2014年06月29日

7月コンサートのご案内

気がつけばもう、6月も明日で終わりですね〜。
7月は、恒例(?)の北摂恵みバプテスト教会でのコンサートがあります。
出演は、昨年と同じで、わたくしのほかに、ヒップホップダンサーでシンガーのShogoさん、クラリネット奏者のSaraちゃん、ピアノはmunemuneです。
午前中の礼拝でも特別賛美がありますが、コンサートは午後からです。

■日時 7月27日(日)礼拝:午前10時45分〜
           コンサート:午後1時〜
      ♪うた    : 菅原早樹 藤原将吾
      ♪ピアノ   : munemune  
      ♪クラリネット: 香月 更
■場所 北摂めぐみバプテスト教会 
    (三田市三輪1275−25)
■電話  079(564)2175
■email hokusetu@megumi21.net
★駐車場あります。
もしかしたらJR三田駅まで送迎車もあるかもしれません。詳しくは教会にお問い合わせください。

ワクワク楽しみに準備中です。
お時間の許す方、ぜひぜひお越しくださいね!
posted by ♪Sunny at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

一歩前進?

 いつからだろう、心がすっきりと晴れない日が続いていた。
 落ち込んでいたという訳ではない。
でも、何か悶々としていた。

 わたしはなぜ歌っているのだろう。

 あれほどはっきりとしていると思っていた自分の「立ち位置」もわからなくなっていた。

 周りの人がみんな素晴らしく見えて、自分がとてつもなくつまらない存在に思えてならなかった。

 ・・・いや、そんなことではなく実はもっと深いところが揺さぶられていたのだ。

 今日、久しぶりに、夫と二人、車で出かけた。往復、1時間半ぐらいだろうか?久しぶりに二人だけでゆっくりと話すことが出来た。
 自分の今の正直な気持ち、迷いを話すことが出来た。

 夫に相談して答えが出たという訳ではないけれど、わからないなりに少し前進できたかな。

 周りからは、毎度同じことの繰り返しに見えるだろう。
 ある一面ではそれは間違いではない。
 だけど、自分自身の内側の深いところの変革は、とても時間が掛かるし、少しずつしか捗らない。「三歩進んで二歩下がる」的な歩みは、周りからは愚かに見えるかもしれない。ときには「三歩進んで三歩下がる」事さえあるわたし。
 けれど、一足飛びに前進しているように見える変革は、気付かないうちに空洞化して結局崩れてしまう事にもなりかねない。

 夫は、優しく諭したりケアしたりしてくれるタイプではない。
 時に厳しいと思えるものの言い方をしたり突き放したりすることもあるけれど、今日はきちんと受け止めてくれたので、少し気持ちが楽になった。

 歩みの遅い者だけど、ゆっくりゆっくり歩いていこう。
 時間は永遠にある。
 わたしがこの世に生きている間に答えが出なくても、この一瞬の積み重ねが「永遠」なのだから。


posted by ♪Sunny at 01:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

忙しそうに見える?実はのんびり〜な日々の記録

 いつもの事ですが・・・著しく更新の間隔があいてしまいました。こんな覚書みたいなブログをそれでも読んでくださている方に申し訳ないです〜。
 例によって、ただ長いだけの、本当に忘備録ですので、御面倒な方はスルーして下さいませ。

 11日(水)は久しぶりにK先生宅の読書会へ。
 K先生の難しい著書を読む会。
 でも、お茶を飲んでお菓子を食べての交流が、いつもとても楽しいのです。
 しばらく、他の用事とダブルブッキングで出席できていなかったので、とても楽しかったです。

 12日は(木)は普通の日常・・・かな?
 いつ、何をやったかは明確に覚えていませんが、この数日、少しずつ庭の植木鉢をいじっています。
 花の終わったものを剪定したり、植え替えたり・・・。

 この日は、エルを歯医者に連れて行きました。

 13日(金)月に一度出かけている老人ホームの集会。
 聖書のお話もあるのですが、それよりも音楽の好きな方が出席して下さっている感じ。
 でも、喜んで下さって嬉しいです。
 唱歌や懐かしい歌の方が沢山歌っていて、讃美歌は1曲とか2曲とか、少しだけなのですが、この日は、「慈しみふかき」「驚くばかりの」の楽譜が欲しいという方がおられ、コピーを差し上げました。
 賛美を通して、神様の愛が少しでも伝われば嬉しいです。

 14日(土)は姉が画廊で落語をさせて頂くという事で、わたしも出かけました。
なにぶん上演するのが、監修がわたしという事になっている「宗論」でしたので。
 「宗論」は、もともと狂言や歌舞伎の出し物でもあったものを少し近代的にしたパロディーのようなネタで、キリスト教と仏教との「宗論」になっています。と言っても、姉のオリジナルではなく、大正時代からの古典です。
 ただ、クリスチャンがやるのだから、クリスチャンが聞いてもおかしくないように、きちんと考証だけはして演じたいという事で、一応わたしが監修となっている訳です。

 それはさておき、京都画廊での催しは、Facebookでお友達になった、金 斗鉉さんの李朝展、金先生のお弟子さんの東條琴枝さんの絵も展示されていました。
 金 斗鉉さんは色んな雑誌や本〔青い鳥文庫が最近装丁が新しくなっているようですが、以前のバージョンでかなりたくさん書かれているようです〕の挿絵、絵本の絵、また博物館の仕事や、福音館書店の60周年記念出版の本、『ふるさと60年 戦後の日本とわたしたちの歩み』の挿絵など書いておられる、素晴らしいイラストレーターです。

image.jpg

 絵はFacebookでもたくさん拝見していましたが、透明感があり、動きがあり、人々の生活感があり、・・・言葉でいうのはなかなかに難しい、本当に素敵な絵でした。

 この日は、姉の落語の他に、川口真由美さんと秋人さんのコンサートもあり、盛りだくさんで楽しいひと時でした。

14_06_14f.jpg

14_06_14n.jpg

14_06_14o.jpg

image.jpg

14_06_14t.jpg

 その金さんに描いて頂いた似顔絵がこれです。

14_06_17s.jpg

 少しだけ、美化されていると思いますが、「似ている」「♪Sunnyさんの良いところが出ている」と友人たちからも好評です。

 15日(日)は日曜聖書集会(礼拝)へ。
 父の日礼拝でしたね。

 16日(月)は、記憶なし。

 17日(火)は、K先生のお宅にて、HP作成のお手伝い。

 通りすがりに花の写真をたくさん撮りました。

14_06_17d.jpg

14_06_17e.jpg

14_06_17f.jpg

14_06_17g.jpg

14_06_17h.jpg

 18日(水)は、母と、娘とともに、露の団姫ちゃん(父の孫弟子)の赤ちゃんに会いに出かけました。
 もうとにかく元気が良くて、表情が豊かで、とてもかわいらしくて、赤ちゃんのパワーをたくさんもらってきました。

 19日(木)はYさんのお宅での家庭集会でした。
 夜、久しぶりにデコパージュをしました。

14_06_19e.jpg

 これ、母がいつも買っているオブラートの箱なんです。
用途は左下の写真の通り。
 入れ歯じゃありませんよ。マウスピースです。
ボクシングするわけでもありませんよ。
 先日、奥の虫歯の歯が砕けたので歯医者に行ったら、虫歯があるのは確かだけど、どうやら歯ぎしりがひどいらしく、かなり歯がすり減っているというのです。
それで、寝る時にマウスピースを付けるようにと。
 そのケースにこのオブラートのケースが丁度いいかな?と譲ってもらった次第。
ちょっとこだわったのは右側の上下の写真。
 ちゃんと蓋と下のところと、絵を合わせて閉じた時につながるようにしてみました。
 まあ、そんなに細かい作業はしていなくて、おおざっぱにやっただけですが、久しぶりにやったら楽しかったです。

 20日(金)、この日は、実は14日に京都画廊に日傘を忘れてきたので、それをとりに行き、また京都のキリスト教書店CLCにも用があったので、再び京都に出かけました。
 午前中に家を出て、少し時間に余裕があったので、出町柳から徒歩で京都画廊、丸太町のCLCと歩き、結局御池のあたりまで歩き、疲れたので少しだけバスに乗り四条で降り、少しだけ四条通をぶらりとし、久しぶりにINOBUNでウインドウショッピング。
 でも、いくつか小さなものを衝動買いしてしまいました。久しぶりで楽しかったです。

14_06_20b.jpg
四条川端の出雲阿国像

 21日(土)は娘と一緒に、姉の出演する「ゴスペル落語会」のお手伝いに出かけました。
 こちらの報告は、姉のブログを待って、シェアさせて頂きたいと思います。
(手抜きでゴメンなさい!)

 そうそう、「ゴスペル落語会」に行く前に、ヨドバシカメラに寄りました。
先日、iPad miniを買いかえた時に、キャンペーンで買い取り価格5000円上乗せのクーポンを貰ったのですがその期限が22日(日)までだったからです。
 実は、箱や同梱品を揃えて持っていった方が査定額が上がると聞いて、後日改めて、と思いつつ延び延びになっていたのです。その理由は、「リサイクルシール」が見つからなかったから。
 箱に入れていると思っていた取扱説明書(と言ってもごく簡単な説明書)のパッケージがなくて、ずっと探していたのです。
 それがないと査定に響くと思っていたのですが、背に腹は代えられないので、思い切ってこの日に持っていきました。
 もともと不具合もあったので、実際、あまり価格的には期待していなくて、上乗せ分の5000円だけでももらえればラッキーと思っていたのですが、持って行ってみたら傷もあったりして、なおさら査定価格は期待できないと思いながら待った、査定の結果・・・思ったよりも金額が出て、すごく嬉しかったです。もちろん上乗せの5000円も貰えたし〜。

 22日(日)日曜聖書集会に、昨日「ゴスペル落語会」に出演された人形漫談の花島二郎さんが来教下さり、少し、腹話術も御披露くださいました。
 楽しい礼拝になり、一同とても励まされました。

 23日(月)午前中、地域の同業者(?)が集まるミーティング。
 行きはバスで出かけたのですが、帰りは歩いて帰ってきました。
 多分40〜50分は歩いたかな?
いい運動になりました。

 24日(火)夫と梅田のオアシス(キリスト教書店)に出かけた以外は結構ゆったり過ごしました。

 とまあ、本当に急ぎ足で、日々の記録をまとめました。
 これはほぼ自分の為です。
 


≪今日の聖書≫
いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。 第一テサロニケ 5:16-18
posted by ♪Sunny at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

父の思い出

 11日以降の日記もまた書かせて頂きますが、とりあえず父の日に因んで・・・。

06_09_21.JPG

 2006年9月21日の写真です。

 父との思い出は数々ありますが・・・父がわざわざわたしのために、バースデーケーキを買ってくれた想い出の日なのです。

 わたし達(母と私と姉)の誕生日は9月13日。
 その1週間後にたまたま用があって実家に行った時に母が、「今年は結婚して何十年、はじめてお父さんに誕生日のケーキを買ってもらった」と涙を流さんばかりに喜んで話してくれたのです。
 その話を「へ〜、良かったね」と聞いていたら横にいた父が、「お前にも買うたろか」と言って、買ってくれたのがこのケーキなんです。
 父は自分が買いに行くことはできなかったので、当時うちに住み込みで修業をしていた孫弟子の団姫ちゃんにお金を渡して、自分の一番お気に入りのケーキ屋さんに買いに行ってもらったのでした。

 半分は自分がケーキを食べたかったのだろうと思いますが、父がわざわざ「誕生日に」と言ってケーキを買ってくれたのは、わたしの記憶の中でもおそらく初めての事だったと思います。
 普段、ケーキを用意してくれるのは母でしたから。

 懐かしい父の思い出。
 今年はなぜかこのケーキの事が思い出されてなりませんでした。

 もう天国に逝ってしまったけど、父に、ありがとう、と伝えたい事は数知れず。
 ちゃんと、生きている間に伝えなかったことをちょっぴり反省。

 天国の父に届きますように。

 「お父さん、ありがとう」

14_06_13c.jpg

14_06_13j.jpg
月に一度、訪問している老人ホームの周りに咲いていたオレガノと紫陽花

posted by ♪Sunny at 00:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

旅の祝福

 前回、ブログをUPしてから月が替わって10日も経ってしまいました。
 そして、いつの間にか梅雨入りしているらしいです。

 29日と30日は、旅の支度、コンサートの支度、行くまでに片づけなければならない事などなど、諸事、バタバタしておりました。

 30日、夜行バスに乗り、31日の朝東京駅着。
 朝ごはん、何を食べようかと、ウロウロ、ウロウロ、結局、フルーツパーラーのフルーツいっぱいのっかったパンケーキでブランチ。
 写真を撮り忘れて残念。本当にフルーツたっぷりで美味しかったです。

 それから、まだ、新しくなった東京駅の丸の内側の方を見ていなかったので、見に行きました。
 駅舎内の写真、最初はだれも写真を撮ったりしていなかったので、ちょっと迷ったけれど、せっかくだからとあれこれ角度を変えて写真を撮って、ふと顔を上げると、周りの人がいっぱい、天井を見上げて写真を撮っていたからビックリ。面白かったです。

14_05_31-02.jpg

image.jpg
プリンアラモードのような天井わーい(嬉しい顔)

 外観を見ようと、姉に電話して教えてもらい、新丸の内ビルに行ってみたのですが、残念ながらテラスに出られず、新丸の内ビルからの写真は断念。
 地上からの写真となりました。

14_05_31-14.jpg

 その後、忘れ物をしたことに気づいたので、上野(御徒町)に出て、松屋でお買い物。
 そこから秋葉原のホテルに向かうと丁度いいタイミングでチェックインできました。

 のんびりくつろいでから、御茶ノ水クリスチャンセンターの東京プレヤーセンターへ。
 クリスチャンセンターの手前でばったりコンサートのお世話をして下さっているMACF牧師の関根一夫先生と出会い、まだ前の催しの撤収が終わっていないという事で、お茶を飲みながらしばし打ち合わせ。と言っても打ち合わせらしいことは何もせず〜。振り返ってみれば何を話したんだっけ?という感じです。

 その後会場に行ってみるとすでに山Gが来て準備をして下さっていました。
 わたしも着替えたり、なんだかんだ準備。音合わせがすんで、懐かしい友達が来てくれて、挨拶していたころでしょうか?ツイッターで知り合ったアニメーターのFさんがわざわざお花を持ってきてくださってビックリ!!お忙しくて、コンサートのご出席はかなわなかったのですがお会いできて感謝でした。

14_05_31-45.jpg

 またその後、一人の女性が「あの・・・」とご挨拶くださり、これまたビックリ!
 ファーストアルバムを発売した時に、海外(ドーハ)で、ライフ・ラインのDVDをご覧になり、CDを購入くださった方でした。
 先日(5月10日)のオフ会で初めてお会いしたSさんもお友達を誘ってきて下さったり、Tさんご夫妻は教会の行事の後駆けつけて下さったり、人形漫談の花島二郎さんも二つの寄席の出演の後駆けつけてくださったり・・・。
 とにかく、「行くよ」と聞いていなかった方が何人も来て下さって、本当に感謝カンゲキのひと時となりました。

 肝心のコンサートの方は・・・、これはもう自分ではわかりませんが、皆さんの心に届いたと信じ、感謝しています。

14_05_31-64.jpg
衣装は、この日のために母がひっしのぱっちで仕上げてくれた手編みのポンチョで。

 この日は、帰りにスカイツリーのライトアップを見につれていって頂きました。

image.jpg

 翌日(6月1日)は、9時40分と11時からの2回の礼拝で特別賛美をさせて頂きました。
 この日も多くの皆さんが声をかけて下さり、とても励まされたひと時でした。

 礼拝の後、土曜日のコンサートにも来てくれた、20年来の友人と待ち合わせていたらMACFの山Gも来合せて、3人でコーヒーを飲みながらおしゃべり。そのあと、食事もして、楽しく恵に満ちたひと時を過ごしました。

 そのあと、いったん神田のホテルにチェックインし、一休みした後、渋谷に移動。
 久しぶりにハチ公前での待ち合わせで、ハチ公の写真を撮りたかったのですが、あまりにも人が多く、またハチ公前で写真を撮っている人もたくさんいて、さすがにハチ公の写真は撮れませんでした。
 この日は、やはりコンサートにも来て下さった、Hさんがご家族で来て下さり、夕食を共にしました。
 Hさんとは、Facebookを通して知り合い、初めてお会いしたのは昨年9月28日のイベントに来て下さった時でしたが、その時は御挨拶だけ、ちゃんとお話しするのは初めてでしたが、ご主人ともども、まるで以前からの友達のように親しくお話することが出来ました。

 とにかくこの日は、こんなに食べてばっかりで良いのかいな?というぐらい、午後からは食べてしゃべって、食べてしゃべって、本当に楽しく充実した1日でした。

 神田のホテルでゆっくり眠り、翌日(2日)は早めにホテルを出て池袋からバスで軽井沢の牧師夫人セミナーへ。

14_06_02-02.jpg

14_06_02-04.jpg
軽井沢の歩道沿いに植えられていた花々

 お昼ごろに着いたので、恵みシャレーに荷物を置いた後、受付までの時間、雲場池を散歩。そして雲場池よこの雲場亭で昼食を取り、別荘街をのんびり散歩し、恵みシャレーに戻りました。

14_06_02-13.jpg

14_06_02-16.jpg

14_06_02-20.jpg

14_06_02-23.jpg

14_06_02-23a.jpg

14_06_02-34.jpg

 牧師夫人セミナーは、6名の参加者と講師の内田みずえ先生と、全部で7名の小ぢんまりした集まり。昨年に引き続き参加はわたしを含めて2名。でも、知っている人がいてよかった〜(^^)
 他にも、直接お話したことはなかったけれど、関西から来ておられた方もおられてちょっぴりホッとしました。
 みずえ先生とお会いするのは、2回のJEAのリトリートと昨年の牧師夫人セミナーとで4回目になるでしょうか。何度お逢いしてもインテリジェンスあふれる素敵な方です。
 お会いしてすぐに「早樹さん、TV(ライフ・ライン)で拝見しましたよ〜」と声をかけて下さり、それだけでもうふわふわと嬉しく、歓迎されている気持になりました。
 何分、関東でのセミナーで、JEAのリトリートもそうなんですが、毎回、行く時はアウェイ感満載で、少々心細い気持ちで出かけております。
 でも、同じ立場の人たちという事もあり、すぐに打ち解けてしまうのですが。

 1泊2日のセミナーは、本当に楽しく、深く、恵みに満ちたひと時でした。

14_06_03a.jpg

14_06_03c.jpg

 3日は、やはり軽井沢からバスで池袋に到着。そこで、やはり31日のコンサートに来て下さった方と待ち合わせ、夕食を共にしました。
 この方は、わたしがクリスチャンになったその瞬間、不思議な巡り合わせで、すぐそばで見守って下さっていた方で、それ以来30年以上にわたって、わたしのよき理解者であり応援して下さっている方です。

 そしてその方と東京駅で別れて、再度バスに乗り、4日の朝、大阪駅着。
 その日は午後から、西宮北口聖書集会の運営ミーティングという、とにかくまあ、充実のスケジュール。

 週末から恵み豊かだけれど、少々ハードな日々を過ごし、もう、何日もたつのに、まだ旅の余韻に浸っている今日この頃です。

 ちなみに、5日(木)は休養。
 6日(金)は新大阪のリバイバル集会に出席。午後は友人とランチ。
 夜、iPad miniが修復不可能と分かり、家族で買い物に行き外食。
 7日(土)は、たまっている事務仕事など。
 8日(日)は聖書集会(礼拝)に。
 9日(月)も引き続き、半分休養、半分事務仕事。夫と買い物。

 10日(火)は、朝っぱらから、あちこちかゆいと思って目が覚めたら、ストレス性の蕁麻疹が。
 昨日、ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、心が凹むことがあったからかな。
 あれもこれも、何もかも自信がなくなってしまって、周りのみんながすごいなー、って思えてしまって。
 でも、それでもわたしは、わたしの人生を投げ出さない。
 それでも人生にイエスと言うと決めたから。
 失敗も間違いも、へたっぴも、色んな事あるけれど、わたしはわたしだから、仕方がないよね。

 でも、やっぱり疲れが出てきているのかな、って思うので、比較的ゆっくり過ごしました。
 日常の中ではドタバタ、失敗話、笑い話、色々あるけれど、ブログで晒すほどでなし。
 まずまず平穏な一日を過ごすことが出来て感謝します。

14_06_02-25.jpg

14_06_02-29.jpg
軽井沢の道端に咲いていた2色の芝桜。

≪今日の聖書≫
ですから、あなたがたは、互いに罪を言い表わし、互いのために祈りなさい。いやされるためです。義人の祈りは働くと、大きな力があります。 ヤコブ 5:16


posted by ♪Sunny at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする