2016年05月24日

マザー・テレサのお祈り

 今日は同労者との小さな集まり。

 とても楽しいひと時でした。
 そして楽しいだけでなく、静まりの時、振り返りの時、交互色彩分割法等を通して、良きリフレッシュの時となりました。
 写真は作っていったお菓子。
 ケーキのほうはちょっと焼き過ぎてしまいましたが、基本のレシピをアレンジして、アーモンドプードルや蜂蜜を入れたら、しっとりの上になぜかもっちりした食感。
 オレンジと紅茶の簡単ケーキです。
 オレンジオイルを入れ忘れたのですが、バレンシア産のオレンジピールとグランマルニエのおかげで、良い香りになっていました。

 水無月は6月のお菓子ですが、いつも「6月になったら」と思っているうちに作りそびれてしまうので、今年はちょっと先取りで作ってみました。
 小豆は、自作ではなく、手を抜いて甘納豆を利用しました。
 ういろうは本葛入りですよ。

 どちらも久しぶりに作ったら感が鈍っているな〜、と実感。
 ほんと、もうちょっとお菓子、作らないと〜、って思うこの頃です。

16_05_24c.jpg

16_05_24d.jpg

 今日教えていただいたマザー・テレサのお祈り。
 もう、自分の心にグサグサ!
 教えて下さったM先生はこの言葉をずっと手帳に張っておられるのだそうです。
 わたしも、いつでも見られるところに挟んでおきたいと思います。

イエスよ、私をお救い下さい
愛されたいという欲望から
ほめられたいという欲望から
名誉を得たいという欲望から
称賛されたいという欲望から
他人よりも好かれたいという欲望から
相談されたいという欲望から
良く思われたいという欲望から
人気を得たいという欲望から
屈辱を受けるという恐れから
軽蔑されるという恐れから
非難されるという恐れから
中傷されるという恐れから
忘れ去られるという恐れから
ひどい扱いを受けるという恐れから
嘲笑されるという恐れから
疑われるという恐れから



posted by ♪Sunny at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

センテッド・ゼラニウム

 我が家の小さな小さな香りの庭。

 一番多い時は、センテッド・ゼラニウムは14種類もあったのですが、色々あって、今や8種類にまで減ってしまいました。
 そのうち、ヘーゼルナッツゼラニウムは風前のともしびで、今年は花が咲いていません。

16_04_20cs.jpg
いつも、一番初めに咲き始めて、一番最後まで咲いているのはパイン・ゼラニウムです。

16_05_16es.jpg
次に咲き始めたのがアップル・ゼラニウム。

16_05_18gs.jpg

16_05_18hs.jpg
アンダーソニア・ゼラニウム(上)とアター・オブ・ローズ・ゼラニウム(下)はほぼ同時に咲き始めました。

16_05_18js.jpg
スイートミモザ・ゼラニウム。

 16_05_16as.jpg
オレンジ・ゼラニウム。

16_05_18fs.jpg
アーモンド・ゼラニウムは、今年も花は少なめです。


どのゼラニウムも、ほとんど刺し芽をして株の更新をしている、何代目かの株です。
多年草ですが、樹のようにずっとそのまま枯れない訳ではなく、数年で株が弱って枯れる事が多いので、好きなものは続けて株を更新するようにしていますが、それでも、枯れてしまったものもあり、寂しいですね。

ただ、今の庭は滋賀に住んでいた頃(ガーデニングにはまり始めたころ)に比べると、庭が格段にせまく、また日当たり、風通しも悪いため、以前のようにたくさんは育てられないし、センテッド・ゼラニウム以外にもいくつか育てているものはあるので、自然に淘汰されて行くのは仕方がないかなぁ、って思っています。

今年も、一年で一番庭の奇麗なこの季節を大いに楽しみたいと思います。


posted by ♪Sunny at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

チャリティーコンサート!

 昨日に引き続き、お知らせです。

MFFECs.jpg

 6月28日(火)7:00pm開演
 場所は西宮北口駅直結のアクタ東館6階の大講義室です。

 今回も、ピアニストの方は初めて組ませて頂く方ですが、とてもフレッシュな方と御一緒できることになり、楽しみにしています。

 また、4月に起こった九州での地震を受けて、何かできることはないか、と祈り、考え、募金箱を置いて、チャリティー募金を募る事に致しました。
 皆様から頂く「会費」は、あくまでも会場等の経費のためで、もともと収益のないコンサートなので、皆様からの募金を募らせていただきたいと思います。

 また、九州だけではなく、「東北・九州」とさせていただいたのは、今、一斉に多くの人の目と心が九州に向いていますが、決して東北も収束した訳ではないのです。
 ずっと、震災以来東北とかかわらせて頂いていて、勿論、現在東北は震災直後のようなことはありませんが、それでもまだまだ支援が必要なのです。
 関西では東北の現状を御存じない方も多いですが、毎年支援コンサートに行かせて頂いている中で、まだまだ支援が必要であることを強く感じていますので、敢えて、九州だけではなく、東北に向けても支援させていただきたいと思っています。
 御理解、ご協力をお願い致します。
posted by ♪Sunny at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

関東ツアーのお知らせ

 6月、関東に出掛けます。
 もう1ヶ月を切ったんだな〜、って思うと、ドキドキ、ワクワクしています。

 6月2日(木)は万座温泉日進舘のフロアショーに、姉と共に出演させていただきます。
 因みに昨年伺った時の万座温泉のショーブログはこちら。
 →http://blog.livedoor.jp/manzaonsen/archives/2015-08.html?p=2

 6月4日(土)は、姉、露のききょうが主催する「ゴスペル落語会 in 東京」
 場所は常盤台です。
 落語会ですが、前座の前座として、少し歌わせていただきます。

ゴス楽 in 東京s.jpg

 6月5日(日)は午後、駒沢にある深沢教会でコンサートをさせていただきます。
 久しぶりに90分という枠を頂いてのコンサートなので、たっぷりお話しし、たっぷり歌わせていただきます。
 東京でのコンサートも、めったにないことなので、それも楽しみです。

2016年6月5日s.jpg

 6月6日と7日は恵みシャレー軽井沢のセミナーに出席させていただきます。
 毎年行われている内田みずえ先生による牧師夫人セミナーですが、昨年は出席できず、2年ぶり3回目の参加となります。
 素敵な環境の中でのセミナーで、いつも心身ともにリフレッシュできる楽しいひと時です。
 例年、集会の中で特別賛美させて頂いています。
 今年は、以前からのお約束で、内田みずえ先生の詩を下敷きに友人の高橋めりーさんが作ったオリジナル曲「台所の祈り」を歌わせて頂く予定です。

 ということで気がつけば、色々盛りだくさんな関東ツアー。

 6月は帰ってきてからもコンサートがありますから、体調に気をつけながら準備して行きたいと思います。



posted by ♪Sunny at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

GW旅日記(写真多し、長め)

 ゴールデンウイーク、旅行に出かけました。
 今年は、姉と、姉の娘(お姉ちゃん)と、わたしと娘(エル)の4人での旅でした。

 向かった先は那須高原。
 5月2日の夜に出発。
 途中仮眠をしたり、道を間違えたり(^_^;)、色々あって、那須に着いたのは5月3日の昼ごろに近くなっていました。

 最初に向かったのは、藤城清治美術館。

コラージュ1.jpg
 こんなふうに、入口から、藤城清治さんの作品がお迎えしてくれ、テンションが上がります。
この写真の右下は帰りの写真で、行きは点いていなかったライトが点灯していて、もう少し遅い時間だともっときれいだろうと思いました。

コラージュ2.jpg
いたるところに道案内の猫ちゃんやカエルちゃん(ケロヨン?)が。

16_05_03qs.jpg
美術館の庭には教会があります。
美術館の中は撮影禁止ですが、こちらは撮影できたので。
こちらの教会では、結婚式を挙げることも可能だそうですよ。

コラージュ3.jpg
実は、藤城清治さんは、割と作品に関してはおおらかな方のようで、こちらの美術館では撮影禁止ですが、いつも行く、東京の教文館では、作品の撮影もOKなんですよね。

 たっぷり時間をとって、藤城清治さんの世界を堪能しました。
 どれだけの膨大な時間と、情熱がこれらの作品に注がれてきたのかと思うと、気が遠くなるような気さえしましたが、本当に、自然を愛し、生き物を愛し、そして、一つ一つの作品を愛してこられたのだという事が伝わる展示でした。

 そのあと、南ヶ丘牧場へ。

15_05_06es.jpg
(こちらでは写真をとりそびれたので、これは去年の写真)

 お昼を食べそびれたので、牧場の中にある「庄屋」というお店で早めの夕食にしました。
 店内は撮影禁止だったので、お店の外のつつじを。

コラージュ4.jpg

 お店は、名前に反してウッディでおしゃれなテーブルやいす。メニューも、ステーキやハンバーグの他にロシア料理のボルシチやペロシキ(ピロシキ)も。
 ボルシチが品切れで、ボルシチセットが食べられなかったのがとても残念でしたが皆それぞれに好みのハンバーグを頂き、そのあと売店で買い物。
 南ヶ丘牧場は、牧場目当てと言うよりも、牛乳と買い物が目当てでしたから、買い物の後、ミルクカフェでそれぞれお目当ての牛乳やアイスクリームを食べたり飲んだりして、ペンションへ。

コラージュ5.jpg
 南ヶ丘牧場の駐車場にさくらが咲いていたので、思わずパチリ。
 今年は、お花見ができなかったので、なんだかとても嬉しかったです。

 「そらまめペンション」は着いたのが夜で、少し引っ込んだところにあるため、真っ暗で写真は撮れず、翌朝も雨のため、外観の写真は撮っていません。
 インターネットのトラベルサイトで口コミ評価が高く値段の安いところを探して見つけたのですが、口コミ通り、オーナーさんはとても親切だし、私たちの目当てだった藤城清治美術館や南ヶ丘牧場からもとても近く便利で、朝食もとても美味しかったです。
 雨だったので、外に出ませんでしたが、室内から、外のしだれ桜が見えたので記念に。
 もう少し時期が早ければ満開だっただろうな〜。

コラージュ6.jpg

 5月4日は、もう一度 南ヶ丘牧場に寄って、買い忘れた物を買い、それから一路、群馬県みどり市の(星野)富弘美術館へ。

コラージュ7.jpg

 美術館は素晴らしい自然に囲まれた中にありました。

16_05_04js.jpg

16_05_04ps.jpg

 星野富弘さんに関しては、わたしがクリスチャンになった1983年に、初めて「愛、深き淵より」という自伝を読みました。
 とても感動して、それからすぐに「風の旅」という画集を買いました。
 その本に、ご結婚された事が書いてあり、自分のことのように嬉しくて泣きました。人のことを喜んで泣いたのはそれが初めてだったと思います。
 それ以来、星野さんの大ファンで、画集も沢山持っています。
 いつか、富弘美術館に行きたいとずっと願っていてやっと実現しました。

 絵を拝見しながら、本当に、ものの本質を見ようとする力が、この絵を生み出していると感じました。
 その中で一つ感じた事は、「奇麗な色だけで奇麗な絵は描けない」という事でした。
 絵を見ていると、
 「どうしてここにこの色をぬろうと思ったのだろう?」
という色使いがある事に気付きました。
 自然の中には、枯れた葉や虫に食われた葉、萎れた花びらもあり、それは奇麗な色ばかりでは描けないのです。それだけでなく、奇麗な色の花びらも、影の部分はあり、そこはやはりくすんだ色を使わなくては描けません。
 そんな、人が見て「奇麗」と思う色ではない色も、全体の中で調和して一枚の美しい絵が完成しています。

 この世のこともみな同じなのだと思わされました。
 わたしは罪人で弱さもたくさんあるけれど、そういう部分もあって、でもそれらがちゃんと神様の絵筆で調和する時、美しい生き方ができるだろうし、また色んな人が調和されて行くとき、美しい世界(外見的な意味ではなく)ができるのだろうと。

 そんなことをつらつらと思いながら、星野さんの絵を堪能して、庭へ。
 そこはメルヘンの世界でした。

16_05_04z3.jpg

コラージュ11.jpg

コラージュ10.jpg

コラージュ9.jpg

コラージュ12.jpg

そして、最後に、この美術館のシンボル的なオブジェ「土の中の豆」を。
このオブジェは、美術館のオリジナルグッズにもなっています。

コラージュ8.jpg

横の透明な板には、

わたしはあなたのみおしえを喜んでいます。
苦しみに会ったことはわたしにとってしあわせでした。
詩篇一一九

と書かれています。
実際の聖書の言葉は

彼らの心は脂肪のように鈍感です。
しかし、私は、あなたのみおしえを喜んでいます。
苦しみに会ったことは、私にとってしあわせでした。
私はそれであなたのおきてを学びました。
詩篇119篇70、71節


という言葉です。

また説明として、

「豆の上の棒は、地表面を表しています。
 ・忍耐して待ち、失望してはならない。
 ・時が来ると芽を出し、葉、更には花を咲かせ
          多くの実を結ぶことができる。
 ・悩み苦しみの中に必ず希望の光、新しい命が芽生える。
と言ったことを象徴させたものです。


と書かれていました。

 本当はこの後、富岡製糸場に寄りたかったのですが、時間がなくなってしまい、またいつかのお楽しみに、という事になりました。

 車の中では眠くならないようにとしりとりをして、盛り上がりすぎて高速を降りそびれてしまったり、ハプニングも色々ありましたが、とても楽しく充実した旅でした。
 何とか事故もなく無事に帰ってこられた事を心から感謝します。

 旅が大好きなわたし。
 帰ってきたら、またすぐに旅に出たくなってしまいます。
 まあ、しばらくは、人生という旅を楽しむ事に致しましょう。


posted by ♪Sunny at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

予期せぬお客様

 今日の午後はわたしの所属する、聖書集会主催のクレープパーティーでした。

 初めての試みで、上手く行くかとドキドキしながら、少し前から準備をしてきました。
 娘のお友達もたくさん来てくれるということで、とても楽しみにしていました。
 結果的には、みんなとても喜んでくれて、準備した材料がほぼ完食という事で、頑張って準備した甲斐がありました。

 今日、そのクレープパーティーに、予期せぬお客様をお迎えする事が出来ました。
 母が親しくさせて頂いている御近所のSさん。
 実は、娘さん御家族が湯布院におられました。
 このたびの震災で、娘さんとお孫さん二人がこちらに避難してこられたとのこと。
 下のお孫さん(小学生の女の子)が、クレープパーティーに関心を持って下さったそうで、Sさんと一緒に出席して下さいました。
 Sさんは、以前から、女性会の催しやフレグランスコンサートにも来て下さっている方です。

 今、九州にも色々思いはありつつ、なかなか具体的なつながりもなく、わたしになにができるか・・・と思っていたところですが、思いがけず、避難してこられた方とつながりが持てた事、少しでも、こちらの生活になじめるよう、お手伝いができたらとても嬉しいです。
来月は、ミニフラワーアレンジメントがあります。
わたしは、残念ながら、東京にいて参加できませんが、Sさんとお孫さんは参加して下さるようなので楽しみにしています。

 それにしても、私たちの地域は阪神淡路大震災でも大きな被害のあった地域ということで、小学校も中学校も、この度、湯布院からの避難者を本当に速やかに受け入れて下さり、とてもよい対応をして下さっているとのこと、話を聞いて、とても嬉しかったです。

 私たちが阪神淡路大震災を通った経験を、色んな形で生かしていく事が出来れば嬉しいです。

16_04_29d.jpg
今年は状態が悪くて、少し花の少ないマーガレット。

16_04_29b.jpg
種から頂いて、3年目になるヒメヒオウギ。

posted by ♪Sunny at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする