2017年06月23日

「空の鳥、野の花」通信 No.31

 「空の鳥、野の花」通信、新しいものは6月初めに出来ていたというのに、UPも、発送も、配信も、なんにもできておりませんでした。

 ささやかな活動報告ですが、お読みいただければ幸いです。
通信 2017年06月.jpg

PDFはこちら→通信 2017年06月.pdf

SAKI_Concert_20170714s.jpg

チラシ_表s.jpg

菅原早樹賛美活動20周年感謝コンサートのお誘い

Newアルバムのご案内


 関西も梅雨入りとのことですが、もう夏になったのかと思うような陽射しのまぶしいこの頃です。
 皆様にはいかがお過ごしでしょうか。

 色々な教会で歌わせて頂くようになって、気がつけば20年。
 小さな者ですが、20年もの間、細々とでも、この働きを続けてこられたことを心から感謝しています。
 この素晴らしい恵みを感謝して、厚顔とは存じますが、同封のチラシの通り、感謝コンサートを開催させて頂く運びとなりました。
 どうかこの祝福の時を「ともに」過ごして頂ければと願っております。

 また、コンサートに合わせて、新しいCDを制作致しました。
 会場でも販売させて頂きますが、コンサートにお越しいただけない方には郵送もさせていただきます。

 コンサートのチラシには、問合せ先が江坂ホールになっておりますが、チケットは、私の方でも取り扱わせて頂いております。
チケット、CDともに、送料無料でお送りさせていただいております。
(お支払いは郵便振替になります)
 どうぞお気軽にお申し付けください。

 これから、梅雨、また暑い季節と続きます。
 皆様どうぞお体にお気をつけられまして、良き時をお過ごしください。
 コンサートでお会いできるのを楽しみにしております。


posted by ♪Sunny at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

「たとえば私が」

 以前も書いたことがあるけれど、隣の芝生はどうしてどこまでも青く見えるのだろう。
 どうして、少し離れたレンゲ畑は目の前のそれより赤く見えるのだろう。
 もちろん、物理的なことを言っているのではなく、心の問題。

 自分が持っていないものを持っている人が、どこまでも羨ましく、時に妬ましくさえ感じてしまう。

 聖書は、その人の歴史の初めから「目の欲」について、戒めているし、また人が人を妬む心が人の歴史上初の殺人を引き起こしている。
 逆に言えばそれが人の根源的な問題、本質に関わる問題ということなのだろう。

 自分のことも、娘のことも、心が弱くなっているとそういうところへ蛇が囁きかけてくる。
 わかっているのに、何度も何度も繰り返す。

 でも、イエス様はそんなわたしが道を外れてしまっても、そんな時でさえともにいてくださるお方なんだよね。

 泣く者とともに泣き、喜ぶ者とともに喜ぶと言っても簡単なことではない。
 でも、イエス様がそうしてくださったから、わたしもそうしたい。
 そう願いつつも、できないもどかしさ。自分の心の弱さに振り回されている哀しさ。

 新しいアルバムに収録した「たとえば私が」という賛美、バプテスト連盟の「新生讃美歌」に収録されていた曲ですが、私は「教会福音讃美歌」を通して知りました。

 たとえ道を外れても、どんな悲しみのにいる時も、イエスさまが共にいて下さる・・・。
 今はこの曲に、とても励まされています。

チラシ_表s.jpg

 CDの宣伝のつもりで書き始めた訳ではないのですが、書いているうちにここにたどり着きましたので、CDの申し込み先をご紹介させて頂きます。

CDのお申し込みはこちらから→https://goo.gl/3UATtt

 ご予約いただいた方は、送料無料。また特製ポストカードをつけさせて頂く予定です。

 HPには、CDの制作情報もアップさせて頂いていますので、ぜひご覧ください。


posted by ♪Sunny at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする