2008年07月31日

夏期キャンプの思い出&「ポニョ」の感想

 グイドが今日、小学生キャンプから、無事に帰ってきました。
皆様のお祈りに心より感謝します。
ちょっと色々あって迎えに行くのが遅れたら、ずいぶん文句を言われましたが…。

 昨日、キャンプのことを書いてから色んな方にコメントいただいたり、色々あって、ふと、自分の経験とか、ちょっと前のことを思い出しました。
 わたしが…神学校を出てすぐの夏だったでしょうか…。4つほどの教会が協力して行われる小学生キャンプの講師にお招きいただいたのは…。まだわたしが(ぎりぎり?)20代の時でした。小学生キャンプでのご奉仕って、その1回きりなんですけれど、行く途中の野外集会での1回とキャンプ場でのお話3回、そのうちの1回はキャンプファイヤーでのお話でした。特別賛美もして下さいということで歌った記憶があります。
 実は、わたしは神学校の音楽コースの卒業リサイタルで視覚教材を使って子供賛美のメドレーをやらせていただいたんです。そのあと、一人の牧師先生が「姉妹がいつも子供たちに教えておられる姿が目に浮かびました〜」と言っておられたのですが、その先生が、その時のキャンプの参加教会のひとつの先生だったんです。その時のイメージも手伝って、講師に選ばれたのかなぁ…。
 でも、実はわたしもグイドと同じで子供が苦手…。教会では一応日曜学校のクラスを持っていましたが、毎回悩みながらやっていました。そんなわたしだったので、計4回もお話しなくてはならない…それもかなりの大人数で部屋も広い。普通の紙芝居じゃダメだろうなぁ、と悩みに悩みました。しかもその当時、ちょっと精神的にダメージを受けることがあって、ひどく落ち込んでいた時期だったのです。なんでこんな時に、こんな大きな奉仕を…と神様に文句を言ってみたりしながらちょうど親が留守だったこともあって、何日か徹夜で視覚教材を準備し、お話を準備した記憶があります。
 でもね、その時、本当に子供たちが喜んでくれたんですよね。視覚教材(写真の絵ですが4つ切り画用紙の倍ぐらいの大きさかな?)を「すごい!!見せて見せて」と感心して見てくれたり、レクリエーションの時間も「先生いっしょにあそぼー」と引っ張りだこで。

イエスさまとペテロ.jpg  バプテスマのヨハネとマルコ.jpg

(これがその時の視覚教材。左がイエス様とペテロ、右がバプテスマのヨハネとマルコ)

その後しばらくしてから、神学校の同級生の結婚式に行ったとき、来られていた方が「写真を撮らせてもらっていいですか?娘が夏のキャンプでお世話になって、S先生のことをすごくよく話していたので、先生の振り袖姿を見せてやりたくて」と言って下さったのもとても嬉しかったです。(そう、その時わたしは振袖を着ていたのです)
 子供嫌いで子供が苦手だったわたしが、小学生キャンプでご奉仕した、たった1回の記憶が最高によい思い出で、すごく嬉しかったです。
 そうそう、先日コンサートをさせていただいた北摂恵みバプテスト教会もその時の4教会のひとつで、その時小学生だった娘さんがもう立派な大人になっておられて、年を聞いて本当にびっくりしました。あの時、その子たちが熱心に(?)セーラームーンの話をしていて、今時の子はこういうアニメを見ているんだ、と思ってそれから一生懸命セーラームーンを見たものでした。

 もう一つの思い出は、グイドと婚約中のこと。わたしではなくグイドがやはり今の団体の小学生キャンプに参加していたのですが、夜、グイドに携帯で電話していると、グイドが所属していた教会の小学生の女の子たちがその電話に出たんですよね〜。
どうやらその女の子たちは、わたしにちょっぴり焼き餅を焼いていたようでした。後でお手紙も貰ったんですよ。
今頃、その子たちも立派に成長しているので(高校生ぐらいかな?)、その当時の、そんな話をしたら嫌がられるんでしょうねぇ…。

 そんなこともあったなぁ、って、本当に懐かしく思い出しました。

 今でも子供は苦手だけど…エルが小学生キャンプに参加するようになったらわたしも行かなきゃいけないのかな?たぶんキッチンスタッフとかの方だと思うんですけど…。

 今日は、夕方「ポニョ」を見に行きました。
 感想は…ま、悪くはなかったですけど…。
これは、見る前から思っていたことですが、キリスト教色を払拭するならなぜ敢えて「人魚姫」を題材にしたのだろう、という疑問は、見終わってもぬぐえませんでした。
 まあ、これは宮崎さんだけでなく、ディズニーでもそうなんですけど、いわゆる表面的なハッピーエンドにしようとすると原作の深さがどうしてもそがれてしまうのは否めませんね。
出崎統さんが「雪の女王」の中で扱っていたのは少しひねった形になっていたので(恋愛ではなく友情という形になっていました)また少し違う感じでしたけれども。まあ、いずれにしても、「雪の女王」にしても、キリスト教色は最小限にはなっていて、原作のような意味合いはありませんでしたけれどね。
 見終わってから、グイドと宮崎さんはキリスト教色のどの部分を排除したかったのだろう、と話し合いました。
 グイドは、キリストの贖罪に通じるような自己犠牲的な愛ではないか、といったのですが、わたしは、最後に泡になるはずが泡と消えるのではなく、その魂が天使に携えられて天国に行った、その「神」の介入を避けたかったのではないかと思いました。そのどちらも、かもしれませんし、全然的外れかもしれません。いずれにしてもこれは憶測ですから何とも言えませんが。
宮崎さんは基本的に非常にヒューマニスティックでアニミズム的な作品が多いですからね。
いずれにしてもキリスト教的な神観は持ち込みたくなかったのだろうと思います。
 でも、ポニョは文句なくかわいかったですし、宗介君も小さいながらなかなか素敵でした。ポニョのお母さんのキャラデザインは声の天海さんを意識したんでしょうかね〜。やたら唇が分厚い感じがしましたけど(苦笑)。
 この作品のどこが「神経症と不安の時代」に立ち向かっているのか、いまひとつよくわかりませんでしたし、まあ、色々思うところはありましたけど、ファンタジーとして見ると、それなりに楽しめたと思います。
今までの宮崎作品の中では比較的説教臭さの少ない方ではないでしょうか。
最後は少々あっけない感じもしましたけれど。

 エルは前から貯めていたお小遣いで「ポニョグッズ」を買うのを楽しみにしていたのですが、ローソンと提携しているせいか、映画館にはグッズは少なめだった気がします。で、エルはメダルを買っていました。しょうもない(というと語弊があるかもしれませんが)おもちゃを買うよりは映画を見た記念として取っておけるし、嵩も低いので、母としてはホッとしました。
 何よりエルが楽しんでくれたので良かったです。

08_07_30.jpg

先日、東近江キリスト福音教会でいただいた苗が花をつけ始めています。
この紫のお花、何という名前だったか、教えていただいたのに忘れてしまいました。
どなたかご存知なら教えていただきたいです。
一輪だけ咲いた時は「?」という感じでしたが、いくつか咲いたところはふわふわとしてとてもかわいいです。

≪今日の聖書≫
というのは、だれも、すでに据えられている土台のほかに、ほかの物を据えることはできないからです。その土台とはイエス・キリストです。 第一コリント 3:11
posted by ♪Sunny at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

母の味

 今日も暑かったですね。

 昨日の夜、残った完熟バナナにもう1本バナナを足して、もう一度チョコバナナババロアを作りました。
今日の午後のために。
昨日とはちょっと違った風にアレンジしたかったのに、時間がなくて昨日と同じに…。
という訳で写真はなしです。

 今日は朝から、祈祷会で、グイドの代わりにちょっとしたお話をさせていただきました。
昨日の夜原稿が完成しなかったので朝に仕上げて、教会へ行きました。
 で、お祈りが長引いたので、お祈りが終わるなり「後よろしく〜」とばかりに教会を飛び出して一路交野へ。お昼御飯は朝作っておいたおにぎりを車の中でパクパク。

 姉のところには予定通りについて、姉がエルと母を枚方の映画館に送って行ってくれている間に、JBS(日本聖書協会)の方からの連絡があり、郡津駅までお迎え。
父と姉がお招きいただいている秋の行事の打ち合わせに、わざわざ東京からお二人も見えて恐縮でした。
あ、ここで昨日作ったチョコバナナババロアをお出ししました。

 でもって、打ち合わせも終わり、エルと母も映画から帰ってきたので一路立冬へ…と思ったら、またしてもバッテリーがあがってる(爆汗)
昼間に姉の家に行くと、途中のトンネルでつけたスモールライトをついつい消し忘れてしまうようで、これで2度目…。
今日は割に早くJ〇Fのお兄さんが来て下さったので、晩御飯が食べられる程度の時間に家に戻ることができました。
大急ぎで(汗だくになりながら)天ぷらを揚げて、そうめんをゆでて、大急ぎで食べて、教会へ。

 なんだか超バタバタしてしまいました。

 そうそう、タイトルは、今日、母にもらった玉子焼きのことです。
昨日、わたしもキャンプ場で食べるお弁当に玉子焼きを作って、わたしなりにかなり美味しくできたと思っていたのです。
でも、今日、姉のところにたまたま母が玉子焼きと高野豆腐の煮物を持ってきていて、帰りに残りを貰ってきたのですが、帰りの車の中でちょっと玉子焼きをつまみ食いしたら…やっぱり母の玉子焼きの方がおいしいのです。
玉子焼き、かなり熟練してきたつもりなんだけど、まだまだ母の味には勝てないなぁ〜、と痛感しました。
まあね、他のお料理は、そこそこ勝負できると思うものもあるのですけれど、玉子焼きだけは、母のは何か特別なんです。
いつか、エルにとって、わたしの玉子焼きが「特別」になるのかなぁ。
そうなれるように、「わたしの味」を極めたいな…。

 祈祷会の後、T子姉に、「体、大丈夫ですか?」と聞かれました。かなりしんどそうだったみたいです。日曜日もI姉に「S先生、大丈夫?」と聞かれちゃいました。
そんなにバテバテの顔してるのかな〜。
ここのところ暑かったしね〜。
午前中、子供の宿題とか見ているとゆっくりできないし、かといって午後はあっという間に時間が過ぎていくし…。本当にこの夏休み、乗り切れるのかしら…。
とにかく祈って、とれるところで睡眠をとって、何とか乗り切るしかありません。

 今年は残暑がきつくなるとか…、皆様もお体に気をつけて。
神様の祝福が豊かに在りますように。

≪今日の聖書≫
だから、わたしのこれらのことばを聞いてそれを行なう者はみな、岩の上に自分の家を建てた賢い人に比べることができます。雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけたが、それでも倒れませんでした。岩の上に建てられていたからです。 マタイ 7:24,25
posted by ♪Sunny at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

亭主元気で!?

 今日からグイドは小学生キャンプに出掛けました。
グイドは根っからのインドア派で、アウトドアは苦手です。その上、日曜学校等のご奉仕経験も少なく、もちろん子ども時代に日曜学校や夏期キャンプを体験したこともないので、小学生キャンプご奉仕に対して、いつも苦手意識があり、出かける前は憂鬱なようです。選べるものなら、この奉仕をお断りするのでしょうが、どうも避けて通れないらしく、毎年、この時期、小学生キャンプに参加しています。
今年は特に、憂鬱がっていました。
 昨夜も、とっても憂鬱がっていたグイド…。その姿を見たエルが一言
「それが牧師ってものだよ」
へ〜、ほ〜、エルの口からそんな言葉が出るなんて、感心するやらおかしいやらの一コマでした。

 まあ、参加してしまえば、なんだかんだ言っても毎年楽しくやっている様子です。
3日間、天候が守られ、事故や病気もなく、楽しいキャンプとなりますよう、祈りつつ、わたしは羽を伸ばします。

 と言っても明日はグイドの代理で午前中祈祷会の司会とお話、午後は交野まで、東京から父のご奉仕の関係で打ち合わせに来られる方に会いに出かけ、夜はまた祈祷会です。
羽を伸ばすと言っても結構忙しくて、あまりゆっくりもできないかな?
木曜日の午後にはグイドを迎えに行かなくてはいけないし。
もうちょっとゆっくりできるといいんだけどな〜。

≪今日の聖書≫
神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます。 ヘブル 4:12
posted by ♪Sunny at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

「今日」は「今日」

 昨日は礼拝の後、青年中心で開かれた有志による聖書の学び会「コイノニア」に夫と共に出席しました。
 その後、東近江キリスト福音教会にて、インド宣教に行かれるS宣教師の派遣式に家族で出席しました。
 なんだか久しぶりに1日中、集会続きで、恵まれた1日でした。
思えば、クリスチャンになったころ、月曜日以外は毎日、礼拝はもちろん、家庭集会や祈祷会、地区子供集会、青年会と、何かの集会に出掛け、日曜日は文字どおり朝から晩まで教会にいました。
「ずっとこんな生活がしたいな」というと、友達に「だったら牧師夫人になれば」と言われたことがありましたっけ。
でも、「今日」は「今日」。
過去に思い描いた「明日」とは別の現実が、目の前にあったりします。
それでも、神様の恵みの中にどっぷりとつかっていることに感謝していますよ。

 今日は、エルは久しぶりにラジオ体操に出掛けました。
そのあと宿題などの勉強をして、これも久しぶりのピアノ練習をしました。
コンペの後、エルは「ピアノの練習しなくちゃね」と言っていたのですが、わたしのほうが脱力してしまって、「今日はお休み〜」とかになっていたのですが、やっと、わたしも気を取り直しました。
 別に、世界的有名ピアニストに育てたいと思っているわけではありません。ただ、いつの日か
「音楽(ピアノ)をやっていて良かった!!」
エルがそんな風に思ってくれる日が来ると信じて、これからも親子でコツコツ積み重ねていこうと思います。

 そうそう、今日、特定疾患の認定証の更新の関係で市役所と保険所に行ったのですが、市役所前に大きな看板が立っていたのです。
なんて書いてあったのか忘れましたけれど、栗東高校(うちの近くの高校)出身の人が、北京オリンピックに出るんですって。
中瀬卓也選手というらしいです。体操の選手だそうです。
わたし自身滋賀の出身ではないので、ものすごく親しみがある、というほどでもないのですが、やっぱりこの近くで高校時代を過ごした人がオリンピックに出るというのはなんだかちょっと嬉しいですね。
男子体操、注目してみたいと思います。

08_07_28.jpg

 冷蔵庫の中で真っ黒に熟したバナナがお菓子になるのを待っていましたので、今日は、チョコバナナババロアを作ってみました。
わたしの中ではなぜかこだわりがあって、ババロアはアングレーズソースを使っていなければなりません。
その意味で、チョコバナナムースのレシピは見つかるものの、チョコバナナババロアのレシピが見つからなかったので、チョコバナナムースのレシピをアレンジして、自分なりのチョコバナナババロアを作ってみました。なかなか美味しくできたと思います。
 もう1本、真っ黒バナナが残っているんだけど、これ、どうしようかなぁ。

≪今日の聖書≫
まことに、あなたがたに告げます。天地が滅びうせない限り、律法の中の一点一画でも決してすたれることはありません。全部が成就されます。 マタイ 5:18
posted by ♪Sunny at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

≪今日の聖書≫


草は枯れ、花はしぼむ。
だが、私たちの神のことばは永遠に立つ。 イザヤ書 40:8

posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

夏祭り

 今日は、夕方から家族で夏祭りに出掛けました。
わたしたちの住んでいる地域の夏祭りではなく、教会に来られているKさんの地域のお祭りでした。
 自治会主催で、スーパーボールすくいや輪投げなどの簡単なゲームやビンゴゲームがあり、屋台は、たこ焼き、焼きそば、フランクフルト、空揚げ、焼き鳥、かき氷、などなど。
エルは大喜びでした。グイドも見るたびに違う食べ物の入れ物を持っていたような気が…。
 後半は、Kさんのお宅(それが夏祭り会場となっている公園のまん前なんです)の庭で、飲み物や追加のお料理をいただきながらおしゃべりを楽しみました。
エルは、Kさんのお孫さんたちと遊んだり、お祭り会場をうろうろしたり、最後の最後まで楽しんでいました。本当は帰りたくなかったみたいで、Kさんのお孫さんたちとお泊りしたかったようです。
帰りの車の中まで大興奮だったエルは、帰ってきて、聖書物語を読んで、ほとんどすぐに寝てしまいました。
毎日楽しいことだらけのエル。いい思い出がいっぱいできるといいね。

 全然関係ない話ですが、ドラマ「ルーキーズ」終わっちゃいました〜。毎回のようにハラハラ、ウルウルしながら楽しみにしていたドラマでした。
あり得ないお話なんだけど、それでもやっぱり「夢」「希望」「努力」といった日本人が大好きなドラマの展開に、最後まで目が離せませんでした。わたしは原作を全然知らない分、素直に楽しめたのかもしれません。
 終わっちゃって少し淋しい…と思っていたら!!秋にスペシャル、来春に映画と続くとか…。最近はこういうパターン、多いですよねぇ。気になる〜。そして楽しみです。
 やっぱり、「夢」を持つことは大切だし、「諦めない気持ち」も大事だな、って思います。
できないことはできないと認めつつ、それでも「夢」を「現実」にするために歩み続けること、エルもそんな気持ちを大切にしてほしいし、わたしだってまだまだ「夢」を持って歩いていこう、と思いました。


≪今日の聖書≫
草は枯れ、花はしぼむ。
だが、私たちの神のことばは永遠に立つ。 イザヤ書 40:8

posted by ♪Sunny at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

サツキとメイの家

 今日は名古屋の長久手まで出かけました。
あ、タイトルの「サツキとメイの家」はメイン行事じゃなくて、目的は打ち合わせでした。
10月に、うちの教会の特別集会にお招きする米田浩司さんとお会いして、色々とお話をしてきました。
米田さんは、オリジナルソングを歌って活動しておられる音楽宣教師です。クリスチャン新聞の福音版に「タンポポの歌」という連載も3年ぐらい続けておられます。
米田さんは、もうずいぶん前にインターネットを通して出会い、CDを買わせていただいたりメールのやり取りをしたりしていました。
それで、近くの無牧(牧師不在)の教会にご紹介したりもして喜んでいただいたのですが、実は今回、お会いするのが初めてだったのです。でも、こちらは写真も拝見しているし、交流もあるので、そんなに初対面という気はしませんでしたが。
集会(コンサート)の打ち合わせはわずかな時間で、2時間半ぐらい?とりとめのないお話を楽しみました。

で、打ち合わせの後、グイドが「『サツキとメイの家』を見に行こう」と言い出して、突然でしたが、愛・地球博記念公園に立ち寄りました。
「サツキとメイの家」は愛・地球博の時はチケットが手に入らなかったので中に入れず、外だけでも見に行くか、という話もあったのですが、場所が少し離れたところにあって時間がもったいない、というのであきらめたのでした。
 で、今回グイドの思いつきで出かけたのですが、着いた時間が遅かったので、残念ながら今回も中に入ることができませんでした。でも、せっかくここまで来たのだから、と今回は外見だけはしっかり見てきましたよ。エルはそれでも大喜びでした。
何分、大人がおしゃべりしていた3時間もの間、一人で退屈しながら過ごしていたのですから、それぐらいの楽しみがなくちゃかわいそうというものです。

08_07_25.jpg

 夏休みが始まってからなんだかんだとイベント続きのエル。
明日は、教会員の方の家の近くの夏祭りに誘っていただいています。
毎日「これ、絵日記に描きたい」というエル。
でも、絵日記は夏休み中で2枚だけなんだよ。どれにするのか、よく考えて描かなくちゃね。

 そうそう、写真は先日(水曜日)オカリナの練習会(わたしはプール当番で出席できなかったのですが)のために作ったオレンジケーキ。 
記録のためにUPしておきます。
この前は生のオレンジをのせたのですが、時間がたつと少し水分が出るので、今回はオレンジピールにしてみました。
わたし的にはこれが良いかな、と思っています。
次回は、生地ももう少し改良してみたいと思っています。

08_07_23.jpg

≪今日の聖書≫
あなたがたが新しく生まれたのは、朽ちる種からではなく、朽ちない種からであり、生ける、いつまでも変わることのない、神のことばによるのです。「人はみな草のようで、その栄えは、みな草の花のようだ。草はしおれ、花は散る。しかし、主のことばは、とこしえに変わることがない。」とあるからです。あなたがたに宣べ伝えられた福音のことばがこれです。 第一ペテロ 1:23-25
posted by ♪Sunny at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

夏休み始まる!

 22、23日と朝、エルはグイドと一緒にラジオ体操に出掛けました。
この2日間は先日、計画を立てたとおり、午前に宿題をするなどの予定をこなしていきました。

 22日は昼食後、エルはグイドと琵琶湖畔の団体キャンプ場に出掛けました。
水着を持って行って、お父さんと二人でプライベートビーチみたいに優雅に遊んできたそうです。
 23日は、午前中教会の祈祷会に出席した後、午後から学校のPTA主催のプール開放に行きました。わたしも監視当番に当たっていたので一緒に出掛けました。

 23日、祈祷会後から実家に行って泊まり、今日24日、エルはピアノのコンペ(コンクール)に出場しました。
 はじめから予選通過できるかどうかのレベルであることは分かっていたので、本選はあきらめていたのですが、結局予選通過も入賞もならず。演奏検定のみの合格でした。
でも、わたしとしては、エルは本当によく頑張ったと思いますし、大きなミスもなく、素敵な演奏ができたと思っています。
これからも、今の調子で、焦らずに続けてコツコツ努力していってほしいと思っています。

 コツコツ続ける、と言えば夏休みの宿題。
エルはドリルを一気にやる、といったのですが、少しずつやった方がいい、ということで1日1ページを目標にしました。
 ところが、先日、個人懇談で学校に行った際(夏休み初日の22日)、その日懇談したお母さんの子供さんで、すでに全部やってしまった子供さんが2名ほどおられたそうです。
また、夕方お会いしたあるお母さんは「宿題がはかどらなくて…」と言っておられたのでびっくりしました。「まだ夏休み初日なのに!?」と。
確かに、最後まで残って慌ててやるのはどうかと思いますが、早くやればいいというものでもないだろうに、と思うのですが、そういう子供さんは、早く済ませて別の勉強をやるのかしら?
 まあ、エルはエルのペースで、頑張っていければいいかな、と思っています。

 そうそう、昨日の夜から、姉と姉の子供たちも実家に泊まりに来ていて、姉と姉の子供たちもエルのコンペを応援に来てくれました。
エルは、予選通過できなくて、ちょっとがっかりしていたようですが、従姉妹たちが励ましてくれたり一緒に遊んだりですぐに気を取り直したようです。
一人っ子のエルは、従姉妹たちと遊ぶのがとても楽しかったようで、本当に喜んでいました。今度は夏休みの子供文楽の日に会える予定。
とても楽しみにしています。
posted by ♪Sunny at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

≪今日の聖書≫

どんなにか私は、
あなたのみおしえを愛していることでしょう。
これが一日中、私の思いとなっています。 詩篇 119:97

posted by ♪Sunny at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

夏休み前日!

 小学校の授業というか、登校日は18日まででしたので、19日から夏休みが始まっているような感覚がありますが、19日は土曜日なので休み、20日は日曜日なので休み、21日は祝日なので休み。それで夏休みは22日からなのです。
 今日は、「明日から夏休み」ということで、夏休みの「1日の過ごし方」の予定を立てたり、自由課題を何にしようか、と計画を立てたりしました。
まあ、予定通りに過ごすことは絶対に無理だと思いますが(初めからネガティブになるつもりはないのですが、実際、習い事や教会の祈祷会など、毎日のようにイレギュラーな予定がありますので、毎日同じように過ごすことは無理なのです)、計画を立てたことで目安ができましたから、実行に向けて努力していきたいと思っています。

 20日、また、父が礼拝に出席できるというので、わたしとエルが、19日夜から実家に泊まり20日に両親とともに教会へ。
そのまま、両親は夕方まで教会でゆっくりして夜、家族で両親を送っていきかたがた、両親と一緒に大阪のおいしいてんぷら屋さんに出掛けました。その日のうちに帰るつもりでしたが、満腹感に満たされて、帰るのが面倒になり、実家に泊まってしまいました。
 そして21日、今日帰宅。

 そうそう、ちょうど今朝、市岡裕子さん(岡八朗さんの娘さん)からメールをいただきまして、今朝の読売新聞(阪神版?)に裕子さんの記事が出ている、とのこと、西宮から家に帰る途中のコンビニで新聞をGetすることができました。
記事はこちらでも見ることができます。
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20080721-OYO1T00263.htm?from=main1
暑い夏を吹き飛ばすようなパワーで活動しておられる裕子さんの記事を嬉しく拝見しました。

 今日は、教会員のHさんのお宅でバーベキューお食事会。ゲストとホスト合わせて15名近くでワイワイガヤガヤ食べたりおしゃべりしたり、楽しく過ごさせていただきました。

 明日からはいよいよ夏休みですが、いきなり、ピアノのレッスンや懇談会などイレギュラーな予定から始まります。とりあえず、朝の予定をきちんとこなせますように。


≪今日の聖書≫
キリストのことばを、あなたがたのうちに豊かに住まわせ、知恵を尽くして互いに教え、互いに戒め、詩と賛美と霊の歌とにより、感謝にあふれて心から神に向かって歌いなさい。 コロサイ 3:16


※今日の御言葉は、エルの名前の漢字の由来となった箇所。
 わたしのとても大切にしている御言葉のひとつでもあります。
posted by ♪Sunny at 21:29| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

キモカワイイ?!

 庭のエンジェリックレモンのプランターに、先日から黄色いキノコが生え始めています。
大体は、写真ぐらい(2〜3cm)の時点で気がついて除去するんですけど、先日はうっかりして気がついたら5cmぐらいになって傘も開いて、すっかり普通のキノコになっていました。
 今日も写真の2本を見つけたのですが、かわいいような気持ち悪いような…、不思議なキノコです。
いったいどこから菌が飛んできたのやら。そういえば去年か一昨年もこういうのが生えたことがあったような気が…。

08_07_19a.jpg

 今年、ワイルド・ストロベリーの実がこの3つを含めて5つできました。
以前あった白花はどんどん身をつけたのですが、この桃花はなかなか実をつけなかったので、この時期で5つは多い方だなあ、と喜んでいます。ま、形は悪いし、小さいし、味も大したことはありませんけれど、それでもエルは大喜びで「あっま〜い」と言いながら食べています。

08_07_19b.jpg

 オレガノも、今年は咲かないかと思っていましたら、今頃咲いています。

08_07_19c.jpg

 今日は、午前中、地区の夏祭り(子供向けのイベント)があり、エルと出かけてきました。
エルは少し前からとても楽しみにしていて、小学校のお友達とも遊べて楽しかったようです。
わたしも待っている間、何人かのお母さんとお話しすることができて退屈せずにすみました。

 午後から、お友達が来られるとの連絡があったので、思い立って鶯餅を作ってみました。季節外れなのですが、他に、手元にある素材で作れる和菓子が思い当らなかったので…。
 いつもは小豆漉し餡に白餡をブレンドするのですが、今日は在庫(?)の関係で白餡に小豆こしあんをブレンドする形になってしまいちょっと寝ボケた色の餡になってしまいました。
お味はOKでしたけどね(^_-)-☆

08_07_19.jpg

 明日は、日曜日です。
どうぞお近くの教会へお出かけください。

皆さんの上に祝福が豊かにありますように。


≪今日の聖書≫
この律法の書を、あなたの口から離さず、昼も夜もそれを口ずさまなければならない。そのうちにしるされているすべてのことを守り行なうためである。そうすれば、あなたのすることで繁栄し、また栄えることができるからである。 ヨシュア記 1:8
posted by ♪Sunny at 18:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

あせ

 ♪全く人気のない道にしらけた太陽がでて
  ほこりっぽい石ころだらけ風もない雨もない♪

 わたしのお友達で、この曲が誰のなんという曲かわかる人って、どれくらいいるんでしょうかね…。

 我が家ではまだクーラーを入れずに頑張っています。
汗まみれで食事を作りながら、懐かしいNSPの歌を口ずさんだりします。

 ♪つぶつぶの しょっぱい汗を
  つぶつぶの 汗を流し
  つぶつぶの しょっぱい汗を
  つぶつぶの 汗をぬぐう♪   By 天野滋「あせ」

YouTubeとか、著作権のこととか気になるので、日記に貼ったりはしないんですけど、懐かしいもの見たさで時々ちょこっと検索してみたりします。
先日はネットでNSP再結成の時の画像を見て、ちょっと嬉しかったです。天野さん、ちょっと早く亡くなり過ぎですよねぇ。
 先日は“あみん”の「白いページの中に」を発見して驚き。
これは聞いたことありませんでした。「白いページの中に」と言えば、柴田まゆみ、と思っていましたから。

 そんな話は置いといて、ちょっとまじめな話…。

歌声ペトラとか、色んなことでお世話になっているゴスペルシンガー・岩渕まことさんが、横田早紀江さんの作詞された「コスモスのように」を作曲され、ご夫妻で歌われていることはニュースでも流れましたが、6月、その岩渕さんご夫妻が北朝鮮に拉致されて、北朝鮮におられる日本人に向けて放送されている日本語ラジオ番組に出演されました(実はずいぶん遅ればせなお知らせなのですが…)。スタジオライブで「コスモスのように」を歌われただけでなく、インタビューも流れました。
その中で、岩渕さんが「(この歌は)祈りだからです」と言っておられたのが心に響きました。
遅々として進まない拉致問題ですが、わたしたちの祈りが満ちる時、きっと何かが変わる、と岩渕さんの言っておられた言葉が印象に残りました。
ラジオは、 http://www.rachi.go.jp/jp/shisei/radio/radio_j.html で聴くことができます。
この中の第14回が、岩渕さんたちの出演した番組です。
 また、http://www.rachi.go.jp/ のサイトでは、「めぐみ」のアニメもダウンロードすることができます。
 クリスチャンの方もそうでない方も、この問題が風化しないで、解決に向けて前進していきますよう、お祈りいただければ、と思います。
posted by ♪Sunny at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨音…

 雨の音が気になって、一晩あまり眠れませんでした。
眠い…。

古谷一行の「さすらい人のように」という曲が頭の中で鳴っています。


     雨の降る真夜中は
     想い出の揺りかごで
     遠い旅に出かける さすらい人のように

 昨日、お友達の日記できれいな虹の写真を見たからでしょうか、明方、虹の夢を見ました。とても色の濃い、きれいな虹でした。


 明日から、エルは夏休みです。
といってもエルの小学校は前期後期の2期制なので、通信簿(?)はもう少しお預けです。

 幼児園は長時部(保育園)だったので夏休みでも行かせていましたが、学童保育に入れなかったので小学校になってからは、夏休みはずっと家にいます。
7月中は結構予定があるのですが、8月はあまり特別な予定はありません。
うー、自分の子供は特別、とはいえ、もともと子供苦手なわたし、この夏休みをどうやって乗り切ろう…。

 とりあえず、寝不足で眠いです…。


≪今日の聖書≫
また、幼いころから聖書に親しんで来たことを知っているからです。聖書はあなたに知恵を与えてキリスト・イエスに対する信仰による救いを受けさせることができるのです。 第二テモテ 3:15
posted by ♪Sunny at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

いのち

 火曜日、エルが学校でザリガニを取りに行って、2匹持って帰ってきました。
今朝、1匹が死んでいて、もう1匹も弱っていたので、弱っていた1匹は自然に帰してやりました。

 夜、ある方の訃報が届きました。少し前に亡くなっておられたそうなのですが、手違いでわたしたちのところに知らせが届いていなかったのです。

 また、午後にも、ある方から「癌でもう末期だ」との告白を聞きました。

 いろんな命の重みを改めて感じた1日でした…。

 今日の午後はケアハウスの聖書研究会でした。
エルがもう、夏休み前で帰ってくるのが早いので、グイドは時間どおりにいきましたが、わたしはエルの帰りを待って一足遅れていきました。
今日のお菓子は、少し前にViviさんが作っておられたオレンジケーキ。
いただいたオレンジがどんなオレンジかわからないので、皮を使うことはあきらめて、皮のすりおろしの代わりにオレンジオイルを、上に載せるオレンジは、高齢者の方のところに持っていくことも考えて、皮は剥いて実の部分だけを載せました。
卵白だけで作るケーキで、オイルも少なめなの、シフォンケーキとはまた違う、しっとりした軽いケーキでした。高齢者の皆さん、口々に「今日のは特別おいしい」と気に入って下さってよかったです。

08_07_17.jpg

 わかぎゑふさんの「大阪人の掟」を読んでいます。
「秘密の県民ショー」と通じる部分があって、100%共感というわけにはいかないけれど、結構頷けるところがあって面白いです。
特に「大阪人は『あほ』『あほか』と言われても怒らないけれど、『あほちゃうか』と言われるとものすごく怒る」というくだりは、「なるほど」と感心してしまいました。
そういえば「あほ」と「あほちゃうか」の間には雲泥の差があるとわたしも感じます。
大阪(関西)人の皆さん、いかがでしょうか。
 まだ途中なので、最後まで読んだらまた、コメントしたいと思います。

≪最近心に響いた御言葉≫

そもそも、互いに訴え合うことが、すでにあなたがたの敗北です。なぜ、むしろ不正をも甘んじて受けないのですか。なぜ、むしろだまされていないのですか。第一コリント6章7節

人がもし、何かを知っていると思ったら、その人はまだ知らなければならないほどのことも知ってはいないのです。第一コリント8章2節

主は心の打ち砕かれた者の近くにおられ、
霊の砕かれた者を救われる。詩篇34篇18節




 主の前に、心砕かれることの難しさ。
へりくだることの難しさ。
主の前に、ありのままで(高慢にもならず卑屈にもならず)出てゆくことの難しさ。

 大好きな2人のゴスペルシンガーの方のHPで見つけた言葉も心に刻みました。
「自分で自分をディスカウントしない。」
「丁寧に生きなければ」

 色々なことが頭の中、そして心を巡っています。
うまく言葉にできませんが、自分の中を少しずつ豊かにしていこう、そんな風に思っています。


≪今日の聖書≫
あなたがたは、聖書の中に永遠のいのちがあると思うので、聖書を調べています。その聖書が、わたしについて証言しているのです。 ヨハネ 5:39
posted by ♪Sunny at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

良いこともあったよ

 今日はどちらかというとネガティブなことを2件も発信しましたが、良いこともありました。
 わたしは、メーラーとしてWindowsメール(Outlook ExpressのVista版)を使っていたのですが、今年の4月頃だったでしょうか、送信済みのメールが送信トレイに残っていて、それがどうしても削除できず、それ以来メールの受信はできるけれど送信ができなくなりました。日記にも書いたのでご記憶の方もあるかもしれません。
その時は、PCのサポートセンターに電話しても解決しなくて、再セットアップしかない、と言われたのですが、とりあえず、送信時はメーラーを使わないで、ブラウザから送信して、受信メールの管理だけをメーラーで行うようにしていました。
 メーラーでの送受信は時々試してはいたのですが、ここしばらくやっておらず、ふと思いついて、今日メールの削除を再試行してみたら、削除できたんです。
この件は、Vistaのバグとして被害(?)を受けている人が結構いたので、プログラムの更新の中で解決策が講じられたのでしょう。
これで、メールの送受信がメーラーで出来るようになりました。よかった〜。
再セットアップしせずにすんだのが嬉しいです。
posted by ♪Sunny at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宝の持ち腐れ

 文字通りのことをやってしまいました。
 いつだったか、10数年前に初めて香港に行った時のことです。
その時は宣教関係ではなく、父の親しくしていたある社長さんが姉とわたしを連れて行って下さった観光旅行でした。
 10人足らずの小さなグループでしたけれど、ちゃんとツーリストの方がついて下さってあちこち観光に連れて行ってもらいました。その時にジャッキー・チェンがオーナーだという鞄店に連れて行かれました。別にブランドには興味がなかったのですが、せっかくだし何か記念に買っておこう、と思ってランセルの小さなショルダーバッグを買ったのです。でもねぇ、いかんせんブランドものなんて持ちなれていないもので数回しか使わないまましまってありました。
 先日ふと思い出して、「あれも使わないとね〜」と思って出してみたらなんと、表面がべたっとなってしまっていて、鞄が入っていた不織布が張り付いてしまっていたのです。
こんなことならもっと使っておけばよかったなぁ。しまいかたも悪かったのかもしれませんが、いずれにしても、まあ、宝の持ち腐れですよね。
まあ10年以上使っていなかったんですから、おしいという気持ちもありませんけれど。

 聖書の中には「天に宝を積む」という話があります。

自分の宝を地上にたくわえるのはやめなさい。そこでは虫とさびで、きず物になり、また盗人が穴をあけて盗みます。
自分の宝は、天にたくわえなさい。そこでは、虫もさびもつかず、盗人が穴をあけて盗むこともありません。
あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。
     マタイの福音書6章19節〜21節


 今、わたしの頭の中には歌声ペトラの126番「天に宝を」が流れています。
(「天に宝を」の歌詞や曲はこちらで確認することができます)
posted by ♪Sunny at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショック!!!!!!!!!

 今日、先日の三田でのコンサートの録音(座席にMDを置いて録音しただけなんですけど)を編集していて、操作ミスで全部消してしまいました(涙)
めちゃくちゃショックです。
まあ、ものすごく雑音も多くて、誰かに聞いてもらうとか、そういう趣旨のものでもなかったし、自分の反省点は十分わかったし、ミスもいっぱいあったし、取り立てて保存しておく質のものではなかったと思うのです。
ただ、わたしの記憶ではコンサートとしては卒業リサイタル以来、今までで一番たくさん曲数を歌ったものでした。
それに、自分のオリジナル曲を人前で歌った最初の機会だったし…(1番から3番まで、どの節もメロディーの違う部分があった貴重なバージョン!?)。
それより何よりM君のソロ演奏を録音したものって今までなかったし…。
 でも本質的には、音楽、とりわけ賛美というのはナマで、その時、そこでささげられてこそのものだと思うので、「そこに留まっていないで、次に進みなさい」という神様からのメッセージだと受け止めて、また練習に励みたいと思います。
次は9月に神戸で歌う予定です。

≪今日の聖書≫
どうか、私たちの主イエス・キリストの神、すなわち栄光の父が、神を知るための知恵と啓示の御霊を、あなたがたに与えてくださいますように。 エペソ 1:17
posted by ♪Sunny at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

そしてやっぱりNext One

 今日は北摂恵みバプテスト教会でのコンサートでした。
礼拝でわたしとM君1曲ずつ。午後からのコンサートではM君のピアノ4曲を間に挟んで10曲。最後にアンコールとしてそれぞれ1曲ずつ、ということで、わたしは計12曲歌わせていただきました。

 昨日、実はコンサートのことをいろいろ書きかけていました。
でも、失敗したことを書いても見苦しいだけだし、言い訳になってしまいそう。
かけていただいた言葉、ほめていただいて嬉しかったことを書いても自慢になってしまいそうです。
色んな事がありましたが、ただ、「心いっぱいの賛美をおささげしました」とだけ、書いておこうと思います。
おささげしたものを神様がどう用いて下さったかは、もう委ねるしかないのだと思います。
そして、わたしの心にあるのは「Next One」
次の機会に向けて、さらに良いものをおささげできるよう、努力したいと思う今日のわたしです。

 教会は、先生のご自宅の一部を会堂に使っておられる小さな教会。
でもその中に人がたくさんおられて、とてもあたたかくて良い教会でした。
先生も、本当にユニークで、集会後のおしゃべりもとても楽しかったです。

 エルは、教会に着いて教会学校の部屋に子供たちがいるのを見るなり、自分のカバンの中から何かを取り出して「じゃぁね〜」と行ってしまいました。
昨日も1日ほとんど邪魔をすることなく、教会学校に出た後も、子供同士で遊んだり、子供が帰った後も、本を読んだりしてほとんどおとなしく過ごしていました。
 つくづくエルは「教会の子」だなあ、と思いますね。同業者の子供さんはみなおおむねこんな感じだとよく聞きます。人慣れしているし、教会のみんなで育てられている感じだと。その分、二人きりになったときには甘えてきますが、それもまた必要なのだろうと思います。
 エルは1年生になって、本当に急速に成長していると感じます。字も幼児園のころから少しずつ読んだり書いたりできるようにはなっていましたが、やはり小学校に入ってからの定着度は比べ物になりません。本もよく読むようになって、色んなことをどんどん吸収しています。今がとても大切な時なのだと最近つくづく感じています。
親の責任は重大…と思うけれど、かといって出来ることはそう多くはないのです。
一番の役目はやっぱり祈ることでしょうか…。

 今週も、皆さんの上に祝福が豊かに在りますように。

≪今日の聖書≫
それには何よりも次のことを知っていなければいけません。すなわち、聖書の預言はみな、人の私的解釈を施してはならない、ということです。なぜなら、預言は決して人間の意志によってもたらされたのではなく、聖霊に動かされた人たちが、神からのことばを語ったのだからです。 第二ペテロ 1:20,21
posted by ♪Sunny at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

≪今日の聖書≫

ですから、私は、あなたがたに次のことを教えておきます。神の御霊によって語る者はだれも、「イエスはのろわれよ。」と言わず、また、聖霊によるのでなければ、だれも、「イエスは主です。」と言うことはできません。 第一コリント 12:3
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

風と太陽(「北風と太陽」じゃないよ)

 今日は、コンサートのリハと家庭集会…のつもりで朝から先日作っておいしかったとろりんプリンを作っていたのですが、先日と違う容器を使ったせいか、全然時間どおりに出来上がらなくてものすごーく焦りました。
見切りをつけて、出かける準備をしているところへメール。
なんと、家庭集会は午後からではなく午前とのこと。わたしもグイドも全く勘違いしていました。
 結局グイドが急きょ家庭集会へ。わたしは賛美練習へ。
プリンは宙に浮いて、とりあえずM君にちょっぴりだけお土産に持って行きましたが、あとは我々家族の胃袋に収まることとなりました。

08_07_12.jpg

 M君との賛美練習は、先週やっていない追加曲を中心に。
でも、喉が本調子ではないので軽く流す程度にして、明日の朝もう一度リハをすることにしました。
 帰りの車の中で練習を録音したものを聞きながら、やっぱりM君のピアノはいいなぁ、としみじみ思いました。
M君のピアノは本当に不思議。先日M君のピアノを聴いたある方が「やさしくて、あたたかい音色」と表現して下さったのですが、わたしの彼のピアノの印象は「風」
あたたかかったり爽やかだったり、時に力強かったり…。決して北風のような冷たさはないのですが、自由に吹く聖霊様の風のようです。
 思えば彼の生き方そのものが風のような感じです。固定観念にとらわれず、自由にしなやかに生きています。その上、とらえどころがないのです。(笑)
もう20年も付き合いがあるのに、未だになんだかよくわからないところのある人です。

 そんなことを考えているとふと、グイドは太陽のような人だなぁと思えてきました。
基本的にとても明るくてあたたかいのですが、時に雲にかげったりもするし、また時々は熱すぎたりもします。はっきりしているのでわたしにとってはとてもわかりやすいのです。

 グイドは、結婚するまでいわゆる家庭というものには余り恵まれてきませんでした。
物心ついてからの記憶の中で(つまり赤ちゃんの時を別にして)、一番長く一緒に暮らしているのがわたしなのだと言います。彼にとってわたしはすでに、「好き」とか「嫌い」とか、そういう次元を超えた「家族」なのだと思います。
 そんなグイドにとってわたしはどんな存在なんでしょうねぇ。
少しでも安らぎを与えられる存在であれば嬉しいのですけれど。

 さて、明日は早くから出掛けなければなりません。
ということで、今日も早く寝なければ。

≪今日の聖書≫
神はこれを、御霊によって私たちに啓示されたのです。御霊はすべてのことを探り、神の深みにまで及ばれるからです。いったい、人の心のことは、その人のうちにある霊のほかに、だれが知っているでしょう。同じように、神のみこころのことは、神の御霊のほかにはだれも知りません。 第一コリント 2:10,11
posted by ♪Sunny at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする