2010年07月31日

暑中お見舞い申し上げます!

 今日で7月も終わりです。

 この頃、色々と思うところはあるのですが、夏休みで子ども入るし、夏バテで調子もいまいちだし、落ち着いて書く暇がないというか…。

 あれやこれや、バタバタと過ごしています。

 夫が庭の草ひきをしてくれました。
 冬からこちらほとんどほったらかしにしていて、ほぼ草原のようになっていた庭がうそのように綺麗です。

 夏休みも真っ盛りです。

 毎日暑い日が続きますので、皆様お体お大事にお過ごしくださいませ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑良ければぽちっとお願いします!
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

鰹のたたき食べ放題!

 今日は午前中、エルの学校のプール当番で、エルと一緒に学校に出かけました。
 持病で紫外線に当たるととても疲れるため、プール当番はできればやりたくないのですが、そうもいかないので紫外線対策をして臨みました。
 幸い今日は少し雲があって1時間半、照りっぱなしという訳ではなかったので、幾分ましでした。

 プールの後は、Kさんのお宅へ。
 Kさんのお宅では高知から鰹のたたきを取り寄せて下さっていて、教会の皆さんを招いてくださり鰹のたたきパーティーをして下さいました。
 今日はKさんご夫妻も入れて11名が参加しましたが、それでも食べきれないほどの鰹のたたきに加えて、小鉢もいろいろ用意してくださっていて、とても豪華な昼ごはんとなりました。
 わたしは朝、プール当番に行かなくてはならなかったので時間がなくて簡単なお菓子を、ということで、みかん缶入りミルクゼリーを作りました。
 リング型で作ったのですが、少しゼリーがゆるめだったので型抜きするのは難しそうだな、と思っていたところ、持って行く途中で座席から落ちかけて、落ちるのは阻止できたものの衝撃でゼリーが崩れてしまいました。
 それで、スプーンですくって、崩して盛りつけて食べていただくことになりました。
 ミルクゼリーは昔よく作ったので、なんだか懐かしい感じがしました。

10_07_30a.jpg  10_07_30b.jpg
Kさんが準備して下さったお料理。
カメラを忘れていったので、携帯で撮ったのですが、かつおのたたき、ぼけちゃいました〜(^_^;)

10_07_30c.jpg
教会のSさんと妹さんが持ってきて下さった手作りのお漬物。

10_07_30e.jpg
みかん缶入りのミルクゼリー

 とにかく、お料理の量が多くて美味しくて、お腹がいっぱいになりました。
 おしゃべりも楽しくて、母も喜んでいました。
 そう、母もわざわざ西宮から来たんです。Kさんが母も来られるようにと、母のスケジュールに合わせて下さったのです。

 夜には、やはり紫外線の影響か、少し頭痛がしました。今日は早めに休もうと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑良ければぽちっとお願いします!
posted by ♪Sunny at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

われは主に在りて楽し

 昨日は祈祷会の日でしたが、祈祷会はお休みして、アルゼンチン宣教の在原繁先生御夫妻をお迎えしての集会でした。
 先生のお名前は存じ上げていましたがお会いしたのは初めてでした。
 とても落ち着いた感じの先生でしたが、ユーモアもあり、静かな情熱の様なものが感じられました。
 とても励まされる、また、神様の真実を味わう集会となり、感謝しています。

 午後は、オカリナ演奏で大津のデイサービスまで出かけました。
夏休みということで、道が混んでいるのではないかと心配しましたが、スムーズに着くことができました。
 10名程の少人数制のデイサービスでしたが、とてもアットホームで良い雰囲気でした。
今まで、栗東、守山という地元周辺の施設ばかりでしたが、大津はまた少し違った雰囲気で全体的に落ち着いた、少し垢抜けた雰囲気でした。
 演奏はともかく、選曲が良かったようで皆さん「懐かしい曲でよかった」と言ってくださっていました。
 わたし達としては拙い演奏でも皆さんに喜んでいただけることが何より嬉しかったです。

 そうそう、祈祷会に、と思ってお菓子を作ったのですが、出来上がったものが、思ったより量が少なくて、全然集会の間に合わないということで、結局家で食べました。
 適当に考えて作ったので一応はオリジナルですが、きっと似たようなお菓子はCookpadで検索すれば出てくるでしょう。一応名付けて「ミルキーピーチゼリー」
 黄桃の缶詰のピューレと牛乳、砂糖をゼラチンで固めたもので、ゼリーとババロアの中間の様な感じ。
夫は「不思議な味」と言っていましたが、わたしは好きな味でした。

10_07_28a.jpg  10_07_28b.jpg


 今日は1日中、今夏お招きいただいている東北の小中高生キャンプの準備。
…のはずだったのですが、エルが、衣類の片づけをしたいと言い出し、付き合わされる羽目に。
 確かに、夏服は出したものの、冬服の一部がそのままになっていたり、小さくなって処分しようと思っている服がクロゼットに積んであったりしたので、片づける必要があったのです。
 色々確認していると、エルは夏物のワンピース、サマードレス類はたくさんありますが、Tシャツなどが極端に少ないことが分かりました。というか、ほとんどが小さくなっているのです。
夏の終わりのバーゲンで来年の分を買うとしても、今年の分、少しは買わなくちゃ駄目だな〜。
秋以降に着る普段着もあまりないし。
 こうして衣類をチェックしていると、いつの間にか子供が成長しているのに驚かされます。
 赤ちゃんの時の衣類はすでによその方にもらっていただいたり処分したりしたのですが、出産して退院する時、初めて着せた産着だけ、とってあります。
 エルにとってもわたしにとっても大切な宝物です。

 キャンプの準備は思うように進みませんでしたが、久しぶりにエルとゆっくり過ごしたような気がして、それはそれで貴重な時間だったように思います。


≪今日の聖書≫
神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます。 ヘブル 4:12

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑良ければぽちっとお願いします!
posted by ♪Sunny at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

事後報告&予告&北海道デビュー!!

 日記でお知らせするのを忘れていたのですが、先週末(土曜もしくは日曜)の「ライフ・ライン」というキリスト教関係の番組に姉が出演しておりました。
 先月、大阪クリスチャンセンターで開催しました芸能生活30周年記念を兼ねた落語会の模様から福音落語「教会根問」を取り上げていただき、落語を流しながら、姉のインタビューを挟むという形でした。
 手前味噌になりますが、この「教会根問」というネタはわたしが創作したもので、キリスト教信仰の根幹である「福音」をそのまま語っています。それでいつもは番組のおわりに牧師先生がショートメッセージを語られるのですが今回はそれが省略(?)されていました。
番組そのものがメッセージになっていたからだと思います。
 そういえば、以前「ライフ・ライン」のメッセンジャーのお一人の村上宣道先生がこのネタをお聞きになった時(福音落語の後、村上先生のメッセージでした)も「メッセージ要らないねぇ」と言っておられましたっけ。

 番組の事をちゃんとお知らせしなかったということで、姉に叱られましたので、次回放送の予告をば。
 何と姉のことを2週にわたって取り上げて下さいまして、実は次回放送も姉のインタビューなどが放送されます。
前回は落語中心でしたが、次回はインタビュー中心になるかと思います。
 もしかしたらわたしの若いころの写真も映るかも。
「何かにつかうかもしれない」とかで、写真を提供しましたので。
ただ、編集の都合でどうなっているかわかりませんが。
 放送は、地域によって土曜日のところと日曜日のところがあります。

▼ライフ・ライン放映局
HBC[北海道] 日 5:00am
青森テレビ 土 5:00am
KFB[福島] 土 6:00am
群馬テレビ 日 7:00am
テレ玉[埼玉] 土 8:00am
tvk[神奈川] 日 8:30am
チバテレビ 土 7:00am
BSNテレビ[新潟] 土 5:30am
静岡第一テレビ 土 5:00am
びわ湖放送 土 8:00am
KBS京都 土 6:25am
サンテレビ 日 7:00am
沖縄テレビ 土 5:30am

 北海道から沖縄まで、というと聞こえがいいのですが、中国地方、九州地方がごっそり抜けています。
 中国、九州地方の方は、「ライフ・ライン」のサイトから、DVDを購入することもできると思いますので、よろしければどうぞ〜。
http://pba-net.com/tv/tv.html (「ライフ・ライン」のサイト)


 さてさて、ここからは「北海道デビュー」のお話です。
 先日から書きたかったのですが、日程を調整中で書くことができませんでしたが、ようやく決まりました。11月の13日から15日ぐらいに札幌及びその周辺の教会、2〜3か所で、姉と母と私3人組の特別集会を組んでいただけることになりました。
 昨年、松山周辺でさせていただいた集会と同じような感じになると思います。
(昨年の集会 http://soranotorinonohana.seesaa.net/article/122036951.html )
 詳細はまだ未定ですが、日曜日には礼拝メッセージも担当させていただく予定です。
日曜日は札幌で120年の歴史を持ち、礼拝堂も100年を超える歴史のある教会(礼拝堂は札幌の文化財)でご奉仕させていただく予定です。
 詳細はまた、決まり次第御報告させていただきますね〜!


 今日は、午前中は宣教師の先生の日本語のクラスでした。
 もう一人のKさんです。韓国の方の姓は、イニシャルにすると「K」になるものが多いので、もう一人のKさんと紛らわしいので、今後は姓ではなく名前のイニシャルにしようと思います。読んでおられる方にとってはそれほど意味のないことかもしれませんが。
 で、今日の学びの生徒さんHさんは、本当に熱心で、とてもよく予習をしておられます。2月から学んでいるSさんは非常に日本語が堪能なので、逆にこれほど予習をしなくてもよいのですが、それを差し引いても、これほどよく予習をしてこられる生徒さんは初めてです。
 今日も楽しい時間を過ごすことができました。


 夕方はエルのピアノレッスン。
 まあ、何度も書いている通り、エルは今、ピアノは壁に当たっていて色々大変なのですが…。
 今日は先生にエルの性格がわたしではなく夫に似ていると見抜かれてしまいました(笑)
 先生が「エルちゃん、お母さんに似ておられます?お父さん似…では?」と。
「そうなんです、もう丸々、夫の性格です!」と訴えてしまいました。
 わたしも、掃除・片づけに関しては非常にアバウトというかいい加減ですが、基本的には細かいことにこだわる性格です。夫はこんなわたしのことを「デジタル人間」と言います。そして自分は「アナログ人間」だと。アナログだから、見た目の印象でだいたいのことを把握して、それで良いんだ、と。
 そんなことを先生にお話ししたら先生、大ウケでした。
だって、エルのこと、いつも「ざっくりした性格」と言っておられるんですもの。夫の性格まる写しのエル。ちっちゃいことは気にするな〜って、なんとかいうお笑いタレントさんのネタの様な性格です。
 でもピアノはそれでは困る面も多々あって…。
 ピアノだけではなくて、きっといろんな面で、やっぱり注意深さとか細やかさというのは必要だと思います。もちろん、そのざっくりしたおおらかな性格はエルの美点でもあるので、それをなくす必要はないのですが、ほんのちょっと、そういうところ(注意深さなど)がプラスされればもっともっとエルのよいところが生きるはず…。そう信じて、少しずつでもエルが注意深く楽譜を読むことができるように、励ましていきたいと思います。



≪今日の聖書≫
この天地は滅び去ります。しかし、わたしのことばは決して滅びることがありません。 マタイ 24:35


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑良ければぽちっとお願いします!
posted by ♪Sunny at 23:59| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

進歩

 昨日の日記に書いたとおり、今日はエルと一緒に信楽に陶芸をしに出かけました。
 クリスチャン陶芸家の松川さんご夫妻の「みのる窯」に出かけました。

 今日は姉のところの娘ちゃんたちは来られなくて、エルはちょっとがっかりしていました。

 わたしは別の物を作ろうと思っていたのですが姉が「片口を作る」というのを聞いていたら、水差しみたいなものを作るのも良いなあ、と思って、急きょ変更しました。
 花瓶にしても良いし、水差しにしても良いし、という感じのもの。なかなかすっきりとしたシンプルなのができて満足しています。
 残った土で何を作ろうか考えていたらエルが一輪ざしを作っていたので、わたしも一輪ざしに挑戦。
 上をすぼめるのは初めてやってみましたが、なかなか難しく、一生懸命すぼめているといつの間にか口もすぼめてやっていました。
 結果的にはこれもまずまずの出来かな、と思っております。
 最後に少し残った土で、これまたお皿を作っていたエルのまねをして小皿を作りました。

 みのる窯さんに作陶に行かせていただくようになって4年くらいになるでしょうか。
回数にして、ざっと数えたら7回目ぐらいになるかと思いますので、1年に2回程度ですが、少しはコツがつかめてきたように思います。ちょっとずつ進歩しているかな〜。
 いつものようにこれ以降の焼成はみのる窯さんにお任せ。今回初めて釉薬の希望を聞かれたのでだいたいのイメージは伝えましたが、詳細なイメージを伝えた訳ではないので、そういう意味ではみのる窯さんとの共同作業の様なものですが…。
 今回は昨年同様、エルの自由課題ですので、夏休み中には作品を受け取ることができますから楽しみです。

 エルも、毎年来ていて、少しずつ上達しています。
今年、エルは1年生の時に作ったのと同様のカップを作ったのですが、1年生の時に作ったものと比べたら随分きれいにできたなと思っています。
 今回、一輪ざしは思うようにできなかったのでちょっとがっかりしていましたし、カップも思っていたのとは少し違ったようですが、その分、「次は頑張るぞ」という気持ちになっているようです。
 従姉妹たちがいなかったこともモチベーションが下がった理由の一つみたいです。
同世代の子ども同士が一緒に制作することで、お互いの作品が刺激になったり、アイディアがわいてきたりするようです。
 次回はまた、従姉妹たちと一緒に連れて行ってやれたらいいなと思っています。

10_07_26b.jpg  10_07_26d.jpg
左がわたしの作品。右がエルの作品。

 作陶後の記念写真をファミリーアルバム(http://sky.geocities.jp/sanbi_sunny/E18.htm)にUPしました。
 パスワードはメールボックスからお問い合わせください。


 みのる窯さんでは作陶の後、いつも豪華なティータイムがあります。
 という訳で、わたしもバナナケーキを持参。
これも簡単バナナケーキですが、先日作ったホットケーキミックス使用のものではなくて、小麦粉で作るもの。でも混ぜるだけのワンボールクッキングでとっても簡単なのです。

10_07_26a.jpg


 あと、固めるのが間に合わなかったのでみのる窯さんには持参しなかったのですが、もうすぐ入院する姉のリクエストで水羊羹を作りました。
 と言っても、前回小豆漉し餡の在庫を使い果たしてしまいましたので、今回は白漉し餡の水羊羹。
 みのる窯さんから帰ってきて、姉と一緒に食事をした後、うちで食べましたが、白餡の水羊羹もあっさりしていておいしかったです。
 また餡子、炊かなくちゃ!!

10_07_26h.jpg



≪今日の聖書≫
草は枯れ、花はしぼむ。
だが、私たちの神のことばは永遠に立つ。 イザヤ書 40:8



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑良ければぽちっとお願いします!
posted by ♪Sunny at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

東北デビュー!?


 8月4日〜6日まで、東北地方(猪苗代湖の近く)で行われるバプテスト教会合同の小・中・高生キャンプにお招きをいただきました。
 夫が中・高生と、全体のお話を、わたしが小学生担当でお話をさせていただきます。
たくさんの小学生の前でお話しするのは久しぶりなので、ちょっとドキドキ…。
大丈夫かな〜(^_^;)

 8月8日は二本松の教会(神学校の先輩の牧会しておられる教会)の特別集会でご奉仕させていただきます。
 夫はメッセージ、わたしは特別賛美を、ということで、先日電話で打ち合わせをさせていただきました。
「1曲で良いんですよね?」
「いえいえ、最低3曲はないとまずいです。3曲から5曲ぐらいお願いします」とのことでした。

 3曲はないとまずいって…(^_^;)
 そんなに賛美させていただけるなんて、とっても嬉しいです。
賛美で神様の愛を伝えるのはわたしにとって本当に大きな喜びです。
 どの曲を賛美しよう〜、って、ワクワクしながら選曲しています。
現地奏楽者との賛美なので、その辺も踏まえて選曲中。楽しみです。

 音楽について、賛美について、色々考えます。悩みます。
同じところを行ったり来たりしながら、わたし自身の音楽奉仕のあり方について何度も何度も確認をしながら進んでいます。
 人と比べては落ち込んだり、羨ましく思ったり、時にはちょっぴり高慢になったり、そしてそんな自分の弱さを見てまた落ち込んで…。
 そのたびに、イエス様を見上げて、自分のベストを尽くすことを教えられています。
 人の前に立たせていただくことの責任も感じています。
 ただ、自分が礼拝して、賛美するというのではない、伝えること、分かち合うこと、そのために必要なこと。まだまだ学んでいかなければなりません。
 音のこと、音楽のこと、そして何より賛美のこと、もっともっと学んでいきたいと願っています。

 ああ〜、でもっ!今は小学生キャンプのお話の準備をしなくちゃいけないんです。
それなのに賛美のことで頭がいっぱいなんです。
切り替えなくちゃ。
 キャンプでお話をするのも、賛美をするのも、考えてみればイエス様のご栄光を表すこと、究極的には同じ働きなんですよね。
 好きなこと、やりたいことだけ頑張るんじゃなくて、与えていただいたご奉仕、一つ一つを大切にベストを尽くしていきたいと思います。

 明日は久しぶりにみのる窯さんで陶芸をします。
 先週の水曜日、ちょっとお祝いの品を買いに行ったんですが、その時に予約してきました。
エルの夏の自由課題です。わたし自身も久しぶりなので、何作ろうかな〜、と思っています。

 キャンプまで日もないし、それなりに毎日忙しいですが、祈りつつ、準備に勤しみたいと思います。

 写真は、土曜日エルがお友達のところに遊びに行くので作った簡単バナナケーキ。

10_07_24.jpg  10_07_25.jpg

≪今日の聖書≫
あなたがたが新しく生まれたのは、朽ちる種からではなく、朽ちない種からであり、生ける、いつまでも変わることのない、神のことばによるのです。「人はみな草のようで、その栄えは、みな草の花のようだ。草はしおれ、花は散る。しかし、主のことばは、とこしえに変わることがない。」とあるからです。あなたがたに宣べ伝えられた福音のことばがこれです。 第一ペテロ 1:23-25


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑良ければぽちっとお願いします!
posted by ♪Sunny at 21:51| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

≪今日の聖書≫


神は、むかし先祖たちに、預言者たちを通して、多くの部分に分け、また、いろいろな方法で語られましたが、この終わりの時には、御子によって、私たちに語られました。神は、御子を万物の相続者とし、また御子によって世界を造られました。 ヘブル 1:1,2
posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

夏バテ日記

 また、日記の更新が滞ってしまいました。
ちょっと夏バテで、気力体力ダウンしておりました。

 18日は礼拝。

 19日は夫の思いつきで徳島の友人のところを訪ねました。
 朝、車で出発。
 わたしは前夜、お土産用の水羊羹を作っていて寝不足のところへ夏バテもあって、車の中でずっと寝ておりました。

 途中、グイドとエルはサービスエリアにあった観覧車に乗ったようです。
わたしは寝ていたので、それがどこだかよくわかりません。

10_07_19d.jpg

 観覧車の中のエル、後ほどファミリーアルバムにUPします。可愛いですよ!

 徳島は吉野川の教会で、友人家族と、もう一人の友人が阿南から駆け付けてくれて、しばし友好を温めるひと時を楽しみました。

 エルは、友人の娘さん(1年生)と1日、楽しく遊べたので喜んでいました。

 夕ご飯までご一緒して車で吉野川を後に。
グイドが運転してくれている間、またもやわたしはグースカ寝ていました。

 写真はお土産に持参した手作り水ようかん。
こんな容器も100均ショップで買えるから便利ですね。

10_07_20a.jpg  10_07_20b.jpg


 火曜日、エルは3時間目までで帰宅。
いよいよ夏休みに突入です。
 夕方はピアノレッスン。
 レッスンの方は、理想的には進んでいませんが、エルなりに、少しずつ進んでいます。
今は、これまで何となくやってきたことをきちんと頭で理解できるよう、整理している時期で、色んな事が本人も、周りももどかしい時期ですが、ここで、忍耐を持ってしっかり見守りつつ取り組ませてやりたいと思っています。

 水曜日、いよいよ夏バテで、頭痛がして、朝は起きられませんでした。
午前中の祈祷会は休みました。
 午後、頭痛薬が効いて少し落ち着いたので、オカリナの練習には出かけました。
来週のボランティアのための打ち合わせと練習をしました。

 食欲はあまりなかったのですが、ひんやりつるりとしたものが食べたくて、バナナミルクゼリーを作りました。
 昼に作って夜までの間に上と周りは少し茶色くなりましたが、中はクリーム色。
味は、ババロアとゼリーの中間のようで美味しかったです。

10_07_21a.jpg

10_07_21b.jpg  10_07_21c.jpg


 今日は、午前中、Kさんとの日本語のレッスン。
午後はエルの個人懇談でした。
 座るなり、先生に「お母さん、CD出してらっしゃるんですか?」と聞かれてびっくり。
何やらエルが作文にわたしのCDがどうとか書いていたらしいです。
「えっと、CDはこれから作るんですが…教会とか…いろんなところで歌っています」
「結婚式とかで歌っておられるんですか?」と聞かれたので、
「えーと、教会で特別集会というのがありまして…。姉が女優で落語もやっていて…姉は、『いもたこなんきん』では、城島君と鈴木杏樹さんと台詞言ったり、『うえるかめ』では石黒賢さんとのシーンとか、『大奥』では松下由樹さんと台詞のやり取りしたり…」と説明するたびに「ええ〜?!すごいじゃないですか〜!!」先生、びっくりしておられました。
「その姉と一緒に色んな教会とか、行ってミニコンサートをさせていただいたり…」
「へ〜カッコイイですね〜!!」
なんか、やたら先生にびっくりされてしまいました。
 肝心のエルのことですが、相変わらず学校ではしっかりさんらしいです。
 家での姿とはちょっぴり落差があるのですが、まあ、エルなりに頑張っている様子が聞けて嬉しかったです。

 懇談の後は市役所に行き、特定疾患の認定更新手続き。
 時間ぎりぎりでしたが、書類がきちんと揃えてあったので、すぐにすませることができました。

 とまあ、今日はこんな感じで幾つかの用事や仕事をこなすことができ、神様に感謝しました。
 なにぶん毎日暑いのでバテ気味ですが、体調管理に気をつけて乗り切りたいと思います。



≪今日の聖書≫
どんなにか私は、あなたのみおしえを愛していることでしょう。
これが一日中、私の思いとなっています。 詩篇 119:97



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑良ければぽちっとお願いします!
posted by ♪Sunny at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

喜ばれる喜び パート2

 今日は、大阪の特別養護老人ホームでコンサートをさせていただきました。

 前夜、今日に備えて早く寝たのに、明け方頭痛で目が覚め…、結局寝不足の上、本番前にもなぜか頭痛。
早くも夏バテでしょうか…。

 コンサート自体は…、やっぱり準備不足は否めないとうのが正直なところです。
その意味では反省するところ大ですし、申し訳ないという気持ちもあります。
 でも、今回は前回にも増して、皆さんの喜んでおられる様子がこちらに伝わってきて、すごく嬉しかったです。
 満面の笑みで手を振って下さる方がおられたり、問いかけに反応して下さったり、表情のない方も、その方なりに聞き入ってくださっているのがわかりました。
 「銀座カンカン娘」「リンゴの唄」は盛り上がりましたし、オカリナ演奏も喜ばれました。
どの歌も、口ずさみながら聞いて下さる方があり、今更ながらに音楽の力を思います。

 歌とオカリナ演奏に関しては、準備不足でしたが、以前から一つだけ、わたしが自信を持っていることがあります。
 それは時間配分。
 最近デイケアでオカリナ演奏をしていても、教会やその他の場所でコンサートをしていても、ほぼ、自分が予定した時間通りに収めることができるのは、我ながら「good job!」と思っております。
 姉などにいわせれば「時々伸びてるやん!」ということもあるかもしれませんが、実はそれも計算の内だったりするのです。
 父も、昔は時計を見なくてもきっちりと時間を守って口演(落語でも講演でも)できる人だったのですが、ここだけは父譲りかなあ、と思ったりします。

 それはともかく、色々と不十分だったところはあったものの、わたし自身、びっくりするぐらい楽しんで歌うことができましたし、参加して下さった皆さんも楽しんでくださったということで、今日も「喜ばれる喜び」を味わうことができました。
 神様に心から感謝しています!!

 さて、明日は日曜日です。
 皆さんの上に祝福が豊かにありますように!!


10_07_17.jpg

 写真は、エルのために作って行った南瓜ドーナツ。
黒っぽいぽつぽつは刻んだ南瓜の皮です。
今日はドーナツメーカーでわっかのも作ってみました。
簡単なのに美味しいのでエルも大喜びでしたわーい(嬉しい顔)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑良ければぽちっとお願いします!
posted by ♪Sunny at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

エルの優しさと最近のプール授業

 エルって不思議な優しさを持った子だな、と思うことがあります。

 先日、参観の日に、学校までいったけれどわたしが時間を間違えていた、と書きましたが、エルにその話をしたら、「お母さんかわいそう…」と本気でウルウルしてくれたのです。
 それが、その時だけで終わらず、その後数日たっても、時々「お母さんかわいそう〜」と同情してくれるのです。
「せっかく日焼け止めいっぱい塗ってきてくれたのに、エルちゃんのプール、見られへんかってんもん〜」
「この前プールの横通った時、またお母さんの子と思いだして、エルちゃん、めっちゃ悲しかったわ〜」

 当のわたしがもうけろりとしているのに、エルの方がいまだにわたしのために残念がっているのが不思議なくらいですが、そこまで、わたしに同情してくれるエルって、すごく可愛いな、って思ってしまうのは親ばかでしょうか〜。


 プールと言えば、最近エルが日焼けの事を気にするので、日焼け止めを買いました。
とはいえ、学校のプールの時は、朝から塗って行って、効果があるのかなあ、と思っていたらなんと!今時は学校に日焼け止めを持っていっても良いのだそうです。しかも、先生に塗って貰っている子もいるとか!!
 これにはびっくりしました。
 エルは自分で塗った、と言っていましたが…。
 わたしが子どものころには学校の水泳授業で日焼け止めなんて考えられませんでしたけどねぇ…。
これが当世流というものなのでしょうか。


≪今日の聖書≫
ここのユダヤ人は、テサロニケにいる者たちよりも良い人たちで、非常に熱心にみことばを聞き、はたしてそのとおりかどうかと毎日聖書を調べた。 使徒 17:11

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑良ければぽちっとお願いします!
posted by ♪Sunny at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

喜ばれる喜び

 今日は午後、月に一度のケアハウスでの聖書研究会でした。
 昨夜、一人の入居者の方から「今月はいつですか」とお電話がありました。
先月、入院中でお休みだったノンクリスチャンの方からでした。
この方はこの聖書研究会をとても楽しみにしておられK村さんが天に召された後、お茶の準備をいつもして下さっています。
 その方からの電話で「明日ですよ」とお伝えしたら、皆さんに連絡してくださって、今日は8名での集会となりました。

 午前中に作ったのは、水羊羹。
 先月失敗したので、色々レシピを研究して、アレンジ。
その甲斐あってばっちり、美味しいとろりん水羊羹ができました。

10_07_15.jpg

 ケアハウスに入居しておられる高齢者の皆さん、手作りのお菓子をとっても喜んでくださいます。
 聖書のお話し、賛美、そしてお菓子。皆さんとても楽しみにして下さっているので、わたしもとても嬉しいのです。人に喜ばれる喜びです。

 夜はM君とのリハ。
 本番は土曜日の午後、大阪・江坂の特養老人ホームです。
 今回は急だったこともあり、ある意味めちゃくちゃな選曲です。
しかも、急遽オカリナも吹くことになり…。自分でも、まだまとまってはいないのですが、祈って決めた曲、練習時間は短くても心をこめて歌いたいと思っています。
 曲目は、
 ・夏の思い出
 ・四季の雨
 ・野に咲く花のように
 ・浜辺の歌(オカリナ)
 ・琵琶湖周航の歌(オカリナ)
 ・故郷(オカリナ)
 ・銀座カンカン娘
 ・リンゴの唄
 ・星の界
 ・ローレライ

さて、どんなコンサートになるのやら。
 賛美は歌いませんが、聞かれる方の心が明るく、和やかになるような歌が歌えるように、祈っています。


≪今日の聖書≫
どうか、私たちの主イエス・キリストの神、すなわち栄光の父が、神を知るための知恵と啓示の御霊を、あなたがたに与えてくださいますように。 エペソ 1:17

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑良ければぽちっとお願いします!
posted by ♪Sunny at 23:59| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お知らせ〜!

 コンサートのご案内、と言ってもわたしのではないんです。
お気に入りのピアニスト、野田常喜さんのコンサートです。

 1月に初めて伺った、このコンサート、すごく楽しみにしていました。
出演者の庵原万喜子さんをはじめ、井内絢也さんや嘉山翔子さんとの再会も楽しみにしていました。
 何よりも野田さんのピアノをたっぷり聴けるチャンス!

 …だったのですが、わたしは別の予定があり、残念ながらどうしても行くことができません。
 本当に、すごく残念なんです。
 でもせっかくなので、ご案内しちゃいます。
 歌と朗読とピアノの素敵なコンサートです。
今回は歌の出演者が増えているようなので、またパワーアップしているんでしょうね〜。
お近くの方はぜひお出かけ下さい。



〜 真夏の太陽の下で 〜2010年 夏 コンサート
☆ 日 時 ☆ 2010年7月17日(土) 開場13:00 開演13:30〜15:15

☆ チケット ☆ 500円<ワンドリンク付>

☆ 会 場 ☆ ミッションからしだね(からしだね館) 地下1F
         京都市山科区勧修寺東出町75  tel:075−574−2800
         アクセス: 地下鉄東西線 小野駅から1番出口より徒歩1分

☆ 出演 ☆ 庵原 万喜子 (朗 読)
       野田 常喜 (ピアノ)
       井内 絢也 (う た)
       嘉山 翔子 (う た)
       長坂 峻吾 (う た)
       藤原 雄策


☆ お問い合わせ ☆

嘉山翔子tel:090−3940−6280 mail:ganteiu30@yahoo.co.jp

HP:http://blog.livedoor.jp/tsunenoda/
「野田常喜 日記」にて検索できます

からしだね館 http://www.karasidane.or.jp

主催/野田常喜音楽事務所

協賛/ロゴス企画、庵原万喜子、KATO family、カヤマ耳鼻咽喉科医院、

資格のミラクル、行政書士井内絢也事務所、有限会社ユービーティ
posted by ♪Sunny at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

3度目の正直

 今日も、午前中の祈祷会に引き続き、午後はデイサービスでのオカリナコンサートでした。

 今日行ったところは、初めに行った時は場所間違いで、玄関先で帰ってきました。
 先週行った時は日にち間違いで、皆さんにご挨拶だけして帰ってきました。
 そしてやっと今日、3度目の正直で、利用者の方々に演奏を聴いていただくことができました。

 しかし本当のことを言うと、それも実現するかどうか、怪しいところだったのです。
 午前中はそれほどでもなかったのに、ちょうど昼ごろから文字通りバケツをひっくり返したような雨。
教会の前の道のアスファルトが全く見えなくなって川になっていたのです。
 1時に、「1時半までこの状態が続いたら車が出せないかも」と、施設に電話を入れたのですが、結局、ちょうど1時を過ぎたころから雨足が弱くなり、何とか車を出せそうな状況になり、現場に向かうことができました。

 集っておられる方の人数は今までの中では少ない方でしたが、いつもにも増して、和気藹々と楽しく演奏し、歌っていただくことができました。
 以前はお配りしていた歌詞を回収していたのですが、前回からプレゼントすることにしました。
 今回も「差しあげます」と言うととても喜んでくださって、「帰ったら、『今日これ歌ったのよ』と家族に話します」と言ってくださった方もおられました。
 曲の解説を話しているとメモをとっておられる方もおられたり、積極的に参加してくださった方が多くて嬉しかったです。


 オカリナ演奏から帰ってきたら、Kさんとの日本語の学びの予定でしたが、ちょうど教会の前まで戻ってきた時にKさんから電話。
 何やら事故で電車が止まっているとのこと。
急遽わたしが草津のKさんのお宅に出向くことになりました。

 Kさんのお宅で日本語の学びを終えた後、今度はとんぼがえりで戻り、込栓(地域のコミュニティーセンター)のお楽しみ会に出席したエルのお迎え…。と、今日も相変わらずバタバタと過ぎて行きました。

 明日もバタバタと、忙しい1日になりそうです。
 2週間の内に2回も、夜行バスで東京まで往復するというのは、今のわたしにとってはかなり無謀なことだとつくづく実感しています。
 何とか、明日1日乗り切れば金曜日は少しゆっくりできるかな?
まずは明日1日、精一杯やろうと思います。
 皆さんの上にも祝福が豊かにありますように。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑良ければぽちっとお願いします!
posted by ♪Sunny at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

神様と家族からプレゼントしてもらった2日間A

 10日の夜は、池袋のカプセルホテルに宿泊しました。
 女性専用フロアということで安心して泊まれましたが、「ロッカー荒らしにご注意」みたいな張り紙に、かえって心がざわざわしてしまい、ちょっとした物音にも敏感になってしまいました。

 11日・日曜日は先日もお伺いした関根一夫先生の牧会しておられるMACFの礼拝に出席させていただきました。
 ただ礼拝をするために集まるシンプルな「教会」
素敵な礼拝の時間でした。

 礼拝の後、べック由美子さんともう一人の姉妹と、3人でお食事とおしゃべりの時間を持つことができました。
 人見知りのわたしが、なぜか教会では別。
 いや、教会以外の場所でも如才なくお話しすることはできるのです。でも、実はすごく神経を使ってすごく疲れるのです。
 でもクリスチャン同士、いわゆる≪兄弟姉妹≫は違うんですよね。
 変な気を使うことなく、≪素≫の自分でいられるので楽でもあり、感謝でもあります。
 本当にほっとする、和やかなお昼の時間を過ごさせていただけたことに感謝しています。

 前日の同窓会で「今のわたしだけを知っている人が見たら、ここにいるわたしは別人」と話しましたが、確かにそうです。
 どちらもわたしなのですが、正直にいえば、やっぱり教会にいる自分が今の≪素≫のわたしなんだな、と思います。

 お食事の後、午後は同じお茶ノ水クリスチャンセンターのチャペルで行われるニューホープチャペルの礼拝に出席させていただきました。
 こちらは知っている人もいないので、それはそれで気楽に出席させていただいてきました。
 メッセンジャーはこの日比較的若い伝道者の方で、ご自身の体験を交えながら、とてもユーモアのある、楽しいお話をされました。

 さすがに少し疲れていたので、礼拝後の交わりはパスさせていただいて、会場を後にし、有楽町へ。
 マリオンで夕方から見る映画のチケットを購入し、隣の阪急百貨店へ。
 エスカレーター付近のベンチでしばしぼーっと休息の時を持ちました。

 夜、見た映画は「踊る大捜査線」
最初のTVシリーズの時から見ているお気に入りのシリーズでもあります。
 まあ、ストーリー的には読める部分もあり、逆にいえば安心して見られる映画でした。
 一つだけ面白かったことは、この作品の中にクリスチャンになった人が出てきたこと。
過去の犯人の一人が獄中でキリストと出会ってクリスチャンになっているという設定でした。
そして、この映画で起こった犯人からの要求により釈放してもらえるにもかかわらず、「神には赦していただいたけれども、人に対する罪は残っているのでここ(獄中)に残ります」というようなことを言うのでした。
 ちょうど、少し前にTVで紹介された元暴力団員の牧師、進藤龍也先生がTVでおっしゃっていたことと非常にリンクするものがあり、興味深かったです。
 他にもいくつか映画の選択肢はあったのですが、今まで全部見てきたのでやっぱり見ておこう、と選んだ「踊る〜」でしたが、見て良かったと思いました。
 映画としての感想は…先ほども書いたように、とりたてて良くも悪くもなく(ということは映画としてはあまりよいということではないかもしれませんが)とにかくいつもの「踊る大捜査線」だった、という感じでしょうか。

 映画の後、東京駅へ移動し、お土産を買い、夜行バスにて帰滋。
 家族へのお土産に買った「東京ばな奈」の「しっとりクーヘン」は家族に大好評でした。
http://www.tokyobanana.jp/banana/kuchen.htm
 個人的には「ごまたまご」もめっちゃ食べたかったのですが、エルの好みを考えて今回はこちらにしたのは正解でした。


 さっきの日記にも書きましたが、楽しく充実した2日間でしたので、心はとても満たされましたが、さすがに体は疲れています。
 が!!!帰るころになって大変なことが分かりました。
 わたし、今度の土曜日、江坂の老人ホームでコンサートするんです〜!
以前、スケジュールの問い合わせはもらっていたのですが、日程の決定を聞いた記憶がなかったのです。
でも、M君と別件でメールのやりとりをしていると「来週の土曜日、ふるるでのコンサート」という言葉が出てきて「???」確認したら17日とのことでした。
 この日は野田常喜さんのコンサートに行くつもりだったのに、それどころではなくなってしまいました。
 とにかく昨日、慌ただしく曲目を決めましたが、更にその連絡途中、最近オカリナ演奏でデイサービスを訪問しているという話になったら、「ぜひオカリナも吹いて下さい」とのこと。
 「ええ〜っ」って感じですが、頼まれたら断らない主義。

 2、3日で、歌の練習と曲順など、全部をやらなくてはいけません。
祈りつつ、取り組みます。

 何度も書いていますが、体は疲れています。
 昨日は、生徒さんの都合で日本語のレッスンが亡くなったのですが、それも導きだったと思います。
夏休みの東北でのキャンプの準備もあり、色々大変なところへ風邪気味もあってしんどいですが、こんな時こそ主の力を頼み、ベストを尽くします。

 皆さんの上にも祝福が豊かにありますように!!



≪今日の聖書≫
ですから、私は、あなたがたに次のことを教えておきます。神の御霊によって語る者はだれも、「イエスはのろわれよ。」と言わず、また、聖霊によるのでなければ、だれも、「イエスは主です。」と言うことはできません。 第一コリント 12:3


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑良ければぽちっとお願いします!
posted by ♪Sunny at 15:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神様と家族からプレゼントしてもらった2日間

 10日と11日の2日間、東京で過ごしました。
とても楽しかったです。
 帰ってきて感じるのは時差。
いや、東京と滋賀で時差がある訳じゃないんですけど、なんていうか、こっちにいる日常って、のんびり時間が過ぎていくけど、今回は目いっぱい予定を入れてしまうので、密度がすごく濃くて、こっちで過ごす3,4日分の時間が流れたような気がする訳です。
 そういう意味で、時間の流れの違う世界に行っていたような感じがします。

 そして、そのちょっとしたタイムトラベルは、必要以上に体に負荷のかかるものであったようで、楽しくはあったけれども、少しばかり体は疲れて、昨日今日と、ちょっとスローペースになっています。
 日記も、もっと早く書きたかったのですが、少しずつ書きながら、なかなかUPできませんでした。

 今回の上京のきっかけは、東京で開催された演劇学校時代の同期会。
前から、何人かの人に「同窓会やってよ」と言っていたのですが、やっと実現。
28年ぶり?入学してから30年とか。おかしいな、わたしそんなに生きていたっけ?という感じ。
 「でも、東京だし…」と迷っていたら、夫が、「そういう友達と会うのも大事」と背中を押してくれたので行くことにしたのでした。姉も、協力してくれて、エルを預かってくれました。
 で、どうせ行くなら、あれもこれもと欲張って予定を入れてしまった訳です。

 9日金曜日にエルを姉のところに預けに行き、帰ってきて、夜23時45分草津発の夜行バスに乗り、10日の朝7時に東京へ。
 10時ごろ浩ちゃん(JAZZドラマーの叔父なのですが、「叔父」と呼ぶと叱られるのです)と待ち合わせだったので、それまでネットで調べたネットカフェへ。
 「女性でも安心」「綺麗なところ」などの条件で検索したお店は口コミ通り、静かで綺麗で快適でした。

 10時ごろ、浩ちゃんから「近くまで来たよ」と連絡が入ったので、合流。
浩ちゃんのHP(http://www.geocities.jp/dr_koki_wb/)の管理人をして下さっている♪USAGIさんも来てくださって一緒に昼食を食べました。
 楽しい時間はあっという間に過ぎ…浩ちゃんも、午後はリハの予定が入っているため、3時間ぐらい一緒に過ごして新宿駅で右と左に別れました。

 その後わたしは、中野に向かいました。
 実は、同期会の幹事さんに「できれば10日は避けてほしい」とお願いしていたのですが、残念ながら10日になってしまい、お友達のゴスペルグループ「WITHOUT YOU」の10周年記念ライブに行けず、とーっても残念でした。
でも、神様はその代わりに素晴らしいプレゼントをくださったのです。
 それは「The塩渕 LIVE」
 「The塩渕 LIVE」というのは、以前から親しくさせていただいている岩渕まことさん、由美子さんご夫妻と塩谷達也さん、美和さんご夫妻のコラボによるコンサートです。それが10日のお昼にあるということで、楽しみに出かけました。

 時間は、2時半開始で約2時間ぐらいだろうと思っていましたので、長くなったら、途中で抜けるか…という思いもなくはなかったのですが、あとの用事(同期会)は、遅れても良い、と判断し(同期のみんな、ごめん!)、最後まで堪能させていただきました。

 「ダウンタウン物語」は昨年の「お食事会」で聞かせていただいたぶちさんバージョンが「塩渕になるとこうなるのか!」と、歌の中身に関してだけでなく、感動というか、「ヘー!?ハー!?!ホー!!!」でした。

 そういう意味で、1曲目の「HEVENLY」も、インパクトありました。
「ちょい悪親父」っぽいぶちさん、すごく新鮮でした。

 実は、出てこられた時はちょっと(ちょっとですよ)「月亭可朝さんみたい」と思ったんです。
こんなこと言ったらしかられると思っていたんですが、MCの中で「目指すは牧伸二」とおっしゃったのを聞いて、ちょっと安心しました。(とはいえ、ぶちさんは可朝さんを御存じないだろうなぁ…)
 でも、歌いはじめたら、可朝さんでも、牧伸二さんでもなく、いつもとはちょっと雰囲気の違うぶちさんでした。
 うまく言えませんが、本質的に「ミュージシャン」であられるぶちさんの顔が見えたような気がしました。
 いつもが「ミュージシャン」でないという訳ではないのですが、いわゆる教会主催のコンサートで歌っておられるぶちさんの顔は「クリスチャンシンガー」であり「証し人」
ほとんどの場合、それを求められておられると思いますので、その顔が前面に出ていて当たり前です。
もちろんその後ろには「ミュージシャン」の顔があり、時折それがちらりちらりと見えるのが楽しいのです。
 でも、塩渕で拝見したぶちさんは「ミュージシャン」の顔が前面に。
もちろん、クリスチャンであるお二人はどんな歌を歌っておられても、そこに賛美があり、にじみ出るキリストの香りがあるのですが。

 という訳で、わたしは最初の2曲ですっかり塩渕の世界に引きずり込まれ、最後まで楽しませていただきました。

 わたしもどちらかというとノイローゼ気味の人間だったので(これは、ライブに出た人しかわからない書き方ですが…)、ぶちさんが塩渕美和さんに書き下ろされた曲、「浅い眠り」の歌詞にとても共感できました。
 同じくぶちさんが書き下ろされた由美子さんの「一枚の布」はペトラライブの方で披露とぶちさんのブログに書いてあり、このライブで聞けるとは思っていなかったので、聞けて嬉しかったです。今のわたしはどちらかというと「一枚の布」寄りの歩みかもしれません。

 塩谷達也さん美和さんご夫妻の歌は初めてお聞きしましたが、めっちゃわたしの好きなタイプの歌で、ちょっとはまってしまいました。
 「ゴスペルの本」もほしかったのですが、とにかく同期会が5時からということで、遅刻必至だったので、とるものもとりあえず、美和さんと由美子さんに、持参したプレゼント(デコパージュの石鹸とトレイ)をお渡しして、「すみません〜!!」と会場を飛び出してきました。
 もうちょっと余韻を味わいたかったんだけど、なにぶんコンサートが2時間を超えていたので、その余裕がありませんでした。

 でも、最初から最後まで文句なく、最高に楽しいひと時でした。
「THE 塩渕LIVE」関西でも実現しないかな〜。

 コンサートの後は、池袋へ。
 舞台芸術学院の同期会でした。卒業して28年ぶり?入学して30年、とのことでした。
記憶では、卒業してから割とすぐ、1度集まった記憶がありますが、メンバーや詳細についてはちょっと曖昧です。
 そういう意味では初めての本格的な同期会。
 生徒33名のうち、亡くなっているとはっきり分かっているのは1名。先生方は、残念ながらほとんどの先生が亡くなられ…。
 その中で、今回は18名の生徒と1名の先生、それも担任だった関先生が御出席くださり、大いに盛り上がりました。
 わたしは30分遅れで到着しましたが、3分でその場になじんでいました。
昔の打ち上げの雰囲気そのままに、30年近いブランクを全く感じさせない雰囲気に、みんながみんな、びっくりしていました。
 みんなが変わっていないのにもびっくり。
もちろん、高校を卒業してから出会っているので、中学の同級生よりは大人に近くなってからの出会いということもあるかもしれません。中学の時の同級生は、数年前に会った時、そのあまりの変わりようにちょっとびっくりしましたから。特に男子は。
 でも、舞芸の同期は男子も女子も、ほとんど印象が変わらず、「あんた誰?」というような人は一人もいませんでした。

bugei-01.jpg

 上が、1981年9月、第1回発表会の打ち上げの時に撮った写真。
 下が、2010年7月、つまりこの日、撮った写真です。こうして比べてみると全然違うようにも見えますが、わたしの中では昔の再現みたいでした。

10_07_10u.jpg

 わたし、自分の記憶力を誇っていたんですが、帰ってきて、写真を色々確認していると、随分自分の記憶に誤りがあったことが分かりました。
次回、同期会がある時には写真を持っていって謝らなくちゃ。

 この日の様子は、いつも書いている声優として成功している俳優・辻谷耕史氏のブログにも書いてあります〜。
わたしもちゃんと写真に写っています。
「友達」って言っているのは嘘じゃないよ、ということで。
http://plaza.rakuten.co.jp/kojitsujitani/diary/201007110000/

 1次会で帰った人も数人いましたが、わたしは2次会まで参加。
2次会の途中で帰る女性陣数名と一緒に退出させて貰いました。
 ちょっぴり疲れたけれど、とても楽しい1日でした。

 そして、もう一つ特筆すべきことは、この場で一つの「和解」が得られたことでした。
 実は、同期の中でも親しかった一人の友人と姉が親しくなっていました。同じ女優同士ということもあって、ある意味わたしよりも親しくなっていたのです。それはもちろん喜ばしいことでした。
 けれども、ちょっとしたことから、姉とその友人の間にトラブルが起こっていました。
 友人に悪気がないことはわかっていましたが、姉にとっては非常に困った状況になっていました。
 かといって姉は友人に対して怒っていた訳ではなく、何とか状態を糺したいと思っていたのです。
そしてそれはわたしも同じでした。ただ、ちゃんと連絡をとってなぜそうなってしまったのか、どうすれば解決できるのか、それを知りたかったのです。
 そしてこの日、その友人も、わたしに会ってそのことをきちんとしたい、という思いで来てくれました。
 わたしは涙が止まりませんでした。
 「わたしも姉も怒っていない。今でも友達だと思っている。ただ連絡をとって話したかっただけ」と伝えました。
 友人も心から謝罪をしてくれ、姉とも電話で直接話してもらいました。
 わたしはここ数年の胸のつかえがとれたような気がしました。
 「怒っていない、ゆるしている」と頭で思っていても「なぜこんなことになったのか」という思いの中には、憤りの思いも含まれていて、完全に「ゆるしている」とは言い切れないものがそこにあったことも事実です。
 けれども、顔と顔を合わせて謝罪の言葉を聞き、ゆるしの言葉を伝えた時、そこにあった氷が全てとけ去ったのを実感しました。
 これは今回の旅の中での本当に大きな祝福の一つであったと感謝しています。

 長くなるので、2日目は別に書くことにします。

 まずは充実の1日目、でした。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑良ければぽちっとお願いします!
posted by ♪Sunny at 14:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

オカリナ・七夕コンサート

 今日は朝からなんだか変な日でした。

 実は午前中、エルの参観ということで祈祷会をお休みしました。水泳の参観ということで、学校についてプールに行ってみると、黄色い帽子の子どもたちの授業をしています。
「え?」
なぜならエルの学年の帽子は赤だからです。
「プールって、他にないよね…」
そんなことを心の中で呟きながら玄関の方に戻ってくると、体育館では参観の後のPTAの講演会が始まっている様子。
 あまりのことに、講演を聞く気も失せて、家に帰ってきて時間割を確かめてみると、参観は2時間目だったのです。わたしはなぜか3時間目だと思い込んでいて、何度も3時間目の時間を確認して、野外の参観ということで、一生懸命日焼け止めを塗って(持病のため、紫外線に当たると体調を崩してしまうため)出かけたのに。

 がっくりして、しばし呆然としてから、気を取り直して、午後の、オカリナボランティアのための準備をして教会へ。
 もう祈祷会は終わっていましたが、残っていた方と少しおしゃべりをして、オカリナのメンバーがそろったところで少し練習をして、いざ、デイサービス会場へ。

 ところが、着いた先の職員の方の対応がなんだか微妙に変。そこへ携帯で、「デイサービスの【○○】ですが、今日、オカリナの演奏…」とおっしゃったので、「あ、今玄関のところに来ています〜」とお返事して、中へ入って、挨拶など始めていると、職員の方が、他のメンバーのところでゴニョゴニョ話しておられる…。よく聞いてみると、その施設は来週の予定だそうで、今日はもう一つの施設だそう。
 けれども、わたし達は来週の予定は何も聞いていなかったし、今日はその施設だとばかり、ずーっと思っていたので、キツネにつままれたような気持ち。
 とりあえず、もう一つの施設ではもう皆さんスタンバイして待っておられるというので、最初に行ったところでは、「すみません〜、来週きますので〜ごめんなさい〜」と謝り倒して、急いで会場を出て、もう一つの施設へ。
 20分遅れぐらいで会場に到着し、バタバタと準備をして演奏を始めました。今日は、夏の歌を中心に、10曲ほどの歌を演奏し、高齢者の皆さんに歌っていただきましたが、なんとなく、気持ちが落ち着かなくて、なんだかおしゃべりもちぐはぐな感じになってしまったような気がします。
 とはいえ、会場の、高齢者の皆さんはとても元気に歌ってくださって、喜んでくださっていたので、こちらも元気をいただきましたが。

 そんな訳で今日はなんだか、あっちへうろうろこっちへうろうろと、何となく変な日、という印象でした。

 写真は、昨日作った「かぼちゃドーナツ」
ホットケーキミックスを作ったオリジナルバージョンで、お昼に思いつきで作ってみたら美味しかったので、夜のデザートにもまた作りました。

10_07_06b.jpg


 桔梗がどんどん花を開いています。

10_07_07b.jpg  10_07_07c.jpg


 虞美人草(芥子)の花はほとんど終わりで、小さな花が増えているのですが、今日は久しぶりに大りんの花が開きました。透けるような花弁がとてもきれいでした。

10_07_07a.jpg


≪今日の聖書≫
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。 マルコ 4:20

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑良ければぽちっとお願いします!
posted by ♪Sunny at 23:59| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

車のトラブルと花々

 昨日、寝屋川の病院に行った帰りのことです。

 行きは、高速道路を利用したのですが、帰りは高速代をけちって国道を走って帰っていました。
城陽を過ぎたあたりでなんだか車がゴトゴトいいはじめ。なんだか変だなーと思いながらも走っていると、更にゴトゴト…、ドアミラーを見ると、左後方のタイヤのあたりから黒いものがコロコロ…気づいた時にはすでに遅し…。
 一旦車を左に寄せて止めましたが、降りなくても状況は想像できましたので、ハザードランプをつけて徐行し、もう少し安全に車を止められるところまで移動し、タイヤを確認しJAFに連絡しました。

 タイヤは、想像した通り、ボロボロになっていました。
 実は同じことを阪神淡路大震災の後にやってしまったことがあります。
当時は道がでこぼこで、タイヤがパンクしていることに全く気付かず、気づいた時にはタイヤがボロボロになっていたのです。
 でも今回は普通の道路を走っていたんですけどね…パンクしていることに気づかずに走っていたようです。
そういえば、少し前に左後方のタイヤの空気圧が下がっていて、ちょっとまずいな、とは思っていたんですが。

 とりあえず、スペアタイヤに取り替えてもらって帰ってきました。
明日はタイヤ屋さんに行かなくちゃ。



 写真は東京から帰ってきて迎えてくれた花々です。

10_07_02a.jpg 10_07_02b.jpg
赤いのはちょっとボケちゃっていますね〜(^_^;)

10_07_02c.jpg  10_07_02e.jpg

10_07_02f.jpg  10_07_02d.jpg
右側は昨日、いまにも咲きそうになった桔梗。

10_07_03.jpg
ついに今朝、咲いた桔梗。
30ぐらいの蕾が付いています。



≪今日の聖書≫
生まれたばかりの乳飲み子のように、純粋な、みことばの乳を慕い求めなさい。それによって成長し、救いを得るためです。 第一ペテロ 2:2

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑良ければぽちっとお願いします!
posted by ♪Sunny at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

言葉に表しきれない3日間…

 何から書けば良いのかわかりませんが、6月28日から30日まで、筆舌に尽くしがたい、素晴らしい3日間を過ごしておりました。

 事の発端は、今年の春、教師リトリートで、JEAの女性委員会委員長の丸山園子先生をお迎えしての「女性教職について」の学び(?)の時、「こころのオアシスリトリート」の御案内をいただいたことでした。
 埼玉で行われるそのリトリートにすぐに「行きたい」と思った訳ではないのですが、夫が「行ってきたら」と背中を押してくれたのでした。
 でも3日間もあるし、エルはまだ小学校3年生だし…と迷っているわたしに夫がぐいぐい背中を押してくれて、ついに行く決心をしたのでした。
 エルは少し淋しがりましたが、「神様のために働くお母さんにとってとても大切なこと」と話したら、納得してくれて、エルも送り出してくれました。
 グイドは、エルと二人きりの3日間をとても楽しんだようでした。小学校3年ともなるとだんだん父親離れをしてくる娘ですが、グイドは日頃から一生懸命コミュニケーションを取ろうとしていて、その甲斐あって娘も父親とは仲良し。母親がいないのは淋しかったようですが、それなりに楽しくやっていたようでした。

 わたしは、27日の夜の夜行バスに乗り、28日の朝、東京着。
会場には池袋から東武東上線で行くので、とりあえず池袋まで出ました。
 当初はネットカフェにでも行って体を休めようと思っていたのですが、ふと思い立って、青春時代を過ごした母校「舞台芸術学院」に足を向けてみました。
 西池袋はすっかり変わっていて、最初は学校までたどり着けるか不安だったのですが、西口公園を見つけ、何とか学校の場所を思い出すことができました。
 が、びっくりしたことに学校の隣に大きな教会が!!
 「え?ここって教会だっけ!?」
極真空手会館が近くにあったことは覚えていましたが、教会は全く記憶にありませんでした。

10_06_28c.jpg
建て替えられたことと、道が横にできたのですごく目立っていた教会。

10_06_28a.jpg
その隣の小さな学校。でも奥行きは結構あるんですよ〜。


 朝8時過ぎなので学校は開いていないかと思ったのですが、掃除をしている方がおられたので声をかけると中に入れて下さいました。
 なにぶん卒業して以来ほとんど行ったことがなかったのですから全く浦島太郎状態です。
今、舞芸で講師をしている堀米聰氏から、学校がたてなおされたことは聞いていましたが、見るのは初めてで、興味深くあちこちを見て回りました。
 途中、聰に「今、舞芸にいるよ〜」とメールをし、ついでに「隣って前から教会だっけ?」と聞くと、「ずーっと昔から教会だったよ」とのこと。当時は教会に興味がなかったとはいえ、本当に全く記憶になかったなんて…。
 もちろん舞芸同様、教会も最近建て替えられたようですし、周囲の風景も変わっているので、余計目立っていたとは思いますが。
 少し、教師控室兼図書室で休ませていただき、その後、サイゼリヤで早目のランチをとりながら本を読んで更に2時間ほど時間をつぶし、東武東上線に。
 急行に乗れば目的の駅まで1時間のところ、早すぎるので、普通を乗り継いで時間調節。

 武蔵嵐山(「むさしあらしやま」だと思っていたら、「むさしらんざん」駅でした)から、歩いて20分ぐらい、くたくたになりながら会場である「ヌエック」につきました。

10_06_29.jpg
ヌエックはとても環境の良い場所でした。
宿泊棟から研修棟までの間はこんな感じ。

 まあ、細かいことはともかく! 3日間(1日目は夕方から、3日目は午前だけ)で、藤本満師の講演3回、湊晶子先生の女性委員会20周年記念講演が1回、分科会が2回という充実したスケジュールでした。他にフリータイムに映画「ファイアー・ストーム」を見ました。
 藤本師の講演は、「ゆたかなつながりに生きる」というメインテーマに沿ったもので、とてもわかりやすく、深い内容でした。
 各講演の後でグループ分けされた7〜8名の人たちと分かち合いの時間がもたれ、それがまたとても有意義な時間でした。このグループは、比較的年代の近い、同じ立場の人(教職者や牧師夫人のグループや、信徒のグループなど)でくくられていたようで、とても話しやすくよい時間が持てました。

 分科会では、一つはコミュニケーションについてのクラスで「アサーション」について学びました。
実は、正直なところ、分科会でお話を聞いている段階ではピンとこなくて、「あれ?」という感じだったのですが、実生活の中で起きている問題(リトリートでの出来事ではありませんでしたが、時間的に同じ流れで起こっていたこと)を通して、すとんと胸に落ちるような感覚を味わうことができました。
 あまりのタイミングに、理解の遅いわたしへの神様の配慮のようにさえ感じられました。

 もう一つの分科会と記念講演は湊晶子先生。
これほどまでに、本物のインテリゲンチャを見たことがないというぐらい、本物のインテリ女性。
女性にとって、いや、女性だけじゃなく男性にとっても「本当のキャリアとは何か」と考えさせられました。

 このリトリートは、教職も信徒などの立場も、教派の枠もないリトリートで、130名以上の方が集っていました。
 湊晶子先生、神津喜代子先生、柏木道子先生、内田みずえ先生、唄野絢子先生、と言ったそうそうたる先生方が一参加者として加わっておられるというのが、すごいな〜、と思いました。
 普通、講師を務められる先生方ですものね〜。それも超一流の。

 でもね、すごい人がいっぱいいすぎて圧倒されたんですけど、それでなんだか、かえって良い意味で開き直ることができました。
 先日も「Only One」って書いたばかりですけど、本当に、多分わたしはいくら頑張っても東京女子大の学長にはなれないでしょう。でもそれは、わたしは東京女子大の学長にならなくて良い、ってことなんですよね。わたしにはわたしの働きがあるから。
 わたしはいくら頑張っても、あんなすごい先生方のようにはなれない…。でもそれでいいのよね〜、って素直に思うことができました。だってあまりにもすごすぎるんだもん。
 でも、そのすごすぎる先生方と同じように、神様はわたしにも目を注いでくださっている、と思うと、改めてすごく感動しました。

 今回、リトリートを通してたくさんのことを学びましたが、例によってわたしはうまく言葉にする術を持ち合わせていません。
 せめて、学んだことを、自分自身の生活の中で大いに生かしていきたいものだと思っています。

10_06_30a.jpg  10_06_30e.jpg

10_06_30c.jpg
宿泊棟と研修棟の間に咲いていた紫陽花たち。

 リトリートの終了した30日、姉がライフ・ラインの収録で東京御茶ノ水のクリスチャンセンターに来ているというので合流しました。
 その後、帰りの夜行バスまでの間にMACF(ミッション・エイド・クリスチャン・フェロシップ)の夕拝に出席させていただきました。
 事前に牧師の関根一夫先生にご連絡しましたら、夕拝の前にお茶に誘ってくださり、ゆっくりお話しさせていただく時間を持つことができました。
 関根先生は姉の仕事「福音落語」にとても興味を持っておられ、すごく励ましていただきました。
わたしも、姉の背後で、この「福音落語」の働きにもっと積極的に取り組んでいかなければ、と、改めてチャレンジをいただきました。

10_06_30.jpg


 行きも帰りも夜行バスという強行スケジュールでしたが、母校の訪問に始まり、MACFの夕拝まで目いっぱいに充実した時間を持つことができ、感謝しています。

 ちょっと、充実しすぎて消化しきれていない面もありますが、少しずつ、自分の血肉になって行けば良いな〜、と思っています。



≪今日の聖書≫
ですから、すべての汚れやあふれる悪を捨て去り、心に植えつけられたみことばを、すなおに受け入れなさい。みことばは、あなたがたのたましいを救うことができます。 ヤコブ 1:21

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑良ければぽちっとお願いします!
posted by ♪Sunny at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

≪今日の聖書≫

どうか、平和の主ご自身が、どんなばあいにも、いつも、あなたがたに平和を与えてくださいますように。どうか、主があなたがたすべてと、ともにおられますように。 第二テサロニケ 3:16



posted by ♪Sunny at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする