喜んで食べるのを両親も喜んでくれていました。
親というのはまことにありがたいものです。

 今日伺った八尾の教会は、創立57周年記念の特別伝道礼拝とのことでした。
普段礼拝に集っておられる人数の倍以上の方が集われ、どこの教会にも所属していない方が20名以上も集われました。これは、最近のキリスト教会ではかなり驚くべき数字です。
もちろん、数が問題という訳ではないのですが、それでも、多くの方に集っていただけたのは正直に、とても嬉しいことです。
 また、とりわけ印象に残っているのは、92歳の女性、100歳の女性、といった高齢の方が集って下さっていたことでした。お元気で、まるでカレブのようなその信仰を見てとても励まされました。

 今日は父の証しの後に5曲賛美させていただきました。
朝、少し早めに出たら早く着きすぎてしまったのですが、今日は教会の方にピアノ伴奏をしていただくことになっていたので、リハーサルをすることができて丁度よかったです。
コンテンポラリーはあまり弾いたことがないので、と戸惑っておられましたが、とてもお上手で歌いやすく、素敵な時間を過ごすことができ、感謝でした。
聞いて下さっている皆さんの表情も、頷いておられる方、目頭を押さえる方、目をつぶって集中して聴いて下さる方、また一緒に歌うように口を動かしておられる方…いろんな方がそれぞれに、心を傾けて聞いて下さっているのが伝わってきて、それもとても感謝でした。

 父も元気にご奉仕を終え、また、この教会でも新たな出会いがあり、本当に楽しい1日でした。

 そういえば、教会についてしばらくしたころ、エルが行方不明になりました。玄関を見ると靴はあるので外へ入っていない様子でしたが、どこを探してもいません。
教会の方も探してくださってやっと見つかった時にエルがいたのは母子室でした。
エルは教会と言えば大抵どこにでも母子室があっておもちゃや絵本があるということをもう分かっているようです。
 イエス様が12歳の時、行方不明になったイエス様を探し当てた両親に、
「どうしてわたしをお捜しになったのですか。わたしが必ず自分の父の家にいることを、ご存じなかったのですか。」ルカの福音書2章49節
と言われたのをふと思い出しました。
エルは、どこであっても教会は自分の家の庭のような顔をしてすぐになじんでしまいます。
そしていつでもちゃんと自分の居場所を見つけているのです。
そのおかげでいつでも安心してご奉仕できるので助かっています。
そして、行く先々の教会の方と神様に感謝しています。

 今日、エルはまたまた、眠る前のお布団の中で、泣かせることを言ってくれました。
突然エルが「お母さんが死んだら生きていけないと思うけど、でもやっぱり生きていけると思う」というので「どうして?」と聞くと「お父さんがいるから」と言うのです。
これだけでも、「へぇ〜」と思っていたのですが、続けて「でも一人になったらちょっと怖い…でもちゃんと大事な人が二人一緒にいるからね」と言うので「イエス様?」と聞くと、「もちろん神様はいるけど、お父さんとお母さん」と言うので「ちょっと意味がわからないなぁ」と思っていたら、「お父さんとお母さんが死んでも、ずっと心の中にいるから」と言うのです。
いつの間にそんなことを言うようになったのかと思ってわたしはびっくり。
そんなエルが健気で可愛くて、涙がボロボロあふれて来て、泣きながらエルを抱きしめて「お母さんは絶対にエルちゃんを一人ぼっちになんかしないよ」というとエルもわたしに抱きつきながら「エルちゃんも絶対にお母さんを一人ぼっちにしない!」と言って泣いていました。
 わたし達母娘は時々、こうしてドラマみたいな場面を繰り広げています。
グイドに話すと笑うのですが、二人とも冗談で行っているのではなく真剣なんです。
こんな母娘の会話がいつまでできるのかと思いますが、だからこそ、こんな時間を大切にしたいと思うこの頃です。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

出会い

 人とも、物とも、「出会い」というのはあるものだなあ、と思うことがあります。
少し前にも書きましたが、出会い、というのは実に人生にとって大きな契機を与えるものであったりします。
 今日の出会いは、そんなに大したものではないのですが…。
実は、先日、ちょっとしたことで、グイドの使っていたオカリナの先が欠けてしまったのです。
グイドのオカリナが欠けるのは実は2回目でした。前にも一度、何かの拍子にかけてボンドで修理してあったのですが、今度は同じ部分が砕けてしまって修理不能でした。まあ、そのままでも音にはほとんど影響はなかったのですが、オカリナの先生が欠けたオカリナを使っているのも…ということで、京都の楽器屋さんまで、デートがてら、買いに出かけました。
 その楽器屋さんは京阪神でもオカリナの品ぞろえの良いお店なので、そこで、普段使っているオカリナと同じ種類のものを買ってさっさと帰る予定でした。
が…、品揃えの良いそのお店で見慣れないキーのものがあり…。
結局色々試奏させてもらっていると、出会ってしまったのです、どうしても欲しいオカリナに…。
 思えば、クラリネットを買った時もそうでした。
アメリカで、たまたま連れて行ってもらった小さな楽器屋さん。お店の人が最初に出してきたのは日本の超有名ブランドでしたが、自分が使っているものよりグレードの低いぐらいのものだったので、見ただけで首を横に振りました。2番目に出されたのは、メーカーはどこだったか忘れましたが、試奏してみたものの、自分の楽器と大差が感じられなかったため「Thank you」で終わりました。
楽器屋さんの御主人がそれなら、と3番目に出してきた楽器…これが出会いでした。
吹いてみたらとても素敵な音…初心者のわたしが吹いてもいい音がするのです。
どうしてもどうしても欲しくなって買ってしまいました。
 今日買ったオカリナもそんな感じでした。
グイドのだけを買う予定だったのに、ついついわたしのまで買ってしまいました。
わたしのは壊れていないのに…。
オカリナというのは壊れやすい楽器だから、予備が一つぐらいあってもいいよね…などと、グイドと言い訳をしあって買ってしまいました。
まあ、楽器屋さんとも話したのですが、オカリナというのは比較的値段設定の低い楽器で、上限でも他の楽器に比べれば安い方なのです。
グイドはその上限、最高級のオカリナを試奏させてもらっていました。
14万円ぐらいするそのオカリナ…びっくりするぐらい素晴らしい音抜けで澄んだ音色…、でも今の我が家にはさすがにそれを衝動買いするだけの経済力はなく、「貴重な経験だったね…」と言って帰ってきました。

 うちって、お金がないないと言っている割に、見るとあれこれ買ってしまうのです…。
これって「目の欲」ですよねぇ。
 次に、父が前に欲しいと言っていた本を買いにキリスト教書店に寄ったのですが、グイドは「見たら欲しくなるから」と、車から降りてきませんでした。
それで正解。
わたしは結局、仕事に必要だから…と言い訳しつつ、予定していた以外の本まで買ってしまったのでした。
 「あ〜、クレジットカードの請求が怖い!!」と言いながらも、不思議に神様が満たしてくださるので、「やっぱり必要だから与えられるのだ」と都合よく解釈しているわたしたちでした。

 写真は、わたしが書いたエルの似顔絵。
今度の運動会の時にそれぞれの子供が背中に張り付けるのだそうです。
ちょっと可愛く書きすぎたかな?と思いつつ、結構うまくできたじゃん、と悦に入っております。

DSCF2802a.jpg
posted by ♪Sunny at 23:41| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

初体験

 行ってきました、ケアハウスでのボランティアコンサート。
初めてのことで、教会でのコンサートとは勝手が違うので、ちょっとドキドキしましたが、まずまずスムーズに進めることができたと思います。
 何人ぐらいの方が来られていたのかなぁ〜。
30人…もう少しおられたかしら?スタッフの方々もおられ、けっこうたくさんの方がおられたように思います。
 1曲目の「琵琶湖周航の歌」から、一緒に口ずさんで下さる方があり、和やかな雰囲気で始まりました。

 今回、選曲した時は特に意識して選んだ訳ではなかったのですが、実は8曲歌ったうち、最初の「琵琶湖周航の歌」以外、全部クリスチャンの関わっている曲だったんです。
1曲目「琵琶湖周航の歌」
2曲目「荒城の月」 作曲者がクリスチャン。
3曲目「紅葉」   作曲者がクリスチャン。
4曲目「赤とんぼ」 作詞者がクリスチャン。
5曲目「ふるさと」   作曲者がクリスチャン
6曲目「美しき天然」 作詞者の妻が熱心なクリスチャンで、影響大。
7曲目「慈しみ深き」 賛美歌
8曲目「幸せなら手をたたこう」 訳詞者がクリスチャン。

 実は、「幸せなら手をたたこう」に関しては全く知らなかったのですが、先日、たまたま向日かおりさんとお話していたときに、たまたまその話題になりびっくり、でした。

 今回は、以前から歌いたかった「美しき天然」を歌うことができて嬉しかったです。
 また、もう一つの収穫は「ふるさと」
わたしにとって「ふるさと」は天国…。
そう思いながら歌っていると、3番の歌詞では胸がいっぱいになりました。
これからも歌っていきたいな〜、と思った曲の一つです。

 コンサートの終了後、たまたまエレベーターで一緒になったある女性は、「ふるさと」の時に、故郷を思い出して、涙がこぼれた、と言って下さいました。
皆さん、終始和やかで共に歌いながらの40分余りの時間でした。
奏楽者の方とも今回が初めての共演でしたが、楽しく共に音楽させていただけて嬉しかったです。
わたし自身もとても楽しく過ごさせていただき、ぜひまた、このような機会を持たせていただきたいなあ、としみじみ思いながら帰ってきました。

 そうそう、今日はエルも初体験でした。
何を、ってそれは「歯医者さん」
 一昨日、食事のときにエルが口の中を見せて「これ何?」というので、見ると、下の前歯の内側から永久歯が生えています。まだ、前の乳歯がぬけていないのに後ろから生えてきているのでびっくり。
このまま乳歯がぬけなければどうなるの?歯並び悪くならないかしら?色々心配して、ものすごーくショックを受けてしまいました。
 こんな時は、育児の先輩である姉に即電話。他のことはともかく(なんて書いたら怒られるなぁ〜)育児のことだけは頼れる姉です。
様子を話すとあっさり「うちの子もそうやったで」
ちょっとホッとしましたが、でもまあ、とりあえず状態を見てもらうために、歯医者さんに行ったという訳です。
 結果は、放っておいても大丈夫とのこと、ついでにフッ素を塗っていただいて帰ってきました。
虫歯もなかったし、良かった良かった!
 エルは、基本的にお医者さん嫌いではないので、そんなに緊張はしていなかったようですが、注射をしたり歯を抜いたりしなくて良かったのでちょっと安心したみたいでした。

 お庭の草花ですが、ローズ・ゼラニウムの「ミセス・キングスリー」はやっぱり駄目でした。
根元のところが折れたのですが、今日抜いてみたら、やはり枝の根元が裂けてしまっていて駄目でした。
でも、この前の時に2本、挿し芽したのはどうやら大丈夫そう。
何とかこの2本が無事についてくれるようにと根がています。
「アター・オブ・ローズ」や、普通の「ローズ・ゼラニウム」も状態が良くないので、思い切って刈り込もうか…と思案中。
「アター・オブ・ローズ」は前に挿し芽したのが順調に成長しているし、「ローズ・ゼラニウム」も、1本挿し芽してあったのが発根して、葉が増えてきたので、今日、定植しました。
だから、今の大株を刈り込みすぎて駄目になってもまあ、大丈夫かな…と思うのですが。
「アター・オブ・ローズ」はさらに2本差し芽しているし、「アンダー・ソニア」も1本挿し芽しています。
今ある「アンダー・ソニア」も状態が悪かった上に横に広がってしまっていたので、先日思い切ってばっさり刈り込みました。これでダメになっても挿し芽が付いていてくれれば…と思いつつ。
 日々草は、少し勢いがなくなってきたかな、と思うもののまだまだ花を咲かせています。
種もでき始めました。
来年は、朝顔をあきらめて日々草をもっとたくさん咲かせようかな…。
でも、夏の休暇の時、どうしよう?
春のリトリートの時は?
鉢植えって、地植えと違って水やりを欠かせないのが悩みの種です。
posted by ♪Sunny at 22:30| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

お月見

 昨日は中秋の名月だったとか?
知らなかったのですが、エルが幼児園で「先生が今日はお月見って言ってた」とのことで、お友達と芒を取ってきて、「お月見、お月見」とうるさく言っておりました。
それで、まあ別にお供えする訳ではないけれど、夜、お月見団子を作ってみました。
和菓子の本を2冊ほど見て、簡単な方を…。
最初は丸いのを10数個作ったのですが、うまく詰めなくて、結局積み上げないまま、エルがつまんで食べてしまいました。
 それであとから作ったのがこれ。

07_09_25.jpg

この細長い月見団子はどの地方のものでしょう?関西?京都?
わたしは子供のころから時々お目にかかって食べていました。結構好きだったんです。
思い出して何となく、で作ってみたのですが、まあこんなもんかな?
 写真を撮っているとエルが、「お月見だからお月さまがなくちゃ!」ということで絵を書き始めました。
で、できたのが、まるで「おじゃる丸」のオープニングに出てくるお月さま。
その絵を背景にして、エルが作った小さいお団子(餡を巻いたのはわたし)の方も一緒にして写真を撮りました。

07_09_25s.jpg

 この漉し餡は、前に小豆から作って冷凍しておいたもの。やっぱり小豆から作ると粉臭くなくて、美味しいです。
 エルは、以前は餡は好きではなかったのですが、この頃、餡が好きになったらしくて、餡のはいったお菓子も食べてくれるようになって嬉しいです。

 今日は、祈祷会でしたが、教会が床の張替え中ということで、Sさんのお宅での集会となりました。Sさんは、以前は欠かさずに祈祷会に出席しておられたのですが、この頃はお体の調子が思わしくなく、出席がままならないので、出張祈祷会となった訳です。
 また午後のオカリナ会も、もう一人のSさんのお宅で集まりました。
こちらには久しぶりにオレンジジュース入りのスイートポテトを…。
夜にはエルも喜んで食べてくれました。

07_09_26.jpg

 その後も色々盛りだくさんな1日。
今日も充実した1日となり、感謝。
(本当は全部書きたいけど、また「長い」とクレームが来そうなので省略…)

 明日は、初めてのボランティアコンサートです。
ちょっとドキドキしています。
高齢者の方々に楽しんでいただけますように、祈りつつ望みたいと思います。
posted by ♪Sunny at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

意外な同級生

 昨日は実家に泊って、今日、栗東に帰ってきました。

 今日、実家で読んだ新聞に自民党新総裁の福田氏の、意外な同級生が載っていました。
その人の名は「柴田秀勝」
この名前を聞いて、「へ〜、そうなんだ」と思う人は、かなりアニメ通というか、声優通というか…。普通は「誰よ、それ?」と思うでしょうねぇ。
いわゆるわたし世代のアニメファンなら「タイガーマスク」のミスターX、「マジンガーZ」のあしゅら男爵をはじめとして、数々の悪役や渋い役で名を馳せた声優さんとして有名なのだけど。新聞記事では2000作品以上に出演しているとのことでした。最近で印象に残っているのは、「NARUTO」の三代目火影様かな?
実はこの方、顔もなかなか渋くて、カッコいいと思うのは私だけでしょうか…。
 まあ、記事の中身はともかく、福田氏の同級生、なんて記事で柴田氏の写真を見るとは思っていなかったので、ちょっと意外でした。

 今日は帰ってご飯を食べようと思っていたのですが、帰りにちょっと用があって姉のところに寄ったら、事故渋滞に巻き込まれて、随分時間が遅くなってしまったので、結局、グイドに連絡を入れて姉のところでご飯を食べて帰ってきました。
エルも、短い時間でしたが、従姉たちと遊んで嬉しかったようです。
 でも、帰ってきたらグイドがいなくて、後で帰ってきたグイドに「せっかく帰ってきたのに、電話をしてもつながらないし、どこに行ってたの」と言ったら、「待っていたのに帰ってこなかったのはそっちじゃないか」と逆に言われてしまいました。
確かに、3日間も留守にしてしまったのに、挙句に、今日も遅くなってしまったので、申し訳なかったな〜、と反省しました。

 最近、モデムの調子が悪くて、しょっちゅうインターネットの接続が切れてしまいます。
そんな訳で、なかなかネットに出てこられないかもしれません。
まあ、ネットはIP電話よりはましなんですけどね。
IP電話は、大事な話をしている最中に切れることがあり、まったくもって困ったものです。
大事な話をする時はIPを切ってかけなければなりません。
 そんなこんなでプロバイダの乗り換えを検討中。
ちょっと前にアドレス変更したばかりなのに、またしなくちゃいけないのが面倒だけど、使い勝手を考えるとやっぱり「光」かな、と思っているところです。

 さて、明日からまた日常の生活が始まります。
ベストを尽くして臨みましょう!
皆さんの上にも祝福がありますように!!
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

徳島ツアー

 金曜の夜から、エルと実家に泊まり、土曜の朝から徳島に向けて出発しました。
今回は徳島県内で、土、日にわたって2ヶ所で父の講演&落語会が行われました。
主催は「露の五郎兵衛師匠の噺を聞く会」でしたが、実はこの会の中心となって御奉仕くださったのは、阿南と吉野川のルーテル教会の牧師先生お二人。
グイドの古い友人で、今回の企画も、グイドがお二人の先生方と話していてまとまったというものでした。
会場は、1日目が藍住町、2日目が阿南市でした。
わたしは、今回は、父の集会のほうではなく、阿南ルーテル教会の日曜礼拝で、2曲特別賛美をさせていただきました。
 父の講演&落語会は、どちらもたくさんの人が集まってくださり、また特に教会のメンバーの方々が熱心に準備してくださり、皆とても気持ちよく、御奉仕させていただきました。阿南市では、阿南高専の落語研究会の皆さんも手伝ってくださり、とても助かりました。
 お客様も皆さんとてもよく笑ってくださり、楽しんでくださって嬉しかったです。
近隣の教会からもたくさん出席くださり、吉野川の先生が「これで徳島の教会も活気付きます」といってくださったのが嬉しかったです。
 夜はホテルの温泉でリフレッシュ、お食事もびっくりするようなご馳走を予約してくださっていて、しかもいわゆる接待はなく家族でくつろげるようにと、また父がゆっくりできるようにと、とても細かいところまで気遣いをしてくださっていて、本当に感謝でした。

 今日はもう1日実家に泊まり、明日家に帰ります。
その間、一人で留守番をしてくれていたグイドにも感謝しなくては…。

 今週は、ケアハウスでのミニコンサート、30日は八尾の教会でまたまた父と一緒に礼拝で御奉仕させていただきます。
しっかり練習して臨みたいと思います。
何よりも、楽しんで、感謝して、喜んで賛美できますように…。
posted by ♪Sunny at 23:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

市井の芸術家

 そういえば、書くのを忘れておりましたが、水曜日に、グイドとともに八日市の文芸会館で行われている「片山鐵次郎展」を見に行きました。
 八日市教会のメンバーアンクルマットさんのお義父様に当たる方で、今年のイースターに天国に召されたので、おしくも遺作展となってしまったのですが、これが非常にユニークで素晴らしい作品群でした。
片山鐵次郎さんは長年呉服屋さんで働いておられたそうで、職業としては芸術家ではなかったかもしれませんが、その作品は十分「芸術家」と呼ぶにふさわしいものだと思いました。9月20日の滋賀報知新聞に掲載されたのでしょうか、記事がネットで読めます。
http://www.bcap.co.jp/s-hochi/n070920.html
(ただこの記事、亡くなられた日付が間違っているように思いますが…)

 この作品展を見て、本当に世界というのは広いな、と感じました。
美術や音楽、そのほかの世界でも、プロと呼ばれる人でなくても、素晴らしい芸術家やアーティスト(スポーツ選手なども)は数多、世におられるのだろうと思います。
むしろ、アマチュアの方が才能豊か、ということもあるかもしれません。
プロとアマの違いの一つは、「人と機会との出会い」ではないかという気がします。
 何歳ぐらいでどんな人と出会うか、それは親かもしれないし、TVの中で見た人かもしれない、そして何かのコンクールの審査員かもしれないし、学校の先生かもしれない…。
出会いによって、人の人生は大きく変わると言えるのではないでしょうか…。

 そうして考えてみれば、人がどんな職業に就くか、何を趣味とするか、何と出会い誰と出会うか…、すべて神の手で巧みに織られたタペストリー、という気さえしてきます。
もちろん、それは、神様が人に自由な意思を与えられた上でなされる奇蹟的なわざなのですけれど…。

 片山鐵次郎作品展を見に行く前に、建設中の八日市教会の新会堂も見てきました。
とても素晴らしい会堂で、圧倒されてしまいました。
完成するのがとても楽しみです。何より、この会堂に人が集い、神の息吹が吹きこまれて、主の御栄光を表す場所となっていくことが楽しみです。
 この新会堂のお隣に、実はわたしの中学の時の同級生が住んでいます。
今回は時間がなくて訪ねませんでしたが、これも何か神様の不思議な導きだなあ、と感じています。すべてのことに偶然はない…。
神様の祝福が広がっていく…。
今、わたしの周りで起こっているすべてのことが、とても楽しみです。

 辛いことや、辛いとまでは言えなくても、決して楽しくはないこともあります。わたし自身のことでなくても、友人たちの上にもさまざまな困難があります。
それでも、その背後には神様がおられると、信じているので、すべてのことに希望をいだいています。

 どうか、世界中に、神様の祝福があふれますように!
posted by ♪Sunny at 12:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

迷案!

 今日は、ケアハウスでの聖書研究会でした。
お菓子は、簡単レンジバナナケーキをアレンジしたバナナケーキ。カップで焼いたので、バナナマフィンみたいな感じになりました。

07_09_20.jpg

 日々草、ひと株枯れてしまいましたが、あとは元気です。
種もでき始めています。
まだ青いですが、花のあとに種の房ができています。
また、種を取って来年も植えたいと思います。
 ヘブンリーブルーも2株のうち、1株はもうほとんどの葉が落ちて枯れそうなんですが、そちらの方に種と思しきものが2つほど見つかりました。まだ青いですが、これが種ならいいな、と思いながら見守っています。

07_09_20n.jpg

 ミニ薔薇たちは、夏の間、葉の状態も悪く、どうなる事かと思いましたが、涼しくなって少し元気になりました。

07_09_20r.jpg

07_09_20nd.jpg

 撫子は、花を食い荒らす虫が時々現れるのですが、今は少し落ち着いているようです。

07_09_20z.jpg

 花が少し見えにくいのですが、トスカナブルー(ローズマリー)がなぜか今ごろ咲いてます。

 オレガノも、一本だけですが蕾が見えています
 先日V字型に裂けたミセスキングスリーは、残してあった2枝のうち1枝が枯れてしまい、もう一枝も少しあやしい状態。
あの時挿し芽したものがついていればいいのですが…。


 さて、ここからが本題です。
今日わたしは久々の大失敗をやらかしました。
晩御飯の支度をしていた時のことです。
先日、お友達のブログを読んで大根おろしが食べたくなり、大根おろしのきのこあんかけ(というか、なめことえのきを出汁で煮るだけなんですけどなめこのとろみで自然にあんかけみたいになるのです)を久々に作ったのですが、大根おろしでは1本大根を使いきれないので、むしろ3分の2ぐらいを昨日から下ゆでして、煮物にしました。
別の料理に使うつもりだった厚揚げも消費期限ぎりぎりになったので先に別に炊いてありました。
うちの実家では、おでんというより、ただ大根と厚揚げだけを煮たのが名物料理(?)の一つなのですが、先に煮た厚揚げと大根を合わせて供するつもりでした。
 その大根を煮ていた時のことです。
途中で味見をしたらなんだか味が変…「??」
でも昨日から何度も火を入れているから傷むはずはないんだけど…と、ふと見ると、いつもみりんを置いてある所になぜか○○の瓶が…あちゃ〜、○○を入れちゃった。まあ、なんとか、他の調味料を色々足して味を調整しましたが…。
 食事の時、「ねえ、大根の味、変じゃない?」と聞くとグイドが「うん、まあ大丈夫」というので、「大丈夫、って何が変だかわかってるの?」と聞くと「??」
そこでクイズ!「何が変なんでしょうか?」グイドもエルもなかなかわからなかったのですが、やっとエルが「途中で間違えたんじゃないの?」といったので、「そうなんだけど、何と何を間違えたんでしょうか?」これがまた、グイドもエルも全然わからない…。
あれこれ聞かれる中で「お醤油やお酒やみりんみたいなもの」と答えてしまったので、グイドもさすがにわかったようです。「お酢!」
「そう、お酢入れちゃったんだ〜」
そこでエルが一言

「メス入れた方が良かったんじゃないの?」

一瞬の間のあと爆笑!「そうか〜、オスじゃなくてメスを入れれば良かったのか〜。教えてくれてありがとう!」
エルの迷案にわたしの失敗も笑い飛ばされてしまいました〜。
posted by ♪Sunny at 20:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

野性児!?

 昨日のこと、エルは朝の準備の時から会場に連れて行っていたので少々退屈していたよう。
 しかし、会場となっているホールは、団体聖会でも利用している場所だし、昨年は幼児園から芸術鑑賞にも出かけたし、とにかくしょっちゅう出かけている場所、という安心感があったからか、わたしが忙しくバタバタしていても一人でふら〜ふら〜とうろうろして遊んでいたようです。
 親として非常に恥ずかしかったのは、履いていったサンダルが窮屈だと言って、靴下まで脱いでしまって素足でうろうろしていたこと。
しかも、冷房が効きすぎて「寒い」と言って、いつも車においている黒とグレーのリバーシブルのブランケットをかぶってうろうろ…。これが大人だったらとっても不審な人物ですが、小さな子供なので、「この子なに〜?」という程度ですんだかとは思いますが…。
きっと、ハイジみたいな暮らしをさせてやったら大喜びで1日中の山を駆け回っているんでしょうねぇ、エルは。

 最近、家の近所も「もう大きくなったから大丈夫」とばかりに自転車で出かけていきます。教会まで大人の足で歩いて5分ぐらいでしょうか?近いと言えば近いのですが、踏切を渡っていくこともあって、ちょっと心配なんですねぇ。

 エルは3歳ぐらいから、親のそばを離れても平気な子でした。
前にも書きましたが、父と一緒のご奉仕でよその教会に連れて行っても、お昼御飯の時以外、どこにいるかわからないぐらい、教会の子供たちとなじんで遊んでいたりします。
また大人の人が相手でも「誰についていけばいいか」というのをすぐに見分けて上手に遊んでもらっています。
 反面でエルはものすごく甘えん坊な面があります。一人っ子なのでこれは当然と言えば当然だと思っています。毎日、1日に何度も何度も「お母さん大好き」とキスをしてくれます。

 エルを見ていると「愛されている」という安心感がこの子をのびのびさせているのだろうなぁ、と感じます。「親に愛されている、神様に愛されている」理屈でわかっている訳ではないと思いますが、肌で感じるそんな安心感がエルを明るい子にしているのだろうと思います。

 親は十分なことをしているとは言えないけれど、子供が理屈ではなく「愛されている」と感じてくれていることを、感じられるのは親としてとても幸せなことだなあ、と思います。
少々、わがままだったり野放図だったりしても、こののびのびした明るさは大切にしてやりたいなあ、と思ってしまう親バカな母です。
 ただ、礼儀についてはちょっと教えるのが遅すぎたと反省しています。今頃になって、一生懸命、「礼儀」「礼節」ということを少しずつ教えているところです。

 昨日、かおりさんにお嫁入りしたお菓子が、きれいにお化粧をしてもらって里帰りしてきました。
今日、かおりさんとかおりさんのお母様のお口に入ったようです。

07_09_17b.jpg 07_09_17a.jpg

 また、今日は朝から教会で、団体中ブロック教師の祈祷会がありましたので、朝からオレンジレンジ蒸しケーキを作りました。
何か早くできるもの、ホットケーキミックスで、電子レンジで…って色々検索して見つけたのがこれ。「はなまる」のレシピみたいです。
ホットケーキミックスとオレンジジュースとサラダオイルとジャムだけ。本当はマーマレードを使うのですが、うちにはなかったのであんずジャムを入れてみました。味に違和感はなく、さっぱり爽やかでふわふわの蒸しケーキができました。

07_09_18.jpg

 今日は、栗東で父のお弟子さんが出演する落語会があったので(昨日たまたま栗東駅でチラシを見たのです)、行きたかったのですが、やっぱり今日は、ちょっとここ数日のバタバタが響いてか、ちょっとお疲れモード。
そういえば昨日も、ちょっと頭が痛くてお薬を飲んだのですが、まだ今日もちょっと頭痛が…。
 という訳で家でのんびり過ごしました。

 明日から日曜日までずっと予定あり。
休息をとりながらゆるゆるベストを尽くします!
posted by ♪Sunny at 16:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

ファミリーコンサート

 今日は、団体女性会主催のファミリーコンサートでした。
ゲストは向日かおりさん!
 基本的に中高齢者の多い集会なのですが、子供が小さいから、と普段遠慮しておられる方も子供さんと一緒に参加できるように、とファミリーコンサートということにしました。

DSCF2763s.jpg  DSCF2764s.jpg

 かおりさんは普段から、けっこう客席の皆と一緒に歌ったりされるのですが、今回、急に歌詞カードを作ろう、という話になりまして(パワーポイントなどがないということで)…その話が出たのが2日前ぐらい?そして昨日の夜、またまた電話で打ち合わせ…、そして、歌詞が送られてきたのが昨日の夜…で、それを編集してイラストを入れて…原稿ができたのが今朝…(汗)
(昨日の夜はかおりさんにプレゼントするためにケーキを焼いておりまして、原稿の方は途中までしかできませんでした。ちなみに、ケーキはクルミと、チェリーブランデー漬のドライチェリー入りのケーキタイプのブラウニーでした。忙しくて写真撮り忘れた〜)
 リハで、照明の方のために、プログラムを決めた方が良いか…という話になり、食事中もずっと、あーでもない、こうでもないと頭を悩ませておられたかおりさん…でも、結局、照明の方が「ついていきますので自由にやって下さい」と言って下さって、いつものように、かおりさんは神様の導きに委ねてやって下さいました。
 結果…ご自身も予定していなかった曲がポンッと出てきたりして、本当に素敵なコンサートになりました。カラオケでのソロに交えて、ピアノでの弾き歌いや皆との合唱もあり、素敵なひと時でした。一緒に歌ったのは子供も歌える童謡や唱歌、そして讃美歌、ワーシップと色とりどり。うちの子も、知っている曲は大声で歌っていましたわーい(嬉しい顔)
まあ、うちの子は朝からずっと付き合わせていたので、コンサートが始まるころにはちょっと疲れてしまっていたのが、残念でしたが。

 本当に、神様に導かれているコンサートだなーと感じました。
今、うちの団体だけでなく、けっこう地方の教会は教会が高齢化しているとよく言われますが、子供たちに信仰を継承していくことについて、賛美とまたかおりさんの証しを通して、とても良い励ましがあったように思います。
 コンサートの前に、司会の姉妹とかおりさんと3人で祈ったその通りに、今日、必要なことを、神様がかおりさんを通して語って下さった感じました。そしてまた、かおりさんの賛美を通して、神様が触れて下さった、そんな気がしてとても嬉しかったです。

 歌うのが大好きなわたしは、かおりさんの素敵な賛美を聞いて満たされて、それと同時に、自分でもたくさん歌うことができて、本当に楽しい時間を過ごすことができました。
出席された方は、色んな行事が重なってしまったようで、例年からするとちょっと少なくて、とても残念だったのですが、出席して下さった方はそれぞれに満足して帰っていかれたので、かおりさんをご紹介させて頂いたわたしも嬉しくなりました。

 三重から夢見さんご夫妻も駆け付けて下さって、久しぶりにお会いできて嬉しかったです。また、団体の他教会の色々な姉妹方ともお会いできて嬉しかったです。
それぞれの方と色々お話したいのですが、女性セミナーの日はいつもバタバタ走りまわっているので、なかなか皆さんとゆっくりお話しできないので残念です。

 コンサートの後は、けっこうバタバタで、かおりさんともあまりゆっくりはお話しできなかったのですが…珍しく一緒に写真を撮らせていただきました。
わたし、にっこり笑っているつもりでなぜかちょっとむすっと写ってしまっていますが…。

DSCF2769s.jpg

 あと、ま、ちょっと疲れていたこともあって夜はスーパー銭湯へ。
のんびりとお風呂に入ってリフレッシュできました。

 今日は一日、霊肉ともに満たされた素敵な1日でした〜!

 さて、今週もちょっとハードな1週間。
フル回転で、励みます〜!
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

小心者

 今日は家庭集会でした。
 かぼちゃケーキを焼きました。
今日は丸型(15cm)で上にパンプキンシードを散らしてみました。
お味は…大好きなケーキなので、自分的には満足でした。

07_09_15.jpg

 今日はつくづく自分が「小心者だ」と感じました。
人の目ではなく、神様の目を気にして生きていかなくちゃ、と思いつつ、どうしてもどうしても、人の目が気になってしまいます。
「こんなことを言ったらどう思われるだろう」
クリスチャンの方の目も、クリスチャンでない方の目も、どちらも気になります。
昔からわたしは自分でも「八方美人」を通り超えて「マルチ方向美人」なんて言っていましたが、やっぱり、今でもそれは変わっていないように思います。
 ちょっとした人の言葉に引っ掛かり、気にしたり落ち込んだり…。人によく思われたい、というよりもむしろ悪く、あるいは変に思われたくなくてびくびくしているようなところがあります。
わたしはわたしらしく、そう思いながらも、どこかで周りが気になります。
一方で、人に何と言われても変われない自分、というのもあるのですが…。
 「鈍感力」という言葉を最近聞きました。
そういう力を身につければもっと楽に生きられるようになるのでしょうが、わたしにはなかなか遠いところにある力のように思えます。
まあ、それはそれで、やっぱりわたし、ということなのでしょうか…。
それでもやっぱり、神の目を気にして人の目を気にしない生き方をしたいと思うこの頃です。
(ま、人の目もある意味大事というか、どうでもいいということではないのですが、比重の問題というか、人の目ばかりを気にするようではだめだなぁ、と思う訳です。)
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

今年の目標

 昨日、寝る直前のことでした。
お友達の掲示板などうろうろしながら日記をUPして、PCの電源をそろそろ落とそうか…と思っていたら新着メールが…。お友達からのグリーティングカードでした。
早速見ようと、開いてみると…。
え!?え!?え!?
これってどういうこと?
そこに書いてあったのは、今自分が日記にアップしたばかりの御言葉、そう、昨日書いたピリピ書3:12〜14でした。
一瞬、お友達は日記を見てから送ってこられたのかと思ったのですが、送信時間を確かめると、わたしが日記をUPするより早い時間…。
「うそ〜!?」鳥肌が立ちました。
 昨日、頭に浮かんだのはピリピ書の3章の14節でした。そこを読みなおそう、と聖書を開いて、12節から14節が強く心に響いてきたので、3節全部を書いたのでした。
そうしたら不思議に友達を通してやってきたのも同じ御言葉…。このお友達とは前にも同じ時に同じ御言葉で導かれるという不思議があったのですが、今回のは本当に、鳥肌が立っただけでなく、不思議な感動もありました。
 改めて、このピリピ書の御言葉をもって神様がわたしに迫ってくだださっていると感じました。この1年、この御言葉を胸に刻んでしっかり歩んでいきたいと思います。

 最近エルが、外でお友達と遊ぶようになりました。
と言っても、家の近所ではなく、教会の近所のお友達。
2歳年上の子と、3歳ほど年下のこと、3人でよく遊んでいます。
家に帰ってから夕方自転車で、1人で教会のほうまで行くのでとても心配なのですが、お友達がいなかったらすぐに帰ってくること、お友達がいたら教会に行ってお父さんに言って、家にも電話をかけて遊んでくる、とちゃんと伝えること、などなど約束をして遊ばせています。
時々心配になって様子を見に行くこともあります。
でも、子供なりの人間関係も大事にしてやりたいな、と思うこの頃です。
 良いな、と思うのは、けっこう外で遊ぶだけでなく、教会の中でも遊んでいることです。時には手塚治虫の聖書物語のビデオを一緒に見ていたりします。
日曜学校にはなかなか来られない子供たちですが、少なくとも子供のころに「教会」という場所に出入りしていた記憶は、成長してからも、教会を身近なものと感じさせてくれるでしょう。そして、クリスチャンの作品ではないにしても、「聖書」を題材にしたお話もきっと心に残ることでしょう。
2歳年上のYちゃんは、もう2年3年クリスマス集会にも来てくれています。
 こんなふうにして、エルのお友達にも少しずつ種まきが始まっていることを神様に感謝しています。

 今日は、月末にケアハウスで開かせていただくミニコンサートの練習日でした。
ボランティアでピアノを弾いて下さる方と、初めて合わせてみました。
とても歌いやすく弾いて下さるので、楽しく歌うことができました。
賛美は1曲だけで、唱歌などが中心ですが、もし今後また機会があれば、こんな曲、あんな曲が歌いたいな…などと話しながら楽しく練習することができ嬉しかったです。
 最近、ちょっと心が沈みがちであまり賛美も口ずさんでいなかったのですが、今日は思い切り歌うことができました。
やはり、生ピアノで歌うのが一番楽しいです。
 そうそう、伴奏者の方のお宅への手土産にブラウンシュガーのカトルカールを焼きました。お砂糖をブラウンシュガーにしただけですが、ちょっとコクのある、でも思ったほどの癖はないカトルカールができました。

07_09_14.jpg

 明日は家庭集会です。
さて、お菓子は何にしましょうか…。
考えながら眠るのも楽しいです。

07_09_14a.jpg

今日のヘブンリーブルー。
左側の鉢はどんどん葉が黄色くなっていますが、蕾はまだ成長しています。
posted by ♪Sunny at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

45周年!

 今日は、わたしが生まれて45周年でした。
あ〜、生まれてからこんなに年月が過ぎてしまったなんて、信じられません。
心はいつまでも少女なのに。
 たくさんの方にお祝いのメッセージをいただいて、とても嬉しかったです。
ありがとうございました!

 今日は、朝からグイドと映画を見に行きました。お誕生日記念…でも、一応今日はお休みの日ではないので、「ハリー・ポッター」ではなく、「Life−天国で君に逢えたら」を見に行きました。
Share with you!に、この映画のことを少しだけ書きましたが、この映画の主人公のモデルとなったウインドサーファーの飯島夏樹さんはクリスチャンだったんです。
それで、先日「クリスチャン新聞」の1面にもこの映画の記事が出ていました。グイドも教会で皆さんにお勧めした手前、1度は見ておかなくちゃ、ということで、仕事上のリサーチもかねて(ほんまかいな!?)の映画鑑賞でした。
 映画では、飯島さんがクリスチャンだったということはほとんど出てきません。
骨壷に十字架の模様が入っていたのがかろうじて…。
また一番最後に飯島さんの遺書のような奥さんへのラブレター(?)の朗読が入るのですが、そこに「二人は一人に勝る」という聖書の言葉がそれとわからないぐらいさりげなく織り込まれていたぐらい…。
 でもすごく心の温まる家族のドラマに仕上がっていました。
まあ映画は映画ということで、実際と違う点もかなりあり、省略されていた部分もたくさんありましたけれど、飯島夏樹という人が、短い人生を生き抜いたその証しのようなものが刻まれていたように思います。
 飯島夏樹さんのエッセイ「ガンに生かされて」の中には、ご夫妻がクリスチャンになられたいきさつや、礼拝のことも結構書かれていて、聖書の言葉もよく引用されています。決して信仰を押し付けないけれど、神を信じて良かった、という気持ちがとても現れていましたし、はっきりと神様への感謝を表しておられました。
うーん、やっぱり、さりげなくでも良いから信仰のことは盛り込んでほしかったなぁ…。
信仰があったからこそ、飯島夏樹さんのご家族は笑って彼を見送ることができたんだと思うのですが…。
いずれにしても、信仰のことはともかくとしても、本当の夏樹さんは、映画よりももっともっと壮絶な病との闘い…いや闘いじゃなくて、何だろう、でもそういうところを通った人なので、ぜひ、本を読んでもらいたいですね。特に「ガンに生かされて」を。
 それでもとにかく、いっぱいいっぱい涙を流して感動を貰ったひと時でした。

 以前ホスピス・ケアで有名な柏木哲夫先生が「誕生日には死を思いなさい」と言っておられたのですが、そういう意味では誕生日に見るのにふさわしい映画だったように思います。

 いつ、どんなふうに召されるのかわからないけれど、その日まで、精一杯生きよう、また今日改めてそんなふうに思いました。

 映画は良かったのですが、残念なことが一つ。昨日映画の上映時間を調べていてわかったのですが、わたし達がよく見に行っていたその映画館、今月いっぱいでクローズされるのです。
 近江八幡の大きな映画館は水曜日がレディスデーなのですが、水曜は祈祷会でまず映画など行く暇がなく、この草津の映画館は近い上に木曜日がレディスデーということで、行きやすかったのです。(今日もそうでした)
 二人で色んな映画を見に行って、エルもここがはじめていった映画館だったのですが…。
淋しい限りです。

 映画の後、グイドとインド料理のお店に行きました。インドの方がやっておられるお店で本当に美味しかったです。でも、ボリュームありすぎて、グイドに美味しいケーキを食べさせて貰おうと思ったのに入らなくなりました。残念。

 エルが、お誕生日のプレゼントに、と髪をくくるゴムを買ってくれました。
でも、お金を払ったのはわたしです。
うーん、これってプレゼント?
でもま、エルが選んでくれたので、喜んで使うことにしましょう(笑)

 午後にはちょっとがっかりすることもあったのですが、せっかくの誕生日、気を取り直して、感謝して一日を終えたいと思います。

 ほかにもまだまだ書きたいことはあるのですが、そうでなくても長いと言われているわたしの日記…。この続きはまた明日…。



 神様、素敵な誕生日をありがとうございました。
♪Sunnyという人間をこの世に送りだして下さったこと、そしてグイドと、エルと、そしてたくさんの素敵なお友達に出合わせて下さったことを感謝します。
弱く愚かな者ですが、これからも、ただ主を見上げて歩んでいきたいと願っています。
どうか、あなたご自身が光となって導いて下さいますように。
そしてどうか、わたしの存在そのものを、あなたが祝して下さいますように。
わたしが、よけいなものに目も心も奪われず、目の前に置かれた働きに勤しむことができますように。

私は、すでに得たのでもなく、すでに完全にされているのでもありません。ただ捕らえようとして、追求しているのです。そして、それを得るようにとキリスト・イエスが私を捕らえてくださったのです。
兄弟たちよ。私は、自分はすでに捕らえたなどと考えてはいません。ただ、この一事に励んでいます。すなわち、うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、
キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。
                    ピリピ人への手紙3:12〜14

posted by ♪Sunny at 23:51| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

おばあちゃんに気をつけて!?

 おばあちゃんの飛び出し君(?)発見。
実は、おばあちゃんの飛び出し君は、通りがかりに、ある場所で初めて見たのですが、その時カメラを持っていなくて、「またここまで撮りに来なくちゃ」とグイドと話していたのですが、なんと、身近なところにあったのです。
それは幼児園の前の横断歩道の横。盲点でした。
初めておばあちゃんの飛び出し君を見た地域はいかにも、古くからの地元の方の多そうな地域だったのですが、まさか幼児園の横、児童館の前におばあちゃんの飛び出し君があろうとは。
実は幼児園の近くにはシルバー人材センターがあるのです。また、幼児園がある周囲は、古くからの地元の方がお住まいの地域にもあたるので、こういう飛び出し君があるのかな?
子供タイプ(?)の飛び出し君がぴったりな地域におばあちゃんの飛び出し君、意外性がありました。

07_09_10a.jpg

 昨日は、教会で団体内の、部会のミーティングがあったので、レンジバナナケーキのアレンジで、カップケーキを焼きました。
これも実は他のケーキを焼くつもりだったのですが、ホットケーキミックスを切らしていたのと、柔らかくするだけのつもりだったバターが、レンジにかけすぎて溶けてしまったので、急遽、変更したのでした。
レンジでする時はいつもサラダオイルだけを使いますが、溶かしバターができてしまったので、今回は溶かしバターに少しだけサラダオイルを加えて、また、牛乳も少しだけプラスしてカップケーキにしました。ちょっとマフィンみたいな感じかな?簡単に美味しくできました。

07_09_11b.jpg

 今日は、午前の祈祷会の後、久しぶりのオカリナ会でした。
久しぶりに、オカリナをたくさん吹きました。ギター伴奏者も与えられて、充実した練習時間でした。
 お菓子は、昨日作れなかったので、朝から、簡単なフラップジャックスを焼きました。
味はかなり目標に近づいたんだけど、もうちょっとバリッとした感じが欲しいんだけど…温度調節の関係かなぁ?もう少し研究してみます。

07_09_12.jpg

 今朝も、ヘブンリーブルーがきれいに咲いてくれました。
日々草はひと株だけ、なぜか枯れそうです。残念。

07_09_12a.jpg
posted by ♪Sunny at 18:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

爆破予告!?

 今日、少し遅れて幼児園についたら園庭に子供たちが集められていました。
園長先生の説明で、県の掲示板(それがどこにあるかどんなものかよくわからないのですが)に、昨日書き込みがあったそうです。県下の5つの保育園を爆破すると。
一応園内に不審なものはないとのことでしたので、子供を残して帰ってきましたが、そんなことが自分たちの身近で起こるとは、少しショックでした。

 昨日は、朝、ちいロバのミーティングでした。
年末のクリスマスコンサートに向けての話し合いが持たれました。
朝から、お茶菓子に、例のココアパウンドケーキを焼こうと思っていたら、間違えて牛乳の量を倍近くも入れてしまったので、全体の量を倍にしなければならなくなりました。
その結果、朝のミーティングには量が多すぎるので、それは夜に回すことにして、久しぶりにレンジバナナケーキを作りました。本当に久しぶりで、作り方も忘れているほどでしたが、今までになくふんわり美味しくできました。
 夜はVIP湖南の反省会でした。こちらに、朝作りかけたココアパウンドケーキを焼きました。
朝のケーキは、急いで作って急いで持っていったので写真を撮る暇がありませんでした。
ココアパウンドも、切り分けたところは撮れませんでした。今日はオレンジピールとクルミをたっぷり入れました。

07_09_10.jpg

 明日は久しぶりのオカリナ会です。何のお菓子にしようかな?
秋になって、夏の間お休みだった集会が再開され始め、わたしのお菓子作りもまた、活発になってきました。あまり変わり映えしないものばかりですが、楽しんでいきたいと思います。




 人は、この地上での信仰生活を終えるまでにどれだけの困難や試練に合うのでしょう。
どれだけの祈りを必要としているのでしょう。どれだけの深さを究めればよいのでしょう。
どれほどの高さを昇りつめればよいのでしょう。
人の心の極みを見つめておられる主に、どうすれば近づけるのでしょう。

  私の敵は 私です

  ファイト! 闘う君の唄を
  闘わない奴等が笑うだろう
  ファイト! 冷たい水の中を
  ふるえながらのぼってゆけ  (中島みゆき「ファイト!」より)


 弱いもの、足りないものに目を注ぎ、愛して、支えて下さる神様がいることに感謝しています。

 自分の無力感に打ちのめされる時にも、イエス様がいて下さることが、わたしの救いです。

 すべての苦しんでいる人、病んでいる人の上に、イエス様の癒しと慰めがありますように。

07_09_11.jpg
今日のヘブンリーブルーです。
posted by ♪Sunny at 16:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

沈む心に…

07_09_08.jpg

 昨日はお客様がありまして…。
お客様にお出ししようと朝から作ったのですが、お客様が思ったより早く来られたので間に合わず…結局自分たちで食べたチーズケーキです。
生クリームがなく、買うのも面倒だったので、水切りヨーグルトの量をちょっと増やして、牛乳もちょっとだけ増やして、適当に作りましたが、美味しくできました。

 今日は特別賛美をさせていただきました。
でも、練習不足で…(>_<)
先週は、心が沈んで、どうしても賛美できなかったのです。
そんな時こそ賛美を、と思いつつ、ピアノは弾けても(何度も書いていますが、弾けると言うほど弾けないのですが)、どうしても歌えなかった…。
でも、9月の後半からまた賛美のご奉仕があって、自分を整えていかなくては、という思いがありました。それで敢えて賛美ご奉仕を買って出たのですが…。
海より深く反省しています。
賛美に対する自分の甘さ…。
でも、今日、どん底の賛美をして、改めて、わたしは「賛美がしたい」と思いました。
もう一度、祈ることから始めます。

 いろいろ悲しいこと、辛いことはあります。
それでも、人がどんなにキリスト教を批判しようと、聖書を攻撃しようと、イエス様はわたしと共にいて下さる。
それが慰めです。
posted by ♪Sunny at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

ぼーっ…

 昨日は月に一度の女性会でした。
前日の夜にお菓子を作ろうと思っていたのですが、最近、ついついエルと一緒に寝てしまいます。
それで、朝から作れるものを…、和菓子系にしようかとも思ったのですが、結局無難に手軽に、ホットケーキミックスとココアで作るココアパウンドケーキにしました。
元のレシピはクルミを入れるのですが、昨日はチェリーブランデーに漬けこんだドライチェリーをたっぷりと入れました。
これがベストマッチングで、とっても美味しかったです。写真を撮るほどの見栄えでもないので、写真は撮らなかったのですが…。

 最近、阿蘇で買ってきた「気分爽快茶」というのを飲んでいます。これがすこぶる体にあったようです。お通じも良く、利尿作用もあるようで…気分爽快というより体すっきり茶、と言いたいぐらいです。別に、そのお店のまわし者じゃないんですけどね。
そのお店では「お腹すっきり茶」というのも売っているんですけれど、この気分爽快茶でも十分、という気がします。最近、ちょっと食べすぎたかなー、と思っても、このお茶のおかげか体重も増えず、むしろ減少傾向…。
 なんて、書いていると、自分でも巷でよくある「ダイエット茶」のチラシの体験者談、みたいで、なんか宣伝じみていて嫌なのですが、本当にこのお茶には感謝しています。
でも、こういうのって、体に合う・合わないもあるし、たまたまわたしはこれと出会った、ということなのかな、と思います。
最初はそのお茶を紹介しようかと思いましたけど、あんまりやすっぽいダイエット茶の宣伝みたいになるのも嫌なので、やめておきます。もし興味のある方がおられましたら個人的にリンクのメッセージBOXからお問い合わせください。

 もう一つ、阿蘇に関連したことを…。
阿蘇で、とても感動した「猿まわし劇場」帰ってきてからいろいろ調べました。
阿蘇の猿まわし劇場は山口の「周防猿まわしの会」が運営していること、日本ではもう一つ、河口湖に猿まわしの常設劇場があること、そして、猿まわし芸は、少なくとも鎌倉期には文献に残っている古い伝統芸能であること、一方で、猿まわし芸人達は被差別民として非常に辛い歴史の中を通ってきたこと、などなど、そして、近代においては、いったん途絶えた猿まわし芸を復活させたのがこの周防猿まわしの会であることも知りました。
日光猿軍団も、この猿まわしを見た方が自分たちも、と奮起して始められたとのことです。
 周防猿まわしの会のHPの「豆知識」のコーナーの、「猿まわし芸、楽しさの源泉」という記事にはちょっと感動しました。
今日改めて、「周防猿まわしの会」「阿蘇猿まわし劇場」「河口湖猿まわし劇場」のHPを見ていてわかったのは、あのかわいい久太郎君と順平お兄さんは河口湖の方がホームベースだと言うこと。
今度は河口湖の猿まわし劇場に見に行きたい!めちゃくちゃ、猿まわしにはまっているこの頃です。
周防猿まわしの会のサイトはこちら、http://www.suo.co.jp/
リンクで阿蘇、河口湖それぞれの猿まわし劇場のページにも飛べます。
http://blog.aso-osaru.com/
またこちらのブログではいろんな動画も紹介されています。
エルもお気に入りの久太郎君の動画も見られますよ!
エルは久太郎君が技を失敗した時に叱られるのを恐れてか、「キャッ」とひと鳴きして逃げようとしたのが印象に残っているようです。

 今日は、「今日こそはしよう」と思っていたことを何もしないで、やるべきたくさんのことも放棄して、ぼーっと過ごしてしまいました。
いや、本当はぼーっとでもないのですが…、あることをただひたすら考えていました。
でも、ちょっと反省。
 時間の管理をもう少しきちんとやらなくちゃ。
posted by ♪Sunny at 16:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

子供のこと

 昨日の幼児園の帰り道のことです。
実は、教会の裏の道は旧東海道で、幼児園の行き帰りにもそこを通っています。
この旧街道、町並み保存ということも一応関係しているようで、結構古いお宅が軒を連ねています。
昨日、エルが、ある旧家を見て「ここ、何だろうねぇ」というので「古いお家だよ」と言うと、「ふーん、神社みたい」と言ってから、「何か『やまもとかんすけ』みたいだねぇ」と言っておりました。
「山本勘助」というのは大河ドラマのことで、時代劇っぽいという意味だったのでしょうか。
子供の感性って面白いですね。

 もう一つ、これは一昨日のことです。
晩御飯をエルがなかなか食べ終わらないので、わたしは立って片づけものなど始めました。
で、ちょっとグイドに話したいことがあって「ちょっとちょっと…」と手招きして呼んだらグイドがエルにこれ見よがしに、「お母さんにチューしてこよう」と言って台所の方にやってきました。エルが「そんなわけないでしょ」というのでわたしも調子に乗って「えー、そうだよ」と言いました。するとエルも席を立って台所の方にやってきたのです。
(エルは、わたしとグイドが仲良くするとやきもちを焼いて必ず間に割って入るのです。グイドはそれを面白がってわざとやきもちを焼かせます)
それでわたしが「早くご飯を食べなさい」と言うとエルはモグモグしている口を指さして「ちゃんと食べているところだ」と意思表示しました。それでさらに「食べている時に立ってうろうろするのは行儀が悪いよ。ちゃんとすわって食べなさい!」と叱ると、そこに、おにぎり座りで座り込んだのです。これには、グイドと二人で大笑い。
「ちゃんと『椅子に』座りなさい」と言い直しましたが、こんな時は子供の知恵って妙に回るんですね。

 今日はエルのコンクール後、最初のピアノレッスンでした。
なぜか今日はエルのレッスンそっちのけで、先生とわたしの間で話が弾んでしまいました。
レッスンの話、コンクールの話からなぜか子育ての話へと…。
 月謝を払っているのにもったいない、という考え方もあるかも知れませんが、先生と良いコミュニケーションが取れ、信頼関係が築けたという点で、わたしにとっては今後の為にもとても貴重な時間でした。

 いろいろと思い煩いはありますが…今日も、明日も、また祈りつつ1日を過ごしていきたいと思います。
posted by ♪Sunny at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

もう…

 もう今月も5日…月末に向けてやるべきことが一杯。ちょっとホッとしすぎたかな。重い腰を上げなくては。

 阿蘇、高千穂の写真をアルバムにアップしました。

 ヘブンリーブルーが復活してきたと言うか…。今は1日2つ、3つという感じだけれど(明日は1つぐらいかもしれないけれど)また新しい蕾がたくさん付いています。
もともとヘブンリーブルーは、8月の下旬から咲く花。まだまだ咲いてくれるのかな。
お花も、手で開いてやらなくてもちゃんと自分で開いています。
やっぱり、夏の間、暑すぎたんだね〜。

 ワイルドストロベリーの白花とラベンダーは、結局夏の暑さに負けてしまいました(涙)
ワイルドストロベリーの桃花は、実はほとんどつかないし、味もいまいちだけど、ものすごく元気で、葉は茂り、いい香りの花がどんどん咲いています。

 ミニバラも、夏中ずっと少しずつだけど咲き続け、今も蕾をつけています。特にイースターイエローの方。花は小ぶりだし、暑さのせいか、すぐに開ききってしまいますが。
秋もきっとこのまま細々と咲くのかな、と思います。本当は夏に弱剪定して花を咲かせないようにした方が、良かったのかもしれませんが、ずっと咲き続けていたので切ることができませんでした。
去年は、夏は咲かせずに秋に咲かせたのですけれど。
何度も瀕死になりながら、頑張っているミニバラたちにエールをおくります。

 今日はちょっと色々ありました。
出来事というよりは心の中に…。
10年後、20年後、わたしが肉にあってはどこにいるとしても、いつまでもいつまでも、主の御手の中に居続けたい、ただ主の御手の中に…。
そんなふうに思った日でした。
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

歴史的な日

 当日に書きたかったのですが、どうしても書けませんでした。
「第1回 歌声ペトラ南近江」
 ついに実現することができました。
 始まりはインターネット。
長年の友人モンちゃんの「滋賀あたりで歌ペト開催してほしい」という一言がきっかけでした。
ネット上でぶちさんに「(会場として)栗東はどうですか?」と聞いたらぶちさんは「僕は良いよ」と軽く答えて下さいました。
そして、歌ペト関西のメンバーが背中を押してくださいました。
もし、関西の皆さんの後押しがなかったら、ネット上の軽いノリで終わっていたかもしれません。
そして、わたし達の隣の町に、ぶちさんとも古いなじみのJ先生がおられました。
色んな歯車が噛み合って回りだしました。
これぞ神様の導きだったのでしょう…。

 そして迎えた第1回。
関西からは、なまけものさんとJELさんがはるばる応援に来て下さいました。
栗東教会の皆さんも積極的に協力して下さいました。
いったいどれくらいの人が来られるのかわからずドキドキ…。
ふたを開けてみると、大人だけで50名の人々が集まりました。子供たちも7名。
 そして、集会は、初めてとは思えないスムーズさで進行し、初めてとは思えない歌声が響きました。皆さん、口々に「良かった」と言って帰って下さいました。
本当に楽しいひと時でした。言葉には言い表せないほど…。
わたしはスタッフとしての務めを放棄し、受付をモンちゃんに押し付け、すっかり楽しんでしまいました。(モンちゃん、ありがとう!)
 また、本当なら夕方までに大阪につけばいいところ、このために朝早起きをして駆け付けて下さったぶちさん、本当にありがとうございました!!

 今回、本当に準備は不十分でした。
終わってから残った人々と話していたのですが、わたしたち夫婦は2回ぐらい、歌ペトに参加したと思っていたのですが、どうやら1回しか参加していなかったようです。
J先生は、1度も参加されたことはありませんでした。
まだ見ぬものを信じて1歩を踏み出したに近いわたしたちでした。
その1歩を神様は豊かに祝福して下さいました。
 今回に限ってきて下さった方々もおられます。けれども今回、来たかったけれども来られなかった方々もおられました。案内しきれなかった教会もありました。
これから、ますます多くの皆さんとこの「歌声ペトラ」を楽しんでいくことができるよう、細く長く、ゆるーいノリで続けていきたいと思っています。
次回、歌声ペトラ南近江は2月2日(土)開催予定です。(2月3日は北近江にて開催)
今回、来られなかった方、来ないともったいない、というぐらい素晴らしい集いです。
ぜひぜひお越しください!!

07_09_01.jpg 集いが終わってちょっとホッとして…
ぶちさんと一緒に写るとグイドもちょっと小ぢんまりして見えるexclamation&question

 歌ペト終了後は、家庭集会に来られていた方の息子さんの前夜式。
日曜の午後に葬儀。奏楽と特別賛美をさせていただきました。
奏楽間違え間違えで、汗かきかき…。でも、ご家族は、良い葬儀になったととても喜んでくださっていたので、感謝でした。

 それにしても、この1週間は本当に慌ただしい1週間でした。
さすがに、昨日はちょっとお疲れモード。
葬儀から帰ってきて、エルにTVをつけてやってからわたしは2Fのベッドでバタンキュー。
2時間ぐらい寝てしまいました。
大急ぎで食事の支度をして…、エルの夏休みの宿題(夏のお約束を守れたら毎日一つずつ色塗りをする塗り絵表)を手伝って、お風呂に入って、エルを寝かせ…。
エルが寝付いたのもたいがい遅かったのですが、わたしは、「今日こそ日記の更新を」と思っていたにもかかわらず、結局、エルが寝付いたのを確認して、自分も寝てしまったのでした。

  そうそう、歌ペトの日、お菓子はバナナブレッドとバナナムース(?)を作りました。
バナナブレッドはまずまずだったのですが、バナナムースはちょっと失敗…。というか、本当は2層のバナナムースプディングになるはずだったのですが、なぜか2層にならずあっさりしたムース(生クリームが入っていないのであっさりしています)みたいなものができました。
ただ、バナナが完熟でなかったためにちょっと青臭さの残った味になってしまったのと、甘さも控えめすぎたかな〜。実は、少し食べて残しておられた方もあったのですが、「おいし〜、おいし〜」と何度も言いながら食べてくれた子供さんもおられたので、まあ好みがあるかも…。でも、正直に言って、ちょっといまいちでした。
…が、今日になって美味しい食べ方発見目exclamation
当日は、小さなカップで提供したのですが、入りきらなかったものを家で保存容器に入れて冷やしておいたのです。これに、インスタントココアを濃い目に溶いた甘いココアソースをかけて、スプレーチョコをかけて食べると、なかなかgoodでした。ひと手間かければ良かったな〜、とちょっと反省。
左は、最初に食べた時の写真。
右は、ちょっと思いついて、おもてなしならこんな感じかな?とアレンジしてみたものです。上下をひっくり返したのですが、上の方(底になっていた部分)に少しだけつるんとした層ができていますね。

07_09_03a.jpg  07_09_03b.jpg

 今日はのんびり寝ていましょう、と思ったのですが、事務的なお仕事が色々残っています。そちらをゆるゆる片づけながら過ごしております。
多くの友が、この数日のわたしのことを心配して祈ってくれていたことを心から感謝しています。
その祈りにどれほど支えられたことでしょうか。
おかげさまで、思ったほどの疲れもなく、今日の日を過ごしています。

 ここ数日はお天気もよく、花たちも元気でした。
終わりだと思っていたヘブンリーブルーもまた咲き始め、日々草も花盛りになってきました。

07_09_01a.jpg 07_09_02a.jpg 07_09_03.jpg
posted by ♪Sunny at 11:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする